パーフェクトワールド(ドラマ)見逃し動画配信を無料で1話から全話フル視聴する方法

国内ドラマ

「パーフェクトワールド」は有賀リエによる番がを原作に実写化!
ここでは2019年放送、松坂桃李さん、山本美月さん出演のドラマ版「パーフェクトワールド」の動画配信をフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想を紹介しています!

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話視聴したい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なしで見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

ドラマ「パーフェクトワールド」
FODプレミアムで配信中です!

\初回2週間無料トライアル!/

こちらの作品もFODプレミアムで配信中!!

  ⇩ ⇩ ⇩

『パーフェクトワールド』 を無料で視聴する方法は?

『パーフェクトワールド』は、動画配信サービス【FODプレミアム】で配信中です!

そこで【FODプレミアム】は、どういったサービスがあるのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

フジテレビ系番組が豊富なFODプレミアム!
無料期間のみお楽しみいただくことで
お金を一切払わずにお試しすることができます!
※解約は無料期間内にしてもらうだけでOK!

FODプレミアム解約・退会方法は?

 

\初回登録2週間無料トライアルあり!/

本ページの情報は2020年11月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください。

 

「パーフェクトワールド」あらすじ

建築士の鮎川樹は、大学生の時に事故に遭ったことが原因で下半身不随に。
“恋愛も、好きだったバスケットボールも、もうしない”心に固く決めていた。
ある日、高校時代の同級生・川奈つぐみと再会し、閉ざされていた樹の心が少しずつ開かれていく。
2人の前にはさまざまな“困難”が立ちはだかる。お互いを“幸せにしたい”と思えば思うほど、2人はすれ違い―。
無限の可能性が広がる中で、樹とつぐみが選ぶ未来とは―?

 

 

川奈つぐみ(山本美月)は、父・元久(松重豊)の反対を押し切って東京の大学へ進学。妹と暮らしながら、今はインテリアデザイン会社で働いている。
ある日、上司から設計事務所との打ち合わせの席に使いを頼まれたつぐみ。するとそこには、高校時代の同級生で初恋の相手・鮎川樹(松坂桃李)の姿が。樹は設計事務所で建築士として働いていたのだ。偶然の再会に胸が高鳴るつぐみは、「もうバスケはやってないの?」と何気なく尋ね、バスケ部のキャプテンとして活躍していた高校時代の樹の話を一同に聞かせる。しかし、次の瞬間、樹が車椅子に乗る姿を見て絶句。
翌日、職場まで謝りにきたつぐみを樹は公園に連れ出す。そこで仕事に情熱を燃やす樹の言葉を聞いたつぐみは、不自由な体以外はかつての樹のままだと気づく。そしてひょんなことから、つぐみが一人で行く予定だった美術展に、樹もいっしょに行くことになる。

 

 

樹(松坂桃李)の元担当看護師でヘルパーの長沢葵(中村ゆり)が現れ、樹が彼女に絶大な信頼を寄せていることを悟ったつぐみ(山本美月)は胸がざわつく。一方で、つぐみが樹の影響でインテリアデザイナーの勉強を始めたことを知った洋貴(瀬戸康史)もまた焦りを覚えていた。
そんなある日、つぐみから行きたいところがあると誘われた樹。着いた場所は体育館で、そこでは車いすバスケの練習が行われていた。恋愛同様、バスケももう一生しないと決めていた樹だが渋々参加することに。やがて、バスケの楽しさを思い出した樹はチームに入ることを決意。つぐみも久しぶりに見た樹のまぶしい笑顔に釘づけになるが、恋愛対象として見てもらえないことに、どこか歯がゆさを感じていた。
その頃、樹の母・文乃(麻生祐未)が息子の帰りを待っていた。樹とつぐみの仲むつまじい様子を見た文乃はつぐみが新しい恋人だと思い喜ぶ。

 

 

付き合うことになった樹(松坂桃李)とつぐみ(山本美月)は、恋人らしいデートを重ねる。一方、つぐみにプロポーズすることまで考えていた洋貴(瀬戸康史)は大きなショックを受けていた。
ゴールデンウィーク、つぐみとしおり(岡崎紗絵)は樹の車で長野へ帰ることに。その車中、しおりは、つぐみが樹と付き合っていることを父・元久(松重豊)が知ったら…と懸念する。今回は両親へのあいさつは見送ることにしたが、元久と鉢合わせしてしまう。
翌日、樹とつぐみは美姫(水沢エレナ)に呼び出されてカフェへ。そこには洋貴も来ていて、樹をかいがいしく世話するつぐみを複雑な思いで見つめていた。
東京へ戻ると樹の部屋にはヘルパーの葵(中村ゆり)がいた。つぐみを見るなり、明らかに顔を曇らせる葵。樹の苦悩を見てきた葵は、付き合う覚悟ができているのか、つぐみに強く詰め寄り・・・。

 

 

樹(松坂桃李)の生活をもっとサポートしたいと考えたつぐみ(山本美月)は、毎日仕事帰りに樹の家へ。「毎日来てくれなくてもいいんだよ」と気遣う樹に対し、会いたいから来ていると答えるつぐみだったが、葵(中村ゆり)が作った惣菜を見つけ思わず嫉妬してしまう。一方で、つぐみが献身的に樹を想えば想うほど、洋貴(瀬戸康史)の一途な想いが膨れ上がる。
つぐみは樹に内緒で介護の勉強を始めていた。連日深夜まで猛勉強する姉を見たしおり(岡崎紗絵)は尽くしすぎだと、あきれ気味。見かねた洋貴も介護セミナーを終えたつぐみを食事に誘うが、お互いを意識する2人の間には気まずい空気が流れ・・・。
一方、感覚がないはずの足に激痛が走り眠れずにいた樹は、次第に増す痛みに我慢ができなくなり、助けを求めるためある人に電話をかける。

 

 

つぐみ(山本美月)が駅のホームから転落した。車いすから懸命に手を伸ばすが届かず、線路に落ちていくつぐみをただ見ているしかできなかった樹(松坂桃李)は激しく自分を責める。さらに洋貴(瀬戸康史)から、つぐみが介護セミナーに通っていたことや、身の回りの世話をしようと樹のマンションに毎日通っていたことで、かなりの疲れがたまっていたことを聞かされ愕然とする。
松本から駆けつけた元久(松重豊)は、愛娘が命の危険にさらされたことに憤りを隠せずものすごい剣幕で樹を責める。その言葉に、頭を下げて謝罪することしかできない樹を葵(中村ゆり)や渡辺(木村祐一)は心配する。
翌日、つぐみがしばらく仕事を休み、両親の暮らす松本の病院で治療に専念すると聞いた樹は、転院する前につぐみと話をしたいと考え病院を訪れる。そこで偶然、元久と再会。つぐみの幸せを願う元久は樹に・・・

 

 

樹(松坂桃李)に突然別れを告げられ、失意のどん底で帰宅したつぐみ(山本美月)に実家からある知らせが届いていた。しおり(岡崎紗絵)と洋貴(瀬戸康史)とともに急いで松本へ向かったつぐみは、これを機に、まだ心に残っている樹への想いを断ち切るためにも仕事を辞めて東京から離れることを決意。洋貴はそんなつぐみの胸の内を察しつつも、改めてつぐみへ想いを告げる。
一方、自ら恋に終止符を打った樹もまた、つぐみへの想いを捨てきれずにいた。そんなある日、渡辺(木村祐一)からつぐみが東京を去ることを聞いた樹は、二度と会えなくなるかもしれないと思い、急いで高速バスの乗り場へ向かう。

 

 

松本に戻りインテリアコーディネーターとして働くつぐみ(山本美月)は、ある日東京の樹(松坂桃李)の元へ。久々に会った樹とつぐみの間に気まずい空気が流れるが、つぐみは松本で出会ったシェフの高木圭吾(山中崇)と、車いすで生活する妻・楓(紺野まひる)のために力を貸してほしいと頼み込む。高木夫妻の想いを聞いた樹は、2人に会いに行くと約束。つぐみはホッとするものの、樹に会ったことを洋貴(瀬戸康史)に言えず心が痛む。
後日、樹は高木夫妻に会いに行くが、突然楓が「会いたくない」と言い出す。圭吾に頼み2人だけで話す時間をもらった樹は、楓になぜ依頼を引き受けることにしたのかと聞かれ・・・。
一方、樹に想いを打ち明けた葵(中村ゆり)は、圭吾の件でつぐみと会ったと話す樹を見て顔をこわばらせる。それを察知した樹は・・・。

 

 

高木夫妻が建てる家の地鎮祭当日、つぐみ(山本美月)は元久(松重豊)に樹(松坂桃李)と一緒に仕事をしていることを打ち明けようとするが、次の瞬間、強い揺れの地震が起きる。幸いつぐみの家は被害が少なかったが、地鎮祭に参加するため同じく松本にいた樹と連絡がつかない。心配になったつぐみは、元久や咲子(堀内敬子)が止めるのも聞かず家を飛び出す。
一方、東京で地震のニュースを知った洋貴(瀬戸康史)は、つぐみから樹と連絡が取れないと聞き、葵(中村ゆり)と松本へ向かう。葵から、樹にとって何より心配なのは排せつができないことによる尿毒症で、最悪の場合は死に至ることもあると聞き、不安が募るつぐみ・・・。

 

 

自分の気持ちに嘘をつけなくなった樹(松坂桃李)とつぐみ(山本美月)は周囲の人を傷つけることを承知のうえで、洋貴(瀬戸康史)と葵(中村ゆり)、そして家族にも正直な気持ちを打ち明けることに。ところが、つぐみが会いに行くより一足先に洋貴は樹の元を訪ねていた。
さらに、樹は葵に正直な胸の内を明かす。しかし葵は樹の気持ちをさえぎるように食い下がり・・・。

 

 

二度とつぐみ(山本美月)と別れないと決め、プロポーズした樹(松坂桃李)。2人の交際に断固反対するつぐみの父・元久(松重豊)に結婚の許しをもらおうと何度も家を訪ねるが、そのたびに門前払いされてしまう。
そんなある日、樹と2人で話をしたいと申し出た元久。つぐみの幸せを願うなら、なぜ苦労をかけると分かっているのに結婚を望むのかと問う元久に、樹はつぐみと別れてから今日までの気持ちを包み隠さず話す。それでも決して首を縦に振ろうとしない元久だったが・・・。

「パーフェクトワールド」キャスト&スタッフ

鮎川樹:松坂桃李

川奈つぐみ:山本美月

是枝洋貴:瀬戸康史

長沢葵:中村ゆり

渡辺晴人:松村北斗(SixTONES)

渡辺剛:木村祐一

幸村美姫:水沢エレナ

川奈咲子:堀内敬子

東美千代:とよた真帆

鮎川文乃:麻生祐未

川奈元久:松重豊


 

原作:有賀リエ 『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)

脚本:中谷まゆみ

音楽:菅野祐悟

主題歌:菅田将暉 「まちがいさがし」(エピックレコードジャパン)[12]

プロデューサー:河西秀幸(カンテレ)

演出:三宅喜重、白木啓一郎

制作著作:カンテレ

みんなの感想

夢を諦めていたつぐみが、高校の同級生だった初恋の人・樹と12年ぶりに再会し、彼が車椅子になっていることに衝撃を受けるところから始まる物語です。
運命の再会をした二人が、お互いにとって大切な存在になっていき、やがて純粋で初々しい愛を育んで行く様子が見どころです。
樹を演じる松坂桃李さんは素敵で、つぐみを演じる山本美月さんも可愛らしく、とてもお似合いの二人なので、自然とその恋を応援したくなってしまいます。
そんな二人の間に、樹の事故による障害という大きな問題が立ちふさがる様子が、きれいごとではなくとてもリアルに描かれていて、自分だったらどうするだろうかと考えさせられます。
樹が障害で足が動かない様子や、熱を出しながらも仕事を完成させようとする鬼気迫る姿、つぐみのことを想って別れようと決意する場面など、松坂桃李さんの演技が素晴らしく、引き込まれてしまいます。
樹に想いを寄せるあまり、つぐみに辛く当たるヘルパーの葵や、一途につぐみを想う幼なじみの洋貴もいて、つぐみと樹が無事に結ばれるのかどうかとハラハラさせられます。
様々な困難に見舞われる樹とつぐみの恋と、それぞれの夢がどうなっていくのか、最後まで見逃せません。

 

 

一言で言うなら、こんなにも人を愛してみたいと思いました。どんなに障害があっても、どんな困難が待ち受けていても2人で乗り越える力は凄いものだと思いました。弱そうに見えるけど、実はすごく強くて頑張り屋さんの女の子にこんなふうになりたいなと思いました。好きになった人に障害があって、でも、好きだから支えたいそんなの関係ない。そう言える人って凄いなと思います。勇気と覚悟を持たなければ行けない状況では、強い心がないと乗り越えて行けません。例え障害がなくとも、恋愛をするにおいて、壁は付き物だし、乗り越えるものは沢山あります。それはどんなカップルでもです。向き合って相手をしっかり見つめてそれを超える力、絆を作れる関係ってほんとに大切にしなくてはいけないと改めて感じさせられました。好きだからこそ愛しているからこそ、相手の弱い所を受け入れ補いそして、支え合う。決して難しいことではないけれどそれを簡単には出来ない。難しいものだなと思いました。人と向き合う勇気と強さを教えてくれるドラマだなと思いました。好きな人の存在は自分を強くも弱くも変えてしまうもので、だからこそ、楽しく切なく色々なことを教えてくれるものだと強く感じました。

 

 

2019年のドラマで一番記憶に残っている作品です。悲劇の主人公を題材にした作品は、日常離れしすぎて共感できずに終わってしまうことが多かったのですが、このドラマは感情移入できてふと切なくなったり、喜べたりしました。障がい者が働いている姿、生活している様子、バリアフリーの施設など、私も一人の社会に属する人として考えさせられる作品でもありました。山本美月さん演じるつぐみのまっすぐで不器用な愛をみて、自分も純粋な恋がしたいと思えるよ応な作品です。ラブストーリーではありますが、仕事のパートナーとしての関わりや心情の変化、夢など視聴する側に多元的な興味を引き起こさせていると感じました。一番の見どころは幼馴染とヘルパーさんも交えて繰り広げる四角関係だと思います。中村ゆりさん演じる葵とヒロインであるつぐみの掛け合い、駆け引きが最後までこの4人の関係はどのように落ち着くのだろうと良い意味でもやもやして視聴していました。登場人物には悪い人はいません。すれ違いや別れた過去も双方に共感できるため好きな登場人物を見つけ出し注目することが楽しみの一つになるかもしれません。私個人としては、松村北斗さん演じる晴斗の人間っぽさに共感して一番好きでした。

 

 

障害を持ち車椅子生活を送る男性を巡るインテリアデザイナー志望の女子の揺れる恋心を上手く表しているなという感じがしました。個人的には主人公の川奈つぐみを演じる山本美月さんと傷害のある鮎川樹を演じる松坂桃李さんのさわやかな演技がよかったと思います。菅田将暉さんの歌う主題歌「まちがいさがし」もこのドラマに合っていたと思います。ちょっとしたことで気持ちがすれ違ってしまうことは、実際の恋愛でもままあることですが、それがすれ違ったままになってしまうか、はたまたお互いが自分の本当の気持ちに気が付いて再び歩み寄ることができるのか、正に運命の分かれ道のような気がしました。つぐみの父親役だった松重豊さんが2人の結婚を認めるシーンはすごく感動しましたし、婚姻届を受理するシーンで菅田将暉さんがちょこっと出演しているのも、なかなかニクいなと思いました。「いつかこのドラマが、ただのありふれたラブストーリーになりますように」というサブテーマが、このドラマが伝えたかったの本当の意味を教えてくれるのではないのかなと思います。今までどちらかというと、障害と戦る立場はカップルの女性の方が多かった気がしましたが、障害を持つ男性を女性がその優しさで包み込むようにフォローしてあげるのも素敵な展開でした。

まとめ

ドラマ「パーフェクトワールド」は、FODプレミアムで配信中!

是非ご覧ください!!

タイトルとURLをコピーしました