テンペスト/公式見逃し動画配信を全話無料でフル視聴する方法【ドラマ】

国内ドラマ
沖縄県出身の小説化・池上永一の同名小説を仲間由紀恵主演で2011年にドラマ化されました。
10月31日で首里城火災から丸1年が経過することから、BS時代劇「テンペスト」がNHKで一挙アンコール放送されます。
19世紀末の琉球王朝を舞台に、男として生きる運命を背負わされた少女の波乱万丈な人生が描かれた時代劇となっています。
こちらではドラマ「テンペスト」の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

ドラマ『テンペスト』 を無料で視聴する方法は?

『テンペスト』
NHKまるごと見放題パック
ご視聴いただけます!
U-NEXTの【専用ページ】から初回登録すると
支払いに使える1000ポイント
プレゼントされます!
※通常ページからの登録は
600ポイントになります
そのポイントを使うことで
NHKオンデマンド作品を無料で
見放題視聴することができます!

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです♪

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます♪

ポイントは新作映画や漫画などの有料コンテンツに活用できます(*^^*)

初めて登録するのが不安だなぁという方!!

U-NEXTでは初回登録の方に《31日間の無料トライアル&ポイントプレゼント》を実施しています!

無料トライアル中に解約することもできるので、お金を払わなくても楽しむことができます(*^^*)

U-NEXTの特徴

見放題作品数NO.1!


U-NEXTより引用

U-NEXTより引用

新作映画がレンタルと同時配信

U-NEXTより引用

NHKオンデマンド作品あり
(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可)

U-NEXTより引用

U-NEXTより引用

80誌以上の雑誌読み放題

U-NEXTより引用

毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!
※ポイントの有効期間は90⽇間

U-NEXTより引用

追加チャージで最大40%ポイント還元

U-NEXTより引用

最大4つのアカウント作成が可能!

U-NEXTより引用

ダウンロード機能あり

マルチデバイス対応

高画質&高音質

私も【U-NEXT】に登録していますが
ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《
安心・安全》!
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴しています!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけでOK!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や注意点は?

登録はこちら♪
⇩ ⇩ ⇩ ⇩
\初回1000ポイントプレゼント!/

ドラマ『テンペスト』 あらすじ

時は幕末。ところは琉球。時代の変化の荒波が押し寄せる海洋王国に、男として生きる運命を背負わされた少女がいた・・・。 『テンペスト』は、琉球王国末期の王宮を舞台に、美ぼうと才能を併せ持つ女性が性を偽って政府の役人になり、人を愛し琉球を愛し懸命に生きる姿を描く、波乱万丈でけんらん豪華なエンターテインメント時代劇です。

NHKドラマ 公式サイトより

19世紀、琉球王朝末期の沖縄に、一人の女の子が生まれた。男子を望む父に疎んじられた子は聡明な少女(仲間由紀恵)に成長。父、そして自らの願いをかなえるため、性を偽り、宦官(かんがん)・孫寧温として、時代の変化が押し寄せる王朝の役人になる。まず、難破した英国船の船員を手厚く保護し、外交的手腕を発揮。王(高橋和也)に認められ、王府の財政改革を命じられるが、王の姉・聞得大君(高岡早紀)と全面的に対立する。

聞得大君(高岡早紀)に女であることを見抜かれた孫寧温(仲間由紀恵)。踊り童子の兄・嗣勇(金子昇)を人質に取られ、聞得大君から命じられるまま、対立する王妃(若村麻由美)を王宮から追放処分に。極端な処分が王府の役人の反発を呼んで四面そ歌となるが、同僚の朝薫(塚本高史)は、何か考えがあるはずだと寧温を信じる。薩摩藩と手を結んで資金を引き出そうとする聞得大君は、王府の機密を薩摩に引き渡すよう寧温に命じる。

聞得大君(高岡早紀)から機密を引き渡すように命じられた薩摩側の役人は、寧温(仲間由紀恵)が少女の頃に出会った浅倉雅博(谷原章介)だった。浅倉は、絶望して崖から身を投げた寧温を救い出し、初めて琉球に来たときに出会った少女だと確信し、横暴の限りを尽くす聞得大君に対してともに闘おうと説得する。反撃が始まった。一方、寧温と門番の多嘉良(藤木勇)は、王府の中に清からのアヘンが入り込んでいる証拠をつかむ。

孫寧温(仲間由紀恵)は、キリシタン疑惑で、聞得大君(高岡早紀)を王宮から追放した。朝薫(塚本高史)と共に王宮内のアヘンについて調べるが、突如、今の職を解かれ、閑職に追放される。それはアヘン調査を2人に極秘で続けさせようとする尚育王(高橋和也)の作戦だった。薩摩藩と清国にも協力を仰ぎ、黒幕を突き止めようとする寧温たちは、王妃(若村麻由美)など王家の女性たちが暮らす御内原に狙いを定める。

孫寧温(仲間由紀恵)は、尚育王(高橋和也)に「近代化のための教育が必要だ」と進言。最新の欧米情報で寧温の気をひいた清国の宦官・徐丁垓(GACKT)は、寧温が女だと見抜いてゆすりにかかる。そこへ王急死の知らせが。幼い王子にとりいって琉球王国を乗っ取ろうとする徐丁垓を阻止するため、寧温は王宮に戻るが、薩摩の浅倉雅博(谷原章介)との仲を引き裂かれ、徐丁垓に陵辱される。ついに寧温は徐丁垓と直接対決する。

朝薫(塚本高史)に謀反の疑いをかけられた孫寧温(仲間由紀恵)は、八重山に一世流刑となる。3日間の船旅で到着した八重山は、英米艦隊から砲撃を受けていた。列強の脅威が琉球に迫っていることを早く王府に知らせなければ、と焦る寧温。熱病にかかって山中に打ち捨てられているところを救ったのが、かつての女官・大勢頭部(かたせ梨乃)だった。どうしても王宮へ戻りたいという寧温に、大勢頭部は王宮に戻る手立てを考え出す。

孫寧温(仲間由紀恵)は、王の前で踊りを披露するため、真鶴として王宮に戻ってきたが、実は側室を選ぶための試験だった。全く予想外に、真鶴は側室に選ばれてしまい、2度と寧温として王宮に戻れないと焦る。列強の脅威が琉球に近づいていることを知らせようと御内原を抜け出すが、薩摩の浅倉雅博(谷原章介)が、いまだ真鶴のことを思っていることを知って心乱れる。そんな折、寧温が恐れていた米国艦隊が、那覇港に姿を現す。

那覇港沖に姿を現した米国の大艦隊。最高司令官ペリー(リチャード・アレン)は、琉球国王への謁見を要求する。王府は力ずくで追い返そうとするが、真鶴(仲間由紀恵)は側室の立場を利用して、王(染谷将太)に「一定の譲歩をしなければペリーたちが武力に訴えるだろう」と警告する。薩摩の浅倉(谷原章介)も警戒を強めるなか、ペリーは海兵隊と共に上陸。城門で待ち構える朝薫(塚本高史)の前に、大砲を携えた一団が迫り来る。

側室・真鶴と役人・孫寧温(仲間由紀恵)の二重生活が始まる。清国派と薩摩派の対立が激化し、朝薫(塚本高史)らが王府から追放される。背景には琉球王国を解体し、真鶴を王府から取り戻そうとする浅倉(谷原章介)の願いが。琉球を隠れみのに外国から軍艦購入を図る薩摩・浅倉と、非武装中立を主張する琉球・寧温は全面的に対立。一方、遊女になった聞得大君(高岡早紀)を解放しようと、津波古(遠藤憲一)が遊郭に火をつける。

孫寧温(仲間由紀恵)は、真美那(上原多香子)の計らいで、政治の場から姿を消した。臨月を迎えた真鶴は王子を生むが、誕生の祝いの席で兄・嗣勇(金子昇)が、真鶴が実は孫寧温であることを暴露する。真鶴は捕らえられ、王子と引き離されたが、真美那の助けで王子とともに王宮を逃げ出し、親子でひっそりと隠れて暮らす。成長した王子・孫明は、母親と同じ評定所筆者になる。明治維新の足音が、すぐそこまで近づいていた。

ドラマ『テンペスト』 キャスト

真鶴/孫寧温(仲間由紀恵)・・・孫家待望の第一子として誕生したが、男児を強く望んでいた父親はショックのあまり、娘に名前を付けず、彼女はいない者として存在を無視され幼少時代を過ごす。3歳になった頃自分で真鶴と名を付けた。

浅倉雅博(谷原章介)・・・薩摩藩御仮屋詰めの武士。琉歌を詠むのが上手い。寧温のことを好きになる。御仮屋の役人の中では穏健派である。

喜舎場朝薫(塚本高史)
・・・6歳にして四書五経を読んだ神童として名を馳せた。寧温の部下であり、よきライバル。科試に首席合格し、評定所に配属される。

聞得大君/真牛(高岡早紀)
・・・寧温が流刑に遭う前の聞得大君加那志。国母の娘。尚育王の姉にあたり、碧眼で、霊験が瞳にあると信じ、醜悪な物や人を見てしまった時には、打ち据えさせる残虐な性格の持ち主である。

徐丁垓(GACKT)
・・・清国の宦官。宦官でありながら、紫禁城の後宮の女全員を抱いたとして冊封使節団に紛れ込まされ追い出された。「女を抱くために宦官になった」と自ら言うように、琉球の花街でも絶倫の好色漢として有名。

孫嗣志(奥田瑛二)
・・・真鶴の父親。孫家の家長。孫家は毎年女官を輩出する名家であるが、嗣志はあくまでも男子の科試合格による孫家の再興を目論む。孫家は第一尚氏王朝の末裔であり、その証として第一尚氏王朝時代の聞得大君が所持していた馬天ノロの勾玉を隠し持っている。

国母(八千草薫)
・・・娘の聞得大君(真牛)と結託し、王妃を追い込もうとする

大勢頭部(かたせ梨乃)

オバァ(平良とみ)

『テンペスト』 原作

テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫) | 池上 永一 |本 | 通販 | Amazon

著書:池上永一
沖縄県出身。
1994年、早稲田大学在学中にデビュー作「バガージマヌパナス」で第6回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。以降、「風車祭(カジマヤー)」が直木賞候補入り、「ヒストリア」が第8回山田風太郎生を受賞。

『テンペスト』は2008年8月31日に角川書店より発行。単行本は上下2巻(若夏・花風)、文庫本は全4巻(春雷・夏雲・秋雨・冬虹)が発刊されています。

ドラマ『テンペスト』 放送日

2020年10月31日(土) [総合] 午後4時 第1回~第2回

2020年11月3日(火・祝) [総合] 午後3時5分 第3回~第6回

2020年11月7日(土) [総合] 午後3時5分 第7回~第10(最終)回

ドラマ『テンペスト』 感想

 

このドラマをみて昔の琉球王国の雰囲気を知り、旅行時により沖縄を楽しめたと思っています。
時代物は普段あまり見ることはありませんが、琉球の文化・歴史について触れてくる機会があまりなかったので、フィクションとはいえ勉強になる点もあり楽しむことが出来ました。
王朝時代の洋装がとてもきれいで印象深かったです。

 

 

首里城の正殿焼失から1年が経ち、アンコール放送がされるということで久々に鑑賞しようと思っています。
当時、奥田英二さんや高岡早紀さんの演技に思わず見入ってしまった記憶がありますが、それほどまでに役者陣にも熱のこもった作品だったのではないでしょうか。
特に主演の仲間由紀恵さんは男女の演じ分けという難しい役どころだったにも関わらず違和感を感じさせない素晴らしい芝居だったと思います。
放送時から数年が経ち、今見るとまた違った視点からドラマを楽しめると思うので放送を心待ちにしたいと思います。

 

まとめ

今回は『テンペスト』についてご紹介しました。

U-NEXTではこの他にもたくさんのドラマやオリジナル番組が配信されているので、見逃してしまった作品や気になる番組を気軽に楽しむことができます。

この機会に加入をご検討してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました