一度死んでみた/公式見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法【映画】

邦画
2020年公開映画『一度死んでみた』は広瀬すずさん主演、吉沢亮さん、堤真一さんなど豪華な俳優陣たちが共演!
監督は、au「三太郎」シリーズのCMを手掛けてきた浜崎慎治。
脚本は、ソフトバンク「白戸家」シリーズのCMを世に送り出して来た澤本嘉光。
本作『一度死んでみた』はコメディ作品で広瀬すずさんにっとっては初めての挑戦!
思い切った演技は必見デスよ!!

こちらでは、映画「一度死んでみた」の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

映画『一度死んでみた』予告(60秒) 2020年3月20日(金)全国ロードショー

結論から言いますと
映画「一度死んでみた」のフル動画は
U-NEXTで配信中です!

現在レンタル作品ですが
ポイント利用で視聴することができますよ!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

映画『一度死んでみた』 を無料で視聴する方法は?

『一度死んでみた』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴できます!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけ!

U-NEXT解約・退会方法や注意点は?


初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2020年11月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

「一度死んでみた」あらすじ

父親のことが大嫌い、いまだ反抗期を引きずっている女子大生の七瀬(広瀬すず)。
売れないデスメタルバンドのボーカルをしている彼女は、ライブで「一度死んでくれ!」と父・計(堤真一)への不満をシャウトするのが日常だった。
そんなある日、計が本当に死んでしまったとの知らせが。
実は計が経営する製薬会社で発明された「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、計は仮死状態にあるのだった。
ところが、計を亡き者にしようとするライバル会社の陰謀で、計は本当に火葬されてしまいそうに…!
大嫌いだったはずの父の、絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、存在感が無さすぎてゴーストと呼ばれている計の秘書・松岡(吉沢亮)とともに、父を救うため立ち上がることに!火葬までのタイムリミットは2日間。
はたして七瀬は無事、父を生き返らせることができるのか!?

映画『一度死んでみた』公式サイトより


「一度死んでみた」キャスト

野畑七瀬:広瀬すず
売れないデスメタルバンド「魂ズ」のボーカルを務める女子大生で父親と2人暮らし。大の父親嫌い。

松岡卓:吉沢亮
計の秘書であまりの存在感の無さに「ゴースト」と呼ばれる。

野畑計:堤真一
七瀬の父親で野畑製薬の社長。会社乗っ取りを企てるライバル企業のスパイ社員を炙り出すために「2日間だけ仮死状態になる薬」を飲んだが、ライバル企業の策略により2日後に火葬されることに・・・。

火野:リリー・フランキー
仮死状態になっている計の前に現れた天国への案内人。

渡部:小澤征悦
野畑製薬に勤務している計の秘書。

田辺:嶋田久作
野畑製薬のライバル会社「ワトスン製薬」社長で計を亡き者にしようと企てている。

野畑百合子:木村多江
計の妻で七瀬の母。

藤井:松田翔太
2日間だけ仮死状態になる薬を発明。

オタク:加藤諒
バンド「魂ズ」の応援するオタク。

ラーメン店の店主:でんでん
七瀬が通うラーメン店の店主。

野畑製薬の社員:志尊淳、柄本時生、前野朋哉、清水伸、西野七瀬

野畑製薬警備員:城田優

掃除のおばさん:原日出子
野畑製薬の掃除のおばさん。

ワトスン製薬の手下:真壁刀義、本間朋晃

宇宙飛行士:野口聡一(JAXAの宇宙飛行士)

ボーイ:佐藤健
高級クラブのボーイ。

あかね:池田エライザ
高級クラブのキャバクラ嬢。

同僚:古田新太
計の元同僚

ジェームズ布袋:大友康平
音楽ディレクター

坊主:竹中直人
百合子の葬儀で奇妙な読経を挙げる

支配人:妻夫木聡
計の葬儀に使用される「クラウンホテル」の支配人。

魂ズ桃子:安藤ニコ
ギター担当

念持:スズキリクオ
ドラム担当

ほのか:鈴木つく詩
ベース担当

アナウンサー:久慈暁子(フジテレビアナウンサー)

主題歌

魂ズ『一度死んでみた』

広瀬すずさんが演じる七瀬がボーカルで所属するデスメタルバンド。
ヒャダインさんが音楽を手掛けました!

映画『一度死んでみた』魂ズMV(20秒) 2020年3月20日(金)全国ロードショー

『一度死んでみた』原作はある?

この映画の原作が気になっている方が多いようなので、原作はあるのか調べてみました。
こちらの作品は監督のオリジナル脚本ということで、原作が元になっているというものではありませんでした。
しかし、映画公開に先駆けてノベライズ本が出版されています。

こちらでは仮死状態の父親を救うために駆け回っているデスメタル好きの少女が爽快感たっぷりに描かれており、小説ではありますがとっても読みやすい文章になっているようです。

ノベライズ本をまず読んでおくことで、映画をより楽しむことができると好評ですよ!

【小説】以外にも【児童向け小説】や【LINEマンガ】も連載中デス!

『一度死んでみた』ロケ地は?

撮影は2018年9月ごろから約一ヶ月ほどかけて、主に静岡県で行われていたようです。

・常葉大学静岡瀬名キャンパス

こちらは静岡市にある大学で、広瀬すずさん演じる主人公が通っていた大学の撮影場所として使用されていたことがわかりました。
2018年9月23日から三日ほど、この大学で広瀬すずさんや堤真一さんや吉沢亮さんがロケをしていたという目撃情報もあったので、実際にこちらで撮影が行われていたみたいですね。

・静岡県立美術館

ここでは2018年9月19日に広瀬すずさんや堤真一さんなどがこちらで撮影を行っていたという目撃情報が確認できました。この日はエキストラ募集も行われており、エキストラは葬儀会場のシーンで登場することになっていたので、この美術館を葬儀会場シーンで使用された可能性がありますね。

・静岡駅前

静岡市の玄関口とも言われているJR静岡駅前では、2018年9月20日頃に広瀬すずさんと吉沢亮さんが撮影を行っていたという目撃情報が確認できました。

・青葉シンボルロード

静岡駅の北口から徒歩9分のところに青葉シンボルロードというところがあります。ここは静岡市のメインストリートの一つで、先ほどと同じく2018年9月20日頃に撮影が行われていたという目撃情報を確認することができました。

・森下公園

大きな遊具がとっても印象的な公園で 、広瀬すずさんを見たという目撃情報がありました。この公園はJR静岡駅の南口から徒歩10分の場所にあるところで、写真で見ても大きな遊具が印象的でした。

・常盤公園

静岡駅から徒歩10分程度の場所にあるこちらでは、広瀬すずさんや吉沢亮さんが撮影を行っていたという目撃情報がありました。撮影が行われていた時にはツイッターなどでも撮影が行われているなどといった話題のツイートがたくさんありましたよ。

みんなの感想

監督の浜崎慎治氏にとっては、本作が映画監督デビュー作となっています。
主演の広瀬すず氏は、デスメタルバンドのボーカルという役柄、終始ダークな服装に身を包んでいて、事あるごとに叫んでいます。
いつもと違った広瀬氏を楽しんで下さい。
本作では、豪華キャストが多く出演していて、数秒の場面に主演クラスの俳優が出演してることがあります。
誰が何処に出ているのか、探してみるのも面白いかもしれません。
物語からは、父親役の堤真一氏と娘役の広瀬氏の人間ドラマに、周りを巻き込んでのドタバタ系コメディを加えた、そんな印象を受けました。
前半はコメディ色が少し強いので、コメディが苦手な方は、ひょっとしたら退屈に感じるかもしれません。
しかし、後半からのシリアスな展開では、目頭が熱くなる場面もあり、よくバランスが取られています。
前半で引かれた多くの伏線が、後半で回収されていく様子は、観ていて気持ちが良かったです。
あと、脇役が物語の中で重要な役割を演じている点は、スタッフ全員で映画を面白くしようという、一体感を感じさせてくれます。
個人的には、松田翔太氏の二枚目ではないキャラクターが新鮮で、観ていて嬉しくなりました。
総評は、豪華キャストたちの演技とチームプレイによって、素晴らしい作品が出来たと言えるのではないでしょうか。

とにかく笑える、キャストが豪華。
色んな大物俳優が、ただただエキストラ的に、一コマ出演や、一瞬映るだけだったり、」正直、ありえないような贅沢な仕上がり。
次はいつ誰が出てくるんだろう、と言うわくわく感があった。
内容的にはぶっとんだギャグストーリーの中に親子愛と言うミスマッチが上手く調和しているハートフルコメディ。
始まりは、デスメタル好きのギャグ連発の大したことないストーリを想像したが、それは大きな間違いだった。
そして、親子愛がストーリーの軸になっているので、違和感の中に親近感を感じてしまい、話が進んでいくごとにストーリーに引き込まれていく。
ようやく話の中盤あたりから、いよいよ本腰が入りだし
今までのひとつひとつの展開がしっかり計算しつくされていた事が見えてくる。そこからが、面白い。
さらにクライマックス付近になってくると色んな場面での出来事が、しっかりと全て繋がりを見せどんどん回収されていく。
中盤あたりから後半にかけてストーリーに引き込まれ、目が話せなくなる映画。
内容がしっかりしているので、ただ単に、俳優見たさの人だけでなくストーリー性を重視した、本当の映画好きにも楽しんで見られる映画だと感じた。

主演の広瀬すずがロックバンドのボーカルで、毎日きらいなお父さんに向けて暴言を吐いている様子に最初は驚きもありましたが、終始コメディの要素は絶やさない映画でもあったため、重くならずに楽しめました。ストーリーは、大嫌いなお父さんが開発された薬によって一時的に死んでしまったことで娘がどうにか助けようと動きだすというものなのですが、もともとは大嫌いであったこともあり複雑な感情が見え隠れしてゆきます。はたしてお父さんは一命をとりとめるのか、そしてその時親子関係はどうなってゆくのかが見どころです。仲の悪い親子が大きな事件をきっかけにお互いの存在の大事さに気付くというような話はよくあるかことかもしれませんが、言葉だけでは見えてこない関係性の温かさをこの映画にも感じました。様々な場面に散りばめられた笑いの種は登場人物のキャラクターを際立たせてもいて、とても面白かったです。また広瀬すずは本当に色々な役を演じることが出来るのだなぁと改めて感じました。この人たちの何年後か先のお話もぜひ見てみたいと思わせるような、個性が際立つ登場人物たちのお話でした。笑いたい時、家族愛に浸りたい時におすすめです。ぜひ観てみて下さい。

主人公の七瀬がデスロックで父への思いを熱唱するシーンは衝撃的でした。ヘッドハンギングしながら歌う様子はかなり激しく、観ていて心に刺さります。そして父が本当に死んでしまうという展開には驚きました。作中で七瀬は「死んでしまえ!」と父への思いの丈をぶつけていますが、心から嫌っていないのではないかと考えました。父が仮死状態になったとき、父を生き返らせようと必死になったのは心のどこかに父を大切に思う気持ちがあったからでしょう。言葉では簡単に嘘をつけても行動で嘘をつくのは難しいと言われますが、七瀬はまさにその通りでした。父を助けるために仲間と奮闘する場面には父への愛を感じ、涙が出てきました。七瀬を見ていると昔父をうっとおしく感じた時期が思い出されました。年頃の女の子はお父さんを嫌だなと思う時期があるとよく言われるように、私と同じような経験をした人もいるかもしれません。しかし私は父を心から嫌いになれませんでした。病気になったときは心配でしょっちゅう見舞いに行きました。だから七瀬の気持ちを理解できた場面がたくさんあります。視聴者の女性には七瀬に年頃の自分の姿を重ねる人も出てくるはずです。主人公の言動に共感できる作品でした。

まずキャストが豪華すぎるの一言でした!ちょい役まで豪華でこんなキャスティングありなのと思うほどです。エンドロールを観てあれこの役者さん出てたっけと思い、もう一度観たくなるそんな映画です。何度観ても楽しめること間違いありません。登場人物が多いですがみんなキャラが濃く全員が愛すべきキャラクターだなと思いました。
内容もコメディ要素強く笑えるポイント満載で気張らずに観れるのもよかったです。型破りなストーリー展開に飽きることなくあっという間に感じます。そんなのありなのの連続です。絶対にあり得ないストーリーなのに日常っぽい雰囲気もありとにかく楽しめます。
デスデスが頭から離れない中毒性もあります。劇中歌最高です。中毒性が高いので一度思い出したら当分頭を離れないです。最後には一緒にヘドバン決めたくなりました。
なんとなく清純派なイメージの広瀬すずちゃんのロックでパンクな演技も最高でした。お母さん役の木村多江さんのオチャメな演技がアクセントにもなっています。真面目なキャラクターでおもいっきりふざけられるのは堤真一さんならではといった感じです。
どたばたの連続で笑いっぱなしなのにほっこりあったかい気持ちになれるお得な映画だと感じました。元気をもらえる映画でした?

 

 

何かいいですね。ゴースト役の吉沢亮さんいい雰囲気出しています。ストーカー、見張り、陰ながら見守ってるイケメンという感じがなんとも良かった。とにかく広瀬すずちゃんの演技がスゴい。声も可愛い。見どころでした。コメディだけど、ホロリとさせる要素あり。クスクス。笑いどころが満載。キャラの心情も必要性があり、メッセージ性にも説得力がある映画でした。薬さんの「集合かけたら5分で集まれ」が笑えました。心に突き刺さる内容で、泣けました。あんなハイテンションな木村多江さんは初めて見ました。「気持ちは言葉にしなきゃ伝わらない」。というのが、本当に大切なことだなと痛感させられました。沢山笑ってホロっとさせられる、痛快なドタバタコメディです。父が大嫌いなのも、ちょっとした誤解が原因であり、実際は似た者同士で近すぎる存在であるが故の反発だったりする。そこがアットホームでとてもいい。広瀬すずさんは、いろんな役に挑戦してるけど、明るい今回のような役はなかなか良いですね。家族愛を感じる部分や家族の向き合い方など考えさせられました。宇宙服の使用法はなるほどと感心しました。こういう気軽な気持ちで鑑賞できる映画っていいな。って思います。父娘愛にもほっこりできました。

まとめ

映画「一度死んでみた」は、U-NEXTのポイント利用で視聴することができます

是非チェックしてみてくださいね!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました