感染列島/無料動画配信・レンタルを無料で視聴する方法!あらすじ・キャスト・感想【感染パニック映画】妻夫木聡・檀れいW主演

邦画

2009年に公開された妻夫木聡と檀れいが主演の映画『感染列島』

新型コロナウイルスの感染が拡大する今、再び注目を集めています!

公開当初は〈感染対策方法などにリアリティがない〉などと言われていましたが、『感染列島』が公開された3ヶ月後に新型インフルエンザが蔓延し、世界的流行をみせました。

今、未知のウイルスが世界中で増殖している中、感染列島を観ると視点が変わるかも知れません。

こちらでは映画『感染列島』を無料でフル視聴する方法をまとめています!

映画「感染列島」のフル動画は
U-NEXTで配信中!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

映画『感染列島』 を無料で視聴する方法は?

『感染列島』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです♪

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます♪

ポイントは新作映画や漫画などの有料コンテンツに活用できます(*^^*)

初めて登録するのが不安だなぁという方!!

U-NEXTでは初回登録の方に《31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼント》を実施しています!

無料トライアル中に解約することもできるので、お金を払わなくても楽しむことができます(*^^*)

U-NEXTの特徴

見放題作品数NO.1!


U-NEXTより引用

U-NEXTより引用

新作映画がレンタルと同時配信

 

U-NEXTより引用

 

NHKオンデマンド作品あり
(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可))

 

U-NEXTより引用

 

80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!
※ポイントの有効期間は90⽇間

 

U-NEXTより引用

 

追加チャージで最大40%ポイント還元

 

U-NEXTより引用

 

最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

ダウンロード機能あり

 

マルチデバイス対応

 

高画質&高音質

 

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全》で
圧倒的に多い作品数が魅力的です!

広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*) 

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOK!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や注意点は?

登録はこちら♪
⇩ ⇩ ⇩ ⇩
初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

 

U-NEXTで配信中!妻夫木聡出演作品!

  • 悪人
  • 怒り
  • 渇き。
  • 愚行録
  • 決算!忠臣蔵 ★
  • 感染列島
  • 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール
  • ジョゼと虎と魚たち
  • ワイルドX3 TOKYO DRIFT
  • ジャッジ!
  • 泣き虫しょったんの奇跡 ★
  • ザ・マジックアワー
  • 清須会議
  • TOKYO!
  • オレンジデイズ
  • 闇の子供たち
  • 東京家族
  • イノセント・デイズ
  • 家族はつらいよ
  • 家族はつらいよ2
  • 妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ
  • マイ・バック・ページ
  • パラダイス・ネクスト ★
  • 涙そうそう
  • 豚がいた教室
  • 黒衣の刺客
  • 黄金を抱いて翔べ
  • 愛と誠
  • ノーボーイズ,ノークライ
  • ドラゴンヘッド
  • やわらかい生活
  • 大河ドラマ 天地人 ★
  • ローレライ
  • 約三十の嘘
  • 富江re-birth』

★:レンタル(有料)
※2020年8月の情報となります 

『感染列島』あらすじ

2011年1月。新年を迎えた、いずみ野市立病院。ある日、救命救急医・松岡剛のもとに一人の急患が運び込まれてくる。その患者は高熱、肺炎、痙攣、吐血などを催し、全身感染ともいえる多臓器不全に冒されていた。この症状は新型インフルエンザと想定され、治療が進められる。しかし、あらゆるワクチンを投与するも容態が回復することはなく、患者は死亡してしまうのだった。

 正体不明のウイルスはさらに病院の医療スタッフや患者たちにも感染、病院がパニック状態に陥ってしまう。また感染拡大は病院内だけに留まらず、仙台、大阪、広島など、全国各地に広がり始めていた。

 やがて、事態の究明とウイルスの感染拡大を防ぐため、世界保健機関(WHO)からメディカルオフィサー・小林栄子が派遣されることに。彼女は、このままウイルスが蔓延し続けると日本は崩壊し、世界へ拡がれば人類は滅亡する、という恐るべき事態を予測する。

 次第に広がる病院内隔離、地域封じ込め政策、都市機能・交通機関の停止、政府崩壊、そして消えゆく人類。

 そんな中、自分達の尽力も虚しく未だ多くの命を救えずにいた松岡と栄子は、ウイルスの正体、ウイルスの発生源、そしてウイルスに打ち勝つ治療法を見つけるために動き始める。

 ”バイオテロ”か、それとも”神の責め苦=BLAME(ブレイム)”か。人類は、運命の日を迎える――

Wikipedia より

『感染列島』キャスト

主要人物

  • 松岡剛/ 妻夫木聡
  • 小林栄子/檀れい

いずみ野市立病院

  • 三田多佳子/国仲涼子
  • 高山良三/金田明夫
  • 宮坂/ 宮川一朗太
  • 池畑実和/キムラ緑子
  • 看護師 -/津田聖子
  • 鈴木蘭子/ 馬渕英俚可
  • 柏村杏子/ 小松彩夏
  • 小森幹夫/三浦アキフミ
  • 深見修造/ 田山涼成
  • 安藤一馬/佐藤浩市(友情出演)

厚労省

  • 古河克也/久ヶ沢徹
  • 厚労省の職員 -/佐藤恒治、山中敦、山本東
  • 田嶋晶夫/三浦浩一

三田家

  • 三田英輔/ 田中裕二(爆笑問題)
  • 三田舞/松本春姫

その他

  • 仁志稔/藤竜也
  • 鈴木浩介/カンニング竹山[7]
  • 神倉章介/光石研
  • 神倉茜/夏緒
  • 本橋研一/太賀
  • 研一の両親 /武野功雄、仁藤優子
  • 真鍋秀俊/山中聡
  • 真鍋麻美/池脇千鶴
  • 立花修治/嶋田久作
  • 田村道草/正名僕蔵
  • TVキャスター /吉川美代子(TBSアナウンサー)
  • TVレポーター / 山中秀樹
  • クラウス・デビッド/ダンテ・カーヴァー

みんなの感想・評価

パンデミックが始まってしまって、動物からのウイルスでした。動物からのウイルスでは意外と感染力が強くて広まりが早いのが特徴的でした。病院の中には入れないということになっていますが、医者と看護師たちは戦っていました。こういう時だからこその医療現場ではありますが、こういうときだからこそ医療現場の大変さはあると思います。しかし、鳥から移ったことに関してわからなかったようで第一感染者について探していくのには大変なことだと思いましたが、妻夫木さんは諦めないということをちゃんと考えてくれているのが何に対しても繋がっていくんだと思いました。海外にまで行って研究のために行っていてそれをパソコン上で見つけてくれたので世界が安心して暮らせるようになるんだと思いました。他力本願になってしまう医師もたくさんいるので、妻夫木さんのような医者がいたらありがたいと思います。ウイルスの正体がわからないまま患者さんと向き合うことに関しては難しいですが、検体を持ってきてくれたことで世界中の方々を救えるのは研究者だけではないということもわかります。この映画は想像していたことよりもとても凄い映画でした。医者同士励ましあっているところも感銘を受けました。

感染列島は、2008年に公開された日本の映画です。ウイルス感染をテーマにしたパニック映画です。主演を妻夫木聡さんがつとめ、佐藤浩一さんなども出演したことで話題になりました。簡単なあらすじは、フィリピンで発生した新型インフルエンザの影響で、日本の養鶏場でも鳥インフルエンザが発生します。その後、人間への感染がひろがり死者が出るのです。観戦の勢いは凄まじいもので、政府は非常事態宣言を出します。1人目の感染者を見抜けなかった松岡医師は、WHOの医師で大学時代の教師助手だった栄子とともに、感染の広がりを抑えるために、病院で忙しく処置をしていたのですが、栄子の強引な方針により病院内で反感を受けてしまうというストーリーです。この映画は、新型コロナウイルスが蔓延している今だからこそ、興味深く見れました。特に、非常事態宣言を政府が発するところは、とてもリアルに感じました。また、ウイルスに立ち向かう医療関係者の努力もよく分かった気がします。この映画では、何度も泣き所がありましたが、個人的には遺族の人たちが病院の前に花をたむけている時、女の子が退院して病院から出てきたときに、遺族の人たちが拍手したところが印象的でした。

 

未知のウイルスが知らぬ間に広がっていく恐怖とそれと闘う医療従事者とその家族、患者と周りの人の様々な人間模様が描かれていますが、それぞれフォーカスが当たる場面がはっきりとしているので、場面切替が煩雑にならずにストーリーを楽しむことができました。登場人物は多いですが、関係性の繋がりがはっきりしているのでわかりやすかったです。この映画の見所は未知のウイルスと命懸けで闘う妻夫木聡さんを始めとする医療従事者の懸命な姿です。緊迫感溢れる演技は手に汗握るものがあります。また、治療や看護に当たっていた中で自分も感染してしまう医師や看護師の姿には胸を締め付けられました。特に看護師が感染してしまったときのお見舞いに行けない家族とのメールのやり取りは観ていてつらかったです。また、治療に当たっていた医師は感染が確認された後に自ら実験台となり、新しい治療方法が有効かどうかを試すシーンもつらいものがありました。そしてその実験を基に患者を救おうと新しい治療方法に踏み切る妻夫木さんの決断のシーンは鬼気迫るものを感じました。人間と未知のウイルスの闘いの物語ではありますが、いろいろ考えさせられるものがあり、いわゆるパニック映画とはまた違った印象の映画になっています。

 

 

爆発的な感染症が日本全体で起こる映画ですが、医療従事者並びに現場の空気や携わる人達の気持ちや感情が表れています。
実際に日本においても今後、1人1人がどうあるべきかというのを観て考えさせられる内容ですし、映画であってもリアル感もあり、考え深い作品です。
出演されている俳優さん等も豪華で、演技としても素晴らしく、まるで自分自身もその場に居る、立ち会っている、同じような境遇に居るかのように入り込む事ができる一方で
医療従事者さんや家族といったそれぞれの物語も、自分などに重ね合わせ、自分であればどうあるべきかを改めて見直せます。
医療が時代と共に進化しているのは確かでも、想定の範囲外で起こる、発生するのが見えない感染症であり、それとどう向き合うか、対策するか、対処するかというのは
現実問題でも課題にはなってきます。
何年も前の作品ではありますが、これから未来に向けての参考となる作品で、日本だけにかかわらず世界規模で観て欲しいと思います。
この作品を観て、色々な人達が勇気づけられたり、前向きになれたりする事もでき、全く医療等にもかかわりを持たない人であっても関心を持つことができ
個人の意識として危機管理など高める事ができるのでおすすめです。

 

 

以前見たことがありましたが何年も前なのでだいぶ内容を忘れてしまっていますし、今こんな状況になり改めて見てみました。以前はどこか他人事のような感覚で見ていたような気がしますが、現在は自分達の身に起こりうることとして当事者意識を持って見ることができ、とても臨場感があり恐ろしかったです。ところどころ疑問に思ったりツッコミたくなるようなシーンもありましたが、現在の日本の状況に重なるようなシーンもたくさんあり、映画として過剰に演出されているとはいえ映像としてのインパクトはかなり強く衝撃的でした。感染が拡がっていく様子は分かりやすく、政府の対応などに不満を抱いたりマスコミや世間ならの風評被害に苦しむ様子などはとてもリアルで、現在の日本を見ているような感覚にもなりました。特に国仲涼子さんの家族の話は見ていて辛く切なく苦しいものでした。今も感染を恐れて家族と会うことを我慢している医療従事者の方々がたくさんいると思うと胸が痛くなりますし、改めてそういった仕事をされている方々に感謝の気持ちでいっぱいになりました。また、ワクチンができるのはまだかと早くできないものかと思ってしまいますが、時間がかかるものだと分かったのも良かったです。

 

まとめ

映画『感染列島』はU-NEXTで配信中です!

是非チェックしてみてくださいね!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました