スマホを落としただけなのに/公式見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法【映画】

邦画
2018年公開「スマホを落としただけなのに」は、志駕晃による推理小説シリーズを原作に北川景子さん主演で映画化!
公開から3週間で累計動員107万人、興行収入14億7193万を記録!
スマートフォンを落としたことで、事件に巻き込まれていく姿を描くミステリー。
こちらでは、映画「スマホを落としただけなのに」の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

映画『スマホを落としただけなのに』予告

結論から言いますと
映画「スマホを落としただけなのに」
U-NEXTで見放題配信中です!

さらに続編の
「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」
もレンタルで配信中!
ポイントで視聴可能!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

映画『スマホを落としただけなのに』 を無料で視聴する方法は?

『スマホを落としただけなのに』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴できます!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけ!

U-NEXT解約・退会方法や注意点は?


初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2020年11月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

『スマホを落としただけなのに』あらすじ

彼氏の富田(田中圭)に電話をかけた麻美(北川景子)は、スマホから聞こえてくる聞き覚えのない男の声に言葉を失った。たまたま落ちていたスマホを拾ったという男から、富田のスマホが無事に戻ってきて安堵した麻美だったが、その日を境に不可解な出来事が起こるようになる。
身に覚えのないクレジットカードの請求や、SNSで繋がっているだけの男からのネットストーキング。落としたスマホから個人情報が流出したのか?
ネットセキュリティ会社に勤める浦野(成田凌)に、スマホの安全対策を設定してもらい安心していた麻美だったが、その晩、何者かにアカウントを乗っ取られ、誰にも見られたくなかった写真がSNSにアップされてしまう。
時を同じくして、人里離れた山の中で次々と若い女性の遺体が見つかり、事件を担当する刑事・加賀谷(千葉雄大)は、犯人が長い黒髪の女性ばかりを狙っていたことに気が付く。
スマホを拾ったのは誰だったのか。連続殺人事件の真犯人はいったい誰なのか。そして明らかになる“奪われた麻美の秘密”とは?(公式サイトより)

『スマホを落としただけなのに』キャスト

稲葉麻美:北川景子
加賀谷学:千葉雄大
浦野善治:成田凌
富田誠:田中圭
毒島徹:原田泰造(ネプチューン)
小柳守:バカリズム
武井雄哉:要潤
杉本加奈子:高橋メアリージュン
大野俊也: 酒井健太(アルコ&ピース)
天城千尋:筧美和子
宮本まゆ:松山愛里
池上聡子:岩井堂聖子
山本美奈代:桜井ユキ

「スマホを落としただけなのに」感想

どんでん返し系の話だと聞いていて、実はこの子も…みたいな話かなと思いながら見ていました。サスペンス的にはよくある話でしたが、大体の人が持っていて、落としたことがある人も結構いるであろうスマホに焦点を当てていて面白かったし、怖かったです。私が同じような立場になったらどうするかなと考えたらぞっとします。全然機械とか詳しくないし、ダダ漏れ状態が続くでしょうね。恐ろしいです。ほんと、こういうのを見ると、恋人同士でふざけて裸の写真とかなしだなと思います。麻美は結構しっかりしているし、秘密とかもありそうな感じだったのに、そんな写真を撮るなんて、恋をしたときは羽目が外れてしまうのでしょうか。本作は犯人が異様なのはもちろん、周りの人もいろいろ抱えているのが面白かったです。特に、刑事さんが、実は、犯人と同じようなトラウマ?性癖?みたいなのがあるというのが、新しい!と思いました。刑事さんが、関係者事情聴取のとき、女の人に寄り掛かったと、めっちゃびっくりしました。いや、何?おかしな人しかいないと思っちゃいました。オチはサスペンス好きな人なら、読めてしまうと思うのですが、キャラが濃いので見ていて面白いと思います。

この映画は、スマホが生活の必需品となり、依存している人が増えている中、スマホというものが個人を特定し、あらゆる情報が漏れて、犯罪に巻き込まれる可能性がある大変恐ろしいものであるという、警鐘を鳴らしてくれる作品だったと思います。スマホを落としたり、忘れたりすることは、誰しもがやっていることで、そんな身近なことがきっかけで犯罪に巻き込まれていくという設定は、とても興味を惹きつけるタイトルであったし、実際のストーリーもその恐ろしさを十分感じられる内容でした。スマホを無くさないようにすることはもちろん、個人情報もしっかりと管理しておかないと痛い目に会うことがよく分かりました。北川景子さん演じる主人公の麻美が、犯人の巧妙な罠にひっかかってしまい、見ていてとてもハラハラさせられます。北川景子さんの演技もまさに迫真の演技で、恐怖感を見事に醸し出していたと思います。美しい人は、恐怖に怯える顔もとても綺麗でした。そして犯人は意外なところいて、予想外の展開にこの作品の面白さがあります。誰が犯人かはぜひこの映画を見て確認してほしいです。そして、この映画は続編も作られていますので、こちらもあわせて見ると面白いです。

この映画を見たときは、その意外な展開に非常に驚きました。スマホを落とすという日常的に自分にもありそうな出来事から、映画のような恐ろしい事態に発展してしまうのかと怖くなるほど、強烈なストーリーでした。また、スマホを落としたことだけではなく、身近にいたり、親切にしてくれている人が、裏では敵で実は自分が被害にあっていたなど、スマートフォンなどの持ち物からの情報にに限らず起こりうることだなと思って自分の持ち物、個人情報などは自分で守らないとと思いました。キャストでは、田中圭さんと北川景子さんが美男美女でお似合いで見てみておもしろかったです。2人がうまくいっていない場面ではこちらもハラハラさせられました。成田凌さんは、これまでドラマや映画での出演作品をあまり見たことがなかったのですが、新しい一面が見られた気がして良かったです。ラストでは成田さんの迫真の演技で、スリリングでシリアスな緊張感のあるシーンにどきどきしました。こんな雰囲気の演技ができるんだと意外でした。また、北川さんが隠していた真実も、今の時代らしい問題で、自分にも関係があると感じた方も多いんではないかと思います。現代ならではの事件であり、誰にでも起こりうる問題が小説、映画の題材になっているところはいいなと思いました。

 

「スマホを落としただけなのに」原作

「スマホを落としただけなのに」の原作は、 勅使川原昭さん(小説家としてのペンネーム志駕晃)の、推理小説シリーズとなっています。

2016年「このミステリーがすごい!大賞」で最終候補に残った作品で、この時は残念ながら落選してしまいましたが、その5本の作品に加湿修正が行われ2017年4月に宝島社文庫「このミステリーがすごい!大賞シリーズ」から隠し玉シリーズとして刊行されました。

原作者は元ラジオディレクターでプロデューサーや小説家・漫画家・ニッポン放送プロジェクト専務取締役など様々な活躍をされてきています。

40代の頃管理職となった原作者は時間に余裕ができたことによって、幼い頃から作家になりたいという夢がよみがえり48歳の頃から小説の執筆をスタートさせました。

こちらの小説が出来上がったのは、原作者が実際に酔っ払うなどして年に2回はスマートフォンを落とすということがあったことで、自分自身の体験に着想し、53歳の時に執筆した4作品目の作品となっています。

「パスワード」という題名でしたが2017年に隠し玉として書籍化された時に題名を「スマホを落としただけなのに」に改められたようです。

まとめ

北川景子さん主演映画「スマホを落としただけなのに」は、U-NEXTで配信中です!

スマートフォンひとつで様々なことができるのでとても便利な世の中になっていますが、そこには危険と隣り合わせであるというのも作品を見てより実感できるのではないかと思います。

是非チェックしてみてくださいね!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました