万引き家族/公式無料動画・見逃し配信をフル視聴する方法【映画】

邦画

映画「万引き家族」は、2018年に公開。
犯罪でしか繋がれなかった家族の絆と社会の歪みを描いた人間ドラマ。
監督は是枝裕和監督。主演はリリーフランキー、安藤サクラ。

こちらでは、映画「万引き家族」の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

【公式】『万引き家族』大ヒット上映中!/本予告(パルムドール受賞)

結論から言いますと
映画「万引き家族」のフル動画は
U-NEXTで配信中です!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

映画『万引き家族』 を無料で視聴する方法は?

『万引き家族』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです♪

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます♪

ポイントは新作映画や漫画などの有料コンテンツに活用できます(*^^*)

初めて登録するのが不安だなぁという方!!

U-NEXTでは初回登録の方に《31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼント》を実施しています!

無料トライアル中に解約することもできるので、お金を払わなくても楽しむことができます(*^^*)

U-NEXTの特徴

見放題作品数NO.1!


U-NEXTより引用

U-NEXTより引用

新作映画がレンタルと同時配信

U-NEXTより引用

NHKオンデマンド作品あり
(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可)

U-NEXTより引用

80誌以上の雑誌読み放題

U-NEXTより引用

毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!
※ポイントの有効期間は90⽇間

U-NEXTより引用

追加チャージで最大40%ポイント還元

U-NEXTより引用

最大4つのアカウント作成が可能!

U-NEXTより引用

ダウンロード機能あり

マルチデバイス対応

高画質&高音質

私も【U-NEXT】に登録していますが
ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《
安心・安全》!
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴しています!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけでOK!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や注意点は?

登録はこちら♪
⇩ ⇩ ⇩ ⇩
初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2020年11月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

「万引き家族」あらすじ

街角のスーパーで、鮮やかな連係プレーで万引きをする、父の治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)。
肉屋でコロッケを買って、寒さに震えながら家路につくと、団地の1階の廊下で小さな女の子(佐々木みゆ)が凍えている。
母親に部屋から閉め出されたらしいのを以前にも見かけていた治は、高層マンションの谷間にポツンと取り残された平屋に女の子を連れて帰る。
母の初枝(樹木希林)の家で、妻の信代(安藤サクラ)、彼女の妹の亜紀(松岡茉優)も一緒に暮らしている。
信代は「もう少し金の匂いのするもん拾ってきなよ」とボヤきながらも、温かいうどんを出してやり名前を聞く。
「ゆり」と答える女の子の腕のやけどに気付いた初枝がシャツをめくると、お腹にもたくさんの傷やあざがあった。
深夜、治と信代がゆりをおんぶして団地へ返しに行くが、ゆりの両親が罵り合う声が外まで聞こえる。信代には、「産みたくて産んだわけじゃない」とわめく母親の元に、ゆりを残して帰ることはできなかった。

翌日、治は日雇いの工事現場へ、信代はクリーニング店へ出勤する。学校に通っていない祥太も、ゆりを連れて〝仕事”に出掛ける。駄菓子屋の〝やまとや”で、店主(柄本明)の目を盗んで万引きをするのだ。一方、初枝は亜紀を連れて、月に一度の年金を下ろしに行く。家族の皆があてにしている大事な〝定収入”だ。亜紀はマジックミラー越しに客と接するJK見学店で働き、〝4番さん(池松壮亮)”と名付けた常連客に自身と共鳴するものを感じ、交流がはじまる。
春の訪れと共に、「荒川区で5歳の女の子が行方不明」というニュースが流れる。
両親は2ヶ月以上も「親戚の家に預けた」と嘘をついていたが、不審に思った児童相談所が警察に連絡したのだ。
ゆりの本当の名前は「じゅり」だった。
呼び名を「りん」に変え、髪を短く切る信代。
戻りたいと言えば返すつもりだったが、じゅりはりんとして生きることを選ぶ。
信代は、「こうやって自分で選んだ方が強いんじゃない?」と初枝に語りかける。
「何が?」と聞かれた信代は、「キズナよキズナ」と照れながらも、うれしそうに答えるのだった。
時は流れ、夏を迎え、治はケガが治っても働かず、信代はリストラされるが、それでも一家には、いつも明るい笑い声が響いていた。
ビルに囲まれて見えない花火大会を音だけ楽しみ、家族全員で電車に乗って海へも出掛けた。
だが、祥太だけが、〝家業”に疑問を抱き始めていた。
そんな時、ある事件が起きる──。

「万引き家族」キャスト

柴田治:リリー・フランキー

東京の下町で暮らす日雇い労働者

柴田信代:安藤サクラ

治の年若い妻でクリーニング店工場のパート従業員

柴田亜紀:松岡茉優

信代の妹でJK見学店に勤務し「さやか」という源氏名を使用

柴田祥太:城桧吏

治の息子で学校には通っておらず治とタッグを組んで万引きをしている

ゆり:佐々木みゆ

治が柴田家に連れて帰ってきた少女で、両親からネグレクトなどの児童虐待を受けている

柴田初枝:樹木希林

治の母で年金受給者。夫とはすでに離婚

4番さん:池松壮亮

亜紀が勤務する性風俗店の常連客で発話障害があり、亜紀には筆談で意思を伝えている

柴田譲:緒形直人

亜紀の本当の父親で、初枝の元夫と後妻との間の子

柴田葉子:森口瑤子

亜紀の実の母親

柴田さやか:蒔田彩珠

亜紀の実の妹で高校2年生。

北条保:山田裕貴

ゆりの父親で希とゆりに対しDVをしている。

北条希:片山萌美

ゆりの母で保からDVを受ける一方、ゆりに対しはネグレクトをしている

JK見学店 店長:黒田大輔

性風俗店の店長。

根岸三都江:松岡依都美

信代が勤務中のクリーニング店の同僚。

クリーニング店 店主:清水一彰

信代が勤務するクリーニング店の店主

山戸頼次:柄本明

駄菓子屋の店主。

米山:井上肇

民生委員

日雇い派遣の管理者:毎熊克哉

治の日雇い労働の管理者で正社員

前園巧:高良健吾

警察官

宮部希衣:池脇千鶴

警察官

ニュースキャスター:笠井信輔

ニュースキャスター:三上真奈

「万引き家族」感想

社会生活の中での「万引き」という行為自体は、もちろん肯定されるべきことではないのだけど、この映画を観ていると、万引きする人たちの人生のバックグラウンドに共感や同情の念をおぼえます。
個々のキャラクターの優しい気持ちとか、頑張りがきかなくてどうしようも無い感じとかを見ていると、一般的に「ダメ人間」と呼ばれている人達は、「気が弱いだけ」と思われている優しくて優しくて仕方のない人達なんだろうなぁという気がする。
僕が日々の生活の中で目にする「腹立たしい人達」にも、そんな状況に至るまでの色々な状況や思いがあるんだろうし、僕自身、他人からしてみれば、「嫌な人」になっていることが多々あるんだろうなぁと思わされました。
人の物を盗む訳ですから、当然裁かれる事になるんだけど、観終わってみると、なんだか、そこまでの人生に悔いを感じさせない爽快感すらある素晴らしい作品です。
俳優陣の芝居はと言うと、とにかく「見ず知らずの誰かの私生活」を覗いているかの様に自然です。
物凄いインパクトで迫ってくる訳でもないのに、観終わると、全体の印象が深く心に刻まれていて忘れられなくなります。
ここ10年の邦画で言えば屈指の名作でした。
樹木希林さんは永遠ですね。

映画各賞多数受賞していたことから、どういった作品なのか非常に気になって見ることにした作品です。
監督らしい、そこにあるものをただそのままに描写するといった空気感の切り取りは、毎度のことながら独特のさりげなさがありますね。テーマとなっている題材が非常に重いものになってくるので、描き方の部分にあまり感情をのせて叙情的にやってしまうと、しめっぽさが前面に出てしまうだろうことは容易に想像がつくので、この内容に対してこの描き方をしているという事は非常にいい組み合わせになっているのだなと感じます。
その一方で、描き方に強い感情をのせてはいないとは言うものの、作品なので当然のことですが制作者の意図や思惑はのってくるわけで、そういった部分が私自身とはあまり相性が良くないなと感じてしまうのもまた事実です。
この作品を作った人が、人生に対してどういった部分に重きを置いているのか、どういった部分が生きていくうえで大切だと思っているのかという部分が明白に見えすぎるという気がします。
その点については以前の「そして父になる」でも感じたことなのですが、映像自体には感情はのっていないものの描き方の比重としてその意図は明らかなので、思想的に彼とは相容れないのだろうなという自分には居心地の悪さのようなものを感じてしまいます。

万引きは悪いことだがしないと生けていけないみたいな、いい人達の話なのかなと思ってましたが、いい意味で裏切られました。他の生き方もできただろうし、そんなことして考えが甘い弱い人達だなと思います。でも、子どもたちを見ていると、悪いことをしてでもこの家族と一緒にいないと生きられないというような切なさを感じ、大人たちもこういう生活になってしまったのには、環境とかいろいろな要素があって、悪人の一言では片づけられないのではと思えました。変にいい人に描いてないから、余計に切なかったです。あんな父親でも、すごいぞとほめられたいのかなとか、あんな夫をかばうのかと思いましたし、拾ってきた子どもに妻が愛情を示すところとかは感動的でした。世間的にいうと、犯罪をしているひどい人たちですが、家族への思いはあったんだなと、なんだかいろいろ考えさせられました。キャストもすばらしく、特に安藤サクラさんがすごくいいです。すごく腐っているなと思わせるような表情を見せたかと思うと、子どもと笑いあってたりして、人にはいろんな一面があるんだなと改めて気が付きました。彼女の演技を見るだけでも価値のある映画だと思います。

『万引き家族』は東京の下町で暮らす五人家族の物語です。祖母初枝の年金と父親の治の日雇い労働と妻の信代のパート収入だけでは生活できず、信代の妹の亜紀は風俗で収入を得て、治と息子の祥太による万引きで生計を立てて暮らしていました。万引きは犯罪ですが、家族は仲良く笑いの絶えない幸せな一家でした。そこに虐待されていた女の子(「りん」と名前を変えて育てる)を引き取ったことから物語は展開していきます。
賛否両論あった映画ですが、家族とは一体なんだろうと深く考えさせらる映画です。
社会の底辺に暮らしているような一家ですが、愛情が溢れており、いわゆるごく普通の平凡に見える家庭でもDVや児童虐待などの問題を抱えている家庭はとても多いことを考えると、祥太は治と万引きをしていますが親子関係はむしろこの家族の方が健全だよなと感じてしまいます。
心に残っているのは、信代の勤めるクリーニング店が不況でパートを一人辞めさせなければならない時に、パートを辞めたくない信代の同僚が、信代はこどもを誘拐しているのでは?と脅した際、信代がパートを辞める代わりにばらしたら殺すと同僚に言ったところです。
苦しい家計がさらに苦しくなっても、りんを失うことの方が信代には耐えられないということ。
家族は絆だ!と叫びたい映画でした。

この映画は、カンヌ映画祭で最高賞のパルム・ドールを獲得した作品であるだけあって、見応えのある作品です。ヒューマンドラマの巨匠の是枝裕和監督が、万引きで繋がる下流世帯の家族を描くことで、児童虐待や年金の不正受給といった、社会問題化しているテーマに問いかけている作品で、とても考えさせられるものでした。貧富の差が生む、社会の歪みや悲劇はなくならないことだとは思いますが、こういう生活をしている家族も世の中にはいるんだということを知らしめる上でも、とても意味のある作品だったと思います。暗いテーマの映画ではありましたが、たくましく生きる子どもの姿も描かれていて良かったです。息子役の祥太が、万引きに疑問を感じたり、わざと警察に捕まったという点も彼なりの反抗表現だったのだと思います。映画内でこのような成長が見れて良かったと思っています。出演された俳優の皆さんの演技もとても自然で良かったです。主人公の治と信代を演じた、リリー・フランキーさんと安藤サクラさんは、自分たちの子どもではなかったのにもかかわらず、恵まれない子どもを保護し、実の子供のように愛し、育てていく姿を見事に演じていました。また樹木希林さんの存在感も際立っていたと思います。

家族全員が万引きをしてしまうのかと突拍子のない題名に惹かれて予告を一切見ることをせずに映画館へ出向き見ました。邦画はあまり面白くないと思っていましたが今の日本のことを詳しく書いてる感じが本当に最高でした。全ての人生が綺麗にうまくっている人やお金がたくさんある人にとってはわからない内容だとは思いますが、幸せに生活をしていてもお金が無かったりする人などには痛いほどわかるストーリーでした。万引き家族は本当の家族ではなく嘘で塗り固められた人たちが集まっていました。しかし、真相を知ってしまったことでばらばらになってしまったり互いの情が芽生えてしまったことで少しずつ分かり合うことができたりと深い内容です。貧困層のことがよくわかりますしものすごく切ない物語でした。この映画を見終わった後には幸せの本当の形がどこにあるのかがわかります。小さい子から老人までたくさんの複雑な状況を抱えた人たちが集まることによって起こってしまう衝撃的な事件に驚きの連続でした。私達一般人に想像することのできない展開も多く裏の世界を少しずつ知ることのできるチャンスでした。ニュースには絶対になることのない映画の内容に感動することができます。

まとめ

映画「万引き家族」は、U-NEXTで配信中です!

是非ご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました