彼女がその名を知らない鳥たち【映画】配信動画を無料でフル視聴する方法!あらすじ・キャスト・感想も!蒼井優×阿部サダヲW主演

邦画

2017年公開映画『彼女がその名を知らない鳥たち(R15+)』は、沼田まほかるのミステリー小説を原作に蒼井優・阿部サダヲのW主演で映画化!

監督は「孤狼の血」「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」などの作品を手掛ける白石和彌。

こちらでは映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の動画配信を無料で視聴する方法やあらすじ、キャスト、感想などをまとめていきたいと思います!

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』予告編



映画「彼女がその名を知らない鳥たち」
フル動画は U-NEXTで配信中!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』 を無料で視聴する方法は?

『彼女がその名を知らない鳥たち』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです♪

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます♪

ポイントは新作映画や漫画などの有料コンテンツに活用できます(*^^*)

初めて登録するのが不安だなぁという方!!

U-NEXTでは初回登録の方に《31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼント》を実施しています!

無料トライアル中に解約することもできるので、お金を払わなくても楽しむことができます(*^^*)

U-NEXTの特徴

見放題作品数NO.1!


U-NEXTより引用

U-NEXTより引用

新作映画がレンタルと同時配信

 

U-NEXTより引用

 

NHKオンデマンド作品あり(ポイント利用可)

 

U-NEXTより引用

 

80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!
※ポイントの有効期間は90⽇間

 

U-NEXTより引用

 

追加チャージで最大40%ポイント還元

 

U-NEXTより引用

 

最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

ダウンロード機能あり

 

マルチデバイス対応

 

高画質&高音質

 

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全》で
圧倒的に多い作品数が魅力的です!

広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOK!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や注意点は?

登録はこちら♪
⇩ ⇩ ⇩ ⇩
初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

 

あらすじ

15歳年上の佐野陣治(阿部サダヲ)と共に生活している北原十和子(蒼井優)は、下品で地位も金もない佐野をさげすみながらも、彼の稼ぎに依存し自堕落に過ごしていた。ある日、彼女は8年前に別れ、いまだに思いを断ち切れない黒崎に似た妻子持ちの男と出会い、彼との情事に溺れていく。そんな折、北原は刑事から黒崎の失踪を知らされ、佐野がその件に関係しているのではないかと不安を抱き……。

Yahoo!映画

キャスト

北原十和子:蒼井優

佐野陣治:阿部サダヲ


水島真:松坂桃李


國枝カヨ:村川絵梨


刑事・酒田:赤堀雅秋


野々山美鈴:赤澤ムック


國枝:中嶋しゅう


黒崎俊一:竹野内豊

 

感想

※ネタバレが含まれている場合もありますのでご注意下さい。

 

本当の愛とはというのを考えさせられた作品でした。
まず、この映画を見始めた最初のころは、蒼井優を独占したがための阿部サダヲの歪んだ愛による殺人があった と思っていました。
それを気味悪がってはいるが、一緒にいる蒼井優に何故なんだろうと思っていました。
しかし蒼井優自身も、言い方は悪いですがなかなかクズ要素のある女性で、決して容姿もかっこよくはないし、汚らしいという印象すらもってしまう阿部サダヲとはお似合いなのかな と思いました。しかし、物語が進むにつれ、とにかく阿部サダヲは蒼井優にひどい扱いをされながらも優しい、優しすぎて怖い、何故こんなに優しいのだろうか と疑問に思いました。そして物語終盤の、蒼井優がおこした殺人を、本人に悟らせない様に阿部サダヲが細工したという事実を知って、自分の愛する人がもし、自分が蒼井優と同じようなことをしても、こうやってかばってくれるのだろうか、かばうというのはどういう愛の気持ちなのかと、考えてしまいました。阿部サダヲが選んだ道も私にとっては悪い意味で絶対にわすれることのできない愛だなと思います。こんなにすべてを愛する人に捧げるというのは、なんだか悲しいことでもあるんだなと初めて知りました。自分の恋愛観を少しかえてしまうような映画だったと思います。

 

 

蒼井優さん演じる十和子と共に暮らすのは阿部サダヲさん演じる陣治。十和子はあまりに不潔な陣治を嫌いつつも、陣治の稼いだお金で生活する日々を送っていました。ある日、十和子は突如現れた水島という男性と出会い、そこから十和子と陣治の関係や生活に変化が現れ始める、というストーリーなのですが、本作は何と言っても皆さんの演技力に注目していただきたいです。陣治の人間とは思えない不潔さ、行儀の悪さ、そして下品さに本当に吐き気がするほどでした。さらに十和子のどうしようもない女のだらしなさや、クズっぷりも最高でした。また、2人の関係をかき乱す水島役には松坂桃李さんを起用。この方もまた、どこか追いかけたくなるようなミステリアスな雰囲気とセクシーな甘いマスクで誘惑する姿につい見入ってしまいます。そして衝撃のラストシーンには鳥肌が立ちました。十和子に隠された過去とは、また陣治はなぜそこまで十和子を愛するのか、守るのか、そしてそれは果たして本当の愛と呼べるのか、とかなり考えさせられる作品でした。見終わった後はしばらく胸がジーンとしました。人間の汚い部分をこれでもかというほど見せつけられます。これを見た方は間違いなく恋愛観が変わります。

 

 

原作小説を読んでから数年後に映画化になり、実写化したキャスティングを知って、阿部サダヲさんを持ってくるかー!と期待が高まりました。私の中では、主人公のトワコに蒼井優さんのイメージがなかったので実際に観るまで不安でしたが、とてもマッチしていたと思います。あのトワコの不安定な感じを、すごく見事に表現されていたと。でもやはりなんと言っても、私は阿部サダヲさんが大好きなので、ジンジ役が最高だと思いました。ジンジの優しいけれどどこか不気味で、底知れぬ執着や不安定さを、ひしひしと感じました。ストーリーは最近流行りの『イヤミス』と言うのでしょうか、最初から最後まで終始、なんだか嫌な感じ、不気味な感じがしているので、心穏やかには観れません。結末も……後味最悪です。でもこの物語は、その後味最悪なものを味わうためのものだと思っています。ジンジのトワコへの愛はとてつもなく深いですが、重い。重過ぎて私だったら耐えられそうにありません。物語の結末の後を、トワコがどうやって生きていくのか。ジンジの願いを叶えたとして、それは相当トワコにとってキツい人生だなと容易に想像がつきます。そうなってくると、ジンジの愛は、愛なのか呪いなのかわからなくなります。

 

 

私は、映画『彼女がその名を知らない鳥たち』を観て、「男性を振り回し続ける女性の姿」と「女性に対し真っすぐに向き合い続ける男性の姿」が特に印象に残りました。
まず、男性を振り回し続ける女性の姿についてです。この映画では、恐ろしく性格が悪い女性とその女性に恋心を抱く男性の姿が描かれます。女性は男性の収入を頼りに生活していますが、男性に恋心を抱いてはおらず、都合のいいように利用しています。自分に好意を抱く男性を振り回し続ける女性の自分勝手な姿に、何度も憤りを覚えながら観ていました。
次に、女性に対し真っすぐに向き合い続ける男性の姿についてです。男性は、女性を長年愛し続け自分の収入までも女性に捧げています。しかし、どんなに女性のために努力し続けても、女性は一向に男性に振り向きません。それどころか、妻子ある男性と不倫をしたり、警察から追われている男性と恋に落ちてしまったりと、どうしようもない男性に引っかかってしまいます。それでも、女性のダメな部分はしっかりと指摘しても女性を見捨てることはせずに、何度も気持ちを伝え女性のために行動する男性の姿が、泥臭くもかっこよく、男性の恋が報われて欲しいと思いながら観ていました。

 

 

基本、クズしか出て来ないエロチック・ミステリー。原作は沼田まほかる「イヤミスの女王」の一人だ。
とにかくこの映画は蒼井優のハマり具合が素晴らしい。
もうコノ手の「病んでる情緒不安定な娘」を演じさせたら右に出る者はいないんじゃないだろうか?
本作で見初めたら『クワイエット・ルームにようこそ』や『オーバーフェンス』の視聴を強く勧める。
オマケに本作は濡れ場だらけ。こちとら男なもんですっかり見入ってしまった(笑)
しかし、ここまで微に入り細に入り描いているんだからトップレスでも良かったんじゃないか?と、逆に隠してるのが不自然に見えるくらい艷やかな演技でした。
途中、本作がミステリーであることを忘れてしまうくらい、クズだらけの人間ドラマに夢中になっていたのですが、最後は「あっ!」と言わせる仕掛けが施されており、しっかりミステリーとしてのメンツを保っておりました。他にも阿部サダヲのどうにも生理的に嫌な感じを醸す役作りを上手さや、徹底的に女の敵だった松坂桃李の末路など、見どころは枚挙にいとまがなく、そして「イヤミス」の名に相応しいオチ。僕は原作は未読なので比べることは出来ませんが、ズウンと重くなりながらも、どこか癖になる。中毒性のある作風でした。

 

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」の無料動画をフル視聴する方法のまとめ

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」は『U-NEXT』で配信中です!

U-NEXTでは映画「彼女がその名を知らない鳥たち」以外にもたくさんの作品が配信されており、無料お試し期間内でも十分にお楽しみいただけます!

ぜひチェックしてみてくださいね!(*^^*)

 

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩ ⇩

タイトルとURLをコピーしました