TWOWEEKS(三浦春馬主演)公式見逃し配信を無料動画で1話~最終話をフル視聴する方法【ドラマ】

国内ドラマ

 2019年三浦春馬さん主演フジテレビ系列で毎週火曜に放送されていました。
殺人容疑の濡れ衣を着せられた男が、白血病を患った娘の骨髄移植手術までの2週間に及ぶ逃亡劇を繰り広げる姿を描く。
韓国ドラマのリメイク。

こちらでは、ドラマ「TWO WEEKS」全話の動画配信をフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています!

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話視聴したい
  • 住まいの地域で放送されない
  • 広告なしで見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

結論から言いますと
TWO WEEKS」(全10話)のフル動画は
FODプレミアム』で配信中です!

\初回2週間無料トライアル!/

こちらの作品もFODプレミアムで配信中!!

  ⇩ ⇩ ⇩

国内ドラマ・フジテレビ系が豊富なFODプレミアム!

【FODプレミアム】は、月額888円(税抜)の動画配信サービスです!

主にフジテレビ系列のドラマやバラエティ番組、過去のドラマ、FODオリジナル作品などが充実しています!

初めて登録する方には《2週間の無料トライアル》があります!

無料の期間内に解約してもらうとお金を払わずに楽しむこともできますよ!

FODプレミアムの特徴

①30,000以上の作品が配信

②フジテレビ系列の新作・過去のドラマが見放題

③放送中のドラマやバラエティ番組の見逃し配信あり

④人気雑誌が読み放題・対象漫画が無料で読める

⑤電子書籍の購入で20%ポイント還元

⑥毎月100ポイントと毎月8日・18日・28日に
400ポイントがもらえる(毎月1300ポイントゲット!)

⑦AmazonPayで初回2週間無料トライアル

無料お試しは
AmazonPay決済

で初回登録する方限定です!
無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
FODプレミアム簡単な登録・入会方法
FODプレミアム解約・退会方法

\初回登録2週間無料トライアルあり!/

本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください。

 

「TWO WEEKS」あらすじ

 

 

結城大地(三浦春馬)は、人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしている男。そんな彼の前に、かつて人生で唯一心の底から愛していながら「ある出来事」により一方的に別れを告げた青柳すみれ(比嘉愛未)が現れる。そして彼女から、結城との娘を産んでいたこと、そして、8才になる娘のはな(稲垣来泉)が白血病であることを告げられる。突然明らかになった娘の存在に戸惑いながらも、病院で初めて出会ったはなを前に、父親としてのいとおしさを覚える結城。さらに、幸運にもドナーに適合したことで、結城は再び自分が生きる意味を見いだす。

一方、月島楓(芳根京子)は、かつて父親を死に追いやった8年前の事件の黒幕に復讐するため、旧知の仲の国会議員・久我早穂子(黒木瞳)の支えも受けながら検事の道に進んだ現在も、独自に捜査を進めていた。そんな中、楓のスパイとして黒幕に迫った協力者が変わり果てた姿で見つかる。逮捕されたのは、遺体発見現場にいた結城だった・・・。

はなの手術まで2週間。このままでは骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、娘の命を救うため決死の逃亡に身を投じる・・・。そんな結城の足取りを、刑事・有馬海忠(三浦貴大)をはじめとした警察、そして協力者の死の真相を確かめたい楓ら検察が追い始める。さらには、結城と古くからの付き合いがある実業家・柴崎要(高嶋政伸)もその動向を虎視眈々とうかがっていた・・・。

 

 

殺人未遂容疑で服役した過去を持つ結城大地(三浦春馬)は、ある日、元恋人の青柳すみれ(比嘉愛未)から、白血病を患った8歳の娘がいると告げられ、自分がその子の父親であることを知らされる。

さらに検査の結果、娘の青柳はな(稲垣来泉)と骨髄が適合し、正式にドナーとなるが、その矢先、ある人物の策略によって、結城は殺人の濡れ衣を着せられ、逮捕されてしまう。

はなへの移植手術は2週間後――、結城は警察のふいを突いて護送車から脱走する。

一方、結城が殺害したとされるホステスの柏木愛(立花恵理)を協力者として、実業家の柴崎要(高嶋政伸)を内偵させていた検事の月島楓(芳根京子)は、彼女の死の真相を探ろうとしていた。

するとひょんなことから、愛の遺品の中に、以前渡したはずのデジカメがないことに気づき、そこに柴崎の弱みが隠されているのではないかと考える。

やがて、政治家である久我早穂子(黒木瞳)の口利きで、新米ながら今回の事件の担当検事に抜てきされた楓は、愛がデジカメを質入れしたと思われる結城の質店を捜索。

しかし結局見つけることはできず、楓は何としても結城にたどり着かなければと躍起になる。

その頃、検問をかいくぐって逃亡したものの、有馬海忠(三浦貴大)たち警察に追い詰められ、行き場を失った結城は、人気のない場所に身をひそめながら8年前のことを思い出していた。

「あいつがまた俺を身代わりにしようとしてる……?」結城の脳裏に、ある男の顔が思い浮かぶが、次の瞬間、巡回中の警備員に見つかり、結城は息つく間もなく、はなとの約束を胸に再び駆け出して……。

 

 

雑木林で警察に追い詰められた結城大地(三浦春馬)は、謎の男・灰谷(磯村勇斗)に窮地を救われる。傷を負いながらも、なんとかその場から逃げ出した結城は、やがて一人暮らしの老女・北村義江(倍賞美津子)の家にたどり着く。結城の顔を見て、世間を騒がせている逃亡犯だと気づいた義江は……。

そのころ、結城の行方を追っていた月島楓(芳根京子)は、雑木林で灰谷に遭遇し、見覚えのあるその顔に表情が凍りつく。一方で警察は、何者かに結城の捜索を妨害されたことから、逃亡を手助けする協力者の存在を疑い始める。

移植手術を控える結城の娘・青柳はな(稲垣来泉)の看病をしていた青柳すみれ(比嘉愛未)は、結城が殺人を犯し、そのうえ護送車から脱走したというニュースを知り、がくぜんとしていた。助かるはずだった娘の命が再び死の危機にさらされ、絶望の淵に沈むすみれ。するとそこへ、警察の追手から逃げる結城から電話が。憤りを抑えきれないすみれに対し、結城は「俺の無実を証明する証拠を必ず見つける」と約束。

今回の事件の鍵が、殺された柏木愛(立花恵理)のデジカメに隠されていると悟った結城は、同居人のサトル(森永悠希)に連絡をし、受け渡しのために会う約束をするがー。

 

 

8年前と同じように、柴崎(高嶋政伸)が自分に殺人の罪を着せたのだと確信した結城(三浦春馬)は、自らの濡れ衣を晴らすために、殺された愛(立花恵理)が持っていたデジカメをサトル(森永悠希)から回収しようと考える。しかし、待ち合わせ場所で目にしたのは、幼いころから兄弟のように育ったサトルの変わり果てた姿だった――。

灰谷(磯村勇斗)がサトルを殺してデジカメを奪ったと考えた結城は、柴崎を追い詰めるための手立てを失い、途方に暮れる。そんな中、一夜を過ごした公園で、結城は若者たちに絡まれている春川(柿澤勇人)を助ける。住居を転々としながら生活をする春川の手助けを受けた結城は、はな(稲垣来泉)のために何とか逃げ切ろうと、手術の日まで人目につかない離島に身を潜めようと考えるが……。

そのころ、結城が8年前に結婚を考えていたことを知った楓(芳根京子)は、婚約者だったすみれ(比嘉愛未)の存在にたどり着く。さらに、入院中の娘の年齢が8歳だと聞き、父親が刺殺された事件との因縁を感じた楓は、真実にたどり着けそうだと早穂子(黒木瞳)に報告。しかし同じころ、柴崎もまた、すみれの居場所を突き止めていた。

一方、結城の身辺を調べていた有馬(三浦貴大)は、結城に接触したという女性がすみれで、結城こそが、はなのドナーなのではないかと疑いを抱き始め……。

 

 

有馬(三浦貴大)の発砲により、結城(三浦春馬)が海へ転落した。警察は逮捕のチャンスとばかりに必死になって行方を追うが、翌日になっても足取りはつかめず、水死の可能性も視野に入れ始める。一方で、楓(芳根京子)や柴崎(高嶋政伸)、すみれ(比嘉愛未)もまた、結城の行方をめぐり、それぞれ焦りと不安を覚える。

港に打ち上げられ、なんとか命拾いした結城は室岡峻治(村上淳)・晴人(鳥越壮真)親子に助けられる。目を覚ました結城は、ケガの手当てをしてくれた室岡に礼を言うが、その顔を見てハッとする。男は、9年前に柴崎の元から逃げ出し、結城が服役するきっかけを作った人物だったのだ――!

その頃、結城の安否が分からず絶望するすみれのもとに、楓が訪ねてくる。「真実を解き明かしたい」という楓の力強い言葉にわずかな望みをかけたすみれは、結城が電話で無実を訴えていたことを明かし、はな(稲垣来泉)のために、結城を助けてほしいと懇願。すみれの話から、結城の言葉の信ぴょう性が高いと判断した楓は、結城が逃げながら冤罪を晴らそうとしているのではないかと考えて……。

 

 

結城(三浦春馬)の身柄を拘束し、はな(稲垣来泉)の名前をチラつかせてデジカメを脅し取ろうとする柴崎(高嶋政伸)。結城は隙を見て逃げ出すが、背後にはナイフを手にした灰谷(磯村勇斗)が! 再び窮地に陥った結城を助けたのは、駆けつけた楓(芳根京子)だった。

楓は、自らが8年前に結城が殺害したとされる被害者の娘だと明かし、検事の自分を信用してほしいと訴える。しかし、楓が柴崎への復讐を目論んでいることを知った結城は、自分がその計画に利用されることを懸念し、楓を信用しない。一方、楓が結城と接触したことを知り、デジカメが検察に渡ることを恐れた柴崎は、ある人物に電話を。楓もまた、柴崎の行動から、警察や検察に内通者がいるのではないかとにらむ。

翌日、結城が病院にいるすみれ(比嘉愛未)の元に現れる。楓から、8年前の結城の決断が、恋人の自分を守るためだったことを聞かされていたすみれは、不器用な生き方しかできない結城を責めるが、一方で、その優しさをもう一度信じると決め、デジカメを手に入れるために協力してほしいという結城の頼みを聞き入れる。しかしそこへ、はなの様子を心配した有馬(三浦貴大)がやって来て……。

目の前に結城がいることに気付いた有馬と、すみれの婚約者が自分を追う刑事だと知った結城。そのとき、すみれは……!?

 

 

結城(三浦春馬)がようやく手に入れたデジカメには、柴崎(高嶋政伸)と早穂子(黒木瞳)が密談する様子が映っていた。母親のように慕う早穂子の裏の顔を知った楓(芳根京子)は衝撃のあまり言葉を失い、放心状態に。すると次の瞬間、灰谷(磯村勇斗)が2人に襲いかかり、デジカメは柴崎の手に渡ってしまう。

すみれ(比嘉愛未)から、結城が8年前と今回の事件で何者かに無実の罪を着せられ、命をも狙われていると聞いた有馬(三浦貴大)は、すみれが元恋人を案じていることに少なからずショックを受けるが、それでも、手術を控えるはな(稲垣来泉)のために結城を死なせるわけにはいかないと、8年前の事件の捜査資料を読み、やがて楓が当時の事件関係者だったことに気付く。

そんななか、はなが入院している病院では、ある騒ぎが起きる。何者かが結城の友達を名乗り、はなの病室に侵入したのだ。男が結城のことを探っていたと聞き、ピンときた有馬が担当看護師に確認すると、侵入者は柴崎だと判明。薄汚いやり方に、はなを利用されたと怒り心頭の有馬は、すぐさま柴崎のオフィスへ。しかし反対に、はなが確実に移植手術を受けられるよう、ある取引を持ちかけられる。

一方、デジカメを奪われ、柴崎に対抗する手立てを失った結城は、突然、楓に出頭すると告げる。しかし、そこにはある思惑があり……。

 

 

結城(三浦春馬)、楓(芳根京子)、有馬(三浦貴大)が手を組んだ出頭作戦は見事成功し、灰谷(磯村勇斗)は殺人未遂の現行犯で逮捕される。はな(稲垣来泉)の手術まであと5日、灰谷の自供をもとに、何としても身の潔白を証明したい結城は、その思いを有馬に託す。

取り調べで灰谷と対峙した有馬は、これまでの罪を認めさせ、背後にいる柴崎(高嶋政伸)の悪事を暴こうとするが、灰谷はなかなか口を割らない。それどころか、黒幕・早穂子(黒木瞳)からの圧力もかかり…。

圧倒的な力の前に手も足も出ず、八方ふさがりとなった結城は、打開策が見出せずに焦りを覚えていた。するとそこへ、はながすみれ(比嘉愛未)の目を盗んで電話をかけてくる。はなとの会話により、初めて父親として認められた気がしてうれしくなった結城は、「会いたい」と言ってくれる娘のため、次なる一手を思いつく。目をつけたのは、柴崎の片腕であり、クラブオーナーの久留和(池田鉄洋)。結城は、久留和の柴崎への忠誠心を逆手に取り、恐怖心をあおることで揺さぶりをかける。

 

 

柴崎(高嶋政伸)が事情聴取を受けている隙に、デジカメ動画のコピーを盗み出そうと自宅に忍び込んだ結城(三浦春馬)。しかし、早穂子(黒木瞳)が手を回したことで柴崎は早々に釈放され、結城は戻ってきた柴崎と鉢合わせてしまう。ところが予想に反し、結城は無傷のまま部屋を出ることを許される。去り際に柴崎がつぶやいた「お前が一番苦しむ方法で殺してやる」という不気味な一言が気になるも、急いで部屋を後にする結城。

灰谷(磯村勇斗)の一件といい、黒幕・早穂子の権力の強さをまざまざと見せつけられた結城。楓(芳根京子)から、早穂子に重度の心臓病を患った息子がいると聞いた結城は、楓の力を借りて早穂子と直接交渉することに。その結果、早穂子との間である取引を成立させるが、その様子を何者かが見ていて……。

一方、すみれ(比嘉愛未)は、病床で父親を恋しがるはな(稲垣来泉)の姿に複雑な思いを抱いていた。8年前の事情を知った今となっては、これまで通り結城を憎むことなどできるはずもなかったが、自分たちを助けてくれた有馬(三浦貴大)への恩も捨てられない。そんなことを考えていた矢先、病院を出たすみれの前に、久留和(池田鉄洋)たち柴崎の部下が立ちふさがり……。

 

 

すみれ(比嘉愛未)の救出に奔走する結城(三浦春馬)を横目に、柴崎(高嶋政伸)は、はな(稲垣来泉)を病院から連れ出し監禁。結城が苦しむ姿を楽しむかのように、元恋人と娘、どちらを助けるか選べと迫る。しかし当然、結城には大切な2人の命を天秤にかけることなどできない。答えを出せない結城は苦悶の表情を浮かべ、その場に立ち尽くしてしまう。するとそこへ、有馬(三浦貴大)から連絡が。「おまえははなのところへ行け」――その言葉に背中を押された結城は、すみれを有馬に託し、はなの元へ急ぐ。警察もまた、楓(芳根京子)の証言をもとに柴崎の逮捕に動き出し、早穂子(黒木瞳)のもとにも大勢のマスコミが押し寄せる。

はなに襲いかかる柴崎の脅威を前に、8年の時を経て娘の存在を知り、一度は捨てたはずの人生に再び希望を取り戻した結城の願いは届くのか!?

2週間にわたる逃亡の末、結城を待っているのは幸せな未来か、それとも……!?

「TWO WEEKS」キャスト

結城大地:三浦春馬

青柳すみれ:比嘉愛未

青柳はな:稲垣来泉

岡崎亜希子:村井麻友美

小池夏美:原沙知絵

月島楓:芳根京子

角田智一:近藤公園

岩崎恭二:神尾佑

有馬海忠:三浦貴大

乾大輝:鈴木仁

国木田孝:増田修一朗

葛城茂:バッファロー吾郎A

久留和保:池田鉄洋

間宮裕:久保田悠来

ホンダ:玉置玲央

宮沢:大下ヒロト

柴崎要:高嶋政伸

柏木愛:立花恵理

灰谷:磯村勇斗

相良サトル:森永悠希

桜木琴美:小篠恵奈

久我融:島村龍乃介

久我早穂子:黒木瞳

相関図

みんなの感想

父親として娘のため、愛する家族のために自らの潔白を証明するために男らしいところが全面に出ている作品で序盤から終盤まで自分の信念を曲げずに突き進んでいく主人公の姿がかっこよく感じられる作品でした。序盤から劣勢な状況が数多くあるなかでも決して諦めたり投げ出したりしないところや周りの協力も得ながら一つずつ困難を乗り越えていくのは感動的でした。個人的に好きな場面はほぼ毎回あったであろう娘と主人公が二人だけで話す場面がお互いのことを確かめ合うかのような心温まる雰囲気が同じ小さな娘を持つ父親としてほっこりとした気持ちになりながら観ていました。主人公に敵対する役割をしていた実業家も高嶋政伸さんが常軌を逸したキャラクターを見事に演じていて適役だったかなと俳優としてのレベルの高さを認識しました。ちょっと興味深い場面として三浦春馬さんが女装をして敵対する元仕事仲間の目を欺く場面がありましたが後ろ姿はまるで本当にその辺りにいてもおかしくないような様相で美しさが滲み出ていて作品の内容とは別に印象が強かったです。原作ありきの作品なので最終的な結末も含めて賛否両論あるかもしれませんが役者的な面もストーリー面も楽しめる良い作品です。

『TWO WEEKS』は三浦春馬さん演じる主人公が、娘のために命をかける姿が感動的な、素晴らしいドラマです。
そして、それまでは良い人のイメージが強かった三浦さんが、破天荒で危険を感じさせる雰囲気の主人公を演じているのが斬新です。
三浦さんは感情を爆発させたような演技を繰り広げていて、新たなステージに入ったような印象を受けました。
そして、ストーリー的にも、次から次へ危機に陥りながらも奮闘する感じがスリリングで、非常に完成度の高い本格派のミステリーの仕上がっています。
展開的にも、お約束ではありますが、まさかこの人が裏切り者と思わせる感じもあり、ハラハラドキドキされられ引き込まれます。
そして、比嘉愛美さんや黒木瞳さんをはじめとして出演者も豪華です。
ヒロインを演じている比嘉愛美さんは、緊迫したストーリーの中で、一種のオアシス的な存在になっています。
そして、なんといっても癒しという感じがするのが、娘のはなで愛らしい姿を見せていて、可愛さが爆発している感じがします。
主人公が命をかけて守りたくなる気持ちがよくわかります。
そして、悪役勢では高嶋政伸さんが悪すぎる感じで演じているのが印象的で、見終わると高嶋さんのことが本当に怖く見えます。

私は韓国版のドラマも拝見して、主人公であるイ・ジュンギさんの白熱した演技が頭に残っていて、日本版でこのドラマはうまくいくのだろうかと不安を抱えた中で日本版も拝見させていただいてのですが、三浦春馬さんの鬼気迫る演技を見て、一瞬にして心を奪われてしまいました。このドラマは主人公の男とその男の愛する女性の思い違いにより一回は離れてしまった心が二人の間に出来ていた娘の存在によって少しずつ引き寄せられていく様を描いているのですが、近いはずなのに近づくことができないもどかしさがあります。そのもどかしさを感じつつの見所が二つあります。一つは三浦春馬さん演じる主人公に絶えず降りかかる試練です。一つ試練を乗り越えたと思ったら次から次へと新たな試練が降りかかってくるのですが、それをどう乗り越えていくのか、次はどんな展開が待っているのかと常にハラハラとワクワクを感じさせてくれる楽しみがあります。そして二つ目は二人の間の娘の存在です。一番重要な存在なので大切であるということは言わなくてもわかるのですが、娘の存在によって動かせれる主人公の気持ちや娘の言動で見ているこっちの心までもを動かされます。そして何より可愛らしいというのも見所の一つになります!

あまり見るつもりがなく、なんとなくテレビをつけていたのですが、見始めたら止まらなくなってしまうようなドキドキハラハラな展開が楽しめる作品でした。娘のために逃げ回る主人公を三浦春馬さんが演じていたのですが、その素晴らしい演技にも目が釘付けになってしまいました。まずすごかったのがアクションシーンです。まるで映画を見ているような迫力があり、迫りくるピンチに何度も息をのんでしまいました。三浦さんの身のこなしが素早く、本当にリアルに演じられていたので、より緊張感のあるシーンになっていたのだと思います。そして不幸が重なり、逃げ回る主人公ですが、それが可愛い娘のために自分ができることだと命をかけて頑張っている姿に涙が止まらなくなりました。どうか幸せになってほしいと心の底から思いました。娘役の稲垣来泉さんも本当に可愛らしく、そのくったくのない性格や、三浦さんに向ける笑顔を見ていると胸が苦しくなりました。そして三浦さんの命を狙う役である高嶋政伸さんが本当に恐ろしかったです。どうしてこんなにも主人公を苦しめるのだろうと腹が立ってしまいましたが、見る側を怒り立たせるほどに高嶋さんの演技が素晴らしいということだと感じました。

離れ離れになってしまった娘。その娘を助ける為に、主役を演じる三浦春馬さんを探して手術に賭ける母。やっと連絡のついた三浦さんはしかし、中途半端に生きてきた為に自分の命を狙われ、且つ警察にも追われる身になってしまっている。たった一人の娘を思う気持ち、孤独な環境に育ち愛を育んだ短い時間とストーリーが次々に展開され、息をつかせないかのようなアクションや逃亡劇。そして、その逃亡劇の合間に魅せる娘の「お父さんだよね?」と、愛らしい笑顔で写真でしか見たことのない父親の三浦さんに絆を感じて懐く姿。逃亡劇であり、アクションとヒューマンドラマの絡みあった作品に見入ってしまった。二週間後の骨髄手術の日までは、捕まることも怪我をしてしまうことも許されない状況で、ギリギリに追いつめられていく立場。命を守る為に逃げる三浦さんの表情や仕草の表現力が、初めて見た我が娘を想う気持ちと、その驚きに溢れていて魅力的な出会いを演出していたのが、記憶に残っています。身寄りのない自分にとって、唯一血の繋がりのある愛娘に、自分の骨髄移植をすることで助けられる命。命の尊さも折り込まれ、愛の溢れた作品としても充実して観れました。

毎回緊迫したシーンが多くて夢中で見ていました。夢も希望ももてないようなろくでもない暮らしをしていた結城大地がどんどん父親らしくなり娘の為に懸命に逃げる姿に感動しました。そして三浦春馬さんの名演技も光っていました。最初はチャラ男にしか見えなかったのに、どんどん使命感をもった頼もしい顔になっていって三浦春馬さんはどんな役柄も見事に演じられる素晴らしい役者さんだと思いました。ストーリーは2週間というリミットの中で次々にびっくりする事が起こり手に汗握りなら見ることが多かったのですが、あんなに幼い子供が父親をずっと待ち続けていることなんて現実にはあるのかなぁとふと思ってしまいました。でもやっぱり親子の絆は素晴らしいなぁと感じました。一番印象に残っているのは結城大地と娘が柴崎に追われる回です。柴崎からやっと逃げたと思ったらまた見つかり、柴崎が殺意の漲った顔で二人を探している姿が恐ろしすぎました。やっと柴崎が捕まったシーンでは本当に安堵してしまいました。高嶋政伸さんは恐ろしい役がとっても上手だと思いました。最後はハッピーエンドを思わせる感じで終わりますが、個人的にはもっと家族3人の楽しそうなシーンを見たかったです。

まとめ

ドラマ「TWO WEEKS」は、FODプレミアムで配信中です!!

是非チェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました