恋する母たち【ドラマ】公式見逃し動画配信を無料で1話~最新話(全話)フル視聴する方法

国内ドラマ
ドラマ「恋する母たち」は、2020年10月23日より毎週金曜夜10時からTBS系列で放送!
柴門ふみによる漫画を原作にドラマ化!
脚本は「大恋愛」をヒットさせた大石静。
主演は木村佳乃、共演に吉田羊、仲里依紗が出演する。
有名進学高校に息子を通わせる三者三様の家庭環境を持つ3人の美しい母たちが、再び女性として恋に落ちる瞬間を描くラブストーリー。
こちらでは、ドラマ「恋する母たち」の動画配信をフル視聴する方法やあらすじ・キャストをまとめています。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • 広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

[新ドラマ]金曜ドラマ『恋する母たち』新時代を生き抜くすべての人に送るラブストーリー!! 10月23日スタート!!【TBS】

結論から言いますと
「恋する母たち」のフル動画は
Paraviで配信中です!
さらにParaviオリジナルストーリーの
「恋する男たち」も配信中!

初回登録2週間無料!

本ページの情報は2020年11月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paravi

こちらもParaviで配信中!

  ⇩  ⇩  ⇩

『恋する母たち』 を無料で視聴する方法は?

上記でもお伝えしましたが『恋する母たち』は、動画配信サービス【Paravi(パラビ)】で配信中です!

そこで【Paravi】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

国内ドラマ・TBS/テレ東系が豊富なParavi!

【Paravi(パラビ)】は、月額925円(税抜)の動画配信サービスです!

主にTBS/テレビ東京系列のドラマやバラエティParaviオリジナル作品が充実しています!

初めて登録する方には《2週間無料体験》があり、無料期間内に解約することも可能なので2週間のみ楽しむこともできますよ!

Paraviの特徴

①国内最大級のドラマアーカイブ数

②TBS/テレビ東京系列/Paraviオリジナル作品が見放題

③放送中のドラマやバラエティの見逃し配信あり

④Paravi独占!人気ドラマのスピンオフあり

⑤毎月500円チケット付与
(レンタル作品が視聴できます)

⑥PC/スマホ/タブレットで対応可能!

⑦高画質&広告なしのストレスフリー

⑧初回2週間無料お試し体験あり

初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
Paravi簡単な登録方法の手順や注意点
Paravi解約方法の手順や注意点

初回登録2週間無料!

本ページの情報は2020年11月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paravi

「恋する母たち」あらすじ

石渡杏(木村佳乃)は、女手一つで育てた息子が中高一貫の名門校・麻蔵学園高校に合格し、保護者説明会に出席。同じ教室には、子どもを中学から麻蔵学園に通わせている林優子(吉田羊)と蒲原まり(仲里依紗)の姿もある。杏は親しくなったまりから「母親たちは、意外とみんな不倫しているのよ」と聞いて、驚く。
杏たち3人の母親には、人に言えない悩みや心の傷があった。杏の夫・慎吾(渋川清彦)は11年前に人妻と失踪。杏はそのことを相手の女の夫・斉木巧(小泉孝太郎)から聞かされた。キャリアウーマンの優子は、売れない小説家の夫・シゲオ(矢作兼)と引きこもりの息子・大介(奥平大兼)を養っていて、家庭よりも職場を自分の居場所と感じている母親だ。セレブ主婦のまりの悩みは、弁護士の夫・繁樹(玉置玲央)の不倫。そのまりが、チャリティー・パーティーで出会った落語家の今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)から猛アプローチを受ける。
ある日、再び斉木が杏を訪ねてきた。そして思いもよらない事実を告げられる…。

金曜ドラマ『恋する母たち』10/30(金) #2 失踪した夫が記憶喪失? 危険な恋が止まらない!!【TBS】

ある日、石渡杏(木村佳乃)は11年ぶりに斉木巧(小泉孝太郎)と再会した。巧は8年前に妻と正式に離婚し、今は週刊誌の編集部で働いていた。
杏は巧から、与論島で夫の慎吾(渋川清彦)らしき人物に会ったと聞かされ驚く。慎吾は「港洋一」と名乗って観光ガイドをしていて、駆け落ち相手である斉木の妻・由香(瀧内公美)とはすでに別れていた。さらに、驚くべき事実を聞かされ杏は茫然とする。その頃、林優子(吉田羊)は部下の赤坂剛(磯村勇斗)と停電中のエレベーターに閉じ込められていた。夫のシゲオ(矢作兼)を心配させまいと電話をしたり、「息苦しくない?酸欠じゃない?」などと動揺する優子に、赤坂は普段の沈着冷静な上司とは違う一面を見てこれまでにない感情を抱く。
一方、今昔亭丸太郎(阿部サダヲ)とのドライブから帰宅した蒲原まり(仲里依紗)は、丸太郎の突然のキスを思い出すと全身から力が抜けてしまうようだった。そんなまりの心を読んだかのように、丸太郎から連絡が入り・・・。
斉木と別れ帰宅した杏は、息子の研(藤原大祐)に「お父さんが見つかったようだ」と伝えるが、研は「最初から父親はいないと思っている。お母さんが会いたいなら邪魔はしない」と部屋にこもってしまう。
そして、義母の綾子(夏樹陽子)にも知らせると、「本当に慎吾か確かめて来てほしい」と頼まれるのだった…。翌日、杏とまりは、優子の声掛けでファミレスに集まることになった。優子の息子・大介(奥平大兼)が、数学の試験問題の予想をしたので、研とまりの息子・繁秋(宮世琉弥)に渡して欲しいと託されたのだ。息子たちの話をしながら、やがてワインで酔いが回ってきた3人は、与論島にいるらしい杏の夫の話題になる。

金曜ドラマ『恋する母たち』11/6(金) #3 不倫相手と直接対決…禁断の相手と急接近!?【TBS】

与論島で11年ぶりに夫・慎吾(渋川清彦)と再会した杏(木村佳乃)。雰囲気は変わっているが懐かしい夫の声に、杏は幸せだった頃を思い出し思わず涙があふれる。杏を東京からの観光客と思い込んでいる慎吾は、名所の百合ヶ浜などを案内した後、「断崖から夕陽を見たい」という杏のリクエストで、自分が転落して記憶を失くした場所へと連れていく。その頃、優子(吉田羊)は新商品の販売イベントで、赤坂(磯村勇斗)と京都の会場にいた。招待客も集まりイベントを開始しようとした矢先、停電のアクシデント。電機系統のトラブルらしいが、修理を待っている時間はない。常務の柳(小松和重)に嫌みを言われながら、イベントの中止を決断する優子に赤坂は…。さらにその夜、想定外の出来事が優子と赤坂を待っていた。一方、まり(仲里依紗)のスマホに音声ファイルが添付されたメールが届く。開くと、夫・繁樹(玉置玲央)と不倫相手・のり子(森田望智)の衝撃的な会話だった。相変わらずチラつくのり子の存在に、まりは丸太郎(阿部サダヲ)へ相談を持ちかける。そして、不倫相手と直接会うことを決意。観光を終えホテルに戻った杏は、与論島の実家にいる優子の夫・シゲオ(矢作兼)から夕飯に誘われるが、「今夜は一人で考えたい」と断る。11年前、自分と息子を捨てて女と駆け落ちした慎吾は、どんな思いでこの島で暮らしていたのか…。やるせない思いの中、杏は迷いながらも斉木巧(小泉孝太郎)に電話をかける。

金曜ドラマ『恋する母たち』11/13(金) #4 決して許されない恋 現実に引き戻される夜…【TBS】

杏(木村佳乃)は「結婚を前提に付き合ってほしい」という斉木(小泉孝太郎)からの申し出に、自分も斉木に好意を持っていることを再確認した。そんな杏の様子に違和感を覚えた息子・研(藤原大祐)は、友達の大介(奥平大兼)に相談する。蒲原家では、まり(仲里依紗)が夫・繁樹(玉置玲央)の浮気相手・のり子(森田望智)をやり込めたものの、自分は丸太郎(阿部サダヲ)のことが気になって仕方がない。繁樹から「罪滅ぼしに夫婦2人で温泉に行こう」と優しく言われても全然うれしくない自分がいた。まりは丸太郎に連絡し、夫から温泉に誘われていることを伝えると、彼は意外な反応をする。一方、優子(吉田羊)も、京都で一夜を過ごした赤坂(磯村勇斗)のことで頭がいっぱいになっていた。会社でもなんとなく赤坂を意識してしまう。ある朝、夫のシゲオ(矢作兼)から「家族のことで大事な話がある」と言われ、優子はなるべく早く帰る約束をする…。翌日、杏は研から父・慎吾のことを聞かれる。出て行ってしまった真実を伝えると、優しい研は母を思いやるのだった。そして、杏は研に「今度、会ってほしい人がいる」と斉木の存在を打ち明けることに。さらに、杏は慎吾と正式に離婚したことで、義母・綾子(夏樹陽子)のもとを訪ねる。今までマンションのローンや研の学費を出してもらってきた礼を言い、「この先は自分でやっていこうと思う」と決意を伝える。その日の夜、杏、斉木、研の3人は初めてレストランで食事を共にするが…。

金曜ドラマ『恋する母たち』11/20(金) #5 どうにもならない関係…隠せないそれぞれの本音【TBS】

赤坂(磯村勇斗)との密会を夫のシゲオ(矢作兼)に見られた優子(吉田羊)。ついにシゲオから「限界だ」と言われてしまう。さらに故郷の与論島でフリースクールを立ち上げようと準備をしていて、息子の大介(奥平大兼)も連れていくと告げられる。大介も麻蔵学園高校を退学し、シゲオについて行くつもりでいた。仲良く引っ越しの相談をする2人を前に、優子は居場所がなかった。しかし、疎外感を感じていたところに思わぬ声がかかる。一方、杏(木村佳乃)は息子の研(藤原大祐)のことで頭を悩ませていた。研は、斉木(小泉孝太郎)が自分の父親の駆け落ち相手の元夫であることを知り、ナーバスになって未だ家に帰ってこない。多感な年頃の研を心配した杏は、しばらく会うのをやめようと斉木に伝える。しかし、会えなくても、杏の好物を買い家の玄関先にそっと差し入れしてくれる斉木のさり気ない優しさに喜び、会えなくても心は通じ合っていると思われた2人だったが…。その頃、まり(仲里依紗)は、温泉旅館で丸太郎(阿部サダヲ)と一晩を過ごし帰宅。先に帰っていた夫の繁樹(玉置玲央)から、浮気相手ののり子(森田望智)のことを謝られ複雑な心境だった。その繁樹が、辣腕弁護士の特集でテレビの密着取材を受けることに。まりは張り切って準備しようとするが、息子の繁秋(宮世琉弥)のことで意見がぶつかってしまう。子どもの気持ちなど考えず、見栄を張ることしか頭にない繁樹に、まりは一層不信感を募らせる。夫と息子が与論島へ行き、一人で東京に残ることになった優子は、コジカフーズの社長から千葉支店への異動を打診される。千葉支店の営業部で成果をあげて本社に戻れば、出世コースだ。シゲオとの一件以来、優子のことが気がかりな赤坂だが…。そんな中、優子は赤坂の元彼女の有馬(結城モエ)から、呼び出される。数日後、すっかり仲良くなった杏と優子とまり。喫茶店でいつものように女子会が開かれていたが、優子の口から飛び出した結婚時の衝撃的な告白に2人は驚愕する。

金曜ドラマ『恋する母たち』11/27(金) #6 父親の出現で揺れる親子…恋の代償は誰が払う??【TBS】

慎吾(渋川清彦)が再び杏(木村佳乃)の前に現れた。与論島での離婚話が島で噂になり、妻の耳にも入って家を追い出されたというのだ。慎吾は離婚届けにあった杏の住所を頼りにやって来たのだが、その身勝手な慎吾に怒りを覚えた杏は、母・綾子(夏樹陽子)の連絡先を教え、雨の中彼を突き放す。
その後、階段から足を踏み外し松葉杖生活となった杏。研(藤原大祐)と一緒に綾子のところで世話になることに。そこには慎吾も身を寄せていた。しかし、そのことを斉木(小泉孝太郎)に知られてしまい…。千葉で一人暮らしをスタートさせた優子(吉田羊)は、千葉の営業部が本社の宣伝部とは雰囲気が全く違い戸惑っていた。挨拶に行った得意先のスーパーで嫌味なことを言われるなど、驚くことばかりの優子だったが、初めての営業の仕事をひたむきにこなしていた。
そんな時、杏が勤める高根不動産に「吹っ切るために住むところを変えたい」という男性がやってくる。申込書の勤務先にコジカフーズと書いたことから、相手が優子が想っている赤坂(磯村勇斗)ではないかと察するが…。同じ頃、まり(仲里依紗)は夫・繁樹(玉置玲央)の傲慢な態度にうんざりしていた。落語家になりたいという繁秋(宮世琉弥)のことを一向に認めない夫。一方で相談していた丸太郎(阿部サダヲ)からは思いがけない返信が届く。そんな中、誰もが羨む生活を送っている蒲原家に災難が襲う。

金曜ドラマ『恋する母たち』12/4(金) #7 セレブ生活が一変!! 幸せのチャンスを掴めるか…?【TBS】

杏(木村佳乃)が、斉木(小泉孝太郎)から一方的に別れを告げられて1カ月。研(藤原大祐)は、元気のない母を心配しているが、最近は父・慎吾(渋川清彦)と自分のところを行ったり来たりしていて、杏は寂しさを感じていた。まり(仲里依紗)の一家は、繁樹(玉置玲央)が政治資金流用の指南役だったと週刊誌に出たことで弁護士会から懲戒処分を受け、信用も仕事もなくし、高級タワーマンションも手放した。そんなまりたちに、優子(吉田羊)は空き家になっていた林家を提供する。一瞬にしてすべてを失ったことを受け入れられずにいる繁樹をよそに、まりは生活費を稼ぐため弁当屋でパートを始める。千葉支店に移った優子は、新規開拓の飛び込み営業を続けていた。地元の食品卸の有力者・塚越社長(尾美としのり)のもとに1カ月通い、ようやく認められた優子。塚越に居酒屋チェーン「房総酒場」を紹介してもらうが、「房総酒場」はライバル会社であるアオシマ食品一本やり。そこに優子たちコジカフーズが食い込むことができたら、塚越もコジカフーズと契約すると言われた優子。必死で「房総酒場」に通い詰めるが、先行きは不安だ。そんな中、優子は会議に出席するため久々に東京の本社へ戻る。会議を終えたところを赤坂(磯村勇斗)が待っていて…。その頃、与論島で生活を始めたシゲオ(矢作兼)と大介(奥平大兼)父子。シゲオは構想中の小説のテーマを大介に話して聞かせ、大介を取材させてほしいと相談していた。一方、杏は斉木のことが忘れられずにいた。斉木に対する自分の態度を反省していることを優子に話しながら、酔いつぶれてしまう杏。優子は代わりに斉木に電話をするが…。

「恋する母たち」キャスト

石渡 杏:木村 佳乃
駅前不動産屋で、パート勤務をしており、夫が失踪してからは、長男・研との2人暮らしをしている。

蒲原 まり:仲 里依紗
専業主婦で、弁護士をしている夫と高校生の息子、小学生の長女、幼稚園年中組の次女との5人暮らしをしている。

林 優子:吉田 羊
コジカビールの社員で、宣伝部課長。
小説家志望の夫と不登校の高校生の長男との3人暮らしをしている。

斉木 巧:小泉 孝太郎
週刊誌記者。
離婚した妻・由香が、杏の夫と駆け落ちしたことで杏と知り合う。
由香の浮気癖は知っていたが、仕事でほったらかしにしていた負い目もあり見てみぬフリをしていたが、今回ばかりは、さすがに見過せず杏に事情を話していくうちに、だんだん惹かれるようになり関係を持つ。

今昔亭 丸太郎:阿部 サダヲ
バツ3の落語家。
チャリティーコンサートの会場で、まりと知り合う。
嫌がるまりを、強引に誘っている。

赤坂 剛:磯村 勇斗
コジカビールの社員で、優子の同僚。
2年前に営業部から宣伝部に異動した。

山下のり子:森田望智

新人弁護士。
繁樹が妻帯者と知りながらも男女の関係となる。

林大介:奥平大兼

優子の息子。麻蔵学園高校1年E組。
成績は良いが、家に引きこもっている。

蒲原繁秋:宮世琉弥

まりの息子。麻蔵学園高校1年E組。
成績は学年ビリ。親に反抗している。

石渡研:藤原大祐

麻蔵学園高校1年E組。
成績は学年ビリから二番目。杏を思いやる心優しい息子。

石渡慎吾:渋川清彦

杏の夫。
優しい夫だったはずが、ある日突然、愛人の由香と失踪する。

斉木由香:瀧内公美

斉木の妻。
杏の夫である慎吾と駆け落ちして失踪。

蒲原繁樹:玉置玲央

まりの夫。エリート弁護士。
部下ののり子と不倫している。

林シゲオ:矢作兼

優子の夫。小説家志望の専業主夫。大介とは仲が良い。

石渡綾子:夏樹陽子

慎吾の母。会社を経営する女社長。

相関図

Paraviオリジナルストーリー「恋する男たち」あらすじ

【Paravi独占配信決定】「恋する男たち」予告動画

ある朝。旅行会社の企画担当・石渡慎吾(渋川清彦)は、ホテルの広報担当者との打ち合わせに向かう途中で女性とぶつかり、一方的に責められるという不遇に見舞われる。実は、この女性こそがホテルの広報担当者・斉木由香(瀧内公美)だった。最悪の出会いをした二人だったが、後日、由香のミスで怒ったホテルの客に慎吾が土下座で謝罪したのをきっかけに距離を縮める。そして、慎吾には杏(木村佳乃)という妻、由香には巧(小泉孝太郎)という夫ががありながら、二人の関係は不倫旅行へ出かけるまでに発展。そんな中、ある問題が起きて…。

コジカフーズの有望な若手社員・赤坂剛(磯村勇人)。“何をやってもそつなくこなす”がモットーで、入社5年目で営業部のMVPを獲得。出世コースである宣伝部への異動も決まる。だが、赤坂にも弱点があった。女性との付き合いが長く続かないのだ。そんな中、馴染みのゲイバーのママの言葉をきっかけに、赤坂は入社以来親しくしていた同期の有馬ひとみ(結城モエ)と付き合うことに。お互い束縛しないルールのもと、今回は順調に交際を続けていた。しかし、移動先の宣伝部で課長の林優子(吉田羊)の顔を見た赤坂は、何かを思い出し…。

まり(仲里依紗)という妻のほかに浮気相手もいる蒲原繁樹(玉置玲央)は、年収5000万円のエリート弁護士で法律事務所の代表。社内恋愛はしない主義だったが、「先生に憧れてたんです!」と面接で公言した山下のり子(森田望智)を面白がってインターンに採用。徐々にのり子の素朴で真っすぐな人柄にひかれていく。そして迎えた、のり子のインターン最終日。自分は弁護士向きではないと自覚したのり子は、弁護士になるのは諦めて地元の婚約者と結婚すると繁樹に報告しつつも、秘めていた繁樹の思いも告白する。そんなのり子に繁樹は・・・!?

林優子(吉田羊)の息子・大介(奥平大兼)、蒲原まり(仲里依紗)の息子・繁秋(宮世琉弥)、石渡杏(木村佳乃)の息子・研(藤原大祐)は、中高一貫の名門校・麻蔵学園高校の落ちこぼれ三人組。中等部時代から友人同士だった大介と繁秋に、高等部から麻蔵学園に入学した研が加わり、親しくなった3人は楽しい夏を過ごす。その間、ひそかに研にひかれていた大介だったが、父・シゲオ(矢作兼)が与論島で立ち上げるフリースクールに移ることを決心する。大介の件への気持ちを知る繁秋は、与論島にたつ前に研と話をしておくよう大介に勧める。

「恋する母たち」の原作

「恋する母たち」の原作は柴門ふみさんによる漫画が原作です。

女性週刊誌「女性セブン」(小学館)2017年より連載されており単行本も発売中。

漫画家 柴門ふみさんは、どのような方なのか紹介していきます。

柴門 ふみさんは、日本の漫画家、エッセイストであり、バブル期に既発漫画がトレンディドラマの原作として使用される一方で、恋愛エッセイを数多く執筆をしており、恋愛の巨匠、恋愛の教祖とも呼ばれていました。ペンネームはポール・サイモンだったそうです。
そして、単行本全4巻で250万部以上を売り上げた『東京ラブストーリー』は、1991年にフジテレビでドラマ化され、大ヒット。

今回のドラマ「恋する母たち」も、どんな仕上がりになっているのか楽しみですね!

「恋する母たち」主題歌

ドラマ「恋する母たち」の主題歌を紹介!

「知らないどうし」松任谷由実

主題歌は松任谷 由実さんが担当されています!

松任谷 由実さんは、日本のシンガーソングライターであり、旧姓名および旧芸名は荒井 由実でした。

1972年にシングル「返事はいらない」で荒井由実としてデビューをし、一部のコラボレーション企画では、愛称の「ユーミン (Yuming)」名義での活動もされています!

ユーミンの名付け親は、14歳のころ、当時親しかったシー・ユー・チェンさんが、荒井を「ユーミン」と呼び始め、これが、のちに愛称として定着することになりました。

由来は、ムーミンだそうですよ。

可愛いらしい愛称ですよね!

是非、松任谷 由実さんの「知らないどうし」もチェックしてみてくださいね!

みんなの感想

このドラマは、柴門ふみさんの原作マンガをドラマ化したもので、高校生の息子を持つ、3人の母親たちのそれぞれの恋を描いた作品です。木村佳乃さん演じる杏は、夫の不倫相手の旦那と恋に堕ちますが、それぞれの元配偶者も絡んできたりとややこしい人間関係が2人の邪魔をします。お互い元配偶者に未練があるわけでもないようですが、完全に捨てきれない部分もあるようで、そこが人間味があって良いと思いました。仲里依紗さん演じるまりは、弁護士の旦那を持ち、一見幸せなセレブに見えますが、旦那の不倫に悩まされているわけですが、恋愛巧者の落語家のペースにはまり、不倫関係になってしまいます。阿部サダヲさん演じる落語家の話術はもちろん、強引さや間の取り方が絶妙で、あれよあれよとハマっていくまりの姿が面白いです。そして吉田羊さん演じる優子は、役員候補のエリートビジネスウーマンでありながら、若い部下の強引さにハマっていきます。性欲の奴隷になっていることを理解しながらも抜けられない女性を演じていて、強い女性が若い男性にメロメロにされてしまうギャップがとてもわかりやすくて良いです。これからドラマは佳境に入っていくと思いますが、それぞれの高校生の息子たちがキーマンになると思われ、どういう結末を迎えるか楽しみです。

三人の母親達の不倫がけっこう最近はもうズブズブとしてきてさすがに平穏な日常にはもう戻れない、嫌になっちゃったのかなぁと家族を持つ身としてはちょっと心配になってきますが展開がここまで数多くあるので観ている分には興味深い内容に最近感じられます。
中でも吉田羊さん演じる優子の家庭は旦那にも軽くキレられるところまできていてせっかくおだやかな旦那さんなのになんであんな形で若い男との関係をもってしまったのか、恋という盲目みたいなものが描写されていて目まぐるしい展開に感じられました。
一方で仲里依紗さん演じるまりは比較的三人の母親の中ではまだ一番家庭が悪くなってはいない印象もあり、せっかく弁護士の旦那さんが浮気を謝ってきたのに取材の件でもめてけんかになったのはちょっともったいないなあというのは思いました。
訳ありな息子を持ってしまうといろんな側面から子どものことを考えてあげないといけないだろうから対立して意見が食い違うのも同じ子どもを持つ親としてはなんとなく分かる気はしました。
木村佳乃さん演じる杏についても結局この先、斉木とどうなりたいのかまだ迷走している雰囲気もありこれからどう立ち回るのか楽しみになってきました。

このドラマは大人の恋愛を、リアルに感じられるのが面白いです。それぞれ違う立場の母親たちが、夫以外の人を好きになるのが見どころです。母親の意外な一面を見られるのが、とても刺激を感じます。
杏は息子を一人で育てているのが印象的です。頑張って働きながら、毎日明るくいる姿はパワーを感じます。子供の成長を一番楽しみにしているような気がします。斉木と出会って、少しずつ大人の女性になっていくのが注目です。
そして蒲原は、すごく裕福な暮らしをしているのが羨ましいです。だけど裕福がゆえに毎日変化がなくて、つまらないのが見ていて複雑です。夫は仕事ばかりで家事は全て蒲原がやるのは、なんとも言えない気持ちになります。
林はキャリアウーマンで、仕事一筋なのがかっこいいです。家のことや息子のことは夫に任せているのが、サッパリしているなと感じます。職場の赤坂とだんだん関係を持っていくのは、すごくドキッとします。
みんなダメだとわかっていながらも、恋をすると周りが見えなくなるのが見どころです。いつかバレると感じながらも、どこかで相手のことを求めているのがハラハラします。母親としてのプライドも感じながら、大人の恋が動いていくのが楽しい作品です。

まとめ

「恋する母たち」 を見逃してしまった方は放送終了後よりParaviで配信開始となっています!

さらにParaviオリジナルストーリー「恋する男たち」も配信中ですので是非、ご覧になってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました