東京タラレバ娘2020/公式見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法!

国内ドラマ

こちらでは、SPドラマ「東京タラレバ娘2020」の見逃し配信や2017年に放送されていたTVドラマ「東京タラレバ娘」の全話を無料でフル視聴する方法をまとめています!

「東京タラレバ娘」は、東村アキコの漫画を原作に2017年に吉高由里子さん主演でドラマ化!
「タラレバ」ばかり言いながら、恋に仕事に悪戦苦闘した日々から3年!
倫子・香・小雪たちがパワーアップして帰ってきました!

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

結論から言いますと
東京タラレバ娘2020
は放送終了後からHuluで配信中!

2017年TVドラマ『東京タラレバ娘』全10話
Huluオリジナル『東京ダラダラ娘』全5話
も配信中!

⇩ ⇩ ⇩

\初回登録2週間トライアルあり!/

こちらの作品もHuluで配信中です!

  ⇩ ⇩ ⇩

 

『東京タラレバ娘2020』 を無料で視聴する方法は?

『東京タラレバ娘2020』は、動画配信サービス【Hulu】で配信中です!

そこで【Hulu】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

 

日テレ系番組が豊富なHulu!

動画配信サービス【Hulu】は月額933円(税抜)で、国内外のドラマや日テレ系番組が充実している動画配信サービスです♪

初めて登録する方には《2週間の無料体験》があります!

無料の期間内に解約してもらうとお金を払わずに楽しむこともできますよ!

Huluの特徴

①作品数70,000本以上を配信!

②国内外ドラマの本数が多い

③日テレ系列の番組やHulu限定オリジナル作品あり

④放送中のドラマやバラエティ番組の見逃し配信あり

⑤マルチデバイス対応

⑥ダウンロード機能あり

⑦高画質&広告なしのストレスフリー

⑧初回2週間無料お試し体験あり

初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!

無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!

Hulu簡単な登録方法の手順
Hulu解約・退会方法や注意点は?


\初回登録2週間無料トライアルあり!/

 

本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。


『東京タラレバ娘2020』あらすじ

「タラレバ」ばかり言いながら、恋に仕事に悪戦苦闘した日々から3年。
倫子(吉高由里子)、香(榮倉奈々)、小雪(大島優子)は、33歳になった。
香は小学校時代の同級生とスピード婚を果たし、小雪は念願だったカフェの開店準備に追われ、そして倫子は脚本家としては相変わらずパッとしない状況だが、プライベートでは図書館に勤める朝倉(松下洸平)とつきあい、1年になろうとしていた。
香や小雪から「そろそろプロポーズされるのでは?」と煽られて“結婚”を意識し始めた倫子。
ある日デート中に、つい「私たち、結婚してみるっていうのはどうかな」と言ってしまい、慌てて取り消そうとするが、朝倉は驚きながらも笑顔で受け入れ、二人は本当に結婚することに!
人生最高の浮かれ具合で香と小雪に報告する倫子。まさに幸せの絶頂…のはずだったのだが、そこに、俳優としてアメリカに渡っていたKEY(坂口健太郎)が現れる。
3年前にいろいろあった男の登場に動揺を隠せない倫子の様子に、香たちも「このタイミングで再会ってやばくない?」と心配するが……。
倫子の結婚準備が進む中、香は、夫・ゆう(渡辺大知)との結婚生活に小さな違和感を覚え始め、小雪も、二人に先を越されて一人取り残された現実をひしひしと感じてた。そしてKEYも、早坂(鈴木亮平)から「いいの?このまま倫子さんが結婚しちゃっても」と問いかけられ、心が揺れて……。
それぞれの思いが交錯する中、倫子の結婚式の日がやってきた。果たしてタラレバ娘たちは、幸せを手に入れることができるのか――?

『東京タラレバ娘2020』キャスト

鎌田倫子:吉高由里子

平沢香:榮倉奈々

鳥居小雪:大島優子

KEY:坂口健太郎

鮫島涼:平岡祐太

黒沢マミ:石川恋

タラの声:加藤諒

レバの声:あ~ちゃん(Perfume)

朝倉理一:松下洸平

平沢ゆう:渡辺大地

鳥居安男:金田明夫

丸井良男:田中圭

早坂哲朗:鈴木亮平

前作『東京タラレバ娘』あらすじ

 

倫子(吉高由里子)は、30歳・独身・彼氏ナシの売れない脚本家。 高校時代からの親友でネイリストの香(榮倉奈々)、居酒屋の看板娘・小雪(大島優子)と、 日々、“女子会”と称して集まっては好き勝手言い合いながら酒を飲むのが一番の楽しみだ。ある日、倫子はドラマ制作会社の早坂(鈴木亮平)から「大事な話がある」と食事に誘われる。 8年前、ADでまだまだダサかった早坂に告白され、フッたことのある倫子だったが、今や早坂は立派なプロデューサー。香と小雪は、「告白どころか今回はプロポーズされるのでは?」と煽り、倫子もまんざらでもなく感じていた。だが、そんな倫子たちの前に金髪のイケメン・KEY(坂口健太郎)が現れる。KEYは、タラレバ話ばかり繰り広げる倫子たちに対し、何の根拠もないタラレバ話で盛り上がる「タラレバ女!」と言い放つ……!

 

早坂(鈴木亮平)がマミ(石川恋)と付き合い始めたショックを引きずり続ける倫子(吉高由里子)。 さらに、自分たちを「タラレバ女」と名付けた男・KEY (坂口健太郎)が今話題のモデルだということも判明し、衝撃を受ける。ある日、早坂から新ドラマの主題歌を歌うバンドのライブに誘われた倫子は、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)と一緒に行くことに。 ライブに集まった若い女子たちの熱気に押され気味の3人。そんな中、香はギタリストに見覚えが……。それはなんと、元カレ・涼(平岡祐太)だった!!運命的な再会に胸をときめかせる香。しかし、涼にはモデルの彼女がいることがわかり、香はどっぷり落ち込んでしまう。 一方、「恋がダメでも仕事だけは」と脚本執筆に精を出す倫子だったが、突然、新ドラマの仕事から降ろされてしまう。代わりに脚本を担当することになったのは若い女性脚本家・笹崎まりか(筧美和子)。マミから「女を使って仕事を取ったのかも」と聞かされた倫子は、真相を確かめようと彼女を尾行するが……!そして、街中で花束を手にしたKEYを見かけた小雪は、KEYの意外な一面を目撃する……!?

 

KEY(坂口健太郎)と一夜を共にしてしまった倫子(吉高由里子)だったが、 KEYの本名も連絡先も、そして彼の本心もまったくわからないという事実に悶々とする。何年も恋愛から遠ざかっていた倫子は次の一手がわからなくなっていた。 一方、香(榮倉奈々)も元カレ・涼(平岡祐太)と一夜を共にするが、涼が彼女と同棲していることを知り、“なかったこと”にしようと決意する。そして、「傷つくくらいなら恋なんてしなくていい」と言い放つサバサバ娘・小雪(大島優子)にも、運命の恋が到来する。 ルックスはもちろん、喋り方から食べる時の表情まで全てが“ドストライク”のサラリーマン・丸井(田中圭)と出会い、小雪は急速に惹かれていく……。せめて仕事だけでも前へ進もうと早坂(鈴木亮平)に仕事の売り込みをかける倫子。 だが、早坂の会社で思いがけずKEYに会い、ずっと聞きたかった「私のことをどう思っているの?」という言葉が言えず、またまた落ち込んでしまう……。KEYが自分のことをどう思っているのか、聞きたくても聞けない倫子。 元カレ・涼との再会で再び心が揺れる香。突然出会った男・丸井に心を奪われてしまう小雪。動き出した3人の恋の行方は…!?

 

一夜を共にしたKEY(坂口健太郎)から「あんたとは恋愛できない」と言い放たれたことを引きずり、落ち込む倫子(吉高由里子)。 バレンタインムード一色の街で、幸せそうにキラキラする女子たちから逃げるように歩いていた倫子は、本命チョコを選んでいる小雪(大島優子)と出会う。早速、香(榮倉奈々)も呼び出して話を聞くと、小雪はサラリーマンの丸井(田中圭)と付き合うことになったという。だが、丸井は妻帯者だった。石橋をたたいて渡るタイプの小雪が不倫の道に進んだことに、倫子と香は言葉を失う。一方、香も涼(平岡祐太)に彼女がいることを知りながら“セカンド”のポジションにおさまったことを告白。形はどうあれ恋愛が始まった二人に、仕事も恋もうまくいかない倫子は焦りを感じる。ある日、小雪は商店街の抽選会で「高級温泉旅館ペア宿泊券」を引き当てる。 父・安男(金田明夫)には内緒で、丸井と行くことにした小雪は珍しく浮かれモード。その様子を見た倫子は、幸せそうな小雪に思わず八つ当たりをしてしまう。 そして、それが引き金となり、香も含めて言い合いに。3人は今までにない大ゲンカをしてしまう……!

 

気づけば恋だけでなく仕事まで失ってしまっていた倫子(吉高由里子)。 占いでも「あんたは完全に手遅れ」と言われ、厳しすぎる現実に落ち込んでいたある日、長身でイケメン、さらに性格もいいバーテンダー・奥田(速水もこみち)と出会う。「運命の出会い?」と、あっという間に心惹かれていく倫子に、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)は「結婚のチャンスかも!?」とはやし立てて盛り上がるが、 KEY(坂口健太郎)は「結婚は夢ではなく現実だ」と厳しい言葉を投げかける。そんな中、早坂(鈴木亮平)から倫子の元に、『恋するシーズン』の脚本家が倒れたと連絡が入る。 そこで急遽、複数の脚本家の中からコンペ形式でピンチヒッターを探すことになったというのだが、仕事のない倫子は迷わずチャレンジすることを決意。 絶好のチャンスを逃すまいと不眠不休で執筆作業に没頭する……。一方、香と小雪は、先の見えない現状から脱却しようと心に誓う。元カレの涼(平岡祐太)からの連絡をスルーする香。 不倫相手の丸井(田中圭)と、もう会わないと決意する小雪。そんな二人だったが、心は揺れて……。

 

イケメンバーテンダーの奥田(速水もこみち)と付き合うことになった倫子(吉高由里子)。奥田から「ずっと一緒にいられたら幸せだろうな」とプロポーズのような言葉を言われ、すっかり舞い上がる。話を聞いた香(榮倉奈々)や小雪(大島優子)はもちろん、KEY(坂口健太郎)も皮肉交じりに祝福。 遂に結婚か…と倫子もその気になるが、一緒に過ごしていくうちに、奥田との微妙なズレに違和感を覚えるようになっていく……。一方、小雪は丸井(田中圭)と別れられなかったことを告白。結婚できないという事実に目をつむり、不倫の恋にどっぷりと浸かっていく。そして、香は「東京オリンピックまでに結婚して子供を産む」という目標のため、結婚相談所に登録。すぐに香の希望通りの相手が見つかって会うことになるが、そんな時に涼(平岡祐太)から連絡が入り……。

 

恋も仕事も崖っぷちだった倫子(吉高由里子)に、早坂(鈴木亮平)から仕事の依頼が舞い込む。それは、早坂の地元でもある北伊豆町の町おこしPRドラマの脚本だった。 小さな仕事のため、正直気乗りがしないまま香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)と一緒に北伊豆へ向かう倫子。だが、ドラマを企画した早坂の恩師・田口(田山涼成)たちの「ドラマを通して町の魅力を一人でも多くの人に届けたい」という熱い思いに心動かされ、一度書いた脚本を捨てて新たに書き直すことに!翌日、撮影現場にはADとしてイキイキと働く倫子の姿が……。倫子は仕事の楽しさを思い出し、仕事への意欲を取り戻していた。そして、そんな倫子の姿にKEY(坂口健太郎)は何かを感じる……一方、小雪は、丸井(田中圭)との不倫関係を父・安男(金田明夫)に知られてしまう……。

 

北伊豆で早坂(鈴木亮平)とキスしてしまった倫子(吉高由里子)。 報告を受けた香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)は「今度こそプロポーズされるのでは!?」と盛り上がるが、倫子はまだ素直に喜べずにいた。その夜、早坂と2人で会うことになった倫子だったが、早坂から、「思わず舞い上がってしまって」とキスのことを謝られてしまい、 それまでに昂ぶっていた早坂への気持ちを抑えてしまう……。そんな中、香に妊娠の可能性が発覚する。相手はもちろん元カレの涼(平岡祐太)。 香は、これを期に涼がもう一度自分を本命にしてくれるかもしれないと期待するが、「もし嫌な顔されたら…」と、涼の反応が気になり妊娠を確かめられずにいた。一方、北伊豆で早坂とのキスを目撃してしまったKEY(坂口健太郎)は、複雑な思いを抱えていた……。

 

早坂(鈴木亮平)と付き合い始めた倫子(吉高由里子)は、気取らない店で好きなものを食べたり、一緒にテレビを見たりして過ごす「フツウ」の幸せを実感する。ようやく“おさまるところにおさまった”倫子を、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)は心から祝福。 早坂から「一緒に暮らそう」と提案され、さらに舞い上がる。一方、香はKEY(坂口健太郎)に背中を押されて涼(平岡祐太)と別れ、気分新たに婚活を再スタート。 KEYは亡き妻の七回忌の法要で義父から「娘のことは忘れてほしい」と言われショックを受ける。ある夜、小雪は“ルール違反”であることを自覚しながら、妻が出産の里帰りで不在の丸井(田中圭)の自宅に泊まる。 しかし翌朝、妻の緊急帝王切開の知らせが入って丸井は慌てて出ていき、小雪は丸井の家に一人取り残されてしまう……。

 

亡き妻の七回忌で義父から「娘のことは忘れて、自分の人生を歩いて行きなさい」と言われたKEY(坂口健太郎)。 心の支えをなくしボロボロになったKEYの姿を見た倫子(吉高由里子)はそのまま放っておくことができず、家に連れ帰って一晩泊めてしまう。早坂(鈴木亮平)に嘘をついてまでそんなことをしてしまったことを後悔しながらも、KEYに心惹かれている自分に気づいた倫子。 だが、その気持ちには蓋をして、なかったことにしようと決意する。そんな中、改めて婚活をスタートさせていた香(榮倉奈々)の前に、元カレ・涼(平岡祐太)が現れる。 「彼女と別れた。もう一回ちゃんとつきあいたい」という涼の言葉に、揺れる香…。一方、丸井(田中圭)との不倫関係を終わらせたはずの小雪(大島優子)は、街で偶然、子供を連れた丸井と遭遇してしまう…。 

 

「東京タラレバ娘」みんなの感想

大好きなドラマでした!恋愛や仕事であーでもないこーでもないと気の合う仲間たちとグチグチ喋り続けるのは、20代でも30代でも40代でも変わらない気がします。それがただ、同じような環境の友達にメンツ替えされるだけで(友達をコロコロ変えるという訳ではなく、同じような環境の友達でないと物理的に会う時間が合わない)女子会は永遠です。ですので、倫子、香、小雪の3人を見ていると「わかるわかる」とテレビ越しに親身になってしまいます。3人を見ていて、30代で気兼ねなくすぐに集まれる仲間がいるのは楽しいだろうと思うし(結婚して子供がいるとそうはいかないので)、自分がメンタル弱ってる時は他の2人に八つ当たりして喧嘩する様子を見ると、そこまで気兼ねなく素を出せる相手がいるっていいなぁと思います。正直、作中の男性はどの人も全く魅力的ではないですが、それがこのドラマの良い所だと思います。当事者にとってはものすごく大事なことでも、客観的に見るとそうでもないというのは現実世界では当たり前のことなので、、、。悪魔でもこの物語は3人の女子の物語で、それに関わる男子は誰であっても成立すると思います。このドラマを見て、恋愛っていいなと言うよりは、支えてくれる友達っていいなぁと思いました。

タラレバ女の倫子、香、小雪の関係がとても温かく、好きなドラマでした。小雪の実家の居酒屋で開かれる女子会でのトークが、とてもリアリティがあって本当に幸せを掴みたいと願う女性の心情を見事に見せてくれていたと思います。それぞれが不倫や年下の元彼といった恋に悩む姿は、30歳過ぎで未婚の女性でありがちな悩みで、そういった絶妙な設定が、ドラマの人気につながったのだと思います。また、倫子にだけ見えるキャラクターのタラとレバの存在も愛らしく、良いアクセントになっていたと思います。タラレバ娘を演じた、吉高由里子さん、榮倉奈々さん、大島優子さんはいずれも自然体の演技で、まさに等身大の姿を見せてくれていた感じです。仕事や恋に浮き沈みしながらも前を向いて歩んでいる姿を好演しており、本当に仲の良さそうな感じにもとても好感が持てました。そんな3人に絡む、坂口健太郎さん演じるKEYは、辛口でありながら、どことなくほっとけない雰囲気をうまく表現されていて、とても良かったと思います。倫子との微妙な距離感がもどかしくもあり、とても良い関係でもあったのではないかと思います。スペシャルドラマが作成されましたが、また続編が見てみたいドラマです。

倫子を演じる吉高由里子さんが、笑ったり、泣いたり、怒ったりという感じで本領を発揮している感じの演技が素晴らしいと思います。
この作品での役柄が、素の感じに近いのではないかなという感じがし、タラレバ君たちが現れるシーンでのコミカルなコント的な演技の感じは最高に面白いです。
そして、親友役を演じている大島優子さんや榮倉奈々さんと息のあった感じで、タラレバ話をしながら、飲んだくれている姿が微笑ましいと思います。
大島優子さんは、本人の天真爛漫な感じていたとは少し違うような、控えめなしっかりした役柄で、新たな一面を見せている感じがし、榮倉奈々さんは気が強くて、天真爛漫でというイメージ通りのキャラを演じていると思います。
そして、3人が四苦八苦しながら人生の悩みに立ち向かっていく様子がよくありそうな感じで共感できると思います。。
また、吉高由里子さんと鈴木亮平さんの朝ドラ夫婦コンビが再共演しているというのも、違った関係性を演じているので興味深いと思います。
そして、なんといっても坂口健太郎さんが中性的な雰囲気を溢れさせていて魅力的です。
イケメンで金髪でモデルでという感じで、神々しさすら感じさせる雰囲気があります。

30代を目前にした3人の女性。脚本家を夢みて描き続けるが中々採用されず、苦しむ彼女だが若い頃20代半ばにプロポーズされていた。もし、あの時に結婚を選択していたら。もう一人は、ネイルアートの仕事をしながら、まだ売れないミュージシャンの都合の良い女の地位に甘んじながらも、彼が成功したならば、私を選んでくれたならと淡い期待を捨てられない。居酒屋の一人娘は、優しい妻子ある身の男性と不倫関係に。30代を迎えるときには、結婚して幸せな家庭を持っている夢は、日々の生活の中で時が流れていき、もしあの時〜だったら。〜していなければ。そんな、たら…れば…を語り合い、ある意味で慰め合う3人の女性。実際に、若い時はチャンスが沢山あるだろうが、それをチャンスと気づいて掴むか?もっと良い人生があるかもしれないと見送ってしまい、後悔してしまうか。多くの女性だけではなく、男性にも当てはまる可能性のある現代のリアルなドラマだと思う。しかし、その中でも諦めることなく、未来を明るくする為に努力し、前向きに生きようとする姿は、同年代の女性に共感を得られるだろう。このように悩みながら、独身生活をしている人も多いだろう。女性には出産のタイムリミットもある。女性の心情を暗くせずに、コミカルに悩みを描いた興味深いドラマだった。

久しぶりに帰ってきたタラレバ娘,3人のワチャワチャ感は全く変わらず本当に仲の良い3人でした。それぞれに状況は少し変わり,香は結婚しています。しかもあの元彼ではなく別の人でした。1人勝ち組のようですが香にも夫や義母に対する不満があり爆破寸前で,ついには家出を決行します。小雪は全くビジュアルが変わらず相変わらず父の居酒屋の看板娘ですが自分の店を待とうと頑張っています。恋愛は丸井と別れてからは遠ざかっているようですが香に言われマッチングアプリに登録します。真面目な小雪らしくないなとは思いますが前の恋愛の後遺症が大きいのかもしらません。一方倫子は1番恋愛体質のようで彼氏には困りませんがやはり男を見る目はあまりないようでやっと結婚にまでたどり着いた彼に式最中に逃げられるという前代未聞の事態です。卒業の映画の逆バージョンで思わず笑ってしまうほどの状況ですが倫子らしいのかもしらません。突然現れたKEYの存在が倫子の心の中に引っかかっています。本当は大好きでそばに居たいのに相手のことを考えて,自分のプライドも捨てきれずすがれなかった倫子です。今回もやはりKEYとは進展はあまりありませんがお互いの気持ちは確認できたようです。やはり倫子にはKEYが1番似合っていると思います。

東村アキコ先生が描いた漫画、『東京タラレバ娘』が漫画の内容に忠実にドラマ化された作品です。この作品には少し癖のあるキャラクターが多く登場するのですが、ドラマではそれを役者さんたちがきちんと演じていて漫画で読むのとはまた違った面白さがあります。アラサーの女友達3人が居酒屋に集まって愚痴ったりしているシーンはその当時同年代だった自分から見ても共感することが多く、ドラマを見ていて共感していた女性は少なくないのではないでしょうか。主役の鎌田倫子もそうですが倫子の高校時代からの親友である香や小雪を演じている女優さんもとても役柄に合っていて思わずくすっと笑ってしまうシーンが多かったです。また男性陣もそれぞれイケメンで癖のあるキャラクターが多く登場していて、これまた魅力的な俳優さんたちが演じられています。シリアスなシーンだけではなくギャグ要素もある作品なので演じている役者の皆さんは本当にすごいなと感動してしまいました。漫画で読むのとは違い、ドラマは役者さんたちの演技によってまた新しいキャラクターの魅力に気付けたのでそこがドラマ版の魅力の一つでもあります。このキャラクターはなぜあの人と一緒にならずこの道を選んだのかとか歯がゆい場面も多いのですが、夢中になってハマれるドラマです。

Huluオリジナル「東京ダラダラ娘」あらすじ

東京下町の居酒屋「呑んだくれ」閉店後の店内で独身、彼氏無しのアラフォー3人娘、フリーライターの蘭子(佐藤仁美)、美容師の早織(小沢真珠)、居酒屋女将の小梅(小林きな子)のダラダラトークが繰り広げられる。

 

 

【第6話のネタバレがありますので本編を見てない方はそちらから】
今夜の話題は、なんと2人の男性に言い寄られた蘭子の恋の話。全くタイプの違う真面目なメガネ男と色黒ワイルド男、蘭子はどちらを選ぶのか?自分と似たタイプの男性の方が幸せになれるのか?それとも全く別のタイプか?アラフォー女にモテ期到来!?

 

 

【第7話のネタバレがありますので本編を見てない方はそちらから】
今夜は、フリーライター蘭子の書いた「モテ女になる方法」の記事をめぐり、最近男と縁のない3人がダラダラトーク。話は“恋愛”から“結婚”へ。女にとっての仕事とは?女の本当の幸せは?蘭子が持っていた結婚に関する資料から、衝撃の事実が明らかに…。アラフォーこそが適年齢!?

 

 

【第8話のネタバレがありますので本編を見てない方はそちらから】
今夜は、めずらしく蘭子と小梅の二人飲み。早織は、2週間前からつきあい始めたIT社長とのデートに行っていた。もうダラダラから卒業か?と思われたその矢先、その早織が突然店に現れる。ラブラブデートのはずが、彼氏から別れを告げられてしまったという。別れの理由とは?早織は失恋から立ち直ることができるのか?

 

 

【第9話のネタバレがありますので本編を見てない方はそちらから】
なんと、恋に縁のなかった小梅に春が来た!ビール会社の営業マンと恋に落ち、「つきあってほしい」と告白されたという。蘭子と早織は大喜びするが、小梅は躊躇している様子。よくよく聞くとその恋の相手はまさかの既婚者だった!40代の不倫はありなのか?恋に悩む小梅が出した結論は!?

 

 

【最終話のネタバレがありますので本編を見てない方はそちらから】
話題は“女の人生”。10代はサラダ、20代は刺身、30代は豚の角煮…。と居酒屋メニューに例えて女の人生を語る3人。じゃあ自分たち40代は何…?ダラダラトークから見えてくる“人生”とは?そして、3人が見つける新たな人生への決意とは?

まとめ

『東京タラレバ娘2020』は、Huluで配信中です!

まだTVドラマ『東京タラレバ娘』をご覧になったことない方はHuluで配信中ですので是非チェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました