E.T.【映画】公式見逃し配信や無料動画をフル視聴!10月2日金曜ロードショー地上波放送

洋画

こちらでは、スティーヴン・スピルバーグ監督の映画作品「E.T.」の動画配信をフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

2020年10月2日の金曜ロードショーで地上波放送されることがわかりました!
地上波では20年ぶりとのことです!

「E.T.」は、1982年に公開し、世界中で大ブームを起こした不朽の名作!10歳の少年と宇宙人の友情を描いたSFファンタジー。
自転車で空を飛ぶシーンや劇中で流れる音楽がとても有名になりましたよね!
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

結論から言いますと
映画「E.T.」のフル動画は
U-NEXTで配信中です!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

映画『E.T.』 を無料で視聴する方法は?

『E.T.』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです♪

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます♪

ポイントは新作映画や漫画などの有料コンテンツに活用できます(*^^*)

初めて登録するのが不安だなぁという方!!

U-NEXTでは初回登録の方に《31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼント》を実施しています!

無料トライアル中に解約することもできるので、お金を払わなくても楽しむことができます(*^^*)

U-NEXTの特徴

見放題作品数NO.1!


U-NEXTより引用

U-NEXTより引用

新作映画がレンタルと同時配信

 

U-NEXTより引用

 

NHKオンデマンド作品あり
(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可)

 

U-NEXTより引用

 

80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!
※ポイントの有効期間は90⽇間

 

U-NEXTより引用

 

追加チャージで最大40%ポイント還元

 

U-NEXTより引用

 

最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

ダウンロード機能あり

 

マルチデバイス対応

 

高画質&高音質

 

私も【U-NEXT】に登録していますが
ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《
安心・安全》!
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴しています!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけでOK!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や注意点は?

登録はこちら♪
⇩ ⇩ ⇩ ⇩
初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

U-NEXT以外で視聴できるおすすめ動画配信サービスは?

U-NEXTに登録したことある方は、【TSUTAYATV/DISCAS】がおすすめです!

初回登録30日間無料&
\1100ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩ ⇩

 

動画配信&宅配レンタルが同時に楽しめるTSUTAY TV/DISCAS!

【TSUTAYA TV/DISCAS】は、動画配信&宅配レンタルが楽しめます!

月額2417円(税抜)で、毎月1100円分のポイントがもらえます!

ポイントは新作映画などの有料コンテンツに活用できます(*^^*)

レンタルショップが近くにない方や借りに行くのが面倒だなぁという方にとっておきのサービスです!

DVDならお蔵入りの作品や地上波放送できない作品、ジブリ作品などを借りることができますよ♪

初めて登録するのが不安だなぁという方!!

TSUTAYATV/DISCASでは《初回30日間無料&1100円分のポイントプレゼント》を実施しています!

無料トライアル中に解約することもできるので、お金を払わなくても楽しむことができます(*^^*)

TSUTAYA TV/DISCASの特徴

TSUTAYA TV/DISCASより

 

①DVD/CDの宅配レンタル(TSUTAYA DISCAS)と
動画配信サービス(TSUTAYA TV)が
月額2417円(税抜)!

毎月1100円分のポイントプレゼント
有効期限はポイント付与から45日間

TSUTAYA TVの見放題配信数は
約10,000本以上(新作・準新作を除く)

TSUTAYAのDVD/CDが借り放題!
(自宅まで配送するサービスでPC・スマホで予約
→自宅に郵便でお届け
→ポストに返却、最短で翌日にお届け)
※無料期間中は旧作のみ借り放題

TSUTAYA TV/DISCASより

登録時は
クレジットカード決済
ソフトバンクまとめて支払
ワイモバイルまとめて支払のみ

 

高画質&CM広告なしのストレスフリー

 

初回登録30日間無料お試しあり

初めて登録する方は30日間無料でお試しできます!

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!

初回登録30日間無料&
\1100ポイントプレゼント!/


 

「E.T.」あらすじ

ある夜、森に宇宙船が着陸した。300万光年彼方の宇宙からやってきた訪問者たち。好奇心旺盛なその中のひとりが仲間から遠く離れたその時、宇宙船は飛び去ってしまい、宇宙人は地球にたったひとり置き去りにされてしまう…。その森から少し離れた住宅街に住んでいるエリオット(ヘンリー・トーマス)は、母と兄、妹の3人暮らし。ある夜、暗闇に何者かが潜んでいることに気付いたエリオットは、見たこともない外見のその生き物が助けを求めていることを察知。チョコレートをエサに、その生き物を家に招き入れることに成功する。
その宇宙人を気に入ったエリオットは、彼を「E.T.」と名付け、兄のマイケル(ロバート・マクノートン)と妹のガーティー(ドリュー・バリモア)とともに、自宅で匿うことに。テレパシーで感情を共有し、様々なハプニングを起こしながらも、深い友情で結ばれていくE.T.とエリオット。そして、高い知能を持つE.T.は、少しずつ人間の言葉を覚え、エリオットたちとコミュニケーションも取れるようになっていく。そしてエリオットたちは、E.T.を故郷に戻すための作戦を始動するが、NASAもE.T.の行方を追っていて…。

https://kinro.ntv.co.jp/lineup/20201002

「E.T.」キャスト

メアリー:ディー・ウォーレス

エリオット:ヘンリー・トーマス

キーズ:ピーター・コヨーテ

マイケル:ロバート・マクノートン

ガーティー:ドリュー・バリモア

グレッグ:K・C・マーテル

スティーヴ:ショーン・フライ

タイラー:トム・ハウエル

エリオットの同級生:エリカ・エレニアック

みんなの感想

私が、E.T.という映画を見た時の第一印象は、この広い宇宙にいる宇宙人は、こんな風貌な宇宙人なんだと信じ込んでしまう程でした。エリオットという少年は、兄であるマイケルやマイケルの仲間に馬鹿にされて仲間にも入れてもらえず、実の父は、愛人とメキシコに旅行に行ったりと散々な日常を過ごしていましたが、ある日の深夜にトウモロコシ畑に行き、宇宙人を目撃するのです。家族に宇宙人を見たと話しても信じてもらえないままで可哀想でした。夜も更けた日に宇宙人がエリオットの目の前に現れましたが、この宇宙人が私の目の前に現れたらぴっくりするほど人間からかけ離れている容姿なのです。しかし、周りから宇宙人だと信じてもらえないまま、エキストラ・テレストリアルを略してE.T.と呼ばれる様になりE.T.は、エリオットの兄弟である妹のガーティから英語を教えてもらう等、宇宙人E.T.は人間と交流を深めていくシーンは、初めて宇宙人と人間の交流を見た為、宇宙人と交流を深める時の方法なのかと理解しておりました。その後、映画を見て感化されたE.T.が家に電話したくなり通信機を作って故郷の星と連絡を取りたがるシーンは、とても切なくなりました。

見終わった後の感動は保証付き!!!
キャッチコピーや推薦文不要とも言うべき映画です。
不幸にして見ていらっしゃらない方は、愛する人と必見。
彼と、彼女と、旦那さんと、奥様と、お子様と・・・
是非。
宇宙空間航行中のアクシデントで、アメリカのとあるお家のバックヤードに不時着した異形の地球外生命と、無垢な子供たちの交流。
それを阻む『大人の常識』と防疫の名の下の『国家権力』?
現在の世界を混乱に陥れているコロナ禍蔓延の状況では、ニュースで見慣れた防護服ですが、公開当時のその防護服姿は、国家権力の有無を言わせぬ恐怖の象徴とも思えました。
映画の中の子供たちの慄き、そして憤る場面が秀逸です。
彼らは命令に従い、自らの職務を実行しているに過ぎないのですが・・・
逆説的な余談ですが、現在の命がけの最前線で、力を尽くす医療従事者やコロナ感染者に対する謂れなきバッシングの非道な風潮を省みる契機ともなりそう。
振り返れば、全編を貫くテーマは究極のノーマライゼーションです。
この映画があの時代に作られたことは、スピルバーグ監督はまさに天才。
歴史に残る名画です。
心を開いたETと友情を育んだ坊やの指タッチに胸キュン!
有名な満月をバックのシーンも必見。

「スタンド・バイ・ミー」や「IT」のようにギャングものの映画です。少し昔の映画ですが、現代の目線から見てもE.T.の造形はよくできていると思いました。画質が古いのもまた素敵な要素です。そのほうがE.T.のミステリアスな感じがより際立っていました。そしてすっかりお馴染みのあの曲が流れたときの感動は大きいです……この映画は名前があまりにも有名で、また音楽や台詞、そしてポスターにある「指と指とを合わせる図」が広く知られているため、内容を観たことがなくても何となく流れが分かったような気になってしまいがちです。でも、私はこの映画を観る前と観た後ではE.T.の印象が大きく変わったのでちゃんと映画を観ることをおすすめします!
映画を観終わってまず思ったことは「E.T.と子供たちかわいい」でした。作中には様々な考察の要素がちりばめられているのはもちろんですが、とにかく登場人物がかわいらしいです。小さいながらも自分たちがしたいこと・してあげたいことを一途に信じて行動する彼らの姿には感動します。自分が大人になってしまっていることもありますが、ギャングが出てくる映画では大人は悪者に描かれがちです。だからこそ自分の中で失われたものを教えられた気がします。
人生において一度は観ておきたい作品です。

1982年の公開時に大ブームだったので、見た記憶がありますが、まだ子供だったので有名な自転車のシーンと指先を突き合わせるシーンしか印象に残っていませんでしたが、大人になってスピルバーグ作品に触れてから改めて観ると、ファミリー向けの感動作というだけでなく、一連のスピルバーグ監督のSF作品だなというのを再確認できます。宇宙人が出てくるスピルバーグ作品として1977年「未知との遭遇」の宇宙人がかなり謎の存在であり、2005年「宇宙戦争」では地球を侵略する宇宙人でした。それらに比べると本作「E・T」の宇宙人は一見おとなしくて無害そうに見えますが、星々を旅する技術を身に着けており、子供たちではなく政府によって捕らえられていればいきなり宇宙戦争になっていたかもしれません。そう考えると子供たちの無垢な優しさがこの作品を宇宙戦争ものではなく、感動のヒューマンドラマに変えたのかもしれません。演出的にもスピルバーグ監督独特の夜の演出なども彼の他のSF作品との共通点を見つけることができます。そして、重要なのはそういう小難しいところから見なくても、今大人が見ても感動できるヒューマンドラマ作品でもあるということです。色褪せない面白さは流石世界の巨匠の代表作です。

E.T.を見たのは中学3年生の時でした。英語の授業で先生が有名なシーンを英語で見て、聞いて、話してという練習のため視聴しました。授業ででは一部の視聴だったため、続谷最初から日本語、英語版で視聴したいと感じ、視聴しました。内容自体幅広い年齢層の人が見やすい内容だと思います。映画の中に出てくる少年のピュアさに心が洗われます。また1回の視聴だけでなく何度も視聴する事によって、より感動する映画となっています。この映画を視聴する事によって、この地球は人間だけの物ではない、この地球に生きる全ての生き物たち、全てに愛を注ぐことの大切さをメッセージとして伝えていると思いました。自転車に乗って空を飛ぶシーンは何度見ても胸が躍りました。私自身が考えるこの映画の面白いところは、終盤でガラッと演出が変わる点だと思います。終盤になるにつれて、カメラアングルが変わり、大人目線から描写にシフトするといった流れである。感銘を受けたシーンは、エリオットが理科室で酔っ払って女の子にキスをするシーン、相手の女の子がエリカ・エレ二アックだったことです。
映画自体2時間弱と他の映画と何ら変わらない時間ですが、他の映画以上にあっという間に感じる映画でした。

この映画は、巨匠スティーブン・スピルバーグの監督作品として1982年に公開されたSF映画です。少年たちが乗った自転車のシーンが見たくて、親にせがんで映画館に連れて行ってもらい、鑑賞しました。ほぼ40年前の映画ですので、いま見るととてもちゃちな映画だと思えてしまうでしょうが、当時はまだ小学生だったので、素直に映像の素晴らしさに驚かされたのを覚えています。公開当時、自分が主役のエリオット少年と同世代ぐらいだったこともあり、自分に投影しながら見ることができたのも楽しめた要因だったと思います。ETのリアルな動きにもどうやって動かしているのだろうか、中に人が入っているのかなど想像を巡らして見ていました。こういう作品を作るスピルバーグ監督の凄さを改めて感じます。最初、英語が喋れなかったETが徐々に喋れるようになって、2人の意思疎通ができてくるシーンとか、ETがいたずらしたりするシーンとかも良かったですが、やはり一番有名な最後のシーンがあの音楽もあいまって、自分の感動もクライマックスにいったのを覚えています。ディズニーのアニメ映画も良いですが、この映画もぜひとも子どまたちに見てほしい映画だと思います。

まとめ

映画『E.T.』は、【U-NEXT】【TSUTAYA TV/DISCAS】で配信中です!

是非チェックしてみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました