スキャンダル専門弁護士QUEEN/公式見逃し動画配信を全話無料でフル視聴する方法【ドラマ】竹内結子主演

国内ドラマ

ドラマ「スキャンダル専門弁護士QUEEN」の動画配信を無料で1話から最終話までフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

竹内結子さん主演で2019年1月10日より毎週木曜夜22:00~放送されていました。
このドラマは法廷ではなく様々なスキャンダルを専門に取り扱っている女性弁護士が、様々なスキャンダルで窮地に立たされている女性の心に寄り添いながら救うべく奔走していく物語となっています。
どんな逆境でも決してあきらめない、しなやかで逞しい女性像とたくさんの女性から支持されたドラマとなりました。

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話視聴したい
  • 広告なしで見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

結論から言いますと
スキャンダル専門弁護士QUEEN」のフル動画は
FODプレミアム』で配信中です!

\初回2週間無料トライアル!/

こちらの作品もFODプレミアムで配信中!!

  ⇩ ⇩ ⇩

国内ドラマ・フジテレビ系が豊富なFODプレミアム!

【FODプレミアム】は、月額888円(税抜)の動画配信サービスです!

主にフジテレビ系列のドラマやバラエティ番組、過去のドラマ、FODオリジナル作品などが充実しています!

初めて登録する方には《2週間の無料トライアル》があります!

無料の期間内に解約してもらうとお金を払わずに楽しむこともできますよ!

FODプレミアムの特徴

①30,000以上の作品が配信

②フジテレビ系列の新作・過去のドラマが見放題

③放送中のドラマやバラエティ番組の見逃し配信あり

④人気雑誌が読み放題・対象漫画が無料で読める

⑤電子書籍の購入で20%ポイント還元

⑥毎月100ポイントと毎月8日・18日・28日に
400ポイントがもらえる(毎月1300ポイントゲット!)

⑦AmazonPayで初回2週間無料トライアル

無料お試しは
AmazonPay決済

で初回登録する方限定です!
無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
FODプレミアム簡単な登録・入会方法
FODプレミアム解約・退会方法

\初回登録2週間無料トライアルあり!/

本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください。

 

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」あらすじ

 

 

【国民的人気グループに殺害予告!?リークされた熱愛写真 解散騒動に隠れた嘘】

鈴木法律事務所・危機管理部。リーダーの氷見江(竹内結子)は、法廷ではなくスキャンダルやトラブルの裏側を主戦場に活躍する異色の弁護士であり、情報操作のプロ“スピン・ドクター”としてクライアントを窮地から救ってきた天才トラブルシューター。ミナトテレビの敏腕記者・東堂裕子(泉里香)から依頼されたセクハラ被害対応を無事終え、ようやく休みが取れると思ったのもつかの間、新たな案件が事務所に舞い込んで来る。

 依頼に来たのはミナトテレビプロデューサーの深川章一(宇野祥平)。深川が担当する国民的アイドルグループ「フォレスト」の冠番組『フォレスタ』放送中に、パフォーマンス中のメンバー・白石杏里(馬場ふみか)が、歌うことをやめた同メンバーの赤江桃子(中村ゆりか)を突然突き飛ばしたのだ。これがネット上で大炎上。「フォレスト」の解散説や不仲説が流れ、ミナトテレビにも多数のクレームが殺到しているという。事態を収めるため、次回の番組収録時に「フォレスト」の謝罪会見を開こうと思った深川は、会見を円滑に行うため、氷見たちに協力を求めたのだ。そんな中、「杏里を殺す」という殺害予告がミナトテレビに届いてしまい・・・。

 

 

【契約社員VS大企業のセクハラ騒動 嘘か真か暴露本の罠】

鈴木法律事務所・危機管理部。リーダーの氷見江(竹内結子)のもとに新たな案件が持ち込まれる。やって来たのは、大手広告代理店人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)とクリエイティブディレクター、谷正輝(波岡一喜)。谷の契約社員へのセクハラ疑惑が週刊誌『週刊文新』に掲載されたことで、代理店の仕事に支障をきたしていた。谷と貴美子は事実無根を訴えるが、すでに問題はSNSなどでも拡散され、代理店側は圧倒的に不利な状況にあった。氷見は状況把握のため代理店を調査すると告げる。

 早速、与田知恵(水川あさみ)と藤枝修二(中川大志)が代理店に赴き、社員たちに話を聞くのだが、谷のセクハラについての証言は得られない。その頃、氷見は『週刊文新』の編集部を訪ねていた。敏腕記者の東堂裕子(泉里香)の紹介で編集者、堀川太郎(津村知与支)に接触した氷見は、谷の被害者が暴露本を出版しようとしていることを知る。一方与田は貴美子から谷の被害者の名を聞き出すことに成功する。

 氷見と与田は被害者の女性、佐藤瑠璃(成海璃子)に会う。氷見は金銭的な解決での出版中止を求めるが瑠璃は拒否。金の問題ではなく、谷に謝罪して欲しいと言う。氷見は瑠璃の言葉を貴美子に伝えるが…。

 

 

【メダリストが殺人?疑惑の採点と空白のアリバイの謎】

鈴木法律事務所では、次から次へと舞い込む仕事に氷見江(竹内結子)と与田知恵(水川あさみ)は休みも取れないと愚痴っている。そんなところに、副所長の鈴木太郎(バカリズム)が新たなクライアントを招き入れた。マネージャーの間宮智也(片山亨)、コーチの渡瀬美央(村岡希美)に伴われて現れたのは、フィギュアスケート選手の相馬紀子(白石聖)だった。紀子の来訪に氷見たちは仰天するも、紀子の依頼内容を聞くと、さらに仰天をすることに・・・。

世界大会で金メダルを獲得し、日本で記者会見を開いた翌日、婚約者である塚越健太(穂満佳佑)の家に向かった紀子。そこには、何者かに殺害された婚約者の姿が・・・。第一発見者であり、凶器から指紋が検出さたため、紀子は警察から最有力な被疑者にされてしまったのだ。しかし、紀子は塚越の遺体を前に気が動転し、思わず凶器に触れてしまっただけで、殺害したのは絶対に自分ではないと氷見たちに主張。さらに、2日後に予定している凱旋パレードが終わったら、自身が生活拠点としているアメリカにすぐに戻りたいので何とかして欲しい、と助けを求める。氷見、与田、藤枝修二(中川大志)、真野聖子(斉藤由貴)らは、ひとまず他に被疑者がいないか四方八方を探ることに。すると、塚越は紀子のライバルとして目下、頭角を現しているフィギュアスケート選手の青山リナ(石田ニコル)とも付き合っていたという事実が発覚し・・・。

 

 

【殺人未遂!?悪化するママ友いじめ 親子が隠す過去の罪】

鈴木法律事務所で氷見江(竹内結子)がテレビ番組をザッピングしていると、子連れで議会に参加し、待機児童問題を訴える土方朝子議員(江藤あや)が映る。泣きわめく子供をなだめながらの訴える姿に、与田知恵(水川あさみ)や藤枝修二(中川大志)は、母親たちは大変だと同情気味。すると、真野聖子(斉藤由貴)も自分の子供が停学の瀬戸際だと言い出す。危機管理部として真野の息子が停学から免れる方法を探ろうとした時、鈴木太郎(バカリズム)が新たな依頼を持ち込んできた。大手ゼネコン次期社長候補、佐久間からの依頼と聞いた一同は意気込むが、内容はご近所トラブルというもので・・・。

 タワーマンションで妻の佐久間京子(原田佳奈)と息子の怜(南出凌嘉)とともに暮らしている佐久間家は、玄関前にゴミがばら撒かれたり、誹謗中傷のビラを貼られたりしていた。調査のために早速、氷見と与田は京子の知人を装いマンションに潜入、さらに藤枝はベビーシッターを装い、マンションの子どもたちに接近。そこで分かったのはマンションのセキュリティー上、佐久間家に嫌がらせを働いているのはマンション内の人間の可能性が高いこと、そしてそびえ立つタワーマンションの底にドロドロとした人間関係が渦巻いていること。そんな現状を、与田や藤枝が整理していると、京子が何者かに歩道橋から突き落とされたという急報が。一方、氷見は鈴木事務所に姿はなく、フリーランスの敏腕記者で、氷見の過去を詮索している茂呂裕也(佐野岳)となぜかホテルの一室にいて・・・。

 

 

【No.1夫婦がドロ沼離婚とW不倫!?DV騒ぎに潜む愛?】

鈴木法律事務所、危機管理部の氷見江(竹内結子)たちを訪ねてきたのは経済評論家であり、鬼嫁コメンテーターとして活躍している木村よう子(遠野なぎこ)。依頼内容は、離婚をしたいのだが夫が拒否をしており、夫を離婚に応じさせて欲しいというもの。よう子の夫は、以前は司会としてTVで引っ張りだこであったものの、今はめっきり仕事がない落ち目のタレント・中山昌平(デビット伊東)だ。オシドリ夫婦ともっぱら評判の2人であるため、意外に思う氷見や与田知恵(水川あさみ)は離婚専門の弁護士に回そうとするが、よう子は体のアザを見せ、夫からDVを受けていると告白。そこに副所長の鈴木太郎(バカリズム)が来て、危機管理部で扱うと引き受けてしまった。

早速、氷見たちは週刊文新の記者・東堂裕子(泉里香)に接触し、中山のDV疑惑をリークする。氷見たちの狙い通り、文新の記事により世間から大バッシングを受ける中山。すぐに中山も離婚に応じるだろうとタカをくくっていると、中山が生配信で釈明をおこなうことに。中山はそこで、DVが事実無根であること、また自分は妻を愛しており離婚をする気は微塵(みじん)もないことを表明する。逆に大慌てになる氷見たちは、すぐによう子に会い、中山の言っていることは本当なのか嘘なのか問いただすも、よう子はとにかく「離婚したい」の一点張り。よう子は何かを隠している、と氷見たちは感じ・・・。

 

 

【有名作家のパワハラ&財産争い!?作品に潜む嘘と愛?】

鈴木法律事務所に新たに持ち込まれた危機管理の仕事は、大物小説家のパワハラ疑惑。 氷見江(竹内結子)、与田知恵(水川あさみ)と鈴木太郎(バカリズム)は、依頼主である浮田千代子(真野響子)に会いに行く。

 氷見たちを迎えたのは千代子の秘書、若月礼二(杉野遥亮)。礼二以外の秘書たちはパワハラを訴えて辞めてしまっていた。礼二は千代子が秘書たちに厳しく当たるようになったのはここ最近で、本当は週刊誌で糾弾されるような人物ではなく、優しく穏やかな人だと擁護。そして千代子と対面する氷見たち。浮田はちゅうちょなく、あっさりと週刊誌の記事は事実だと認め、その上で、ベストセラー作家のスキャンダルということで盛り上がる蜂の巣をつついたような周囲の騒ぎをおさめて欲しいと氷見たちに要請をする。真っ白な衣装に身を包み、終始、豪放磊落な浮田は、礼二の給仕で千氷見たちと食事をしながら、礼二の中に秘められた小説家としての可能性を認め、もしも自分が亡くなったら遺産は礼二のような若い才能に使いたいと、氷見たちにこぼす。

 氷見たちは過去の仕事で縁ができたミナトテレビの部長を訪ね、礼二にフォーカスをあてた番組を提案。放送後、世論は見事に“スピン”され、騒動は収束しそうな気配を見せる中、礼二が不穏な動きをしていることを氷見が察知し・・・。

 

 

【電子マネー詐欺行為&マタハラ!?女性社員の名誉守れ】

氷見江(竹内結子)と与田知恵(水川あさみ)、鈴木太郎(バカリズム)たちは事務所でワイドショーを見ている。話題に上がっているのは、スマートフォン決済サービス『ペイグッド』のクレジットカード不正利用に関して。顧客のカードが第三者に使用されていたのだ。その報道を聞き呆然とする藤枝修二(中川大志)。どうやら藤枝も被害に遭った様子。ネットを見ていた真野聖子(斉藤由貴)は『ペイグッド』のシステムエンジニア、芦原江梨子(西山繭子)のセキュリティー対策が甘かったと特定されていると教える。江梨子は与田の大学生時代の先輩だった。

 与田から連絡を受けた江梨子が事務所に来た。江梨子は『ペイグッド』のシステム開発チームの責任者で、今回のトラブルに関して責任があることは認める。だが、同社のサービスが始まったのは江梨子が育休に入ってからだった。もちろん責任は認めつつ、ただ、休んでいる間に問題が発生したのにも関わらず、自分がやり玉に挙げられ、名前や顔までもネットに晒されていることに江梨子は悩んでいた。

 『ペイグッド』社の社長、工藤海斗(柳下大)の記者会見に、氷見と与田が潜入。工藤は動揺を隠せない様子だが、氷見たちは謝罪用の芝居と見抜く。工藤ら経営陣は江梨子だけに責任を持って行こうとしていた。事務所では真野が不正利用の流れを追い、原因は江梨子個人にではなく、会社側の管理上の不備にあったことを突き止める。そのことを、氷見たちは東堂裕子(泉里香)に記事にしてもらおうとするが…。

 

 

【大発見か?ねつ造か!?白い巨塔と闘う女性研究員救え】

ニュース番組を見ている氷見江(竹内結子)、与田知恵(水川あさみ)、藤枝修二(中川大志)、真野聖子(斉藤由貴)たち。氷見がチャンネルを換えようとすると藤枝が止めた。番組で特集しているのは医療ベンチャー『フィニシス』を立ち上げた帝都医科大学の研究者、和久井純菜(森矢カンナ)。純菜は共同研究者の柏木さつき(伊藤麻実子)と髪の毛1本で様々な疫病が判別出来るという検査キットを開発し、いまメディアからも注目の的だ。藤枝は純菜が帝都医科大学では珍しく女性で成功している研究者だと、氷見たちに向かって褒め称える。

そんな純菜がネットで叩かれる。彼女の過去の論文に不正があったと疑われ、検査キットも嘘ではないかとネットニュースになったのだ。純菜は鈴木法律事務所に助けを求めて来る。氷見はまず大学の様子を純菜に尋ねた。純菜によると、大学は男性優位で女性にはセクハラやパワハラは日常茶飯事らしい。『フィニシス』の件も、大学側にとっては女性である自分たちが活躍することが目障りなのではないか、と言う。次に氷見はパートナーのさつきのことを聞く。純菜はさつきには才能があり、とにかく研究に専念したいタイプなので、自分は彼女が研究に没頭出来る環境を作っていると答えた。

氷見と与田は帝都医大を訪ねる。さつきに話を聞くが、研究のことしか考えていなかった。大学理事長の楽山大作(長谷川初範)も純菜の言葉通り、男尊女卑の塊のような人物だった。事務所に戻ると真野が純菜の論文に盗用があったことを突き止めていた。氷見たちは、論文についての謝罪会見を純菜に開かせることにする。

 

 

【疑惑の死亡事故は殺人!?鍵は政界プリンスと不倫騒動】

氷見江(竹内結子)は、与田知恵(水川あさみ)からクライアントを吾妻涼介(山本耕史)のために利用していたのではないかと疑われる。東堂裕子(泉里香)から届いた、吾妻の元秘書を使った政治資金スキャンダルのメールを与田に見せた氷見は、危機管理部でやれることはやったと帰って行った。

スキャンダル疑惑は大きく報道され、元秘書も氷見だと特定されたため鈴木法律事務所は対応に追われるが、真野聖子(斉藤由貴)も手が回らないほど。与田は氷見に電話するのだが繋がらずにいた。そこに来た鈴木太郎(バカリズム)は、氷見は事務所を辞めたと言い、新たに吾妻がクライアントになったと告げる。

吾妻は林光蔵総務大臣(山田明郷)とともに事務所に来た。応対する与田と鈴木に、吾妻は党の顔で妻の美咲(山崎紘菜)の父は党のドン、五十嵐幸夫(小野武彦)なので泥を塗るわけにはいかないと言う。鈴木は吾妻に久しぶりと挨拶。二人は大学の同窓生だった。鈴木が氷見も同窓生だと話すと、林は苦い顔。与田が氷見と不倫関係にあったのかと尋ねると吾妻は否定。スキャンダルも不正献金の疑惑も潰せと林は半ば脅しのように言い放った。

与田と鈴木、真野はまず氷見と吾妻の不倫スキャンダルから対応することに決める。吾妻の会見を準備する間、与田は東堂から氷見の情報を得た。そして、5年前の、とある死亡事故への氷見の関与を知る。

 

 

【国を敵にした悪女!疑惑の死・・・最後の大逆転の一手】

『週刊文新』で氷見江(竹内結子)が5年前に行ったとされる選挙法違反疑惑の記事が掲載されることになる。それは、吾妻涼介(山本耕史)、林光蔵総務大臣(山田明郷)ら、クライアントを守るため、鈴木法律事務所の与田知恵(水川あさみ)が東堂裕子(泉里香)にリークしたものだった。

与田は記事が掲載される『週刊文新』の発売前、藤枝修二(中川大志)とともに吾妻と林を訪ねた。記事内容を伝えた与田は、この記事でもう一度氷見を叩くため、公の場を用意して欲しいと頼む。藤枝は出来れば氷見の国会での証人喚問が望ましいと言う。吾妻は、証人喚問は無理だが公聴会や調査会の名目ならと検討すると答えた。

与田たちが帰ると、吾妻と林は五十嵐幸夫(小野武彦)に相談。吾妻は調査会を開くことを薦める。調査会の開催決定の知らせは、鈴木太郎(バカリズム)が受けた。喜ぶ与田を見た藤枝は、敵に回すと怖い人だともらす。

氷見への調査会が開かれる。与田、藤枝が控え、マスコミも招かれたため、東堂もいた。調査会の冒頭、氷見は不正に情報を取得し、事実と異なる印象操作をおこなうなど、選挙法において違反行為をおこなったかを聞かれるも否認。すると、進行していた林は氷見の選挙法違反を裏付ける証人として、茂呂裕也(佐野岳)を呼び出す。その頃、真野聖子(斉藤由貴)は与田たちとは別の動きをしていて…。

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」キャスト

氷見江:竹内結子

与田知恵:水川あさみ

藤枝修二:中川大志

東堂裕子:泉里香

茂呂裕也:佐野岳

鈴木太郎:バカリズム

吾妻涼介:山本耕史

真野聖子:斉藤由貴

相関図

みんなの感想

竹内結子演じる、氷見江は、女性を守るための手段を考える、専門の弁護士。いままで、こんな専門の弁護士を題材としたドラマはなかったし、注目していた竹内結子が主演のドラマなので興味を持ち、視聴しました。自分の過去の経験から女性を守ることを信念としている氷見の、勝つことにこだわり、さまざまな情報を、時には違法行為ギリギリなやり方で入手し、女性を守り続けているが、人は過去に経験したことから人間性も変えてしまうし、一緒にチームとして働いている仲間でさえも利用するようになってしまい、自分の正義を振りかざし、それが、相手にとっても正義だと思い込んでしまう。そんな、人間の悪い部分や怖い部分が描かれています。しかし、いまだに社会的地位が弱い、女性をターゲットにし、社会から女性を守ることで、強い女性になるためには、信念を貫く強い心が必要で時には、心を痛めながら闘わなければいけない時や心を鬼にして選択しなければいけないこともある。それでも、なんとか前に進んでいく。そんな、強い女性を描くことで、視聴者の女性に勇気や希望を与えようとしていたのではないかと私は感じたし、やり方は少し間違っているところはあるけれど、根本的な所は変わらず、人を守りたいと奔走する氷見がすごく輝いて見えたし、魅力的でした。

全体を通して非常に謎が多い敏腕弁護士、氷見江(竹内結子)が主人公で、同じ弁護士でパートナーの様に行動する与田千恵(水川あさみ)といつも2人のペースに巻き込まれる様に同じ事務所で仕事をする藤枝修二(中川大志)との3人の色んな難事件に向き合うお話で、いつも最後はえっ、こういう事だったの?!ラストにびっくりさせられるドラマで面白いです。いつも余裕しゃくしゃくでソツなく人の心を読むかの様にクライアントの依頼に応える氷見は観ててめちゃくちゃカッコいいです。しかし何とその氷見も最終回では5年前の選挙法違反疑惑の件で氷見が罪を犯していたのではないかと疑う与田と対立し、追い詰められていくお話でハラハラものです。終盤、マスコミも交えた調査会に氷見は招かれ詰問されながら過去の事を掘り下げられながらも否認をします。しかし与田により証拠を集められ、だんだん外堀を埋められ焦りを見せるところがとても見どころです。えっ、氷見がこんなに冷静さを失うの?というところといつも氷見を慕っている与田の怖い一面が見ものです。氷見もこれまでか、というところでまさかの全ては氷見が仕組んだ事、実は与田とともに最後に真実を曝け出し本当の悪を叩くところがびっくりさせられ面白かったです。予想の上をいく展開がこのドラマの見どころです。

弁護士というと男性をイメージしてしまうことが多いのですが、このドラマは竹内結子さん、水川あさみさん、斉藤由貴さんの女性が活躍しているストーリーでした。女性でもクライアントの依頼をクールに解決していく様子が見応えがあってすっきりします。竹内結子さんのインテリジェンスな仕事ぶりとは裏腹に過去の黒い影もあってミステリアスさも感じます。水川あさみさんの独身1人女の自虐ネタみたいなところもあって共感しつつもおもしろみがあります。斉藤由貴さんはパソコンなどのテクニカルな部分だったり、普通にはなかなか知り得ない情報を収集してきて、クライアントの依頼解決に一役買います。事務所の所長として、たまにバカリズムさんも登場しますが、バカリズムさんらしくいい感じにテキトーにやっといて、みたいなアバウトな感じも弁護士ドラマというストーリーの中でくすくすと笑えるようなシーンもあって楽しみながら見られるドラマです。記者役として登場する泉里香さんは優しく穏やかそうなイメージがありますが、今回の役柄ではキレものの記者、ばりばりのキャリアウーマンといった印象でいつもとは違ったキャラクターを見ることができます。竹内結子さんと泉里香さんはライバル関係のような感じですが、必要なときには手を組みながら依頼を解決していきます。

「スキャンダル専門弁護士」とタイトルにあるだけあって、弁護士は弁護士でもスキャンダルを専門とし、時にはアクロバティックな方法でクライアントのために働く弁護士で、ハラハラさせられる展開やどんでん返しのスカッとする展開があったりととても面白いドラマでした。主役の竹内結子さんが凛としてクライアントの為にはどんなことも厭わない、常に女性の味方となる弁護士を本当にかっこよく、そして時にユーモアやチャーミングさをもって演じていると思います。脇を固める相棒弁護士、頼りない新人弁護士君や何者?と思わせる程様々な技術で真相を突き止める事務員、そして、ポテトチップスを箸を使って食べる所長と、個性的なキャラが周りを固めているのも面白いです。弁護士ドラマだけど一般的な弁護士ドラマとは違って、スパイ物のドラマの様なスリリング感も併せ持ったドラマだと思います。また、子のドラマでもう一つ素敵だと思ったのは、主人公の竹内結子さんや相棒の水川あさみさんら女性陣の衣裳がかっこいい事です。竹内さんは黒っぽい衣裳が多い印象でしたが、服、バッグ含めとてもおしゃれでかっこいいです。対して水川さんは柄物の衣裳だったりと竹内さんとは違ったタイプの衣裳でしたが、そこもまた女性の私にとっては見ごたえのあるドラマでした。

危機管理専門弁護士として働く、氷見江や与田知恵、藤枝修二たちと一緒に芸能人のスキャンダルを解決に導く手助けをしていくストーリーがおもしろかったです。ベテラン弁護士の氷見と与田が、新人弁護士の藤枝に指図しながら働いているのもおもしろいポイントになっていました。第1話では、アイドルグループの間で起こったことがネットで広まり、収束するために弁護を引き受けることになった弁護士たちが、グループ内の真相を明らかにするために一人一人に話を聞いたり、行動を監視したりして違和感を取り除いていき、事態を収束させたのが素晴らしかったです。氷見や与田は、世間の目をかいくぐって、違う視点に問題を向けることがとても上手なので、さすが危機管理を専門とした弁護士だと感じました。次第に氷見が政治家である吾妻涼介と関係があったことが明らかになり、世間から冷たい視線を向けられるようになったときは、どうなることかとヒヤヒヤするシーンになっていました。ですが、これまた氷見の作戦通りに物事が進んでいき、与田達のサポートもあって見事解決した行く姿はとてもかっこよくて見どころのシーンでした。弁護士たちのファインプレーが見どころで、スカッとするシーンが多いのが魅力的なドラマです。

主演の竹内結子さんがとてもきれいでかっこよかったです。ストーリーはいろんな企業からの依頼されたスキャンダル対応をしていく、というもので、「危機管理」ということについて学ぶきっかけになりました。特に世間を騒がせている事件やスキャンダルを扱っていたので、主にSNSなどを活用して世論を操作したり、週刊誌の記者に情報をリークしたり、記者会見での印象操作をしたりということが多く、世の中はこうやって動かされているのかな、と考えさせられました。特にこれは過去に実際に話題になったあの事件をテーマにしているのかな、という内容も多く、その分臨場感高く見ることができました。とにかくリーダーの氷見さんの頭の回転の速さが素晴らしかったです。世論の動きを敏感に察知して、先の先を読んでの頭脳戦が危機管理には大事だと気づかされました。それについていく与田さんもすごかったです。2人に振り回されている藤枝さんはかわいそうでしたが、中川大志さんが爽やかに演じていたのが印象的でした。最終回では氷見さん自身が世間にさらされてしまい、攻撃を受けるところは見ていてつらかったです。ですが、それも不正を暴くための作戦だったことがわかり、とても衝撃を受けたラストでした。

まとめ

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」は、FODプレミアムで配信中です!

是非チェックしてみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました