黄泉がえり/公式見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法【映画】草彅剛×竹内結子

邦画
こちらでは、草彅剛さんと竹内結子さん共演映画「黄泉がえり」を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。
「黄泉がえり」は、梶尾真治の小説を原作に2003年に映画化。 当初、3週間の公開予定でしたが感動が口コミで広まり、3ヶ月以上のロングラン大ヒット、さらに興行収入は30億円を超えました。

「黄泉がえり」を無料で視聴できる動画配信サービスは?

結論から言いますと、映画『黄泉がえり』は、動画サービスでは配信されていません。配信されていない理由は、色々と問題を起こしたキャストが出演し、お蔵入り作品となっているため、と言われています。 動画配信サービスでは視聴できませんが「TSUTAYA DISCAS」 ではご覧いただけます! TSUTAYA DISCAS」とは、 ネットで借りたいDVDを注文し、DVDが自宅に届いて、観終わったらポストに投函するだけで返却できるシステムです。 無料で視聴する方法は、【初回登録30日間お試し】を利用して「TSUTAYA TV/DISCAS」に登録します。 無料期間内に解約することで月額料金を支払うことなく視聴することができるのでとてもオススメです! さらに動画配信サービス【TSUTAYA TV/DISCAS】について簡単にまとめてみました!

動画配信&宅配レンタルが同時に楽しめるTSUTAY TV/DISCAS!

【TSUTAYA TV/DISCAS】は、動画配信サービス&宅配レンタルが楽しめます! 月額2417円(税抜)ですが、毎月1100円分のポイントがもらえます! ポイントは新作映画などの有料コンテンツに活用できます(*^^*) 【DISCAS】は、レンタルショップが近くにない方や借りに行くのが面倒だなぁという方にとっておきのサービスです! DVDならお蔵入りの作品や地上波放送できない作品、ジブリ作品などを借りることができますよ♪ 初めて登録するのが不安だなぁという方!! TSUTAYATV/DISCASでは《初回30日間無料&1100円分のポイントプレゼント》を実施しています! 無料トライアル中に解約することもできるので、お金を払わなくても楽しむことができます(*^^*)

TSUTAYA TV/DISCASの特徴

TSUTAYA TV/DISCASより

DVD/CDの宅配レンタル(TSUTAYA DISCAS)と 動画配信サービス(TSUTAYA TV)が月額2417円(税抜)!

毎月1100円分のポイントプレゼント 有効期限はポイント付与から45日間

TSUTAYA TVの見放題配信数は 約10,000本以上(新作・準新作を除く)

TSUTAYAのDVD/CDが借り放題! (自宅まで配送するサービスでPC・スマホで予約 →自宅に郵便でお届け →ポストに返却、最短で翌日にお届け) ※無料期間中は旧作のみ借り放題

TSUTAYA TV/DISCASより

登録時は クレジットカード決済 ソフトバンクまとめて支払 ワイモバイルまとめて支払のみ

無料期間のみお楽しみいただくことも可能! 無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!

初回登録30日間無料& \1100ポイントプレゼント!/

「黄泉がえり」あらすじ

九州の阿蘇地方で、死者が死んだ当時のままの姿で自分のことを想い続けてくれる人の前に甦る(黄泉がえる)と言う怪現象が発生。事件の調査のため、故郷でもある現地に飛んだ厚生労働省の若きエリート・川田は、そこで海で事故死した親友・俊介のフィアンセだった葵と再会する。今も俊介のことを想い続けている葵。そんな彼女に密かな想いを寄せる川田。だが彼は知ってしまうのである、葵もまた数日前の交通事故から甦った“黄泉がえり”であったことを。ある日、死者とその家族への面接を重ねてきた川田は、黄泉がえりの法則に気づく。それは、黄泉がえりの人たちが森の中に発見されたクレーター周辺に埋葬されていたこと、彼らがこの世に存在するタイムリミットが迫っていること。葵のため、俊介を蘇らせようと奔走する川田。しかし、葵は俊介の蘇りを望んでいなかった。川田は、そんな葵に川田は遂に自分の気持を告白する。だが、タイムリミットを迎えた葵は、他の黄泉がえりの人々と共にあの世へ旅立ってしまうのだった。それから三ヶ月後、事件の追跡調査を終えた川田は、新しい人生に向けて一歩を踏み出そうとしていた……。 映画.comより

「黄泉がえり」キャスト

川田平太:草彅剛 橘葵:竹内結子 俊介:伊勢谷友介 斉藤幸子:伊東美咲 斉藤医師:田中邦衛 斉藤園子:忍足亜希子 玲子:石田ゆり子 周平:哀川翔 中島英也:山本圭壱(極楽とんぼ) 中島優一:東新良和(ジャニーズJr.) 山田克典:市原隼人 森下直美:長澤まさみ RUI:柴咲コウ SAKU:村井克行 内藤勝雄:三島圭将 内藤サキ:北林谷栄 梶原:寺門ジモン(ダチョウ倶楽部) 津田春雄:高松英郎 津田嘉子:加茂さくら 神崎:清水章吾 アイバンクの医師:田辺誠一

「黄泉がえり」感想

自分のことを想い続けてくれた人の前に、なくなった当時の姿で蘇る不思議な現象を調べに自分の故郷へ戻り幾つかの家族を調査をしていき、ある法則がわかり昔から想いをよせる幼なじみの結婚相手を蘇らそうと試みますが、自分の気持ちとの葛藤を押し殺し幼なじみの葵のために動く姿がとても辛かったです。 厚生労働省勤務の平太は最初の内は淡々と仕事をしていくので、東京色に染まってしまった役人だなと思っていましたが、葵の前では気持ちを押し殺すので最初の内はモヤモヤしていました。 人々が蘇ったことで考え直す人、戸惑ってしまう人、想いを伝える人、感動する人、それぞれの想いが交錯していく中で伝えられなかった言葉を言う最後のチャンスに素直に言える人、言えない人、人がいればそれだけのドラマがあり、自分にあてはめたらどちら側の人間になるだろうかと考えてしまいます。 葵がどんなに想い続けても婚約者だった俊介は一行に現れないので、爆発する葵の姿を見てどうにかしたい、けれども自分の気持ちを伝えられないもどかしさに蓋をしたまま探していくと、実は葵は交通事故に合っており、平太の想いがあったからこそ存在していた事にとてもびっくりしました。彼女自身急に現実を突きつけられ動揺したかと思うのですが、放心状態の中にも冷静でびっくりしました。
映画館ではなく、地上波放映の時にテレビで観ました。主役は草なぎ剛さんと竹内結子さんですが、私自身は柴咲コウさんの印象が強かったです。というのも、この映画の役名で歌手デビューをし、その歌が大ヒットしたからです。とてもキレイな歌声で、この映画をきっかけに柴咲コウさんファンが増えたと思います。 熊本の阿蘇が舞台となっています。ある集落で亡くなった人たちが黄泉がえるという幻想的なお話で、映像もとてもステキでした。ファンタジー好きな人におすすめです。そして、命の尊さなども身にしみました。泣ける映画としても話題になったように思います。この映画のように黄泉がえってほしいと思う人は誰にでも居ることでしょう。現実も映画のようになればいいのにと思いました。 亡くなった人が黄泉がえるというとゾンビのように思われる人も居るかもしれませんが、そんなホラー的要素はありません。とても美しい黄泉がえりの仕方となっているところがステキでした。何よりもストーリーと主題歌がよく合っていて、映像もしっくりハマっていたところが良かったです。思い切り泣きたい、感情を顕にしたいという人に適した映画だと思いました。観終わると心がほっこりします。
懐かしい人たちが生前最も会いたかった人の前に、死んだときの若さで現れるというストーリー。家族が生き返ったから死亡届を取り消すと言って役場に人々が行くといったこっけいなシーンもありますが、死者たちと生者たちの交流にほろっとさせられる映画です。死んだ兄とキャッチボールをする弟。兄の方が若いなんて変な気分だという弟のことばにもっともだと思いながら、父親とキャッチボールをしたことのある私は、父親はまだ生きていても泣きそうになるシーンです(昔の日本人は皆野球をしていました)。故人のわずかな遺物からもとの人格を復元してしまうというのはスピルバーグの「A.I.」のようです。また、生き返った死者が存在しうる「境界」の存在はジョン・カーペンターの「光る眼」あたりを意識していたのでしょうか。伊藤美咲が先生をしている耳の悪い子供たちの学級も生き生きとえがかれていました。でも最も、驚かされたのは自動車の走行。竹内結子演じる役場職員が友達の車に拾ってもらって家に帰るまでのシーン(その間に死んだ恋人の回想がはさまります)の中でとても冷やりとするところがあります。あのさりげないショットが映画の後半に大きな意味をもっていたことがわかり驚きました。
二度と会えないと思っていた故人に会えるという奇跡が感動的で、長くは続かない奇跡でも迎えた結末に心震えた作品でした。映画冒頭で、老婆の前に現れた小学生くらいの子供に名前を呼びながら抱きしめる姿に涙が溢れました。それは現れた年齢当時に行方不明になった少年であり、亡くなったことが確信と変わる瞬間でしたが、長い時間を過ぎても子供を思い続けていた母親の愛情深さに冒頭から涙が止まりませんでした。その後、故人が再び現れる事例が様々なところで起き始め、調査する中で山中に隕石口を見つけます。隕石口周辺で事例が起こっていることが分かり、それに加えて蘇った故人に会いたいと強く思ってくれる人がいるという共通点があり、思ってくれていた人の前に現れる数々のシーンに胸が熱くなりました。いじめが原因で自殺してしまった青年が自分の葬式に現れるシーンがありましたが、蘇りの意味を知り、自殺したことを悔いながらも生きていたことが幸せだったと思えたことが救いになったと感じました。描かれる再会は様々でしたが、奇跡が起こった短い期間の中できちんとした別れを迎えられる結末に生き続けることの希望を持てたように感じました。一人ではないと感じられる作品であり、それぞれが持つ愛情の深さが胸を打つ映画でした。
当時注目の若手女優として名をはせていた柴咲コウが、歌手の役をやったことで話題になった作品ですが、その後も歌関連のお仕事を何件かされただけあってきちんと歌唱力があるのが説得力があって良かったですね。 物語自体は割とゆるめのファンタジーで、結構ツッコミどころもあるといえばあるのですが、きれいな演出で感傷的な雰囲気が作られていました。本人の歌で、しかもその歌声が作品のテイストによく合っているものだったことで、ライブのシーンがきちんと感動的なクライマックスとして印象的でした。 その一方で、あのテイストの楽曲で、歌姫自身もテイストがきちんとあったものとして配置されているにもかかわらず、キーボードの彼のビジュアルがひとり浮いていたことが悪い意味で印象に残ってしまっています。中途半端にパンキッシュなテイストのビジュアルで、優しい手つきで繊細なメロディを奏でる……という、ちょっと雰囲気的にもう少しどうにかならなかったのかと思ってしまいました。何か特別な設定でもあったのかも知れませんが、作品からはそれを読みとることは出来なかったので……。 とはいえ、作品全体として見ると、重くなりすぎることなく適度な感動を覚えさせてくれる作品でした。
まず最初に起こる一番大きな謎に引き込まれます。死者が蘇り、それぞれに縁のある人の元に戻ってくる。その事を聞きつけた厚生労働省の主人公、平太が調査の為その蘇生の現場である地元の阿蘇に戻ってきてこの案件に深く関わりそこで幼なじみの葵と会うのですが、全く予想してない展開になりました。葵も実はつい最近死んでしまっていた事。こちらまで絶望的な気分になりました。その人に強い想いがあると蘇るという事ですが平太が昔から葵の事を想っていたこと、そして葵も自分の死を知ってしまった事で平太を自分も想っていた事に気付くところがもう結末の方向がわかるだけにとても悲しいです。歌手のRUIが行う阿蘇のライブ会場に地元の人々が現れるのですが終盤のRUIが歌いながら、亡くなった人もみんなが阿蘇に集まっていくところが幻想的でした。翌日には亡くなったはずの人たちがみんな消えてしまう・・。その事実を知った平太が葵に急いで会いに行き、やっと会えたのに葵は儚く消えてしまう。長年の想いがやっと叶ったのに、平太の目の前で消える葵でしたが胸が締め付けられる思いでした。誰が死んでいたか、その部分も最期までわからない人がいました。死亡説が流れていたRUIではなく実は相方のSAKUの方が亡くなっていたなど、驚きがありそこも面白かったです。

「黄泉がえり」原作

原作は梶尾真治さんの小説「黄泉がえり」。 原作の物語は、熊本県熊本市で火の玉やUFOのような不思議な発光体の目撃情報があり、その頃熊本地方が震源となる地震も観測されました。 そんな出来事が起こった後、熊本市内では亡くなったはずの人々が次々に蘇るという物語となっています。 原作者の梶尾真治さんは熊本県出身で熊本在住だったということもあり、小説の中には実在する地名も数多く登場しているようです。 さらには2016年に発生した熊本地震を予言していた・・・とも言われるようになりました。 なぜならば小説の中では益城町下を走る布田川活断層の熊本市よりの地域で震度7の地震が起きるという設定があります。 実際に2016年に発生した熊本地震により、原作者の梶尾真治さんは周囲の人たちもこの地震を予知していたのではと言われることもあり、偶然ではあるけど自分でもゾクッとしたのだそうです。 そして熊本地震が発生したきっかけで2017年7月1日より「熊本日日新聞」の土曜夕刊で続編の連載がされ、2019年3月には単行本も刊行されました。 また原作小説や続編小説も機会があれば是非ご覧になってみてください!

まとめ

映画「黄泉がえり」は、TSUTAYA DISCASでご覧いただけます! 是非チェックしてみてくださいね!
タイトルとURLをコピーしました