探偵はBARにいる/公式見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法【映画】大泉洋×松田龍平主演/あらすじ・キャスト・感想まとめ

邦画

こちらでは、映画「探偵はBARにいる」シリーズ1・2・3の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

『探偵はBARにいる』は、東直己の推理小説シリーズ『ススキノ探偵シリーズ』を原作とし大泉洋・松田龍平のW主演で映画化!
アジア最北の歓楽街北海道札幌市「すすきの」のバー「ケラーオハラ」に入り浸る私立探偵とその助手・高田が、ある事件に巻き込まれながらもその真相を追っていくハードボイルド。
映画『探偵はBARにいる』予告編

 

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

結論から言いますと
映画「探偵はBARにいる」のフル動画は
U-NEXTで配信中です!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

こちらもU-NEXTで配信中です!

  ⇩  ⇩  ⇩

◆探偵はBARにいる2
◆探偵はBARにいる3
◆アイアムアヒーロー
◆グッドバイ
◆舟を編む
◆カルテット
◆影裏
◆御法度
など

映画『探偵はBARにいる』 を無料で視聴する方法は?

『探偵はBARにいる』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです♪

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます♪

ポイントは新作映画や漫画などの有料コンテンツに活用できます(*^^*)

初めて登録するのが不安だなぁという方!!

U-NEXTでは初回登録の方に《31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼント》を実施しています!

無料トライアル中に解約することもできるので、お金を払わなくても楽しむことができます(*^^*)

U-NEXTの特徴

見放題作品数NO.1!


U-NEXTより引用

U-NEXTより引用

新作映画がレンタルと同時配信

 

U-NEXTより引用

 

NHKオンデマンド作品あり
(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可)

 

U-NEXTより引用

 

80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!
※ポイントの有効期間は90⽇間

 

U-NEXTより引用

 

追加チャージで最大40%ポイント還元

 

U-NEXTより引用

 

最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

ダウンロード機能あり

 

マルチデバイス対応

 

高画質&高音質

 

私も【U-NEXT】に登録していますが
ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《
安心・安全》!
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴しています!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけでOK!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や注意点は?

登録はこちら♪
⇩ ⇩ ⇩ ⇩
初回登録31日間無料&
600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

『探偵はBARにいる』あらすじ

舞台は札幌・すすきの。この街の裏も表も知り尽くす探偵は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。
そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話がかかってくる。
簡単な依頼だと思い引き受け、翌日実行するが、その直後に拉致され、雪に埋められ、半殺しなと、散々な目に遭う。
怒りが収まらぬ探偵の元に、再び彼女から電話が…。
その依頼を渋々こなし、報復に動き出した探偵と高田は、知らず知らずのうちに恐るべき事態の核心に触れていく。
その過程で浮かび上がる、沙織という謎の美女と大物実業家・霧島の存在。
そして、探偵は4つの殺人事件にぶつかっていく。
果たして“コンドウキョウコ”の目的はいったい何なのか?
探偵と高田に待つ運命とは?
暴力的だけど切ないラストが待ち受ける。

『探偵はBARにいる』キャスト

俺:大泉洋

本作の主人公。職業は「探偵」。仲間たちからは「探偵」、「旦那」と呼ばれており、名前は明らかにされていない。

携帯電話は携帯しない主義で、行きつけのbar「ケラーオオハタ」の名刺を持ち歩き、依頼人からの連絡は店に置いてある黒電話で受けている。「探偵は依頼人を守る」という強い信念を持ち、例えヤクザから脅されようと半殺しにされようと、依頼人のために真実を追い続ける。ソープの客引きからヤクザ、新聞記者など交友関係は広く、あらゆる情報網を持つ。口がうまく、扮装が得意。

高田:松田龍平

探偵の相棒、兼運転手。北大農学部の助手。空手部の師範代で喧嘩が強く、〈俺〉の空手の師匠でもあるが、できれば一日中寝ていたいという怠惰な性格。大学構内の一角を占拠して事実上「住んでいる」。愛車はボロい初代ビュートで、よくエンストするため〈俺〉からは不評だが、高田は溺愛している。

依頼人:コンドウキョウコ

黒電話にて、「弁護士の南に、去年の2月5日、カトウはどこにいたかを聞いて欲しい」と〈俺〉に依頼する女。依頼を引き受けてから、〈俺〉は彼女に何度も腹を立てることになるが、その反面、「依頼人」として守り抜く決心をする。「皆楽会館」放火事件の被害者と同姓同名。

沙織:小雪

会社社長撲殺事件」関係者。高級クラブ「コンチェルト」のオーナーで霧島の元妻。美人で強か。〈俺〉は彼女が、美しい声の持ち主、依頼人のコンドウキョウコではないかと思い、一度は虜になる。

霧島敏夫:西田敏行

札幌の経済界を牽引する「霧島グループ」社長。沙織の前夫。ススキノで勢力を拡大していた矢先、帰路で遭遇した女性の拉致未遂事件に巻き込まれ、暴行により死亡する。

マキ:カルメン・マキ

歌手。霧島の友人。

松尾:田口トモロヲ

探偵の飲み友達で、「北海道日報」の新聞記者。妻子持ちだが両刀使い。恋人との情事を写真に撮られ強請られていたが、〈俺〉に依頼して写真を回収してもらう。その際、〈俺〉は写真のデータを1つ返し忘れており、それと交換に「則天道場」の情報を聞き出した。自衛官の恋人がいたが、上官とデキて沖縄へ行ってしまい失恋した。

佐山:波岡一喜

ニセ右翼団体「則天道場」副長。同団体は暴力団「花岡組」のファーム(養成所)。当初は紳士的な態度で訪れた〈俺〉と高田をもてなすが、田口晃の名が出た途端態度を豹変させる。銃を取り出して〈俺〉を脅すが、呆気なく鼻を折られる。

田口晃:武井椋

「則天道場」の元塾生。放火事件の容疑者として疑われていたが、そのさなかに変死体で発見される。死因はシンナー中毒。

田口幸平:有薗芳記

田口晃の父。定職についている様子がない割に豪勢な暮らしをしているので、探偵から訝しがられる。実は、「則天道場」関係者が息子を殺したことを見抜いており、それをネタに花岡組を強請っていた。その後、妻とともに射殺される。

田口康子:阿知波悟美

田口晃の母。夫とともにカトウに射殺される。

近藤京子:街田しおん

「皆楽会館放火事件」関係者。昨年前のススキノ飲食店ビル「皆楽会館」の放火事件の被害者。依頼人の名前コンドウキョウコ」と同姓同名。

則天道場の塾生:野村周平

鍛錬」 と称するリンチを受けていたが、取材を装って「則天道場」を訪れた〈俺〉と高田が起こした騒動に紛れて脱走。探偵と高田に後押しされ、警察に保護される。

大畑:桝田徳寿

〈俺〉の行きつけのバー「ケラーオオハタ」のマスター。〈俺〉が席に着くと、心得たように愛用の胃薬と煙草を出してくれる。探偵の電話番もやっている。

源ちゃん:マギー

ソープランド「英雄好色」の客引き。〈俺〉とは知り合いであり、度々店に誘う。〈俺〉が負傷した際はお見舞いに訪れた。

峰子:安藤玉恵

俺〉が通う喫茶「モンデ」の看板娘。妙に露出が激しい。〈俺〉が負傷した際に見舞いに現れ、際どいダンスを披露した。

スポーツバーのマスター :榊英雄

〈俺〉と松尾が取引に使ったスポーツバーのマスター。失恋した松尾に同情していた。沙織に頼まれ、〈俺〉に事件から手を引かせようとするが、挑発に乗り逆上、〈俺〉を痛めつける。

スポーツバーの店員:諏訪

プロレスラーのような大男。〈俺〉を拉致し半殺しにする。寡黙。 

岩淵恭輔:石橋蓮司

銀漢興産の関係者岩淵恭輔関西裏社会の黒幕である「銀漢興産」会長。

桐原組組長:片桐竜次

札幌の老舗のヤクザ「桐原組」組長。昔は活発だったようだが、現在では毒の抜けた好々爺になっているという。〈俺〉とは息子の家庭教師を頼んで以来の縁で、愛人との間に設けた娘の近況報告を依頼している。

南:中村育二

裏がある大物弁護士。元検事。花岡組の法律顧問をしている。

相田松重豊

「桐原組」の若頭。〈俺〉とは腐れ縁。よく白目をむいて首を鳴らす。職業柄裏社会に精通しており、〈俺〉に情報提供する。サウナ好き。

〈俺〉を拉致した男(カトウ) :高嶋政伸

札幌で一番下品なヤクザ「花岡組」の関係者らしい。南に接触した直後に〈俺〉を拉致したグループの主犯格の男。舌や耳にピアスをつけている。また、よくげっぷをする。容疑が浮上した直後に地下駐車場で銃で撃たれて死亡する。

作者の東直己

小説を読みかけたままバーで寝ている男として登場している。

みんなの感想

カッコ付けながらもどこか残念で、なさけなくて、でも、後半部分はフツーにカッコイイ探偵〈俺〉。演じている大泉洋は決して二枚目ではないけれどスタイルがいいから、シリアスモードに入ったら物凄くかっこよくきまります。格好、仕草、たたずまい、すべてがかっこいいです。

男同士の多くを語らぬ友情、何があっても真実に立ち向かう矜持、そしてラストには涙を誘う悲哀まで用意されていて、映画が観終わる頃にはすっかり探偵の虜になってしまいました。

この映画はハードボイルドで血飛沫飛びまくりのバイオレンスな描写はありつつも、ユーモア満載で、エロ、アクションもあり、心を揺さぶる切ない話もある、贅沢な作品です。

俳優としての大泉洋が堪能できます。依頼された事件の裏側の大きな権力に立ち向かう強さを見せてくれる一方で、ちょっと頼りなく、何度も何度も危ない目に遇い情けない姿をさらし、始終ハラハラさせられます。切ないラストシーンでの探偵のうらぶれた表情に思わず涙してしまうかも。

作中で、助手である高田が、危ない事件に首をつっこむのをやめない探偵に、「まあ今回はあれだ…手ぇ引け。1人っきりの友だち、なくしたくねぇや」と言うのも頷けます。なんかほっとけない、人を惹き付けるような雰囲気があります。

 

まとめ

映画『探偵はBARにいる』の1~3は、U-NEXTで配信中です!

是非チェックしてみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました