東京ラブストーリー2020/公式見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法【ドラマ】伊藤健太郎主演/あらすじ・キャスト・感想まとめ

国内ドラマ

こちらでは、FODオリジナルドラマ「東京ラブストーリー2020」の動画配信を1話から最終話まで無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめてます。

伊藤健太郎さん主演FODオリジナルドラマ「東京ラブストーリー」は、1991年に放送された織田裕二さん主演の大ヒットドラマのリメイク版です。
地元の愛媛支部から東京本社の営業部に配属となった広告代理店に勤める長尾完治、完治の仕事の面倒を見ることとなった赤名リカ、完治の幼馴染で医大生の三上健一、完治と三上の高校の同級生で保育士の関口さとみ、の4人が織りなすラブストーリー。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話視聴したい
  • 広告なしで見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

【公式】ドラマ「東京ラブストーリー」主題歌Ver.90秒PR<FOD>

結論から言いますと
東京ラブストーリー2020」のフル動画は
FODプレミアム』で配信中です!

初回2週間無料トライアル!/

こちらの作品もFODプレミアムで配信中!!

  ⇩ ⇩ ⇩

国内ドラマ・フジテレビ系が豊富なFODプレミアム!

【FODプレミアム】は、月額888円(税抜)の動画配信サービスです!

主にフジテレビ系列のドラマやバラエティ番組、過去のドラマ、FODオリジナル作品などが充実しています!

初めて登録する方には《2週間の無料トライアル》があります!

無料の期間内に解約してもらうとお金を払わずに楽しむこともできますよ!

FODプレミアムの特徴

①30,000以上の作品が配信

②フジテレビ系列の新作・過去のドラマが見放題

③放送中のドラマやバラエティ番組の見逃し配信あり

④人気雑誌が読み放題・対象漫画が無料で読める

⑤電子書籍の購入で20%ポイント還元

⑥毎月100ポイントと毎月8日・18日・28日に
400ポイントがもらえる(毎月1300ポイントゲット!)

⑦AmazonPayで初回2週間無料トライアル

無料お試しは
AmazonPay決済

で初回登録する方限定です!
無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
FODプレミアム簡単な登録・入会方法
FODプレミアム解約・退会方法

初回登録2週間無料トライアルあり!/

本ページの情報は2020年10月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください。

 

「東京ラブストーリー(2020)」あらすじ

 

 

広告代理店に勤める永尾完治(伊藤健太郎)は、地元の愛媛支部から東京の営業部に配属となり東京へやってきた。同僚の赤名リカ(石橋静河)が完治の仕事の面倒を見ることに。完治は同じく東京にいる地元の同級生・三上健一(清原翔)から早速飲もうと誘われる。完治がずっと密かに想いを寄せていた関口さとみ(石井杏奈)も来ることになり、久々の再会を懐かしんでいたが、会社にいるリカから忘れていた財布を届けるとの連絡があり、四人は一緒に飲むことになる。その帰り道、いきなり「カンチ、キスしよっか」とリカから言われドギマギする完治。「じゃあ代わりにランチごちそうして!」と積極的なリカ。しかし、リカは上司の和賀(眞島秀和)と関係があると社内で噂されているからやめておいた方がいいと言われる。

 

 

完治(伊藤健太郎)は、関口(石井杏奈)への想いを断ち切れぬまま、昨夜リカ(石橋静河)に突然キスされたことを思い出しながら悶々とした日々を送っていた。一方、互いの気持ちを確かめあった三上(清原翔)と関口であったが、三上から今後の二人の関係に関する明確な言葉はなかった。そんなある日、完治の家に三上が遊びにきた。三上は「関口の事、本当にいいのか?」と聞くが、完治はモゴモゴと口ごもるだけ。数日後、四人でまた飲むことになるのだが…。

 

 

一夜を共にした完治(伊藤健太郎)とリカ(石橋静河)だったが、朝起きるとリカの姿はなかった。どんな顔をしてリカに会えばいいのか分からず出社する完治だったが、無神経な一言でリカを怒らせてしまう。そんな折、リカが現場の足場から落ちて緊急搬送されたという連絡が入り、完治は慌てて病院に走るのだった。一方、付き合い始めた三上(清原翔)と関口(石井杏奈)は幸せな日々を送っていたが、ある日三上の鞄から見覚えのあるアクセサリーの入った箱を見つける。自分へのプレゼントだと思い楽しみにしていたが、数日後鞄の中のアクセサリーは無くなっていた…。

 

 

完治(伊藤健太郎)とリカ(石橋静河)は付き合うことになり、仕事終わりにディナーの約束をする。関口は前の晩、連絡のつかなかった三上(清原翔)に悶々としていた。そんな時、三上のケータイに長崎尚子(高田里穂)という知らない女から「昨日はごちそうさまでした」という連絡があり、こっそり見てしまう。たまらなくなった関口は完治に連絡するのだが、リカとの約束がある完治は困ってしまい…。

 

 

完治(伊藤健太郎)はリカ(石橋静河)との約束をドタキャンし、だまってさとみ(石井杏奈)と会っていたことがバレてしまい、リカに無視される日々。完治はリカと仲直りしようとリカの好きなものを手土産に出張帰りのリカに会いに行き、無事に仲直りを果たす。翌日、二人は会社をずる休みをしてデートすることにする。三上とさとみも一時はケンカをしたものの仲直りをし、平穏な日々を送っていた。ある日、さとみは三上がケータイを自分の家に忘れていったことに気づき、三上がいる大学病院にケータイを届けることにするのだが…。

 

 

完治(伊藤健太郎)はリカ(石橋静河)にもうすぐ誕生日であることを伝えるが「どうしてみんな誕生日を特別にしたがるんだろう?」と言われてしまう。恋人として一緒に過ごしたいと思う完治はモヤモヤが取れないままだった。

完治は盲腸で入院しているさとみ(石井杏奈)の見舞いにいき、三上(清原翔)と一緒に暮らすことにしたと聞き応援する。br ある日曜日。完治はリカと約束していたパーティーに出席し、リカのドレスアップした姿に見惚れつつ、現代アーティストのアルヴィン・ヤン(フィガロ・ツェン)と英語で楽しそうに話すリカの姿を完治は複雑な表情で見つめるのだった。

 

 

完治(伊藤健太郎)が家に帰ると部屋が飾り付けられていた。リカ(石橋静河)は完治の帰りを待ったままソファーで眠ってしまっていた。完治はリカに謝り、仲直りした二人は誕生日を祝う。一方、さとみ(石井杏奈)は、数日前の三上(清原翔)からの仕打ちを許すことが出来ず、三上の家を出て、自分の家に帰ってきていた。三上はさとみと話をしようとするが、取り合ってもらえない。そして、完治はリカが突然辞表を出したと和賀(眞島秀和)に聞き、一番に相談してもらえなかったことにショックを受け、気持ちをリカにぶつけるのだが…。

 

 

完治(伊藤健太郎)は、リカ(石橋静河)に「ニューヨークに行く」と突然伝えられ、困惑する。だが、完治は行かないでほしいという気持ちを抑え、リカの意志を尊重するべく、送り出すことにする。会社を辞めたリカは出発までの間、完治の家で一緒に暮らすことに。そんな折、完治は責任ある仕事を任され、チャンスを手にする。一方、三上(清原翔)は父親の訃報を聞き、葬儀に出席するため実家の愛媛に帰るのだった。母親から父親の本当の気持ちを伝えられた三上は医師になる決心をする。そして、そんな三上を心配したさとみ(石井杏奈)は完治に三上を飲みにでも誘ってあげてほしいとお願いするのだが…。

 

 

完治(伊藤健太郎)は、リカ(石橋静河)に「リカは自分の事しか考えていない」と思わず言ってしまう。リカは「ニューヨークに行く!」と言い残し、完治の家を飛び出した。完治はリカを探しあて、なんとか仲直りをして送り出すことが出来た。一方、三上(清原翔)と別れたさとみ(石井杏奈)は、急遽来れなくなったトキコ(手島実優)の代わりに完治を映画に誘う。気分転換に誘いを受けた完治だったが、映画館で三上と長崎(高田里穂)に出くわしてしまい…。

 

 

完治(伊藤健太郎)は突然帰ってきたリカ(石橋静河)に困惑していた。リカは以前のように完治にずる休みをしてデートしようと提案するが、完治はリカを避けるようになっていた。ある日リカは、さとみ(石井杏奈)にNY土産を渡しに会いに行くが、そこで完治とキスをしたことを聞く。リカは完治に「ニューヨークに戻ることになった」と嘘をつき、完治の家を飛び出した。そして街で偶然和賀(眞島秀和)と再会するのだった…。一方、三上(清原翔)は長崎(高田里穂)の両親に会いに行き、結婚話を切り出すのだが…。

 

 

完治(伊藤健太郎)はリカ(石橋静河)が妊娠していることを知り、なんで相談してくれなかったのかと問い詰める。しかし、リカに「急に別れてほしいと言われて、言えるはずがない。この赤名リカが」と言われ、言葉を失う。完治は三上(清原翔)に相談するが、一方三上も長崎(高田里穂)から結婚の話はなかったことにしてほしいと言われていた。やがて、完治は和賀(眞島秀和)から「リカにプロポーズした」と伝えられる。リカからも「和賀と結婚する」と聞いていた完治だったが、リカが突如姿を消してしまう…。

「東京ラブストーリー(2020)」キャスト

永尾完治:伊藤健太郎

愛媛県出身。
広告代理店に勤めており、愛媛から東京の本社へ異動。
高校時代から関口に密かに想いを寄せる。

赤名リカ:石橋静河

私立の幼稚園から大学までエスカレーター式で進学した生粋の東京人。
天真爛漫で自由奔放な性格。
次第に完治に対し積極的になっていく。

三上健一:清原翔

完治とは幼馴染で都内の医大に通う医学生。
女性の扱いに慣れていてモテる。
見た目とは裏腹に色々と葛藤を抱えている。

関口さとみ:石井杏奈

完治と三上の高校の同級生。
都内の保育園で働く。
真面目で誠実、優等生タイプ。
自分では認めないが、秘かに三上に想いを寄せている。

その他キャスト

和賀夏樹:眞島秀和

長崎尚子:高田里穂

北川トキコ:手島実優

みんなの感想

早速ですが結論から言うと、元祖の東京ラブストーリーを知らない私でも楽しく最後まで観ることが出来きました。むしろ、元祖の内容を知らなかったので、新しいドラマとして見入ることができ、LINEのメッセージで現代風に仕上げていたり、ファッションにも見ごたえがありました。そんな中でも所々のシーンで多少の昭和を感じさせる場面がありましたが、どちらかというと30代40代よりも10代20代の方が観たら楽しめるのではないでしょうか。やはり、見所のポイントは上京してきたばかりの完治がリカという職場の先輩に出会い、積極的にリードしてくるリカに翻弄されながらも芯の強いリカに次第に惹かれていくところは1つの大きな見所です。両思いになるまでの間にも、幼馴染との三角関係の模様もあり、ハラハラ、キュンキュンさせられました。また、完治の友人の三上もかなりの重要人物で、容姿は格好良いが、女好きでどうしようもない男で、最初は三上に対して嫌悪感がありましたが、ある恋愛をきっかけに恋愛に真面目になる三上を観ていつの間にか虜になっている自分がいました。三上の恋愛ストーリーも2つ目の見所だと個人的に感じました。最後の結末は涙の連続でした。煌びやかな東京でたくさんのラブストーリーが交差している背景を映し出しているドラマでした。

四国の田舎から東京へ就職した完治が、慣れない都会に徐々に染まっていくというか、赤名リカ色に染まっていく感じがとにかくキュンキュンした。リカの豪快さというか自由でわがままで振り回されて、とにかく包み隠さず自分の気持ちをぶつけたりして、急にいなくなったりする感覚が自分にはめちゃくちゃうらやましく思えた。面倒くさいなとかウザいなとか思ってても、急にいなくなられるとやっぱり不安になるし、いなくなってから分かる必要さをはじめて知る感覚が、これこれ!ある意味技だよなと思った。でもそれがわざとやってるんじゃないのが余計にうらやましい。さとみの幸薄さと何とかしてやりたくなる感じが、男の子からしたら包みたくなるんだろうなと勉強になる。三上くんも自由過ぎて許せないと思うけど、なぜかかっこよく見えてしまう。出てくる恋愛相手の数が合わなくなって、結局は誰かが我慢するんだろうなと思っていたが、それぞれの幸せが待っていて、どんな紆余曲折あっても、時間が経てば思い出としてみんなで笑って話せるようになっていくんだなと思い知らされた。個人的には、リカが選んだ結末は果たして本当に幸せだったのかな?と疑問に思っている。終始わくわくしながら観れました。

東京を舞台に奮闘する登場人物たちの恋や仕事の様子が見ごたえのある作品です。かつて放送されたオリジナル版とは違う良さがあって、現代ならではのストーリーに上手く仕上げられていると感じました。オリジナル版でも感じたワクワク感はそのままですが、時代に合わせた内容に共感しながら見ることができます。主要キャストは今後も楽しみな役者ばかりですが、特に赤名リカ役の石橋静河さんに魅了されました。リカ役はとてもプレッシャーのある役だったと思いますが、リカの天真爛漫で強さを感じる一面を見事に演じられています。自由な性格なので時には相手を振り回してしまうこともあるけど、一途なリカの姿が可愛らしくて見ていて応援したくなります。仕事に関しても自分の信念をしっかり持っていて、目標に向かって突き進む姿に良い刺激を貰えました。リカは同性から見てもかっこいい女性で好感を持てます。リカと恋をする永尾完治は頼りない印象が強かったですが、リカの言う通り純粋で裏表のない性格が良いなと思いました。全てが上手くいくわけではないストーリーに切ない気持ちになりますが、どんどん引き込まれていきました。予想外の展開に感情移入することが多く、満足感を得ることができた作品です

音楽がとても良い。リカ役の石橋静可さんは素晴らしい女優さん。仕事が出来る女性は格好いい。笑った顔がすごくキュートな表情に、強がりで、寂しがりや、不器用で。良かったです。見応えのいるストーリーで令和版、平成版それぞれ良いと思います。ストーリーも解りやすく、テンポ良く俳優さんが真摯にこの作品に取り組んでいる事が伝わってきました。伊藤君はナチュラルで自然。普通のスーツ姿なのに、シルエットはとても綺麗です。東京ぽさ抜群。素敵なファッションも良くて、楽しいです。東京タワーも夜景も煌めいて見えます。今っぽく雰囲気もあってしっとりしていました。ナチュラルさがすごく良く、原作が良いので本当に面白い。伊藤君は想像を遥かに越えて良かった。優柔不断だけど、時折チラっと見せる男らしさ。優しさ。前作の「東京ラブストーリー」は全部しっかり見てないのですが、丁寧にストーリーを現代版で作られていて見ていて安心できました。それ以上にドキドキ感もあり、毎回楽しみで仕方ないです。あー。恋愛とはこうゆう事何だな。と感じ内容もめちゃくちゃ詰まっていました。本物の恋愛。音楽も良かった。久々に良いドラマに出会えました。本当に良い恋愛ドラマでした。

このドラマを観る前から、ドラマ名の通りドラマチックなストーリーなのかなと、とても興味をそそられました。このドラマは男女4人のラブストーリーでして、ハラハラ・ドキドキするシーンがたくさんありました。幼馴染3人の三角関係や違った恋に落ちていくシーンがあり、とても見どころでした。田舎から東京に出てくるということは、こうゆうことなのかなということも感じさせられました。田舎から出てきた永尾完治は東京で勤める会社で赤名リカという女性に出会いましたが、その女性に振り回されながらも自分でもよく分からないくらいハマってしまったところも面白い展開でした。幼馴染の三上健一と関口さとみが付き合うものの、三上健一はいろんな女性と遊びまくる人でした。そのうちに大学で一人の女性と出会い、本気でその女性のことが好きになり、関口さとみと別れる展開に。そのシーンも観て、なんだかいろんな恋の仕方があるんだなと思わされました。やがて関口さとみは永尾完治に惹かれ、2人は付き合う展開になりますが、そこでもいろいろ考えさせられるシーンがあり、とても見どころでした。女性にとってはとてもたまらないドラマの作品となっていだと思いました。

人に対して素直でまっすぐで嘘が下手な性格の永尾完治(伊藤健太郎)と自分が楽しいと思えることを常にやっていきたい破天荒な行動派の赤名リカ(石橋静河)の恋愛を描いているのですが、近くにいると好きがどんどん増していって、ずっと一緒にいたいと思えるし相手のことをもっともっと知りたい、どんなことがあってもずっと大好きだし、自分ならずっと相手のことを好きでいられる自信があると思えるのに、遠距離恋愛になり、物理的に距離が離れると心の距離もだんだんと離れて行ってしまう。あんなに好きだと思っていた気持ちやずっと一緒にいたいと思っていたのに、今、いる場所や置かれている環境によって気持ちはすぐに変わってしまうのだと”絶対”なんてありえないのだと悲しくなる。でも、自分が辛い時や悩んでいる時に直接会って話を聞いてくれて抱きしめてくれる存在が近くにいるのならば、そちらの方に心が動いてしまうのも仕方のないことなのかなとも思えるような内容になっていて、単純に考えたり行動したり、素直に自分の気持ちをしっかり相手に伝えることができれば上手くいくのにといったもどかしい気持ちにもさせれらることが多く、恋愛の難しさや相思相愛になれることの素晴らしさを改めて感じました。

まとめ

FODオリジナルドラマ「東京ラブストーリー」は、FODプレミアムで配信中です!

是非チェックしてみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました