わたしを離さないで/公式見逃し動画配信を無料で全話フル視聴する方法【ドラマ】綾瀬はるか×三浦春馬×水川あさみ共演!あらすじ・キャスト・感想まとめ

国内ドラマ

こちらでは、2016年に放送されていたドラマ「わたしを離さないで」の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

わたしを離さないで』は、カズオ・イシグロさんの長編小説が原作となっており、舞台を日本に移し、綾瀬はるかさん主演で放送。
共演は三浦春馬さん、水川あさみさんといった豪華キャストです。
世間から隔離された施設で良質な教育を与えられ育ってきた恭子、友彦、美和の3人が、ある使命を抱えて生きるヒューマンラブストーリー。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • 広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

結論から言いますと
わたしを離さないで」のフル動画は
Paravi』で配信中です!

初回登録2週間無料!

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paravi

Paraviで配信中のおすすめドラマはコレ!!

   ⇩ ⇩ ⇩

 

『わたしを離さないで』 を無料で視聴する方法は?

上記でもお伝えしましたが『わたしを離さないで』は、動画配信サービス【Paravi(パラビ)】で配信中です!

そこで【Paravi】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

国内ドラマ・TBS/テレ東系が豊富なParavi!

【Paravi(パラビ)】は、月額925円(税抜)の動画配信サービスです!

主にTBS/テレビ東京系列のドラマやバラエティParaviオリジナル作品が充実しています!

初めて登録する方には《2週間無料体験》があり、無料期間内に解約することも可能なので2週間のみ楽しむこともできますよ!

Paraviの特徴

①国内最大級のドラマアーカイブ数

②TBS/テレビ東京系列/Paraviオリジナル作品が見放題

③放送中のドラマやバラエティの見逃し配信あり

④Paravi独占!人気ドラマのスピンオフあり

⑤毎月500円チケット付与
(レンタル作品が視聴できます)

⑥PC/スマホ/タブレットで対応可能!

⑦高画質&広告なしのストレスフリー

⑧初回2週間無料お試し体験あり

初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
Paravi簡単な登録方法の手順や注意点
Paravi解約方法の手順や注意点

初回登録2週間無料!

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paravi

「わたしを離さないで」あらすじ

手術台の男性を見つめる女性・保科恭子(綾瀬はるか)。

その表情は、感情が抜け落ち、全てを諦めているかの様に見える。彼女にはとある使命があった。その使命とは…

20年前、山の中にある陽光学苑で生活していた恭子(子ども時代・鈴木梨央)。この学苑では子どもたちが寄宿舎で生活を共にし、教育を受けていた。ある時、恭子は同級生の土井友彦(子ども時代・中川翼/大人時代・三浦春馬)が男子たちからからかわれ、かんしゃくを起こしているところを見つける。女子のリーダー・酒井美和(子ども時代・瑞城さくら/大人時代・水川あさみ)には「放っておけば?」と言われるが思わず駆け寄る恭子。友彦のかんしゃくは治まらず、恭子を突き飛ばして女子たちの顰蹙をかってしまう。

ある日、学苑に新しい教師・堀江龍子(伊藤歩)が赴任してくる。校長の神川恵美子(麻生祐未)の教育理念に魅かれて志望したという龍子だったが、子どもたちの教育を目の当たりにして何か違和感を覚える。

そんな時、恭子たちは神川校長から“大事なこと”を教えられる。

「あなたたちは生まれながらにして『使命』を持っているのです」―。

校長の神川恵美子(麻生祐未)から、自分たちが背負った“特別な使命”について聞かされた恭子(幼少期:鈴木梨央)たち。

それぞれ思い思いに事実を受け止め、幼いながらも運命を受け入れていた。しかし、友彦(幼少期:中川翼)だけはぼんやりと学苑を囲う塀を見つめ、外の世界に想いを巡らせている…。

龍子(伊藤歩)は、残酷な使命を背負った子どもたちを天使と表現し、洗脳とも言える説明をした恵美子に「偽善にもほどがある」と詰め寄るが、何も感じていない恵美子に辟易してしまう。

んな中、年に一度の展示会が迫ってきた。陽光学苑の生徒たちにとっては販売会で使えるコインをもらえる重要な機会。美和(幼少期:瑞城さくら)たちは、マダム(真飛聖)から作品を選んでもらおうと一生懸命創作活動に取り組んでいた。

一方、現代の恭子(綾瀬はるか)は、恭子からすべてを奪った女・美和(水川あさみ)と再会することに…

月日は流れ陽光学苑を卒業する年になった恭子(綾瀬はるか)たちは、次の生活の場・コテージに移ることに。

コテージへは学苑から2、3人単位で行けるため、生徒たちはそれぞれ誰と行くかコテージの話題で学苑は持ちきりだった。

他の生徒たちと同様、どこのコテージにするか悩んでいた恭子に花(大西礼芳)は、一緒にいても疲れてしまう美和(水川あさみ)と離れ、自分たちと一緒に来ないかと恭子を誘う…

そんな中、サッカーをしている友彦(三浦春馬)の元に差し入れを持って行った恭子。

コテージの話題になり、どこにするのかと恭子が尋ねると「恭子の決めたところでいい」とこたえる友彦。恭子は戸惑いながらも喜びを覚えるのだった。

ある日、友彦から将来サッカーのプロチームを受けたいと告白される恭子は、友彦とともに希望を夢見ていた。すると突然堀江龍子(伊藤歩)が現れ、「あなたたちは何者にもなれない」と聞かされる…

学苑を卒業し、「コテージ」と呼ばれる一軒家に生活の場を移した恭子(綾瀬はるか)、友彦(三浦春馬)、美和(水川あさみ)の3人。

自分たちと同じく“提供者”となる浩介(井上芳雄)や、あぐり(白羽ゆり)ら先輩住人たちと共同生活を送るなかで、陽光出身者には知らされていなかったある事実を知らされる。

そんな共同生活でうまく馴染むことができず、徐々に孤立していく恭子…

さらに友彦と美和の生々しい関係を目の当たりにしたことで、どんどん殻に閉じこもっていたある日、別のコテージで生活する真実(中井ノエミ)から手紙で誘いを受け、会いに行く決心をする…

孤立していた恭子(綾瀬はるか)を支え、恭子の防波堤となっていた浩介(井上芳雄)。

しかし穏やかな日々は長くは続かず、介護人になるためコテージをついに旅立ってしまい、恭子はまた一人に…

ある日、自分の「ルーツ」かもしれない人を見たと、コテージの住人から聞いた美和(水川あさみ)。

悩む美和だったが、自分のもとになった人がどんな人物なのか会ってみたいという欲求を抑えきれず、意を決して恭子、友彦(三浦春馬)らと会いに行くことに。

一方、かつて陽光学苑時代に恵美子(麻生祐未)から教わった「のぞみが崎」が、美和のルーツを探しに行った場所から近いことを知った友彦。

「海流の関係で色々なものが流れ着くため、なくしたものがあるかもしれない」という理由で名づけられたその海岸へ、自分たちが過去になくしたものもあるかもしれないと期待を膨らませる友彦は、恭子と美和に行ってみようと持ちかける…

思わず友彦(三浦春馬)に好きだと言ってしまった恭子(綾瀬はるか)。やってしまったと頭を抱える恭子だったが、美和(水川あさみ)の知らないところで友彦と秘密を共有することに内心では興奮していた。

一方、友彦は龍子(伊藤歩)からの手紙によって「陽光出身者で、ある条件を満たせば提供が始まるまで3年間自由に過ごせる“猶予”を得ることが出来る」という噂が本当で、それは絵を描くことでもらえるものだと確信し、恭子との猶予を獲得するため嫌いだった絵を描くことを決意する。

ある日突然、真実(中井ノエミ)が恭子のもとへやって来た。

「恭子の顔を見に来ただけ」と笑う真実だったが、普段との様子の違いに恭子は不安を覚える…。

さまざまな思いを抱えながらも、美和(水川あさみ)の介護人として働き続ける恭子(綾瀬はるか)。友彦(三浦春馬)から介護人のリクエストがきたことに気付きつつも、気持ちの整理がつかず、いまだ決めきれずにいた。

そんな中、恭子は回復センターの職員から、美和の次の提供に際しての資料を受けとる。提供の告知は介護人の務めであるため、意を決して資料の中身を見ると、そこには“3種同時提供”の文字が。

実質的に即時解体と同義であるその決定を前に恭子は必死に詰め寄るが、職員はもう決まったことなのでと取り合ってくれず、途方に暮れる恭子。

一方、美和は自分の最後の望みとして、友彦を連れて3人で陽光に行きたいと言い出す。

美和(水川あさみ)の希望で、陽光があった場所へ訪れた恭子(綾瀬はるか)、友彦(三浦春馬)、美和の3人。しかし、そこには陽光の面影はなく、提供者を育てるための別の“ホーム”がそびえ立っていた。

友彦とサッカーをしたり昔話に花を咲かせていた恭子だったが、席を外していた美和の帰りが遅いため、建物の中まで探しに行くと、そこには縄跳びやゲームをしているにもかかわらず、異様に静かで生気がない子どもたちと出会う。無事に合流した3人だったが、帰り際に昔の恭子と瓜二つな女の子(鈴木梨央)の姿を発見する。

そんな陽光からの帰り道、3人で再会する機会を作ってくれたことに感謝する恭子と友彦に、美和は今まで自分が抱えていた思いを打ち明けるが…。

ようやく一緒になることができた恭子(綾瀬はるか)と友彦(三浦春馬)。

介護人として働く傍ら、唯一の希望である“猶予”を目指して、恭子は恵美子(麻生祐未)の居場所を探し始める。

友彦の次の提供が決まる前にどうしても恵美子を探し出さなければ…と、焦る恭子。

やがてそんな苦労の甲斐もあって、恵美子が住んでいる所を突き止めた2人。

お互いの愛を証明して猶予を勝ち取るために、友彦が描いた絵を持って恵美子のもとを訪れるが…

唯一の希望であった猶予がないことがわかり、塞ぎこんでしまった友彦(三浦春馬)に3度目の通知が届く。

たいていの提供者は3度目で終わりを迎えるが、なかには3度目を耐えられる提供者もいる。しかし、そうなると体の自由がきかなくなり、トイレも一人ではままならない。

恭子(綾瀬はるか)にふがいない姿をさらしたくない友彦は、自暴自棄になっていたこともあり、恭子に介護人をやめるよう願い出る。

動揺しながらも必死に説得する恭子だったが、ある日、友彦が倒れたと報告を受ける。

そんな中、恭子はばったりと龍子(伊藤歩)と再会。落胆し、無気力となった友彦の 様子を聞いた龍子は、サッカー観戦に友彦を連れ出そうと提案する…

「わたしを離さないで」キャスト

保科 恭子:綾瀬はるか(幼少期:鈴木梨央)

土井 友彦:三浦春馬(幼少期:中川翼)

酒井 美和:水川あさみ(幼少期:瑞城さくら)

遠藤 真実:中井ノエミ(幼少期:エマ・バーンズ)

大山 珠世:馬場園梓(幼少期:本間日陽和)

花:大西礼芳(幼少期:濱田ここね)

三村 広樹:小林喜日

堀江 龍子:伊藤歩

克枝:山野海

山崎 次郎:甲本雅裕

神川 恵美子:麻生祐未

立花 浩介:井上芳雄

峰岸:梶原善

金井 あぐり:白羽ゆり

譲二:阿部進之介

信:川村陽介

桃:松岡恵望子

マダム:真飛聖

加藤:柄本佑

中村 彩:水崎綾女

相関図

みんなの感想

臓器提供のために作られたクローン人間たちが描かれている作品でした。幼少期から描かれるストーリーで、真実を知らないまま施設で幸せに過ごしている姿が描かれた後、真実を知らされ戸惑いを隠せない姿に背負う過酷な運命に悲しみが大きくなりました。「特別な子供」と称され、自分の意思とは関係なく死と結び付けられる運命に恐怖すら感じます。生きる人のために自分の命を捧げなければならない運命に恐怖を感じながらも医学の発展と共に遠くない未来に感じてしまうことが余計に恐怖を強くしました。綾瀬はるかさん演じる主人公・恭子の感情を押し殺した姿は生きていく世の中に対する絶望を感じさせます。また、提供者として死んでいく仲間たちの姿を見送る姿に胸が締め付けられました。絶望の中でも愛情を感じることで生きることを実感していく姿や生き残る方法を探し続ける姿は唯一の希望に思えましたが、結末が近づくとともに希望が摘み取られる様子に苦しさを感じます。死が多く描かれていますが、死を描くことで命の重みや尊さ、そして当たり前にある幸せに気づかされる作品でした。「人を助けるために生まれた」と簡単には考えらず、ハッピーエンドに終わらない結末に生きていくことの意味を考えさせられた作品でした。

カズオイシグロさんの原作を読んだことがあり、その時は全然内容が把握できなかったのでドラマで見てみることにしました。現実世界のように見えて、ほとんどが架空のお話のような物語展開なので、言葉だけではいまいちわからない部分がありましたが、ドラマで見ると納得できるものが多くありました。特に幼少期の施設での体験は全く現実にはあり得ないような場所で、それでいてとてもリアルで不思議な体験をできる世界でした。大人になってからの世界では、三浦春馬さんや、綾瀬はるかさん、水川あさみさんなど豪華キャストが揃って出演していましたがとても緊張感のある役所見事に演じていたと思います。特に、全く普段では体験しないような残酷で奇妙な幼少期を過ごし、一生背負っていかなければならないものがある人の人生を表現するなんて、とてもすごいことだなあと思いました。本で読んでいた頃は、とてもサスペンスホラーの要素を強く感じましたが、それもあまり受けることく見ることができました。タイトルでは想像できないような世界が広がっています。他には無いような展開のドラマなので、まだ見ていない人は是非見てみてほしいと思います。衝撃的な展開は、見終わってもしばらく忘れられませんでした。

当初こそ異様な感じのストーリーに戸惑ったものの、後半の方は毎回泣きっぱなしの状態でした。狂気としか思えない学園の教育方針に怒りや悲しみをおぼえた他、集団心理の怖さというものを、改めて知った気がします。生まれた時から未来が決められているという残酷な運命を背負いながら、希望のない明日にどうやって主人公達が希望を見出だして生きていこうとするのか、という点が気になって仕方なかったです。また、最初から最後までたった一人、運命に歯向かい戦い続けた真美の演説には胸に訴えかけてくるものがあり、とても心打たれ、涙が溢れました。真美の欲求こそ素直な欲求で、キョウコやミワは優しさでもなんでもなく、ただお互いが依存しあってるような偽善にしかみえませんでした。また、トモを演じた三浦春馬さんのかんしゃくを起こすシーンは迫真の演技で、改めて素敵な俳優さんだとしみじみ感じ、トモのひとつひとつのセリフに重なる部分があって、とても切なかったです。また、ミワを演じた水川あさみさんの”死の恐怖”を感じるシーンでは、その恐ろしさと緊張感が画面を通して痛いほど伝わってきて、鳥肌が立ちました。洗脳教育の恐ろしさはもちろんのこと、命がどれだけ尊いものかということを再確認できる作品です。

このドラマは、本当に衝撃的なドラマでした。全体的に暗いストーリーなので、見るのが辛いと思う人もたくさんいると思います。しかし、色々と考えさせられるドラマでした。臓器提供を目的とした施設が本当にあるのかな?と思うと怖かったし、もし本当にあるのならばそこで育った子供たちは本当に気の毒だと思います。人を助けるということは凄く素晴らしいことだとは思いますが、自分の命と引き換えに他人を助けるということはなんだか納得がいかないです。しかも、ちゃんと人格もあったりするし、本当に酷いことをしていると思いました。水川あさみさんが最後の手術に向かうシーンは本当に衝撃的で、本当に怖くて死にたくないと思いが凄く伝わりました。主演の綾瀬はるかさんは、近年ではコメディ感のあるドラマに出演されているイメージですが、このドラマではそんな要素もなくて、こういう演技も出来るんだなと思ったし、違和感も全くなかったです。綾瀬はるかさん、水川あさみさん、三浦春馬さんの関係がとても複雑で途中でイライラすることもたくさんありました。恭子はよくこの2人を簡単に許せるなと思いましたが、みんなきっと生きることに必死だったんだなと思います。最後は想いが伝わって本当に良かったです。

塀の外には出ることができない寄宿舎で生活をして学校生活を送り、臓器移植の提供者となるようにと育てられる、そして臓器を1つまた1つと失っていくと言う、なんとも凄いドラマだったなと思います。

三浦春馬が演じる友彦は何度も臓器移植の提供者となり、友彦の介護人となったのは、ずっと寄宿舎で一緒に過ごしてきた恭子(綾瀬はるか)だったけど、幼いころからずっと一緒に過ごしてきた人をこんな形で介護するのはつらいだろうなと思いました。

そして学校のやり方に違和感を覚えて何かと反発していた新人教師の龍子が、自分は誤解していた、この学校は子供たちのことを本当によく考えていると分かったというのも、衝撃的でした。

日本ではこのような形で臓器移植が行われることはないけど、諸外国では臓器売買もあるし、臓器移植の為に誘拐されていく子供もいるので、このドラマのような形で臓器移植が行われている国もあるのだろうなあと、いろいろと考えさせられました。

そして、美和(水川あさみ)が臓器提供者に指名されたときに、介護人の恭子に「私を離さないで」と叫ぶシーンは、凄く衝撃的でした。

ドラマのバックで流れる音楽も、暗いイメージの曲だったので、このドラマは凄く印象に残っています。いろいろなことを考えさせられました。

非常に心に残っているドラマです。
普段は、結構前に見た作品の内容を覚えてないことが多いのですがこの作品は忘れることが出来ません。
ある寄宿学校に通う子供達についての話なのですが、その施設の事実が明かされた時には大変驚きました。現代社会では倫理的にありえない話なのですが、よくあるSFや体入れ替わりの様に現実味があるところに惹き付けられました。
主人公たちの絶望的な状況の中での人間関係などが繊細に描かれていました。主演の綾瀬はるかはいつもの抜けているところを感じさせないシリアスな演技は流石だと思いました。またメインで出ている三浦春馬は不幸な生い立ちだけど少し天然なところもあるという難しい役を上手く演じてくれていました。そして、主人公を邪魔する役の水川あさみはこういった役を多く演じているだけありぴったりでした。彼女の役はこのドラマのタイトルにも深くかかわる重要な役だと思うのですが、非常に良い人選だと感じました。
もし、自分がこの様な状況だったらどうするのか?このドラマの様なことが認められる社会になったらどうするのか?と非常に考えさせるドラマでした。
決して明るい作品ではなく、全体的に暗く悲しくなることも多い作品なので好みは別れると思います。

まとめ

ドラマ『わたしを離さないで』は、Paraviで配信中です!

是非チェックしてみてくださいね!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました