いぬやしき【実写映画】配信動画を無料でフル視聴する方法!あらすじ・キャスト・感想も紹介!木梨憲武×佐藤健の壮絶なバトルに圧巻!

邦画

『GANTZ』に続き原作・奥浩哉×監督・佐藤信介が再びタッグ!

人気漫画『いぬやしき』が木梨憲武主演で実写映画化!

佐藤健との壮絶なバトルに圧巻です!!

余命宣告された定年目前のサラリーマン・犬屋敷壱郎は謎の事故に巻き込まれ機械の身体を手に入れる。 一方、同じ事故で高校生・獅子神皓も身体が機械となっていたが超人的な力を得たことで自分に背く人々を傷つけていた。 そんな人々を守るため、犬屋敷壱郎が立ち向かう!

こちらでは、実写映画『いぬやしき』を無料でフル視聴する方法をご紹介いたします!

映画『いぬやしき』【予告】4月20日(金)公開

映画「いぬやしき」のフル動画は
U-NEXT』で配信中です!

初回登録は31日間無料
\600ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩ ⇩

映画『いぬやしき』 を無料で視聴する方法は?

『いぬやしき』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです♪

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます♪

ポイントは新作映画や漫画などの有料コンテンツに活用できます(*^^*)

初めて登録するのが不安だなぁという方!!

U-NEXTでは初回登録の方に《31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼント》を実施しています!

無料トライアル中に解約することもできるので、お金を払わなくても楽しむことができます(*^^*)

U-NEXTの特徴

見放題作品数NO.1!


U-NEXTより引用

U-NEXTより引用

新作映画がレンタルと同時配信

 

U-NEXTより引用

 

NHKオンデマンド作品あり(ポイント利用可)

 

U-NEXTより引用

 

80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!
※ポイントの有効期間は90⽇間

 

U-NEXTより引用

 

追加チャージで最大40%ポイント還元

 

U-NEXTより引用

 

最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

ダウンロード機能あり

 

マルチデバイス対応

 

高画質&高音質

 

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全》で
圧倒的に多い作品数が魅力的です!

広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOK!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や注意点は?

登録はこちら♪
⇩ ⇩ ⇩ ⇩
初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

U-NEXTで配信中!佐藤健出演作品!

  • 8年越しの花嫁 奇跡の実話
  • ひとよ ★
  • いぬやしき
  • 半分、青い。 ★
  • ROOKIES
  • ROOKIES-卒業-
  • 亜人
  • カノジョは嘘を愛しすぎてる
  • とんび
  • 何者
  • ハード・コア
  • るろうに剣心 ★
  • るろうに剣心 京都大火編 ★
  • るろうに剣心 伝説の最期編! ★
  • 仮面ライダー電王 俺、誕生!
  • 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事
  • 劇場版 さらば仮面ライダー電王ファイナル・カウントダウン
  • 義母と娘のブルース ★

★:レンタル作品(有料)
※2020年8月の情報となります。

映画『いぬやしき』あらすじ

定年間近のサラリーマン・犬屋敷はある日、医者から末期がんによる余命宣告を受ける。その晩、墜落事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は驚異の力を手に入れる。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神は、同じ力で欲望のままに人を傷つけていき…。

U-NEXTより引用

映画『いぬやしき』キャスト&スタッフ

犬屋敷壱郎:木梨憲武

定年間近の冴えないサラリーマン。余命3カ月と宣告された中、謎の事故により身体が機械となる。強大な力を活かして人助けることに自分の存在意義を見出していく。


 

獅子神皓:佐藤健

謎の事故に巻き込まれた高校生。犬屋敷壱郎と同様に身体が機械となったことで強大な力を手入れる。生きている実感を得るために悪に手を染める。


 

安堂直行:本郷奏多

獅子神が心を許す幼馴染で同級生。高校ではいじめられ不登校に。暴走した獅子神を止めようと犬屋敷と協力する。


 

渡辺しおん:二階堂ふみ

獅子神に密かに好意を寄せる同級生。内気な性格。指名手配となった獅子神を匿おうとする。


 

犬屋敷麻理:三吉彩花

犬屋敷壱郎の娘。父親のだめっぷりに嫌気をさしている。獅子神と安堂の同級生。漫画家を目指している。


 

犬屋敷剛史:福崎那由他

犬屋敷壱郎の息子。内気な性格で同級生からカツアゲされているが、誰にも言えないでいる。


 


 

監督:佐藤信介

原作:奥浩哉

音楽:やまだ豊

脚本:橋本裕志

製作:石原隆、市川南、吉羽治

感想・評価(ネタバレ含む)

木梨さんが、出演されている映画は初めて観ましたが、木梨さんの演技力は見ものでした。少し内気で弱気なサラリーマンを凄く自然に演じてらっしゃって、本当に実在している人のようで、こちらも自然に映画の世界に引き込まれました。私は、木梨さんが、家族と過ごしている時のシーンが一番良かったです。家族から小言を言われたり、突き放されてしまっている時に、一人で夕暮れの部屋の中、食事をしている場面は木梨さんだからこそ出せる、哀愁が漂っていて、とても味がありました。こういうサラリーマンの人って、いるんだろうな、と思いながら観ていました。 日本を乗っ取ろうとする佐藤健さんと、国民を救おうとする木梨さんのバトルも白熱していて、後半は目が離せませんでした。同じ身体に変えられてしまった二人ですが、自分に与えられた力をどう使うのか、その人によって大きく違ってしまうことが、観ていてよく伝わってきました。佐藤健さんは、悪役でしたが、「俺、もう人間じゃないんだよね」と服を脱いで、変身する筋肉質な姿が、とてもカッコ良かったです。 木梨さんが、最後に佐藤健さんを打ち負かすシーンも、とても迫力がありました。大切なものを守りたい想いが勝つんだ!と思わせてくれる、お話でした。最後はスッキリできるし、何度でも観たい映画作品の1つです!

奥浩哉原作ということで楽しみにしていました。原作ファンからすると、あまりよくない意見が目立つようですが、映画そのものを楽しむ分には、非常に良作だと思います。 内容としては、中年男性、高校生ともに気持ちが入れる作品でした。 まず、中年男性に関して、仕事でもさえず、家庭でも妻や子に相手にされないという、何のために働いているんだろう。何のために生きているんだろうという現状に対する不満とストレス。そんな中、いきなりすごいパワーを与えられ、必死で制御しようとする。その力を善の力に使おうとする。なかなかできることじゃないですね。でもそれをやり遂げる、また、全力で民間人を救ったにもかかわらず、それを出してみんなにアピールするわけでもなく、いつもの会社で馬鹿にされる日常に戻る。本当は心が強いんだなと考えさせられました。一方、何にも興味を示せず、何気なく生きている高校生。そんな高校生が力を与えられ、悪の道へと進んでいく。不安定な心を持つ高校生ならではの演出ですね。だからこそ、純粋な悪になりきれるのかな。心が苦しくなるシーンは、ネットや報道の過熱で、ずっと支え、かばってきた母親が自殺してしまうところ。映画に入り込んでしまうと、とても泣けるシーンです。詳細は書けませんが、見るに値する映画だと思います。

演出も相まって非常に面白く飽きない作品だったと思います。また、原作漫画もヤングジャンプで読んでいたのですがこの演出をどうやって実写映画として描くのか非常に興味がありましたが、CGで見事に実写映画として描かれていて原作漫画を読んだことがある人はそういった観点から見ても楽しめる映画だと思います。音楽に関しても非常に壮大な感じでよく作りこまれていると思いました。映画のストーリー上で不遇な扱いを受けてきたにも関わらず、サラリーマンの犬屋敷は困っている人達を自分の力を使って助ける善行を重ねていきますが、それと対象的に獅子神は悪行を重ねていく対比も見ていて面白かったですし、獅子神にもやむを得ないと事情があるのかなと感じました。犬屋敷と獅子神のバトルシーンも非常に演出が凝っていて見ていて驚きましたし、邦画もここまで進化したのだと感心したので見ていない人には是非進めたい邦画です。

「いぬやしき」とか言われるとなんだかおどろおどろしい雰囲気がします。館シリーズや金田一耕助の世界を思っていたところびっくり、まさかの主人公の名前でした。かなり変わった名前ですが、それをタイトルに付ける意味についてはよく分かりません。ストーリーも予想外の連続、職場でも家でも虐げられてというサラリーマンの悲哀をつづったものかと思うと本人は胃癌で余命宣告されて、そのことで家族の絆が強まるのかと思いきや宇宙人につかまって特殊能力を授けられてしまうのです。「あれれ、あれれ」といった感じでどう展開していくのか目が離せませんでした。そんな冴えない主人公をやるのは木梨憲武さん、もっとお洒落でかっこいいイメージがあったのですが特殊メイクでもしているのでしょうか。なんだか一気に老けてしょぼくれた感じになっています。CG技術はすごい。まるでハリウッド映画を観ているような感じでした。居場所がなくてしょぼくれているサラリーマンは全国どこにでもいるはずです。そんな彼らが見たらきっとすかっとすることでしょう。原作も気になりました。

木梨憲武さんを抜擢したのは大正解だと思いました。まずは演技力ですね。身近にこんなお父さんいるよねっと共感できるような演技を行っており、言いたいことも言えない、家族から虐げられているなど、ため息一つでも、家族を支えるのは大変な事なんだなっと実感できるほどでした。宇宙人からさらわれた後、自分の体が機械化するのですが、その驚き方もリアルでした。本当に改造されているようなインパクトのある表現をされており、見ていて木梨憲武さんの演技力の高さに驚きました。この映画の最大の魅力といえば、やはりCG映像と現代社会を思わせる発想にあると思います。CGは指先一つから、背中のジェットエンジンが出る部分にいたるまで、本物と見間違えるほどのリアルさがあります。飛んだあとはシャツが破れたままになっているところなんかは、実際のリアルな表現があり、細かい部分も意識して映画が作られているなっと思いました。現代社会を思わせる描写は、佐藤健さんが無差別に殺人を犯すとき、携帯の画像から、相手を射撃して殺していくシーンです。今までの映画では直接合うというリアルさが恐怖感をあおっていましたが、今回は電源さえ入っていれば、用意に無差別テロを行えたという点です。映画のあり方や創造のあり方を考えさせられました。

映画「いぬやしき」の無料動画をフル視聴する方法のまとめ

映画「いぬやしき」は『U-NEXT』で配信中です!

U-NEXTでは映画「いぬやしき」以外にもたくさんの作品が配信されており、無料お試し期間内でも十分にお楽しみいただけます!

U-NEXTより

ぜひチェックしてみてくださいね!(*^^*)

 

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩ ⇩

 

タイトルとURLをコピーしました