浦安鉄筋家族/見逃し動画配信を無料で全話フル視聴する方法【ドラマ】佐藤二朗主演!あらすじ・キャスト・感想まとめ

国内ドラマ

こちらでは、ドラマ「浦安鉄筋家族」の動画配信を無料で1話から最終話までフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

「浦安鉄筋家族」は、浜岡賢次による漫画が原作。
2020年佐藤二朗さん主演でドラマ化されました!
浦安市に住む大沢木家が巻き起こすエクストリームホームコメディです!
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

ドラマ24 浦安鉄筋家族 | 主演:佐藤二朗 | 4月10日(金)深夜0時12分スタート!テレビ東京

結論から言いますと
浦安鉄筋家族」のフル動画は
Paravi』で配信中です!

初回登録2週間無料!

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paravi

人気ドラマもParaviで配信中です!

  ⇩ ⇩ ⇩

『浦安鉄筋家族』 を無料で視聴する方法は?

上記でもお伝えしましたが『浦安鉄筋家族』は、動画配信サービス【Paravi(パラビ)】で配信中です!

そこで【Paravi】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

国内ドラマ・TBS/テレ東系が豊富なParavi!

【Paravi(パラビ)】は、月額925円(税抜)の動画配信サービスです!

主にTBS/テレビ東京系列のドラマやバラエティParaviオリジナル作品が充実しています!

初めて登録する方には《2週間無料体験》があり、無料期間内に解約することも可能なので2週間のみ楽しむこともできますよ!

Paraviの特徴

①国内最大級のドラマアーカイブ数

②TBS/テレビ東京系列/Paraviオリジナル作品が見放題

③放送中のドラマやバラエティの見逃し配信あり

④Paravi独占!人気ドラマのスピンオフあり

⑤毎月500円チケット付与
(レンタル作品が視聴できます)

⑥PC/スマホ/タブレットで対応可能!

⑦高画質&広告なしのストレスフリー

⑧初回2週間無料お試し体験あり

初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
Paravi簡単な登録方法の手順や注意点
Paravi解約方法の手順や注意点

初回登録2週間無料!

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paravi

「浦安鉄筋家族」あらすじ

1発目「大鉄ノースモーキン」

限りなく東京に近い千葉、浦安。“夢の国”から少しはずれたところに、どんな些細な出来事でも大波乱になってしまう大沢木一家が住んでいた。

タバコ大好きなタクシー運転手・大鉄(佐藤二朗)はある日、妻・順子(水野美紀)による家族裁判で「禁煙刑」を言い渡されてしまう。彼氏・花丸木(染谷将太)とのデート代が欲しい長女・桜(岸井ゆきの)をはじめとして、家族総出で父の禁煙作戦に協力しようとするが、それがまさかの監禁・チェイスととんでもない大波乱の展開に!果たして、大鉄の禁煙作戦は成功するのか!?

とにかくパワフルで極端な家族が巻き起こす、エクストリーム・ホームコメディ!

2発目「順子エマージェンシー」

いつもの騒々しい朝、息子・裕太(キノスケ)が発熱!?

役立たずの父・大鉄(佐藤二朗)にケリを入れつつ、母・順子(水野美紀)は病院へ猛ダッシュ!…のはずが、なぜかベビーファイトからのマザーファイト!?次々と襲い掛かる障害に順子はエマージェンシーモード!果たして、裕太を無事病院へ連れて行くことはできるのか!?

3発目「桜らむドリーミン」

父・大鉄(佐藤二朗)から「花丸木(染谷将太)と別れろ」と言われる長女・桜(岸井ゆきの)。

なんたって桜の彼氏・花丸木は、肌の抵抗が少ないためにするすると服が脱げていってしまう裸ん坊。そんなデート現場を、大鉄は偶然見かけてしまったのだ。桜は大鉄に「お父さんなんて他人よ」と言い放つ。そんなある日、思いがけず花丸木と家で勉強デートをすることになった桜は、自分の家族の粗を知られたくない!とダメオタニートの長男・晴郎にドロップキックを見舞ったり、なぜかトイレに現れた巨大ウンコを処理することになったりとてんやわんや!ただの勉強デートがどうしてこんなことに!?果たして、桜の純情は守られるのか!?

4発目「春巻ティーチン」

ある日、大沢木家に不審者が侵入する事件が…!??と思いきや、正体は小鉄のクラスの担任・春巻龍(大東駿介)だった。腹をすかせてはタダ飯を食らおうと生徒の家を訪ねるサイテー教師・春巻は金欠ゆえに学校に住み着くろくでなし。

ある日、ひょんなことから学校で小鉄のクラスの酷い有様を見てしまった順子(水野美紀)は、ついついお節介をしてしまい生徒達から賞賛を浴びる。そんな姿を見た春巻は、悔しさからか行方をくらましてしまい…!??

5発目「西川家ムービン」

ある日、大沢木家の隣に、関西人のドケチ族・西川家が引っ越してきた!しかも、西川父(バッファロー吾郎A)は大鉄(佐藤二朗)の同業・タクシー運転手でライバル関係。順子(水野美紀)もスーパーで西川母(MEGUMI)と大バトル!

晴郎が起こしたある事件をきっかけに、この両家族がお隣さん同士であったことが判明する。関東VS関西のプライドを懸けた世紀の大バトルは、野球ゲームで決着をつけることに!?泥仕合の行方は如何に!?

6発目「チャーハン平らげヌーン」

ある日、裕太(キノスケ)を金鉄(坂田利夫)に預けられることになった順子(水野美紀)は、大鉄(佐藤二朗)を外食に誘う。ところが不運続きで人気店への入店が叶わず、気づけば激マズ中華店で大食いチャレンジすることに…。

大鉄vs巨大チャーハン!成功したら賞金1万円!残したら罰金1万円!エマージェンシー発動であの大沢木家が一致団結!?天国か地獄か?ひと粒たりとも残せないライスバトルの幕が開く!

7発目「ビンの蓋あけ大会!?最強挑戦者たち!」

今日は特別スペシャルデー!1年に1度の大沢木家結婚記念日!こんな日ぐらいはしっぽりと、2人で楽しい晩酌を――そんな願いで順子(水野美紀)が買った一升瓶…あれ?開かない!何が?フタが!何が何でも飲みたい順子は何が何でもあきらめない!山田誉vs浦安市民…さらに伝説の破壊王降臨!?開けたヤツは持ってけ懸賞!死闘必至!開封バトル執念のゴングが鳴り響く!ぐわあああああー!腕があああああー!顔面がああああーーー!

8発目「夏の心霊祭り!?稲川淳二も参戦!?」

霊が見えすぎる霊媒師ボギー愛子もびっくり!大沢木家は霊のスクランブル交差点?稲川ジューンはタクシーで怪談話?禍々しい土井津家で妖怪大戦争?騒動に巻き込まれた大鉄(佐藤二朗)と順子(水野美紀)…霊が憑いて大暴れ!刺す!掴む!投げる!衝撃映像大連発で、金鉄(坂田利夫)も思わず幽体離脱!?霊だらけの大運動会で大沢木家は一体どうなるわさー!

9発目:晴郎アローンでニート長男返り咲き!?

限りなく東京に近い千葉、浦安。“夢の国”から少しはずれたところに、どんな些細な出来事でも大波乱になってしまう大沢木一家が住んでいた。そんな一家の悩みの種は、パラサイト長男・晴郎(本多力)。キモくて、ウザくて、サイアクで…しまいには、発明に失敗して家を爆破!?呆れた順子(水野美紀)の宣告は、準家族へのランクダウン!!まさかの事態に焦る晴郎は一体どんな方法で返り咲く!?そんな矢先、留守番中の大沢木家に不審者侵入!これは緊急事態!格上げ目指した晴郎の孤軍奮闘・晴郎アローンが今始まる!

10発目「大沢木家に恋の季節到来!?腕相撲対決」

限りなく東京に近い千葉、浦安。“夢の国”から少しはずれたところに、どんな些細な出来事でも大波乱になってしまう大沢木一家が住んでいた。そんな大沢木家で大鉄(佐藤二朗)vs順子(水野美紀)のタバコ争奪腕相撲大会が勃発!しかし大鉄はあっさり敗北してしまう。大黒柱としての矜持を保つべく、夜の再戦に向け晴郎(本多力)を巻き込んだ特訓を開始する。一方順子は小鉄がもらったラブレターを偶然発見!動揺しつつも子供の恋路に興味津々な順子は…。さらに春巻(大東駿介)は宇宙人の実験台に!?挙句の果てには“サイボーグ大鉄”爆誕!?

11発目「大沢木家がサンタモニカ旅行!?」

限りなく東京に近い千葉、浦安。“夢の国”から少しはずれたところに、どんな些細な出来事でも大波乱になってしまう大沢木一家が住んでいた。中でも大鉄のだらしなさは空前絶後。家族サービスなどもってのほか…と思いきや、順子が大鉄のある行動を、なんと「温泉旅行を計画している」と勘違い!「歴史的事件」「奇跡」と色めき立つ大沢木一家!やがて旅行話は浦安中に広まって…辿り着いたのはサンタモニカ!?そんな騒動が引き金となって、大鉄の見に何かが起こる。

「浦安鉄筋家族」キャスト

大沢木大鉄:佐藤二朗

大沢木順子:水野美紀

大沢木桜:岸井ゆきの

大沢木晴郎:本多力

大沢木小鉄:斎藤汰鷹

大沢木金鉄:坂田利夫

大沢木裕太:キノスケ

花丸木:染谷将太

春巻龍:大東駿介

麻岡ゆみ:松井玲奈

仁ママ:宍戸美和公

大鉄のタクシー常連客:滝藤賢一

大谷暑司:大仁田厚

江戸紫桃代:アジャコング

柳梅:藤田朋子

浅野:角田貴志

井上:石田剛太

宇野:中川晴樹

土井津仁:細井鼓太

鈴木フグオ:小山春朋

上田信彦:山城琉飛

菊池あかね:土屋希乃

西川のり子:平澤宏々路

ナレーション:木野花

みんなの感想

ドラマとしての仕上がりが正直言ってかなり想定外に良くて、原作うんぬんは置いておいたとしてもかなり面白いドラマになっていました。主人公を演じる佐藤二郎さんのキャラクターはやはり立っていましたし、それを囲む家族それぞれのキャラクターも誰も埋もれることもなく、引き立っていたので、画面の充実感が非常に強かったです。私自身原作のファンだったので、正直かなり仕上がりには不安がありました。しかしそんな不安はまるで必要ありませんでした。原作ファンへの目配せもしながら、ドラマ独自の目線もあり、破天荒なギャグもしっかり盛り込んだうえでしっかりストーリーが進むのは、流石の出来だったように感じました。原作漫画を読んでバカ笑いするのと同じ感覚で笑うことが出来たのも凄く嬉しかったですし、元気をもらえる作品でした。
漫画にない要素で言うならば、やはり劇中の音楽があげられます。ギャグが軸となるシーンではあまり邪魔をしないように、場面の展開次第では盛り上がってみたりと適度な切り替えが出来ていて画面の良いアシストになっていたように感じました。ギャグ漫画、お笑いが好きな人にはもちろんですが、子供から大人まで幅広い層にオススメできる作品です。

ギャグマンガ原作のドラマ『浦安鉄筋家族』を毎週楽しみに見ています。
元々かなりぶっ飛んだ内容のギャグマンガであることを知っているので、実写での再現性が心配だったのですが心配無用でした。
一度見てみると出演陣の演技の振り切れっぷりが面白く実写ドラマならではの良さが感じられます。
特に大沢木家の母・順子役は最近怪演で話題になることが多い水野美紀さんなのですがプロレス技、変顔、怒鳴り声など面白過ぎです。父・大鉄役の佐藤二朗さんもアドリブ全開(普通に見ているだけでも脚本にないアドリブで小ネタを挟んでいるのがわかります)で、しかもそれを他の出演陣が拾っていっているので役者陣の演技力を楽しむことができます。大沢木家だけでなく他のモブキャラも個性的で、ちらほら有名人がゲスト出演しているので毎回楽しみです。
基本的には不条理なギャグなのですが、時々家族の絆や友情、地域愛みたいなホロリとするエピソードもさらっと混ぜられているので不覚にも感動してしまう回もあります。
全体的にテンポがよく、一度見終わった後で動画配信で見返すと最初は気づかなかった細かい小ネタが仕込まれていたりするので、複数回見ても面白いドラマで気に入っています

このドラマの見どころは大沢木家で巻き起こるドタバタコメディで些細なことでも笑いが生まれるんです。佐藤二朗が演じる大鉄と水野美紀が演じる順子の夫婦のやり取りというのが秀逸です。2人の演技がアドリブだらけのように見えて普通に笑ってしまっている場面等も結構あるんです。そこに注目しながら見るのもこのドラマの楽しみ方の一つです。個人的には本多力が演じる長男・晴郎が1番好きな存在です。完全なオタクで大沢木家の自宅警備員ということで役に立たない男なんです。そんな晴郎が大鉄と順子からの理不尽な扱いというのが見ていて面白いです。大鉄からはほぼ毎回ビンタされていてそれも何の理由もなくビンタされてしまうのが笑ってしまいます。そして順子からは存在自体を平然と否定されたりとむちゃくちゃな扱いを受けているんです。挙げ句の果てには準家族とまで言われる始末の晴郎なんですがへこたれず生きているのがすごいなと思い応援しています。このドラマのゲスト出演というのもなかなか多彩でアジャコング、大仁田厚、真壁刀義など結構プロレスラーが突如現れます。その他もお笑い芸人や広瀬アリスなども出演したりとゲストに注目しながら見るのも楽しいです。

「浦安鉄筋家族」に関しては、漫画はあまり読んだことなかったですけど、思いのほか面白かったなという印象が強いです。
ドラマ版のこち亀に似たような雰囲気を感じる作品で、ストーリーそのものよりは実写であること自体に面白さを感じやすかったと思います。
原作はギャグ漫画みたいですけど、ドラマでもそういう要素がかなり現れていて、笑えるシーンが非常に多くあったと感じています。
このドラマに関してはギャグ要素が強いということで、やはりその部分を魅力的に表現できるキャストが非常に重要だったと言えますけど、そこはかなり良かったのではないでしょうか?
特に主演を務めた佐藤二朗さんについては、相当ハマり役だったのではないか?と、個人的には評価しています。
この人に関してはこういう役を今まで何度もやってきた印象がありましたから、この作品においても割と自然に見ることができたと感じました。
テレビ東京のドラマって、原作が漫画の作品をかなりドラマ化している印象ですけど、結構コアなところを攻めるなというイメージです。
浦安鉄筋家族に関してはまさにそんな感じで、当初は実写化は意外な感じもしましたけど、実際にドラマとして見ると面白いわけで、良いチョイスだったんだなと思っています。

「浦安鉄筋家族」は原作の漫画において、乱暴だし、下ネタも多く、今では少し時代錯誤の感もあるけれど直せないキャラクター・ワールドに見える。だから、ちゃっちゃっとやっちゃって、馴染んでもらったら、いいんじゃないかという事で始まったかもしれないんですけど、COVIDの関係でお休みがあって、その間に撮影の為に借りていた主人公の大沢木家の住宅が取り壊しになり、ちゃっちゃっという訳にはいかなくなった感があり。そうしたら、テレ東スタッフの熱の入れようと言ったら、長男・晴郎の化学実験により家を爆破してしまった為リフォームしたという事になって、おまけに宇宙人キャラが大沢木家住宅を侵略しに来るというストーリーが爆発。意表を突かれた視聴者はついていくべきか否か。浦安市民からすれば、浦安の誇り、適当なこじつけよりもずっといい。だって、この宇宙人が言う事には、地球は浦安星という呼び名で呼んでしまったのだから。
 浦安中の猛者どもがこぞって、大沢木家を訪ね、夫婦のお祝いの酒瓶の蓋開けに挑んだ前回よりも格段にパワーアップ!。それ見よ、首都高の「浦安」っていう表示は何だ?とかもう言わせないぞ。ナンノ(南野陽子)の「シンデレラ城への長い道のり」の歌詞によれば、風が強くて、土埃だらけの浦安がついに…。

原作の良さを殺すことなく自分の色や不思議な世界観を組み込んで、原作を知っている人でも楽しめるような脚本を書く劇団ヨーロッパ企画の上田誠さんが参加されているのに魅力を感じて観始めました。
どうしても内輪ネタっぽかったり、下ネタに走り新鮮さがないものが多くて、ベタすぎるギャグマンガは苦手なので、このドラマもどうなるんだろうと思っていましたが、小学生のノリとでもいうような稚拙で、ふざけたようなギャグは多いですが、不思議と笑ってしまい観終わった後に心が温かくなるような気持になるのでこのドラマは別格で毎週楽しみにしています。また面白いから笑えというような強制されている感じじゃなく、にやりとするような話なので、1日の終わりの疲れたタイミングに観ると、ジワリと幸せな気分が溢れます。
ギャグドラマなのに出演する俳優さんは本格的で、若手実力派の染谷将太と岸井ゆきの、シリアスから本格ドラマまで色んな役をこなす佐藤二朗、ヨーロッパ企画の劇団員の本多力など、ぜいたくなキャスティングと共演も見どころのひとつです。
毎回登場する豪華なゲストも見どころで、まさかというタイミングで武井壮などが本人役で登場したり、カオスすぎます。

まとめ

ドラマ『浦安鉄筋家族』は、Paraviで配信中です!

是非チェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました