ノーサイドゲーム/公式見逃し動画配信を無料で全話フル視聴する方法【ドラマ】大泉洋主演!あらすじ・キャスト・感想まとめ

国内ドラマ

こちらでは、ドラマ「ノーサイドゲーム」の動画配信を無料で1話から最終話・スピンオフをフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

「ノーサイドゲーム」は、半沢直樹などでも知られる、池井戸潤さんの小説が原作。
上司に楯突き、本社から工場の総務部長に左遷された主人公・君嶋隼人が会社の弱小ラグビーチームのゼネラルマネージャーを兼務し、再建を目指す物語。
2019年大泉洋さん主演でドラマ化されました。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

BD&DVD「ノーサイド・ゲーム」2020年1月10日(金)発売!!

結論から言いますと
ノーサイド・ゲーム」のフル動画は
Paravi』で配信中です!

さらにスピンオフの
大泉洋さん私の勝負メシどうでしょう?
も配信中です!

初回登録2週間無料!

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paravi

 

Paraviでは人気作品も配信中!!

  ⇩ ⇩ ⇩

『ノーサイド・ゲーム』 を無料で視聴する方法は?

上記でもお伝えしましたが『ノーサイド・ゲーム』は、動画配信サービス【Paravi(パラビ)】で配信中です!

そこで【Paravi】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

国内ドラマ・TBS/テレ東系が豊富なParavi!

【Paravi(パラビ)】は、月額925円(税抜)の動画配信サービスです!

主にTBS/テレビ東京系列のドラマやバラエティParaviオリジナル作品が充実しています!

初めて登録する方には《2週間無料体験》があり、無料期間内に解約することも可能なので2週間のみ楽しむこともできますよ!

Paraviの特徴

①国内最大級のドラマアーカイブ数

②TBS/テレビ東京系列/Paraviオリジナル作品が見放題

③放送中のドラマやバラエティの見逃し配信あり

④Paravi独占!人気ドラマのスピンオフあり

⑤毎月500円チケット付与
(レンタル作品が視聴できます)

⑥PC/スマホ/タブレットで対応可能!

⑦高画質&広告なしのストレスフリー

⑧初回2週間無料お試し体験あり

初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
Paravi簡単な登録方法の手順や注意点
Paravi解約方法の手順や注意点

初回登録2週間無料!

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paravi

「ノーサイドゲーム」あらすじ

トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は出世頭と目されるエリート社員。家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)、尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。ある日君嶋は企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に対し反対意見を述べる。君嶋の意見が通り買収は見送られたが、同時に君嶋は本社から府中工場の総務部長に飛ばされることになった。異動初日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣)をはじめとしたトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。総務部長はアストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務することになっているという。社長である島本 博(西郷輝彦)の肝煎りで創設されかつては強豪だったアストロズだが、今は成績が低迷。それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物と囁かれる始末。ラグビーについては知識も経験もない君嶋には気が進まないことばかりだった。しかし後がないのは君嶋も同じ。自らの再起を考えた君嶋は・・・。

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋(大泉洋)は大きな困難に直面していた。新監督人事が進まないのだ。キャプテンの岸和田(高橋光臣)からも早く監督を決めるようお願いされるが、ラグビーの経験も知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのかわからない。ない知恵を絞っても始まらない。君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練る。チームを優勝させるには優勝経験を持つ者を監督にしたい。しかし前GMの吉原(村田雄浩)が残していった候補者は物足りない。そんな時、多英(笹本玲奈)が先日城南大学の監督を退任したばかりの柴門(大谷亮平)の名を口にする。柴門は大学を三連覇に導いた男で、なんと君嶋とは知り合いだった。君嶋は柴門に監督就任を打診するが、取り付くしまもなく断られてしまう。それにはアストロズ関係者も知らなかった過去の出来事が関係していた。監督人事に苦しむ一方、君嶋は元上司の脇坂(石川禅)から滝川常務(上川隆也)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞く。この話が成功して滝川が次期社長になれば君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなく0に近づく。君嶋はどうなってしまうのか・・・。

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMを務める君嶋(大泉洋)は、様々な数字を分析し黒字への可能性を探る。しかし昨年の平均観客数は非常に低く、その観客の大多数はタダ同然でバラ撒かれたチケットでの入場者だった。人気もなくチケットも売れなければ黒字化など不可能。さらに、プラチナリーグに参加している企業チームは日本蹴球協会に高額の参加費を払っている。協会はその資金を元手に試合の運営や宣伝、チケットの販売管理などを行っているが、参加費に見合うリターンがあるわけではない。君嶋は各チームのGMが集まる会議の席で収益向上のために知恵を出し合おうと提案するが、協会専務理事の木戸(尾藤イサオ)に一蹴されてしまう。他のチームのGMたちも君嶋に賛同する者は誰一人おらず・・・。府中に戻った君嶋はファン獲得のために地元に密着した活動をしようと提案する。しかし新しいことを始めるには予算がかかるため、君嶋は追加予算を獲得するべく役員会議で滝川常務(上川隆也)と対決することに。数日後、新監督の柴門(大谷亮平)は過酷で高度な練習を消化させるため選手をクラブハウスに寝泊りさせ合宿を始める。仕事以外はラグビー漬け、その合間にファンを増やすためのボランティア活動をさせられている選手たちはイライラを募らせていく。キャプテンの岸和田(高橋光臣)は何とかチームをまとめようとがんばるが、心身ともに疲労し練習中に怪我をしてしまう。病院に運ばれた岸和田は、そこで車椅子の少年・雄太(高木波瑠)とその母親(ホラン千秋)に出会い・・・。

ある日、本社に呼び出された君嶋(大泉洋)はプラチナリーグ勝利を滝川常務(上川隆也)に報告するが、滝川は厳しい口調でラグビー部に否定的な言葉を重ねる。それを聞いた君嶋は気を引き締めて更なる勝利と集客を誓う。そして君嶋は以前のツテを使いアストロズにビジネス誌の取材を持ってきた。レギュラー選手たちが写真を撮られている脇で、佐々(林家たま平)たち控え選手は雑用をこなしながら自分も取材されたいと闘志を燃やす。しかし、トキワ自動車府中工場で深刻な問題が発生した。佐々のせいで数千万円分の取引が破談になったというのだ。彼の言動が「府中グリーンカントリークラブ」の責任者・青野(濱津隆之)の機嫌を損ねたことが原因らしい。佐々は肩を落とし、ラグビー部員たちも白い目で見られることに…。さらに君嶋にとってショックなことが起きた。あのカザマ商事買収案が取締役会議を通過したのだ。そしてこの件は何者かにリークされ、正式契約を待たずに世の知るところとなった。さらに買収を手がけた滝川は不採算部門のリストラも考えているらしい。君嶋は窮地に立たされる。

君嶋GM(大泉洋)の経営戦略と柴門監督(大谷亮平)の最新ラグビー理論が合致したアストロズは勝ち星を重ねていった。今年は優勝を伺える位置におり選手たちの士気も高い。一方、カザマ商事買収の道筋をつけた滝川常務(上川隆也)は経済誌で堂々とコスト削減を論じるなど目に見えて影響力を増している。しかしこの件がリークされた裏には滝川とカザマ商事・風間社長(中村芝翫)のある関係性があった。それに気づいた君嶋は元上司・脇坂(石川禅)に調査を依頼する。そんなある日、滝川が府中工場の視察にやってきた。滝川は工場の合理化を推し進めて人件費などのコストを削減するつもりなのだ。リストラが断行されれば廃部に追い込まれるかもしれない。連勝に沸く選手たちにも不安が芽生え始める。さらに、柴門はサイクロンズ戦の活路が見えず焦る。津田監督(渡辺裕之)は自分の手の内を知り尽くしている。だが、君嶋の発言にヒントを得て選手たちに指示を出す。数日後、アストロズはレスリング道場にいた。そしてサイクロンズ戦まで数日に迫る中、柴門には津田の因縁を面白がるマスコミからの取材依頼が殺到していた。これを集客に結び付けるべく、君嶋はトキワ自動車本社に津田を招いて両監督の合同記者会見を仕掛ける。

サイクロンズ戦には敗れたもののプラチナリーグを2位という好成績で終えたアストロズ。選手たちが喜ぶ中、GMの君嶋(大泉洋)は渋い顔だ。優勝という目標を達成できなかったうえに収支もほぼ改善していない。来年度予算を承認してもらうため君嶋は役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮を目論む滝川常務(上川隆也)から全否定されてしまう。島本社長(西郷輝彦)のとりなしで辛くも予算は承認されたが、アストロズを取り巻く環境は厳しいままだった。数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は経営戦略室に戻ってくるよう勧誘される。脇坂は滝川常務と同期で、増大する滝川の勢いを削ぐために君嶋を手元に置きたいのだ。GMとして自信を失っている君嶋はこの誘いに揺れる。自らの身の振り方に迷う君嶋だが、GMとしてできることをやろうと決める。やはりラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支は改善しない。君嶋は昨年同様GM会議の席上で改革案を提案する。すると、その席に日本蹴球協会会長・富永(橋幸夫)が現れ…。

アストロズに七尾(眞栄田郷敦)が加わった。スピードとテクニックを誇る七尾だが、絶対エース・浜畑(廣瀬俊朗)とポジションが被る。紅白戦では控え組が勝ったとはいえ、浜畑・里村(佳久創)のレギュラーコンビの壁は厚く、七尾と佐々(林家たま平)は練習でやり込められる日々が続いていた。そんな中、サイクロンズの津田監督(渡辺裕之)は秘密裏に浜畑に接触し…。一方、君嶋(大泉洋)はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)の元を訪れていた。以前に星野から聞いたタンカー座礁事件とカザマ商事のオイルの関係が気になっていたのだ。星野がオイルと事故の因果関係を調査した森下教授(辻萬長)に改めて確認したところ、事故の原因とは関係ないとの結論が出たという。星野は取り越し苦労だったと謝るが、津田と浜畑の密会を見た者がいるとまたもや君嶋が仰天する情報を伝える。

里村(佳久創)が抜けたアストロズは落胆するどころか開幕戦に向けて激しいレギュラー争いが繰り広げられていた。中でも新加入した期待の七尾(眞栄田郷敦)はスタミナ不足を露呈し、スタンドオフのポジション争いは浜畑(廣瀬俊朗)がリードしていると思われた。しかし浜畑は七尾のスタミナ不足の原因を見抜き、解決策を伝える。そんな頃、ゴルフ場建設反対派が再び府中工場前に集まるようになった。君嶋(大泉洋)は総務部長として反対派の声を聞こうとリーダーの苗場(金山一彦)に声をかけ懇親会を開催する。するとある疑問が浮かび、君嶋はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)に自らの考えを打ち明ける。その一方、ゴルフ場の責任者・青野(濱津隆之)とも君嶋は会話を続ける。青野は熱い夢を語るのだが…。

トキワ自動車本社では滝川常務(上川隆也)を中心としたカザマ商事買収に関する会議が行われていた。経営戦略室長の脇坂(石川禅)は会議のメンバーではない君嶋(大泉洋)をこの会議に臨席させる。君嶋はある資料を用意していた。一方、今年こそ優勝を目指すアストロズでは七尾(眞栄田郷敦)がレギュラー入りし、浜畑(廣瀬俊朗)は控えに回った。しかし浜畑が控え組をまとめたおかげで控え組のレベルも上がり、全体的な戦力アップがなされていた。そんな中、柴門(大谷亮平)は七尾の弱点を発見し…。

カザマ商事買収の一件を収束させて常務に昇進した脇坂(石川禅)は、これまでの態度を一変させラグビー部廃止を公言。次の取締役会でアストロズの予算削減を提案するという。これが可決されればアストロズ は廃部に追い込まれてしまう。君嶋(大泉洋)は日本蹴球協会の専務理事・木戸(尾藤イサオ)にプラチナリーグの改革案を持ち込むが・・・。一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。ブレイブス戦で膝を負傷し た浜畑(廣瀬俊朗)も懸命なリハビリを続けていた。そんな時、君嶋は練習グラウンドに怪しい男性がいる との知らせを受ける。その男・赤木(櫻井翔)はいったい何者なのか。そして、ついに決戦の日を迎える。

(TBSサイトより)

「ノーサイドゲーム」キャスト

君嶋隼人:大泉洋

佐倉多英:笹本玲奈

星野信輝:入江甚儀

脇坂賢治:石川禅

吉原欣二:村田雄浩

新堂智也:藤原光博

藤島レナ:阿部純子

中本理彩:山崎紘菜

吉田夏帆:南端まいな

島本博:西郷輝彦

柴門琢磨:大谷亮平

滝川桂一郎:上川隆也(学生時代:溝口琢矢)

岸和田徹:高橋光臣

七尾圭太:眞栄田郷敦

本波寛人:天野義久

浜畑譲:廣瀬俊朗

安西信彦:齊藤祐也

佐々一:林家たま平

友部祐規:コージ(ブリリアン)

里村亮太:佳久創

有馬真吾:村田琳

笠原豪:笠原ゴーフォワード

中本元気:勝山翔

玉木俊太:榎本鉄平

高輪祐太:眞弓葉詩

飯野雄貴:飯野雄貴

西荻崇:田沼広之

岬洋:鶴ヶ﨑好昭

林田公一:株木孝行

立川悟:水本竜弥

端本太郎:端本太郎

大和航平:北川勇次

仲村慎祐:仲村慎祐

伊吹誠介:伊吹誠介

森本竜馬:森本竜馬

石川悠太:石川悠太

秋元太一:板垣悠太

小野勘太:邉津勘太

小西大樹:小西大樹

戸村銀太郎:髙橋銀太郎

岩爪航:岩爪航

井上卓哉:井上卓哉

新井龍一:新井龍一

阿久根潤:阿久根潤

工藤元気:工藤元気

渡辺真也:しんや

君嶋真希:松たか子

君嶋博人:市川右近

君嶋尚人:盛永晶月

津田三郎:渡辺裕之

鍵原誠:松尾諭

富野賢作:佐伯大地

風間有也:中村芝翫(学生時代:中村橋之助])

柴門シオリ:川田裕美

「多むら」の女将:凰稀かなめ

松岡龍一:田代輝

森下章市:辻萬長

青野宏:濱津隆之

苗場章雄:金山一彦

木戸祥助:尾藤イサオ

富永重信:橋幸夫

相関図

みんなの感想

ノーサイド・ゲームはちょうどラグビーワールドカップで日本代表が大躍進していた時に放送されていたドラマですね。
私も多くの人と同様にラグビーにあまり興味がなかったのですが、このドラマとワールドカップのお陰で立派なにわかファンになってしまいました!
試合を見ているとよくわからないルールや戦術など、特に戦術がドラマだと詳しく解説されていたのでとても勉強になりました。
ノーサイド・ゲームの主演は大泉洋さん。
私は彼がまだ北海道の売れないタレントだった時から応援していたので、感無量でした。
まさか日曜9時の池井戸ドラマに出演して、しかも主演を張るようになるとは!
ノーサイド・ゲームは他のスポーツドラマとは違い、試合の臨場感がとても良かったですね。
本当に試合を見ているような気分になってしまい、放送回ごとに手に汗を握りながら試合の流れを見ていました。
これまでのスポーツドラマって、試合のシーンや練習のシーンがクローズアップされることってあんまりなかったと思います。
特にサッカーやラグビーのような動きの多いスポーツの場合、試合が嘘っぽいとドラマ全体が嘘っぽくなってしまうから仕方のないことなのですが。
そういった意味でストーリーだけではなく試合のシーンにも力を入れていたので人気の理由だったのかと思います。

ラグビーファンだったので「ラグビーのドラマが始まる!」と楽しみに視聴したのですが、大満足でした!
ストーリー展開として、ラグビー好きもそうじゃない方も楽しめるストーリーで、逆境に立ち向かいながら進んでいく姿は本当に勇気が出ます。
難しい状況でも諦めず、その中で仲間との絆が芽生え、1つの不可能と言われる大きな目標に立ち向かっていく姿は思わずテレビ越しに立ち上がって応援してしまう臨場感がありました。そして、ただのスポーツドラマではなく、会社員としての描写もあり部活動をする学生の方も働く社会人方もどちらの目線でも楽しむことができます。
個人的には学生に見て、大人ってかっこいいな!とか少し思ってもらえたら嬉しいな〜なんて思いながら見ていました。
日曜日に放送されていたのですが、社会人の私は、日曜日にこの作品を見て少し熱くなりよりいい仕事をできるように私も頑張ろう!気持ちを高めていました。
みどころは、実際のキャストの方が本当に行ったラグビーシーンと主人公(大泉洋さん)と奥様(松たか子さん)の家でのやりとりです。奥様が、決して突き放しているわけではないものの、現実的ででも心の中では旦那さんを応援しているやりとりです。シュールで面白くほっこりする時間です。総じて見てよかったなと思えるドラマでした。

池井戸潤さん原作のドラマで大泉洋さん演じる君嶋と弱小ラグビー部がともに復活をかけたストーリーが描かれていて、池井戸潤さんのドラマらしくワクワクドキドキ感のあるドラマとなっていてみているこちらも熱い気持ちになれます。ラグビーというスポーツのドラマはあまり描かれていないので新鮮さがありつつも仲間との絆や取り組む姿に感動を覚えます。このノーサイドゲームの出演者に関しても、アスリート系俳優さんや現役ラグビー選手や引退したラグビー選手も多く出演をしていてドラマ内の試合のシーンも本当の試合を見ているぐらい迫力があって良いと思います。このドラマの主な出演者も主演の大泉洋さんの他に松たか子さんや大谷亮平さん、上川隆也さんや高橋光臣さんやあおい輝彦さんをはじめ、このドラマでデビューした廣瀬俊朗さんや市川右近くんや眞栄田郷敦さんなど多くの出演者が出演をしてドラマを盛り上げてくれています。そして、ドラマを盛り上げてくれているのがこのドラマの主題歌でもある米津玄師さんの「馬と鹿」です。絶妙なタイミングで流れてくるので気持ちが一気に盛り上がってきます。ラストはとても感動する終わり方とその後をみたいと思えるドラマでした。

ラグビー人気の頃そんなにスポーツに詳しくもなくその輪の中兄入りたくないと思っていたのでラグビー主体のドラマがどんなものか興味はありませんでした。でも、このドラマの中にはそのプロスポーツ選手が起用されていたりと、古参からのファンはもちろんにわかファンも喜ぶ仕掛けがあったのではと思います。アストラズに関する問題はそんなに興味がありませんでしたが、大泉洋さんんと、松本さんの夫婦としての掛け合いが回を重ねるごとにくせになってきたと思います。アナ雪の印象も強う初めは違和感がありましたが、少しぶっきらぼうな感じが男の子を育てる母親らしいな自然体だったと感じます。最終回に向けてレジェンドプレイヤーが登場したり、嵐の桜井さんや松家修三さんなど、どことなくラグビーに関係のある芸能人が出てきていたのは後から見るとすごいなとおもいます。でも、リアルタイムで見たたら異物のように感じたので、じわじわと物語に触れていってほしかったな、セリフの上だけでもと思いました。謎の人物や名指導者的な立ち位置ならそれとなく言葉だけで登場してほしかったその存在が大きくなったところで最終回に姿を見せるとかっていう仕掛けはリアルタイムで台本を書いてると大変な作業だろうな。

「アストロズ」部員に元ラグビー日本代表選手の廣瀬俊朗をはじめ“リアル”なラガーマンを何名もキャスティングしているのでラグビーをしているシーンがとても迫力を感じることが出来ました。
とくに浜畑が何度もラックに入り膝を負傷しながらもボールを死守する姿が見ていると感度出来ました。今までラグビーのことをあまり知りませんでしたが、このドラマを見てラグビーの面白さを知ることが出来てとても良かったです。
ドラマの中で裏切りなどもあり生きるのって辛いなと思いましたがとても共感することが出来ました。
このドラマの中ではラグビーのチームとそのチームを抱える会社内の問題などを上手く描いていると思いました。
君嶋はラグビーに全く興味がなかったどころかラグビーのことが好きではありませんでした。
そんな君嶋がラグビーに触れていくうちに好きになって行くのと同じようにドラマを見ているとラグビーの面白さに嵌って行きました。
いろいろな苦労があっても、頑張っていれば報われるというストーリーが良かったです。
君嶋を演じた大泉さんの演技も見ていてとても好感が持つことが出来て、松たか子さん演じる奥さんとの会話のシーンはとても好きなシーンでした。

主役の大泉洋さんが好きでドラマをみました。コメディー的な役柄が多い大泉さんですが、感動的なストーリーの中で、コメディータッチは抑えた感じの作りになっていたかと思います。ラグビーのドラマといえば、名作のスクールウォーズがありますが、その社会人版を現代風にした作品との印象を持ちました。全くラグビーのルールも知らないゼネラルマネージャーが選手とともに成長していく姿はとても面白く、ラグビーワールドカップの影響もあり、私の周りにもドラマを見ていた人が多かったです。全体のストーリーの流れと個人の選手に焦点を当てた部分が見てる人を引きつける形で展開されており、その中にも大泉さんならではのコミカルなやりとりも随所に散りばめられており、最後まで飽きずに毎回楽しみにして見ていました。昔はスポ根的な作品も数多くあった気がしますが、最近ではスポーツも根性、努力を泥臭く描くよりは人間関係や組織のあり方、信念の貫き方などに焦点を当てる作品が増えているなと感じます。スクールウォーズ以来、ラグビーに関心を持った作品でしたが、ラグビーに興味がない人も楽しめるドラマだと思います。また、主題歌の米津玄師さんの馬と鹿もこのドラマを引き立てたと思います。

まとめ

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』は、Paraviで配信中です!

ディレクターズカット版もありますので是非チェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました