ドクター(Dr.)コトー診療所/公式見逃し動画配信を無料で全話フル視聴する方法【ドラマ】吉岡秀隆主演/あらすじ・キャスト・感想まとめ

国内ドラマ

こちらでは、ドラマ「Dr.コトー診療所」シリーズの動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

「ドクターコトー診療所」は山田貴敏さんによる同名の漫画が原作となり、2003年テレビドラマ化されました。
その後、2004年、2006年とシリーズ化され人気を博しました。
離島の過酷な医療状況、さらに離島でのゆっくりとした時間や情緒豊かな人間関係などが描かれており、普段の医療ドラマとはまた違った視点で医療現場を見ることができます。
主演は吉岡秀隆さん。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話視聴したい
  • 広告なしで見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

結論から言いますと
「Dr.コトー診療所」のフル動画は
FODプレミアム』で配信中です!

\初回2週間無料トライアル!/
 

こちらもFODプレミアムで配信中です!

  ⇩ ⇩ ⇩

◆Dr.コトー診療所特別編
◆Dr.コトー診療所2004
◆Dr.コトー診療所2006
◆北の国から
◆男はつらいよ
◆ガリレオ
◆着信アリ
◆世界の中心で、愛をさけぶ
アンサング・シンデレラ
SUITS/スーツ
ラストシンデレラ
リッチマン、プアウーマン
のだめカンタービレ
Dr.コトー診療所
教場
好きな人がいること
◆コンフィデンスマンJP
など

国内ドラマ・フジテレビ系が豊富なFODプレミアム!

【FODプレミアム】は、月額888円(税抜)の動画配信サービスです!

主にフジテレビ系列のドラマやバラエティ番組、過去のドラマ、FODオリジナル作品などが充実しています!

初めて登録する方には《2週間の無料トライアル》があります!

無料の期間内に解約してもらうとお金を払わずに楽しむこともできますよ!

FODプレミアムの特徴

①30,000以上の作品が配信

②フジテレビ系列の新作・過去のドラマが見放題

③放送中のドラマやバラエティ番組の見逃し配信あり

④人気雑誌が読み放題・対象漫画が無料で読める

⑤電子書籍の購入で20%ポイント還元

⑥毎月100ポイントと毎月8日・18日・28日に
400ポイントがもらえる(毎月1300ポイントゲット!)

⑦AmazonPayで初回2週間無料トライアル

無料お試しは
AmazonPay決済

で初回登録する方限定です!
無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
FODプレミアム簡単な登録・入会方法
FODプレミアム解約・退会方法

\初回登録2週間無料トライアルあり!/

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください。

 

「Dr.コトー診療所」あらすじ

 

 

若い医師が離島での医療活動に奮闘する。健助(吉岡秀隆)は、みずから志願して志木那島へ赴任。しかし、住民の医師不信により、診療所には誰も寄りつかない。ある日、島の漁師・原(時任三郎)の息子・剛洋(富岡涼)が激しい腹痛を訴え、原は本島へと船を出す。だが、一刻を争う病状だと悟った健助は、原の船に島の看護師・星野(柴咲コウ)とともに乗り込む。

 

 

“コトー”と島の子供に呼ばれるようになった健助(吉岡秀隆)。ある日、助産婦・つる子(千石規子)の目頭に高脂血症の人特有の黄色腫を見つける。コトーは、診療所へ来るよう提案するが、つる子はあっさり拒否。あきらめきれずにつる子の自宅へ押しかけると、本土からつる子を迎えにきた息子・誠(國村隼)と鉢合わせに。つる子は「2人とも帰れ」と息巻くが、その拍子に吐血してしまう。コトーは腹部の血管の腫れを確認。破裂する前に本土の病院へ運ぼうとするが、つる子は島を出たくないとごねる。

 

 

コトー(吉岡秀隆)がつる子(千石規子)を助けてから、診療所は島の人々であふれかえるように。そんな中、コトーは妊婦・ゆかり(桜井幸子)の足を触診。数日後、ゆかりが妊娠中毒症で運び込まれる。妊婦について知識の浅いコトーは、以前の恋人で大学病院に勤務中の咲(石田ゆり子)に相談。咲は、子供をあきらめ、母体を救うためにすぐ手術をするよう勧める。

 

 

コトー(吉岡秀隆)の診療所に、咲(石田ゆり子)の後輩・ゆき(木村佳乃)が現われる。彩佳(柴咲コウ)はコトーになれなれしくするゆきが気に入らない。そんな中、島にゴミ処理場建設を企てる代議士・芦田(竜雷太)が島出身の秘書・純一(井澤健)と来島、純一の実家を訪れる。その際、母・広子(白川和子)にけがを負わせるが、広子のことばに従い、手当てせずに放置してしまう。

 

 

代議士の芦田(竜雷太)が島にゴミ処理施設建設を訴える演説中に倒れた。芦田を診断したコトー(吉岡秀隆)に病名を聞いた娘のゆき(木村佳乃)は、今は父に病名を伏せたいと懇願。病名を教えてもらえない芦田は、命が長くないのではと思い込む。一方、芦田が倒れたと知った広子(白川和子)は、足のけがが完治していないにもかかわらず、病院を抜け出し、芦田のため神社へお札を取りに向かう。また、訳あって息子・竜一(神木隆之介)と離れて暮らす茉莉子(大塚寧々)のもとに、竜一が行方不明だという連絡が入る。

 

 

茉莉子(大塚寧々)の息子・竜一(神木隆之介)が島にやってきた。だが、茉莉子は竜一に会おうとせず、コトー(吉岡秀隆)が診療所で預かることに。気を利かせた原(時任三郎)は剛洋(富岡涼)に竜一と遊んでやるように言う。だが、剛洋が目を離したすきに竜一は道に迷ってしまう。捜しにいったコトーと剛洋は竜一を発見するが、竜一とともに、コトーもけがをしてしまう。

 

 

盆を迎え、東京で美容師として働くひとり娘・リカ(伊藤歩)の帰省を上機嫌で待ちわびる重雄(泉谷しげる)。だが、帰省したリカの大きなおなかを見て逆上。コトー(吉岡秀隆)におなかの中を調べるよう命令する。一方、幼なじみの彩佳(柴咲コウ)が事情を問うと、リカは結婚するつもりだった男性の子供を妊娠したが、ひと月前に男性がいなくなり、途方に暮れて島に戻ってきたと告白する。話を聞きヤケになった重雄は、台風が接近している海に船を出し、行方不明に。そしてリカも破水してしまう。

 

 

コトー(吉岡秀隆)のかつての恋人・咲(石田ゆり子)が来島した。コトーは、急な訪問に驚く一方、懐かしさも抱く。そんな中、島の老人・明夫(今福將雄)のがんが発覚する。明夫は顔も知らない医者ではなく、コトーに手術を依頼したいと懇願。悩んだすえ、コトーは助手に咲を指名し手術に臨む。しかし、切開した明夫の腹の中は、もはや手遅れの状態だった。

 

 

島に記者・巽(津田寛治)が現われた。巽は住民にコトー(吉岡秀隆)の島での医師生活を聞いて回り、コトーが昔、女子高生を見殺しにしたという記事のコピーを住民に配布。住民はコトーに不信感を募らせる。コトーは、星野(小林薫)のはからいで事情を説明することに。そんな中、会場に向かった巽と、それを阻止しようとする子供たちが土砂崩れに遭遇し負傷する。

 

 

コトー(吉岡秀隆)は、記者・巽(津田寛治)に続き、信一(斉藤大貴)の手術も成功させた。島に安堵感が広がる中、信一の父・山下(納屋真大)だけは、信一よりも巽を優先したコトーを許せない。重雄(泉谷しげる)は、山下が信一の苦しむ姿を思い出し苦悩するのを見かね、コトーに島を出て行くよう言い渡す。そんな中、コトーは東京から患者の手術依頼の電話を受ける。

 

 

かつて勤めていた大学病院から、担当していた患者の執刀を依頼されたコトー(吉岡秀隆)。だが、その患者は悪性の胃がんを患い、手術成功の可能性が極めて低い。咲(石田ゆり子)は、大学病院の医師らが手術に失敗したときの罪をかぶせようとしているのだとコトーに告げる。一方、コトーを島に呼んだことに責任を感じる星野(小林薫)は胃の痛みを訴える。

Dr.コトー診療所 特別編

2003年に放送されたエピソードを交えながら、新たに撮り下ろしたもう一人の“Dr.コトー”三上新一医師(山崎樹範)にまつわるエピソードも交えた特別編!

 

 

退職願を残し島を離れ、以前勤務していた大学病院での手術の執刀依頼に応えるため東京へ向かいかつての担当患者の手術を行う。
その手術でコトーの後輩・三上新一が助手を務めることに。
三上は患者の手術前の細胞診の結果をわざと誤ってコトーに伝えたが、手術開始後に発覚した事態にもコトーは冷静に対処し、手術は成功する。
先端医療から離れていたにも関わらず完璧な手術を行ったコトーに三上は驚く。
コトーは、離島でも医師として学ぶことはたくさんあると語る。
その後三上は大学病院を辞め、北海道の離島の診療所に赴任するが島の住民たちに溶け込めずにいた。

 

 

三上は看護師の北見康代(キムラ緑子)の助けも借り、古い診療所で医療に取り組んでいた。
しかし、島の住民たちの命を一人で預かること、溶け込むことがなかなかできないことに苦しんでいた。
そこで三上は、コトーはどうだったのか手紙を書くことにした。
一方、コトーは志木那島で日々の診察に追われていた。

『Dr.コトー診療所2004』あらすじ

2004年に放送されたSPドラマ。

 

 

志木那島にやってきて1年が経った。
ある日、彩佳(柴咲コウ)が診療を終え家に帰ると母・昌代(朝加真由美)が倒れていて…。

 

 

昌代は一命を取り止めたが脳内出血の後遺症が残り、右半身が不自由となってしまった。
昌代の異変に気付けなかった正一(小林薫)や彩佳は自分を責めてしまう。
一方、コトーに憧れ医師を目指す剛洋(富岡涼)は、島を出て東京の私立中学の受験を決意。
父・剛利(時任三郎)は、剛洋の夢をかなえさせてあげるために本土へ出稼ぎに行く決断をする。

『Dr.コトー診療所2006』あらすじ

 

 

コトーが自転車を走らせていると剛洋が中学受験に合格した知らせが届く。
島の住民たちは自分の事のように喜び、島を離れている父・剛利も誇らしく思いながらも学費の事が重くのしかかっていた。
そのころ彩佳は、春からリハビリの学校へ通うためと東京に来ていたが、みんなには内緒で実は大学病院で診察を受けるために来ていた。
彩佳が島へ戻るフェリーで酔っ払いと絡まれる女性・ミナ(蒼井優)の仲裁に入った志木那島村長がはずみで転倒する現場に居合わせる。
彩佳はコトーに連絡し指示の元、治療を行い、島で手術をすることになった。
慌ただしく準備する中、ミナが手伝いを申し出る。
ミナは彩佳の後任看護師だったのだ。
しかし、手際は悪く、和田のフォローをしつつも彩佳にはミナの態度が無責任に見えてしまう。
そんな時、彩佳の診察を行った鳴海医師(堺雅人)からコトーに連絡が入り、彩佳の病名が伝えられ言葉を失ってしまう。

 

 

コトーは東京の病院から彩佳の資料を取り寄せる。
そんな中、彩佳はミナの指導を行うがあいかわらずそそっかしい。
ある日、ミナは和田(筧敏夫)に連れられ腰椎骨折で動けない山下佐千夫(石橋蓮司)に薬を届けに行き、世話を焼こうとするミナに怒鳴りつけ受け入れようとしない。
佐千夫は2年前に妻を亡くし心を閉ざしてしまっていた。
一方、中学入学に向けて心を弾ませていた剛洋。
しかし父・剛利は嬉しいながらも学費を稼ぐために仕事を増やそうとしていた。
ある夜、佐千夫の家が火事になり大やけどを負ってしまう。
すべて燃えてしまったことに落胆し、さらに心を閉ざしてしまう。
そんな佐千夫の看護にミナが申し出る。

 

 

彩佳の治療は始まっていたが父・正一にはまだ言えずにいたためコトーも正一と接する度、複雑な心境だった。
一方、ミナは二年前に喘息治療のため島へ引っ越ししてきたひなと出会い仲良くなっていた。
そんなひなの母親・小沢小百合はなかなか島になじめず小学校教師の夫・信二と諍いが増えていた。
猜疑心が強くなっていた小百合は、島の健康診断で採血されたひなの腕に青痣ができていることにミナのせいだと騒ぎたてる。
そんな中、ミナはひなに誘われ秘密の場所へ行くが、そこでひなが鼻血を出す。
家に帰ってから、さらに大出血してしまい、診療所に運び込まれる。
安静にしていれば完治すると言われるが、小百合はミナのせいだと思い込み島中に噂が広がってしまう。
そんな時、ひなが診療所からいなくなってしまい…。

 

 

剛利は、学費のために仕事を増やしたがかなり追い詰められていたそんな時、島の後輩・宮野博と偶然再会し、儲け話をもちかけられる。
一方で剛洋は同級生たちの学力レベルの高さに動揺していた。
島では豊漁祭が近づいていて誰が先頭切って船を走らせるか揉めていた。
重雄は何気なく正一を誘うが、2年前の祭で昌代が倒れた時、自分が酔いつぶれていたことに責任を感じていた。

 

 

剛洋が夏休みに入り、島へ帰ってきた。
早速、邦夫は剛洋を誘い真人の船で海へ出た。
一緒に島へ帰るはずだった剛利がいないことに茉莉子(大塚寧々)と重雄は心配で仕事場に電話をかけ、事故の事を知る。
コトーは久々に剛洋を連れて住診に出かけ、勉強についていくのが大変だけど、父・剛利が苦労して働いているから頑張らなければいけないことを聞く。
一方、事故の事を聞いた正一は剛利に力になることを伝えるが重雄に余計なことをするなと取っ組み合いのケンカになってしまう。
コトーの元に彩佳の主治医・鳴海から治療の成果が出ないと伝えられる。
そんな時、邦夫や剛洋が乗る真人の船が戻ってこないという騒ぎが起こり…。

 

 

剛洋は、父・剛利の経済的な負担を思い、学校を辞めようかとコトーに相談する。
正一は進学する子供たちのために新しい制度を作れないかと奔走し、重雄も何か考え込んでいた。
一方、剛洋の親友・邦夫は漁師に憧れているが両親から府目に乗ることを許されずにいた。
そんな時、邦夫は船から取ってきたタバコを吸っていたことを両親に知られ、剛洋のせいにしてしまう。
嘘をついてしまったことに落ち込む邦夫を励ます茉莉子だったが邦夫が腹痛で倒れてしまう。
診療所に運ばれた邦夫は腸閉塞と診断され緊急手術に。
順調に手術が進む中、邦夫が突然痙攣をお越し、容態が急変してしまい…。

 

 

ゆかり(桜井幸子)が診療所で胃の検査を受けると悪性の腫瘍ができていた。
手術をすることになり、転移はみられないのでそれほど難しい手術ではないことをミナと和田に伝える。
ところが開腹してみるとがん細胞が広範囲に広がっており手が付けられない状態となっていた。
コトーは術式を切り替えて手術を終え、夫・坂野にゆかりが余命3カ月であることを告げる。
坂野は真実を隠そうとするが様子がおかしいことにゆかりは気が付き…。

 

 

ゆかりの抗がん剤治療が始まり、辛い治療に耐える姿を見てコトーは自宅で療養することを勧める。
自宅に戻ったゆかりは1日1日を大切に生きようと明るく過ごしていた。
何度目かの抗がん剤治療を終え、血液検査の結果で腫瘍マーカーの数値が劇的に改善されていることが判明する。
鳴海に意見を聞くと一時的な小康状態だろうと冷静に言い放つ。

 

 

ミナに会いに来た仲依知明(忍成修吾)という青年が現れ、彼はミナの夫だった。
しかし、ミナは奥の部屋に逃げ込んで会おうとしない。
その日の夕方、ミナがキズだらけで茉莉子の店へ倒れこんできた。
コトーは傷を診ながら知明にやられたのではないかと尋ねる。
ミナは以前から夫に暴力を受けていて、逃げ出してきたのだった。

 

 

コトーは彩佳の乳がんの手術の日程が決まったという手紙を受け取り、その中には父・正一への手紙も同封されていた。
コトーから手紙を受け取り、彩佳の病気を知りショックを受け取り乱す。
彩佳は主治医・鳴海から術式について説明を受ける。
手術は転移の可能性を排除するための手術が行われる予定で、手術により後遺症が残り看護師の仕事に戻れなくなることを心配するが鳴海は聞く耳を持たない。
彩佳が帰宅すると正一が待っていた。

 

 

彩佳の手術を目前にコトーは鳴海から「会わせたい人がいる」と東京に呼び出される。
手術当日、島のみんなが心配する中、正一と昌代を連れて彩佳の元へ駆けつける。

「Dr.コトー診療所」キャスト

 

 

五島健助:吉岡秀隆

星野彩佳:柴咲コウ

和田一範:筧利夫

原剛利:時任三郎

原剛洋:富岡涼

星野正一:小林薫

星野昌代:朝加真由美

山下明夫:今福將雄

山下一夫:納谷真大

山下道子:森上千絵

山下邦夫:春山幹介

山下努:船木誠勝

山下春江:高橋史子

山下信一:斉藤大貴

山下桃子:松本梨菜

坂野ゆかり:桜井幸子

坂野孝:大森南朋

宮野純平:池田晃信

宮野真由美:谷本真美

西山茉莉子:大塚寧々

中村三郎:坂本長利

中村悠子:大後寿々花

川畑夏美:大畑稚菜

山下巌:谷津勲

山下茂:松田史朗

元木渡:山西惇

橋口俊:塩谷瞬

熊木圭介:熊耳宏之

脇田実:栗脇高志

南佑介:東誠一郎

原沢咲:石田ゆり子

内つる子:千石規子

安藤重雄:泉谷しげる

感想

本当にいいドラマに巡り会えたと、初回を見て、最終回まで見て強く思いました。
最近のドラマによくある浮ついた雰囲気とか、ナンセンスな空気を漂わせて笑いを誘おうといったことは一切ありません。
役者一人ひとりが真剣に自分の役に入り込み、真剣に演じるのです。それゆえストーリーについ引き込まれてしまいます。
毎話、毎話、いたく心を打ち感動のあまり思わず涙を流してしまいます。
吉岡秀隆演じるコトー先生がホント島民全員の命を一手に預かり、身を粉にして過疎地の医療に従事します。
最初は都会から来たよそ者だけに島民から全く歓迎されませんでしたが、そんなひたむきなコトー先生の姿に
徐々に心の変化が生まれます。島民みんないい人だから、コトー先生との触れ合いに余計にウルッて来ちゃいます。
漁労長の泉谷しげるがまたいい味出しているんですよ。表面的にはなかなかコトー先生とは打ち解け合おうとはしないものの、
内心は実は許してて、頼りたいけど素直になれない、微妙な表情を見せるところが憎めません。
それ以上にラスボス的な感じの原さん役の時任三郎も、口では認めないと言っても結局は…ホント寡黙で不器用な漁師の男になりきってます。
ほかにも柴咲コウ、小林薫、筧利夫、大塚寧々ら豪華な役者陣がドラマに花を添えます。見ないと絶対損です!

ドクターコトー診療所の感想という事で早速書いていきたいと思いますが、どこから書けばいいのか凄く迷うというのが率直な感想です。
まずこのドラマは名作です!
何度見ても泣けると思います。
全体のクオリティがとにかく高い為、本気で作った作品なんだとすぐ感じる事が出来るドラマだと思います。
良いところは沢山あるのですが、時任三郎と富岡涼の親子が物語が個人的に好きです。
子役が上手いんですよね。話がすっと入って来てくれます。
私はフジテレビのドラマは昔から好きなんですが、その中でも1番なのが、この作品です。
もう1つ良いところは曲の選曲が最高です。
やはり、良いドラマには良い曲はつきものですね。
コトーさんの笑顔とともにあのエンディングが頭から離れなくなります。
私が好きで苦しいシーンはコトーさんが島を離れ、彩佳さんの切ないシーン。
あのシーンの苦しさに涙が出ない方はいるのかなと思えるシーンです。
多分見たことない方でも1話~最終回まで一気に見ることが出来ると思います。
そして最終回が終わったあとに感じてほしい。
凄く良いドラマだったと思えると思いますよ。
この感想を書いているうちにまた見たくなってきました!

まとめ

ドラマ『Dr.コトー診療所』は、FODプレミアムで配信中です!

是非チェックしてみてくださいね!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました