僕のいた時間/無料動画配信を全話フル視聴する方法【ドラマ】三浦春馬×多部未華子共演!あらすじ・キャスト・感想まとめ

国内ドラマ

ドラマ「僕のいた時間」の動画配信を無料で全話フル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

ドラマ「僕のいた時間」は、2014年1月8日から毎週水曜夜10時から放送されていました。
筋肉が徐々に衰えて呼吸困難に陥り最終的には人工呼吸器をつけないと死に至ってしまう難病・筋萎縮性側索硬化症と闘う澤田拓人が自分の余命がわずかだと知り、家族や恋人、自分とどう向き合うのか、現代の若い世代の気持ちをリアルに描くヒューマンストーリー。
主演は三浦春馬さん、共演者に多部未華子さんや斎藤工さん、山本美月さんなどが出演。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話視聴したい
  • 広告なしで見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

僕のいた時間✴︎1話予告
結論から言いますと
「僕のいた時間」のフル動画は
FODプレミアム』で配信中です!

初回2週間無料トライアル!/
 

こちらの作品もFODプレミアムで配信中!!

  ⇩ ⇩ ⇩

国内ドラマ・フジテレビ系が豊富なFODプレミアム!

【FODプレミアム】は、月額888円(税抜)の動画配信サービスです!

主にフジテレビ系列のドラマやバラエティ番組、過去のドラマ、FODオリジナル作品などが充実しています!

初めて登録する方には《2週間の無料トライアル》があります!

無料の期間内に解約してもらうとお金を払わずに楽しむこともできますよ!

FODプレミアムの特徴

①30,000以上の作品が配信

②フジテレビ系列の新作・過去のドラマが見放題

③放送中のドラマやバラエティ番組の見逃し配信あり

④人気雑誌が読み放題・対象漫画が無料で読める

⑤電子書籍の購入で20%ポイント還元

⑥毎月100ポイントと毎月8日・18日・28日に
400ポイントがもらえる(毎月1300ポイントゲット!)

⑦AmazonPayで初回2週間無料トライアル

無料お試しは
AmazonPay決済

で初回登録する方限定です!
無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
FODプレミアム簡単な登録・入会方法
FODプレミアム解約・退会方法

初回登録2週間無料トライアルあり!/

本ページの情報は2020年12月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください。

 

「僕のいた時間」あらすじ

 

 

澤田拓人(三浦春馬)は就職活動中の大学生。実家は山梨で総合病院を営んでおり、母親の佐和子(原田美枝子)や父親の昭夫(小市慢太郎)からは医者になることを期待されていたが、いつからかその期待は4歳下の弟・陸人(野村周平)に向けられるようになっていた。本郷恵(多部未華子)も、ファミレスでアルバイトをしながら懸命に就職活動をしていた。ある商社の集団面接中、電源を切り忘れていた恵の携帯が突然鳴り響いた。母・祥子(浅田美代子)からの電話だった。その時とっさに立ちあがり、自分のせいにして恵をかばったのは、同じ会社を受けていた拓人だった。拓人が同級生の水島守(風間俊介)と大学内のカフェテリアにいると、そこに、恵が友人の村山陽菜(山本美月)とやってきた。そこで初めて拓人が同じ大学だったということを知り、驚く恵。拓人も例の商社の面接で落ちたと知った恵は、彼に謝った。拓人は、そんな恵に、落ちた理由を直接聞きに行こうと言い出す。当たり障りのない回答をされて商社から追い返されてしまった拓人と恵は、1日だけ現実逃避をしようと決め、海へ遊びに行く。シャンパンを飲みながら楽しいひと時を過ごしたふたりは、3年後の自分に向けた手紙を書き、空のボトルに詰めて砂浜に埋めた。拓人は、サークルの先輩で大学院生の向井繁之(斎藤工)に気晴らしに付き合ってもらったりしながら就職活動を続けていた。しかし、そんな拓人の体に異変が…。

FODプレミアムより引用

 

 

澤田拓人(三浦春馬)は、家具販売会社で正社員として働き始める。拓人は、年上のアルバイト店員から仕事を教えられるが覚えなければならないことも多く、懸命についていくような毎日だった。一方、就職活動に失敗した本郷恵(多部未華子)は、卒業後もファミリーレストランでアルバイトをしながら、正社員採用を目指して就活を続けていた。ある日、拓人は恵を食事に誘う。久しぶりの再会を果たしたふたりは、お互いの近況を報告しあい、今度は水島守(風間俊介)や村山陽菜(山本美月)も誘って拓人の家で食事をしようと約束して別れる。食事会の日、陽菜とともに拓人のマンションを訪れた恵は、拓人の弟・陸人(野村周平)と初めて顔を合わせる。拓人はまだ仕事から戻っていなかったが、すでに守が来ていた。そこで恵は、守から拓人たちの父親が開業医で、医大に通う陸人がその後を継ぐ予定であることを耳にする。しばらくして拓人が帰宅すると、気を遣って、拓人と恵をふたりだけにしてやる守と陽菜。食事を終えた拓人と恵は、一緒に後片付けをする。しかしその際、恵は新入社員の教育係を押し付けられたことへの不満を口にして拓人とぶつかり、つい彼を傷つけるようなことを言ってしまう。そんな折、寝室で家具の勉強をしていた拓人は、ペットボトルのふたを開けようとした際に、左手に力が入らないことに不安を抱く。

FODプレミアムより引用

 

 

突然左腕が動かせなくなった澤田拓人(三浦春馬)は、整形外科を訪ねる。診察をした医師は、頚椎症だと思われるがしばらく様子をみよう、と拓人に告げる。一方、介護施設でボランティアを始めた本郷恵(多部未華子)は、施設の職員から、これからはアルバイトとして来てほしいと誘われる。長年アルバイトを続けてきたファミリーレストランに近ごろ居心地の悪さを感じていた恵は、それを承諾。そんなある日、拓人は恵の家に招待される。恵の母・翔子(浅田美代子)はすっかり拓人のことを気に入った様子だった。仕事中、腕に力が入らず、商品を落として傷をつけてしまった拓人は、再び整形外科を訪れる。医師は、拓人に大学病院の神経内科を紹介した。そこで拓人の診察をしたのは、神経内科医の谷本和志(吹越満)だった。検査の結果を受け、谷本は今後の治療方針を相談するために家族と一緒に病院に来てほしいと拓人に伝えた。だが拓人は、家族はいないとウソをつき、自分ひとりで話を聞くと返す。そこで谷本が拓人に告げた病名は、難病のひとつに指定されているALS=筋萎縮性側索硬化症だった。一睡もできずに朝を迎えた拓人は、そのまま仕事に出かける。その夜、拓人は総合病院の院長を務める父・昭夫(小市慢太郎)に電話するが…。

FODプレミアムより引用

 

 

フットサルをしていた拓人(三浦春馬)と繁之(斎藤工)のところに、恵(多部未華子)がやってきた。恵は、繁之に温泉旅行の土産を差し出し、介護のアルバイトをしながら資格を取るための勉強を始めることにした、と報告する。ある夜、拓人のもとに母・佐和子(原田美枝子)から電話が入る。拓人の弟・陸人(野村周平)から、電子ピアノを送ってほしい、と連絡があったという。陸人には何かうまくいかないことがあるとピアノに向かうクセがあることを知る佐和子は、心配でたまらないらしい。そんな母に拓人は、心配なら陸人に直接聞けばいい、と言って電話を切ってしまう。別の日、拓人は、神経内科医の谷本(吹越満)を訪ねる。谷本は、役所に特定疾患の申請をするためにも家族には病気のことを話すべきだと勧めた。続けて谷本は、友人や職場の仲間に拓人の気持ちを受け止めてもらえる相手はいるのか、と尋ねる。その言葉に恵のことを思い浮かべた拓人は、大切な人ほど早く話さなければいけないことはわかっている、と返す。拓人は、恵、守(風間俊介)、陽菜(山本美月)を呼んで鍋パーティーを開く。守と陽菜が帰った後、拓人は、病気のことは告げずに、「もしこのまま左手がずっと動かなくなったらどうする?」と恵に尋ねる。すると恵は、「どうもしないよ。ずっと拓人のそばにいるだけ」と答える。そんなある日、拓人は、恵の母・翔子(浅田美代子)が働いている弁当店を訪ねるが…。

FODプレミアムより引用

 

 

拓人(三浦春馬)は、恋人の恵(多部未華子)に別れを告げた。ALSを発症したことは言わなかった。拓人から病気のことを打ち明けられた守(風間俊介)も、恵のことを気にかけていた。しかし拓人は、彼女には絶対に知られたくない、という。同じころ恵は繁之(斎藤工)と会っていた。恵がウォーキングを始めたことを知った繁之は、あくる朝から一緒に歩くことにする。恵は、母親の翔子(浅田美代子)にも拓人と別れたことを伝えた。振られたのは、翔子と拓人が一緒に食事した後のことだという。翔子は、拓人が何故自分に会いに来たのか気になっていた。ある夜、拓人が帰宅すると、母・佐和子(原田美枝子)が来ていた。拓人の弟・陸人(野村周平)が大学に行っていないことを知り、心配してやってきたらしい。佐和子は、陸人の変化に気づかなかったのか、と拓人を責めた。そこに陸人が帰ってきた。陸人に休んでいる理由を尋ねる佐和子。しかし陸人は、これからは行くと言うだけだった。次の日、佐和子は大学に行くという陸人を見送ると、彼のことを拓人に頼む。そんな佐和子に拓人は、放っておけばいい、と返す。陸人には医者になって跡を継いでもらわないと困る、という佐和子に対し、陸人は医者に向いていない、と言う拓人。すると佐和子は、陸人のことより自分の将来をもっと考えた方がいい、と言い放つ。別の日、拓人は職場の仲間たちにALSであることを告白しようと決意し…。

FODプレミアムより引用

 

 

拓人(三浦春馬)が恵(多部未華子)と別れてから1年半以上の月日が流れた。病状が進行した拓人は、電動車椅子を使って生活をしていた。親友の守(風間俊介)は、拓人のもとを度々訪れ、行動をともにしている。拓人の母・佐和子(原田美枝子)は、そんな守に感謝しながらも、大学に行かなくなった次男・陸人(野村周平)のことも心配でならない。陸人は自室にこもったまま、もう2ヵ月も大学に行っていなかった。一方恵は、アルバイトをしていた介護施設の正社員になり、ALS患者の今井(河原健二)の訪問介護などに取り組んでいた。ある日恵は、交際している繁之(斎藤工)と相談して、母・翔子(浅田美代子)の誕生日にサプライズで花束を贈った。感激した翔子は、恵のことを頼むと繁之に告げる。陽菜(山本美月)も、このまま繁之と結婚だねと言って恵を冷やかした。拓人は、勤務先の家具屋で仲間たちの協力を得ながら、病状に合わせた仕事を用意してもらっていた。指先を動かすことが難しくなったいまは、パソコンのマウス操作で出来るレイアウトの仕事をしている。

FODプレミアムより引用

 

 

拓人(三浦春馬)は電動車椅子サッカーの練習中に、恵(多部未華子)と偶然再会した。ある日、恵は、陽菜(山本美月)から電話をもらう。近ごろ守(風間俊介)の様子がおかしいから尾行したいという。つき合わされた恵は、こっそり守の後をつけた。守が向かった先は、拓人が待つ公園だった。恵の手をとって拓人たちの元へと向かう陽菜。拓人は、慌てる守に、サッカーの練習中に恵と会ったことを伝え、せっかくだから4人で食事をしようと提案する。拓人のマンションを訪れた恵たちは、陸人(野村周平)も交えて一緒に食事をする。その途中、陽菜は、守と陸人を誘って買い物に出かける。拓人とふたりきりになった恵は、借りていたマフラーを返し忘れていたことを謝った。そのとき、恵の携帯電話に繁之(斎藤工)から電話が入る。恵は、拓人の部屋にいることを打ち明け、帰宅したら事情を話すと繁之に伝える。日曜日、拓人たちのもとに母・佐和子(原田美枝子)と発病以来初めて父・昭夫(小市慢太郎)がやってきた。陸人は、父と母に、大学には戻れないと伝えた。佐和子は、辞めることはいつでもできるのだからいま決める必要はない、と主張し、拓人も一緒に一度家に戻ろうと提案する。それに対して拓人は、仕事もあるからここに残りたいと返し、介護ヘルパーの利用時間を増やしてほしいと頼む。ひとり暮らしを始めた拓人は、宮前家具の店長から広告の仕事を任せられる。一方守は、恵と繁之の元を訪れ…。

FODプレミアムより引用

 

 

拓人(三浦春馬)は、恵(多部未華子)が何度か自宅に手伝いに来てくれたことを守(風間俊介)に話す。恵と繁之(斎藤工)に会いに行き、拓人の手伝いを頼んだのは守だった。一方、恵は、一緒に暮らすことはできないと繁之に伝える。恵とともに本郷家に戻った繁之は、一緒に住むことを急ぎ過ぎたのかもしれない、と翔子(浅田美代子)に話す。それでも繁之は、恵が気持ちの整理をつけるまで待つつもりでいた。主治医の谷本(吹越満)を訪ねた拓人は、広告の仕事で一定の成果を上げたことを報告する。拓人自身はできるだけ長くいまの職場で働くことを望んでいたが、パソコンのマウスを動かすことができなくなったら仕事を辞めて山梨の実家に帰ることも考えていた。拓人が家に戻ると、陸人(野村周平)が来ていた。実家にいても佐和子(原田美枝子)たちから大学に戻れとしか言われないため、出てきてしまったのだという。拓人と陸人がサッカーの練習をしていると、繁之が会いに来る。繁之は、恵が拓人のところに来ているかと尋ねた。拓人は、陸人が手伝ってくれているからもう来ていない、と答える。そんな折、拓人のもとに翔子がやってくる。そこで翔子は、恵が繁之とは一緒に暮らせないと言い出したことを拓人に打ち明ける。拓人は、会って話がしたい、と恵にメールを送った。恵に会った拓人は、繁之や翔子が会いに来たことを告げ、早く繁之と一緒に暮らした方が良いのではないか、と助言する。恵は、そんな拓人に、一緒にいたい、と自分の気持ちを伝える。病気は別れる理由にならない、という恵。しかし拓人は、生きているだけで精一杯の自分は、誰の役にも立てなくなり、誰かのために何もしてあげられないと返し…。

FODプレミアムより引用

 

 

拓人(三浦春馬)は、母親の佐和子(原田美枝子)に恵(多部未華子)のことを紹介する。佐和子は、陸人(野村周平)から、拓人と恵が以前交際していたことを教えられる。その後、本郷家を訪れた拓人は、翔子(浅田美代子)に、また恵と親しくさせてもらうことになった、と報告した。拓人が帰った後、翔子は、繁之(斎藤工)は納得しているのか、と恵に問いかけ、こんなことは許されない、と告げるが…。拓人は、恵とともに主治医の谷本(吹越満)を訪ねる。そこで谷本は、病状が進み、呼吸筋の麻痺が強くなった場合は人工呼吸器を装着することになる、と拓人たちに話す。人工呼吸器の装着が、呼吸障害を乗り越えていく唯一の方法だった。命に関わる問題でもあるため、人工呼吸器をつけなければならない状況になった際は家族も含めて一緒に考えていくことになる――谷本は、拓人と恵にそう伝えた。別の日、拓人のマンションに、恵、守(風間俊介)、陽菜(山本美月)が集まり、一緒に食事をすることになった。守は、以前、拓人から捨てるよう頼まれていたペアのマグカップを拓人に返す。捨てようとしても捨てられなかったらしい。その席で、守は陽菜に交際を申し込んだ。が、陽菜からは意外な返事が返ってきて…。
ある日、拓人たちの元に、昭夫(小市慢太郎)と佐和子がやってくる。陸人が人間関係への不安などから食欲不振に陥っていることを知った昭夫は、ただの甘えだと非難した。拓人は、そんな昭夫に、家族だからこそ、陸人の苦しみを理解してやるべきだと主張する。その夜、拓人の元に、ALS患者の今井保(河原健二)からメールが届く。病状が進み、しゃべることもできなくなった今井がある決断をしたことを知った拓人は…。

FODプレミアムより引用

 

 

拓人(三浦春馬)は、母・佐和子(原田美枝子)に、恵(多部未華子)と一緒に暮らしたいと話す。佐和子は、恵の母・翔子(浅田美代子)のことを気づかいながらも、ふたりの気持ちを尊重する。恵は実家に戻り、必要な荷物をまとめる。そんな恵に対して翔子は、二度とこの家に戻らない覚悟があるなら行きなさい、と告げる。一方、医学部を目指して勉強を始めた拓人は、恵や弟・陸人(野村周平)に支えられながら、充実した日々を送る。“メグとたくさん笑った”“メグとシャボン玉をした”と、拓人のノートには、恵と一緒にしたことがいくつもつづられるようになっていた。ある日、拓人たちのもとに守(風間俊介)と陽菜(山本美月)がやってくる。拓人と恵は、結婚する守たちに手作りのアロマキャンドルをプレゼントした。そこで拓人は、医学部を受験することを守たちにも打ち明ける。一方、陸人は、アルバイトをしようと思っていると拓人に告げる。人と接する仕事はまだ不安があるため、ホームセンターの商品管理をするつもりだという。しかし、商品管理でも人との関わりは避けられない、という拓人の言葉に不安を覚える陸人。すると拓人は、自分も会社の同僚たちに病気のことを知られたらどう思われるか不安に思い、ALS(筋萎縮性側索硬化症)についてのプリントを配るときは緊張した、と話し…。そんな折、守と陽菜の結婚式が行われる。拓人とともに出席した恵は、陽菜が投げたブーケを受け取り…。

FODプレミアムより引用

 

 

死にたいわけじゃない、生きるのが怖いんだ…。突然姿を消した拓人(三浦春馬)は、降りしきる雨の中、車椅子ごと転倒し病院に収容される。病院へかけつける恵(多部未華子)、守(風間俊介)、弟の陸人(野村周平)、母の佐和子(原田美枝子)、父の昭夫(小市慢太郎)。「今は、拓人さんが周りの人たちと一緒に生きている幸せを実感できるよう、1日、1日を積み重ねていくことに専念しましょう」と、主治医の谷本(吹越満)は、恵たちにそう伝える…。生きる意味とは?自分が自分であり続けるためには?恋人、友人、家族…大切な人たちの思いの中で、拓人が見つけた答えとは…。

FODプレミアムより引用

「僕のいた時間」キャスト

澤田 拓人:三浦春馬

本郷 恵:多部未華子

向井 繁之:斎藤工

水島 守:風間俊介

村山 陽菜:山本美月

澤田 陸人:野村周平

澤田 佐和子:原田美枝子

澤田 昭夫:小市慢太郎

桑島 すみれ:浜辺美波

宮下:藤公園

今井 保:河原健二

下平 伸:竹尾一真

谷本 和志:吹越満

恵の父:桜井聖

本郷 翔子:浅田美代子

感想

三浦春馬さんの演じるドラマの中で、注目されるべき作品であり、世間的な評価が高くて良い作品だと感じます。共演の多部未華子さんとのコンビも、見どころの一つです。お似合いのふたり、青春を謳歌するはずだった大学生活。彼女との出会い、ちょっと捻じれてしまった親子関係と、人と関わる事が苦手な弟との距離感。そんな時、彼に病気が発覚する。見所としては病気を知り、自分を見つめなおし今までの生活、将来についての不安や暗くなってしまう気持ちを、彼女に支えられながら、親からの理解を得ることもでき新しい自分探しが始まっていく。健康である事が当たり前な日々には気づく事が中々出来ない、日々の些細な幸せや人の優しさ、思い遣りを通じて、今自分に出来る事を悔いなく、精一杯生きていく、前向きな気持ちに感動を覚える。自分がもし同じ立場になったとしたならば、悲観しないで前向きな気持ちで一日一日を大切に過ごしていけるのだろうか。確実に人は死んでしまう。しかし、同じ時間もどう過ごすのか、どう人と絆を深めて生きるのか、それを考えさせてくれるのが、僕のいた時間の最大の見所になる。人の想い、優しさ、そして自分の存在したという精一杯の時間、考えながら観てみたい作品です。

命の尊さと、人間のリアルを伝えてくれます。
主人公はとても平凡な大学生です。平凡に挫折して、適当な日々送る主人公が、ある日突然、難病の宣告をされます。そこからどう生きていくか、がこの作品の見所になります。
主人公の平凡さがとてもいいです。どこにでもいる青年Aだからこそ、視聴者は皆自分を重ねて見ることが出来ます。
自分なら生きていることさえ難しいかもしれません。死が近づくにつれて絶望して、人生を投げ出してしまうかも。
しかし、主人公は最後まで諦めないのです。もちろん、平凡である以上並大抵ではない葛藤を繰り返します。ですがそれでも賢明と生きようとするのです。鉄人が前向きに頑張った話を聞いても、「へぇ、自分とは違うな」って思って終わりですが、平凡さを追求した三浦春馬さんの渾身の演技と脚本によって、視聴者は極限まで自分の身に置き換えて見てしまう。
だから、最後にはきっと、人生をやっていこうという勇気をもらえます。
また、恋人役には多部未華子さん、先輩役には斎藤工さんなどキャストも豪華です。斎藤工さんが演じるのは就職活動に挫折して大学院に進学した先輩です。いかにもモラトリアムとか挫折とか、人生に迷う人のキャラ笑
主人公も就活に悩む大学生なので、人生に迷ってる方の背中も押してくれるはず。
とても良い作品でした。

私はこのドラマを初めて見たのは大学2年生の時でした。このドラマは三浦春馬さんが難病にかかってしまい、その難病と闘いながら生活や恋愛をしていく内容になります。私が初めてこのドラマを見たとき、1話と2話は大号泣してしまいました。自分の周りに同じような症状の人がいるわけでもないのにそこまで感情移入できるドラマはとても素晴らしいと思います。
このドラマから感じることは、命の大切さ。生きている喜び。日常の当たり前のことが当たり前にできる幸せ。大切な人の存在など。学べることがたくさんあります。自分はその中でも、命の大切さと大切な人の存在が強く心に残りました。
難病ALS(筋委縮性側索硬化症)になってしまった主人公は、自分の意志で体が動かせなくなってしまう難病にかかってしまいました。なんで自分がと思うなか、調べていくと最後は呼吸筋も動かせなくなってしまい、人工呼吸器をつけるか、死を選ぶか決めなければなりません。自分だったらどうしようと思いました。人工呼吸器をつけても自分で何もできなくなってしまう。かゆいや痛い、眠いやお腹すいたなどの感情はあるのに、伝えることができないのは辛いなと思いました。
愛する人がいる人や、命の大切さを学びたい人にはおすすめのドラマです。

私はこのドラマを見たあと自分の生き方、どんな人でも人は一人では生きていけないこと、家族の絆、大切な人を愛するということをとても考えさせられました。私がもし、主人公のように体が徐々に動かなくなったらこれからの人生周りの人の役に立つことができるのか、主人公を愛する恋人のようにもし、自分の恋人が体が動かなくなっていってしまうと知ったら支えていけるのか、もし自分の親友が兄弟がとあらゆる立場になって考えたときに、この先も続くと思っている今ある幸せや日常がある日突然、失われたら私は向き合い、前を向いて生きていけるのかと思い怖くなりました。ですが、それと同時に家族や友達・恋人と笑いあったり喧嘩したりしている何げない毎日が、かげがえのない一日なんだということを教えてくれました。また、こうゆう出来事をきっかけにバラバラだった家族が一つになったり、自分が本当に必要としてる人がわかったりしているこのドラマを見ると、目に見える現実では不幸なことだったとしても、すべてが悪いことだけではないんだと教えてもらうことができました。そしてこんな風に、見ている人の心まで動かし深く考えさせることができる俳優・女優さんの演技はすごいなと改めて感心しました。

最近よくテレビの宣伝や議員にもなられている船後靖彦さんが発症した筋萎縮性側索硬化症(ALS)にある日当然なった澤田拓人という22歳の大学生の向き合う日々を描くドラマでした。最初の頃は、何も支障がない状況下の暮らしの中で、徐々にALSの病魔に侵されていく澤田の懸命に生きようとしている形を見て、日頃の生活ができている事に感謝をする必要があるなと感じました。特に病名を知った時にかけ離れていた両親が、信じられない表情となり、共に受け入れる覚悟をするという部分は、ある意味改めて家族という絆の大切さについて知ることになれば、挫折をしていた兄を小馬鹿にしていた弟の陸人も心を見直すきっかけとなる部分を描いていたドラマだと感じました。そして、偶然ながら面接中に手助けしてくれた恵も受け入れることで、最終的に体や言葉を発することもできなくなるALSの恐ろしさという部分と戦いながらも、生きている意味は何なのか。手助けをしてまでも、一緒に付き合う人々の想いもあると感じます。普通に生きられないからと悲観するよりは、どうして生命を全うする必要があるのか、考えていくためにも必要なことかもしれません。熱演された三浦春馬さんにも、この演じた時の気持ちを汲んでいればと残念ではなりません。

僕のいた時間は、私が大好きな作品で今までに10回以上繰り返してみています。僕のいた時間は、ALS-筋萎縮性側索硬化症ーという病気のお話なのですが、私は今までその上記のことを知りませんでした。どんな病気で最後はどうなってしまうのか、症状を知らなかったので結末がわからず毎週楽しみにしていました。とても感動的なお話で、1回目だけでなく、何度見ても感動します。ただ青年がALS-筋萎縮性側索硬化症ーになって日々を過ごしていくだけでなく、青年ならではの病気の症状と共に変化する心の心情や周りの友人の変化などが細かく描かれていて、病気の恐ろしさと命の大切さを学べるドラマだと改めて感じる。このドラマは、ALSー筋萎縮性側索硬化症ーとわかるところからドラマが始まるのではなく、初期の症状が出て最初は信じていないところから始まります。通常の病気を描いたドラマだと、病気と診断されてからスタートするドラマが多いのですが僕のいた時間では、ここがほかのドラマと大きく違うところだと思います。そして主人公が若く誰にでも起こりうる可能性があるかもしれないと思わせることで、多くの視聴者を生み、感動を呼んだ大きな要因だと思います。

まとめ

ドラマ『僕のいた時間』は、FODプレミアムで配信中です!

是非チェックしてみてくださいね!(*^^*)

 

タイトルとURLをコピーしました