カツベン無料動画配信をフル視聴する方法【映画】成田凌主演/あらすじ・キャスト・感想まとめ

邦画

こちらでは映画「カツベン!」の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

周防正行監督の5年ぶり映画『カツベン!』は2019年12月13日から公開し、主演には成田凌。
笑いあり、アクションありのドタバタコメディとなっています!
“カツベン”とは約100年前、映画に音がなかった時代に楽士の奏でる音楽に合わせて自らの語りや説明で彩った活動弁士の事。カツベンの語りには個性が溢れ、観客を魅了し、俳優よりも人気があったといわれていました。

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

映画『カツベン!』予告2 2019年12月13日(金)公開!

結論から言いますと
映画「カツベン!」のフル動画は
U-NEXTで配信中です!

現在、レンタル作品ですが
ポイント利用で視聴することができます!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

こちらもU-NEXTで配信中!

  ⇩ ⇩ ⇩

◆弥生、三月 君を愛した30年
◆愛がなんだ
◆人間失格 太宰治と3人の女たち
◆ニワトリ★スター
◆さよならくちびる
◆ここは退屈迎えに来て
など

映画『カツベン!』 を無料で視聴する方法は?

『カツベン!』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです♪

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます♪

ポイントは新作映画や漫画などの有料コンテンツに活用できます(*^^*)

初めて登録するのが不安だなぁという方!!

U-NEXTでは初回登録の方に《31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼント》を実施しています!

無料トライアル中に解約することもできるので、お金を払わなくても楽しむことができます(*^^*)

U-NEXTの特徴

見放題作品数NO.1!


U-NEXTより引用

U-NEXTより引用

新作映画がレンタルと同時配信

 

U-NEXTより引用

 

NHKオンデマンド作品あり
(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可)

 

U-NEXTより引用

 

80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!
※ポイントの有効期間は90⽇間

 

U-NEXTより引用

 

追加チャージで最大40%ポイント還元

 

U-NEXTより引用

 

最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

ダウンロード機能あり

 

マルチデバイス対応

 

高画質&高音質

 

私も【U-NEXT】に登録していますが
ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《
安心・安全》!
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴しています!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけでOK!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や注意点は?

登録はこちら♪
⇩ ⇩ ⇩ ⇩
初回登録31日間無料&
600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2020年12月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

『カツベン!』あらすじ

子供の頃、活動写真小屋で見た活動弁士に憧れていた染谷俊太郎。
”心を揺さぶる活弁で観客を魅了したい”という夢を抱いていたが、今では、ニセ弁士として泥棒一味の片棒を担いでいた。
そんなインチキに嫌気がさした俊太郎は、一味から逃亡し、とある小さな町の映画館<靑木館>に流れつく。
靑木館で働くことになった俊太郎は、”ついにホンモノの活動弁士になることができる!”と期待で胸が膨らむ。
しかし、そこには想像を絶する個性的な曲者達とトラブルが待ちうけていた!
俊太郎の夢、恋の運命やいかに・・・!?

公式サイトより

『カツベン!』キャスト

染谷俊太郎:成田凌

主人公で、 活動弁士になることを夢見ている。

栗原梅子(沢井松子):黒島結菜

子供の頃に俊太郎と仲良くなっていたが、転居で離れてしまうことに。沢井松子という芸名で女優になった。

山岡秋声:永瀬正敏

俊太郎の憧れの人で活動弁士。俊太郎に弁士としての心得を説く。

茂木貴之:高良健吾

山岡と同じ映画館に所属する活動弁士で看板弁士だったが、「タチバナ館」への移籍に靡いている。人気者になった俊太郎をライバル視している。

安田虎夫:音尾琢真

インチキ興行師として俊太郎らを使って窃盗を働いていたが、その後橘重蔵の手先になって、靑木館潰しの実行を請け負った。

牧野省三:山本耕史

映画監督で、二川文太郎と一緒に日本映画の黎明期を支えた人物。

二川文太郎:池松壮亮

映画監督で、日本映画の黎明期を支えた無声映画演出のパイオニア的存在

青木富夫:竹中直人

山岡や茂木が所属している靑木館の館主。靑木館は老舗の芝居小屋だったが、タチバナ館の攻勢の前に切歯扼腕する。

青木豊子:渡辺えり

青木富夫の妻で靑木館の創業者の血筋。入り婿の夫を叱咤することがある。

橘琴江:井上真央

靑木館のライバル映画館の「タチバナ館」の館主の橘重蔵の娘。俊太郎が梅子を助けに訪れたときに、顔にキスマークをつけた

橘重蔵:小日向文世

タチバナ館の館主。安田などの悪党を使って靑木館潰しを企んでいる。

木村忠義:竹野内豊

ニセ活動弁士逮捕に執念を燃やす刑事で活動写真好き。有名弁士となった俊太郎を訪ねたとき、俊太郎のその技量を称賛。

定夫:徳井優

靑木館の楽士。俊太郎が隠していた金を持ち逃げして、料亭で散財してしまった

金造:田口浩正

靑木館の楽士。

耕吉:正名僕蔵

靑木館の楽士。

浜本祐介:成河

靑木館の映像技師。

内藤四郎:森田甘路

靑木館の汗かき活動弁士。

梅子の母親:酒井美紀

感想

昔から周防監督の作品は好きでしたが、この作品もやはり裏切られることはありませんでした。映画にまだ音声がなかった時代のお話を映画にしようと試みたところが、既に素晴らしいです。普通は面白くすることがなかなか難しいと思います。どうしても古めかしさが先に来てしまい、この作品のように「昔の出来事」であることを忘れさせてくれるほど画面にのめり込ませてくれることはなかったのではないかと思うのです。それはやはり周防監督の「映画への愛」がなせる業だと思えるのです。「Shall we ダンス?」もそうでしたが、一度見たら終わりという作品ではなく、何度見ても面白作品だと思います。主演の染谷俊太郎役の成田凌さんが素晴らしかったです。多分お芝居もですが、声が合っていたのだと思います。個人的には栗原梅子役の黒島結菜さんが好きなこともあり、彼女のお芝居に釘付けになりました。もっとブレイクしてもいい女優さんだと思います。脇役の人たちも竹中直人さんはじめ、渡辺えりさんら達者な人たちが多くて、遠慮なく笑わせてもらいました。しかし周防監督は竹中直人さんの使い方が上手いです。「シコふんじゃった。」の時から、このコンビは最高だと思い続けています。

活動弁士というお仕事があったなんて知りませんでした。
ただ声を当てるでもストーリーを説明するでもなく、より面白おかしく語りを入れるというのですから、プロのわざです。
成田凌さんをはじめ、皆さん上手いものでした。
演技力以上に努力が素晴らしい、大正の映画が蘇りました。今の映画というとテンポも速く難しいかもしれませんが、敢えてカツベンを入れてみるのも面白そうです。
せっかくの日本の文化が残らなかったのは残念です。
でも、そんな素晴らしい技術を盗みを働く手段として用いていたとは勿体ない、これもまた本当にあったことなのでしょうか。
大金を持って逃げたりピストルで追い掛け回されたりと緊迫しているのに、なんだか喜劇をみているようなドタバタ感はこの時代ののんびりさが反映されているような気がします。戦争の時代に入る前、こんな素敵な日本の風景があったんだなと思います。
そして100歳を超えた高齢者の方の中には、実際にその時代を生きた人がいるって素敵です。
竹中直人さんや渡辺えりさんもいるのですから面白くなるに決まっている、竹野内豊さんまでいつもとは違ってコミカルな演技で、また違った魅力が感じられました。
キャラメルが繋ぐ関係というのもいいです。

背景も衣装も大正ロマンがあふれていて、ワクワクしながら見ることが出来ました。
映画を観て楽しいと思える気持ちはこんな頃からあったんですね。
活動弁士のお仕事というのはプロ野球とかの実況中継のようなものなのでしょうか。
ただセリフをアフレコしてという今と違って、それぞれの弁士さんの色も出て何度同じ映像を見てもそれぞれに楽しめて良かったはずです。
映画の技術が高くなったからこそ今のような迫力ある映像を観ることが出来るのですが、活動弁士は日本特有の文化ということもあり残っていってほしかった気はします。
そんな大正のお仕事を演じるのが成田凌さん、きっとかなりの練習を積んだことでしょう。
お客たちの心を惹きつけたその演技に私もまた魅了されました。
そんな彼を支えるのが竹中直人さん、渡辺えりさん、永瀬正敏さんといったベテラン人なので安定感抜群です。
彼らが出てくるだけでついついクスリと笑ってしまいます。意外と竹野内豊さんまでコミカル路線でいっていて、それも良かったです。
それにしてもこんな素晴らしい文化を空き巣をするためのネタとして使うとは何て奴らだ、でもピストル片手に緊迫した風景もなぜかのんびりコミカルなのです。

大正時代の庶民の様子と共に夢を持つ少年少女の出会いと再会、成長が描かれている「カツベン」。時代と共に廃れていった職業だけに子供の頃に声帯模写を得意とし、活弁士になろうとしていた頃が一番輝いていたと感じました。普通の仕事ではなく実力や人気に左右される世界だから仕方がないですが。いかさま興行師、安田の元で子供の頃からお気に入りだった山岡秋声を騙って活動していたので、本人へのリスペクトがないなぁと悲しかったです。でもその時はその方法しかなかったんでしょうね。生活するにもお金が必要でしょうし。ただ本物の山岡と出会い、変わって行ったのが良かったです。山岡の方も俊太郎が憧れていた人気絶頂の頃から落ちぶれて酒びたりになっていたこともあったのでお互い出会ったことにより情熱を取り戻せたのかもしれないなぁとも思いました。俊太郎がちゃんと人気活弁士になれたのは良かったですが、ラストは俊太郎が昔、盗んだお金の件で、一緒に興業していた安田から妨害を受け、挙句に警察に捕まったので切なかったです。刑務所で俊太郎が活弁を披露し、面会はしなかったものの梅子が差し入れのキャラメルを置いていったのでほんのり希望が灯った感じになったのは救いでした。

 

周防正行監督作品はU-NEXTで配信中!

・ファンシイダンス(1989年)

出演:本木雅弘、鈴木保奈美、大沢健、彦摩呂など
あらすじ:自由に過ごしてきた大学生の主人公が実家の寺の住職になるために恋人を残し、厳しい寺に入山。厳しい修行に耐えながらもだんだん寺院生活にも慣れ、晴れて下山し、恋人と再会するが、、、。

シコふんじゃった。(1992年)

出演:本木雅弘、清水美砂、竹中直人、水島かおりなど
あらすじ:大学4年生の主人公は伯父のコネで就職も決まり残り少ない大学生活を楽しんでいた。ある日、卒論指導教授に呼び出され卒業の単位と引き換えに相撲部の試合に助っ人として出るように頼まれる。

Shall we ダンス?(1996年)

出演:役所広司、草刈民代、竹中直人、渡辺えり子など
あらすじ:真面目な会社員の主人公は平凡な毎日に不満はなかったがを空しく思っていた。ある日の仕事帰り、ダンス教室の窓に物憂げに佇む女性を見つける。彼は数日後、そのダンス教室を訪ねるとそこには社交ダンスの世界が待っていた。

・それでもボクはやってない(2007年)

出演:加瀬亮、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ など
あらすじ:就職活動中の主人公はある日、満員電車で置換に間違えられ逮捕されてしまう。身に覚えもなく無実を主張するが提訴されてしまう。家族や友人たちの協力のもと弁護士と共に裁判へ挑むが、、、。

まとめ

映画『カツベン!』は、U-NEXTのポイントで視聴することができます!

是非チェックしてみてくださいね!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました