【ドラマ】ブラッディマンデイシーズン1公式見逃し動画配信を無料で全話フル視聴する方法/三浦春馬×佐藤健あらすじ・キャスト・感想まとめ

国内ドラマ

こちらではドラマ「ブラッディマンデイシーズン1」の動画配信をフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

この作品は、龍門諒原作・恵広史作画の漫画「ブラッディ・マンデイ」が原作となり、2008年にドラマが放送されました。三浦春馬三主演で放送されていたこのドラマは、2010年にはシーズン2も放送されています。このドラマで、三浦春馬さんは初めての単独主演を努めました。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

「ブラッディ・マンデイシーズン1」の フル動画は
Paravi』で独占配信中です!

初回登録2週間無料!

本ページの情報は2020年12月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paravi

『ブラッディ・マンデイ』 を無料で視聴する方法は?

『ブラッディ・マンデイ』は、動画配信サービス【Paravi(パラビ)】で配信中です!

そこで【Paravi】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

国内ドラマ・TBS/テレ東系が豊富なParavi!

【Paravi(パラビ)】は、月額925円(税抜)の動画配信サービスです!

主にTBS/テレビ東京系列のドラマやバラエティParaviオリジナル作品が充実しています!

初めて登録する方には《2週間無料体験》があり、無料期間内に解約することも可能なので2週間のみ楽しむこともできますよ!

Paraviの特徴

①国内最大級のドラマアーカイブ数

②TBS/テレビ東京系列/Paraviオリジナル作品が見放題

③放送中のドラマやバラエティの見逃し配信あり

④Paravi独占!人気ドラマのスピンオフあり

⑤毎月500円チケット付与
(レンタル作品が視聴できます)

⑥PC/スマホ/タブレットで対応可能!

⑦高画質&広告なしのストレスフリー

⑧初回2週間無料お試し体験あり

初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
Paravi簡単な登録方法の手順や注意点
Paravi解約方法の手順や注意点

初回登録2週間無料!

本ページの情報は2020年12月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paravi

「ブラッディ・マンデイ」シーズン1あらすじ

天才ハッカーの高校生が、家族や仲間を救うべく最凶最悪のウイルステロに立ち向かう、スピード感あふれるノンストップアクション・サスペンス「ブラッディ・マンデイ」。2010年に“シーズン2”も制作される人気作となった。

主人公の天才ハッカー・高木藤丸を演じるのは、この作品が連続ドラマ初主演となった三浦春馬。このほか、吉瀬美智子や吉沢悠、成宮寛貴、佐藤健など勢いのあるキャストが勢ぞろいした。学校や警察組織にまで潜入するテロ組織のスパイ、そして時間とともに確実に進行するウイルステロ。これらの脅威に、藤丸たちはどう挑んでいくのか!? 映画顔負けの迫力ある映像と予測不能のストーリー展開から目が離せない!

第1話「日本最後の日! 1人の命か!? 千万人の命か!? 最凶ウイルステロの陰謀と伝説のハッカーの闘いがいよいよはじまる!!」

天才ハッカーとテロ組織との闘いを描く。ロシアの町で人々がいなくなる事件が発生。真相を探る警視庁の秘密部隊「THIRD-I(サードアイ)」は、ロシア軍事施設のコンピューターのハッキングを、天才ハッカーで高校生の藤丸(三浦春馬)に依頼する。解析に成功した藤丸は、殺人ウイルスで人々が死んでいく映像を目撃する。

第2話「ウイルステロついに勃発!! 迫り来る日本最後の日!!」

THIRD-I(サードアイ)に「ウイルスをある女性に送った」と連絡が。電話の人物の目的が藤丸(三浦春馬)の身柄と知った加納(松重豊)は、藤丸を確保するように指示を。一方、藤丸は遥(川島海荷)をさらった犯人から電話でTHIRD-Iのパソコンに入った“クリスマスの虐殺”のデータを消すように迫られ、ハッキングを行う。

第3話「裏切り者は誰だ!? 味方に潜む敵の影!! テロ首謀者・現る」

Third-I(サードアイ)は藤丸(三浦春馬)を殺そうとしたマヤ(吉瀬美智子)を銃撃し、捕獲。本部へと連れて帰り、テロの詳細を聞くため、拷問を始める。そんな中、ウイルスについて調べる敷村(神保悟志)が出門(TET)に誘拐される。監視カメラの映像から高木(田中哲司)が出門と組んでいる疑惑が浮上し、加納(松重豊)たちは驚く。

第4話「裏切りと悲劇の女!! 明らかになる日本壊滅テロの真相!?」

藤丸(三浦春馬)はテロリストだった宝生(片瀬那奈)から、遥(川島海荷)の命が欲しければ裏切り者は加納(松重豊)だったとTHIRD-Iに報告するように迫られた。藤丸は、渋々、霧島(吉沢悠)にそれを告げる。そんな中、宝生はTHIRD-Iに潜入し、起爆装置を設置。監視カメラでそれを目撃した霧島はがくぜんとする。

第5話「東京壊滅!? 現れたテロ首謀者との生死を懸けた対決!!」

マヤ(吉瀬美智子)にファミレスに連れていかれた藤丸(三浦春馬)は、J(成宮寛貴)と対面した。Jは、藤丸に仲間になるように迫るが、マヤの携帯の電波を追っていたTHIRD-Iがファミレスを包囲。Jは、逃がしてくれるならウイルスに感染した人物を救う方法を教えるから、霧島(吉沢悠)に交渉するようにと藤丸に告げる。

第6話「日本最後の日!? 破壊と滅亡、そして父の真相が明らかに」

研究所に着いた藤丸(三浦春馬)は、システムをハッキングする。倉庫の監視カメラの映像を見た藤丸は、敷村(神保悟志)がマヤ(吉瀬美智子)に銃を突き付けられていると気付く。敷村は、マヤとある約束を交わし、逃走。敷村と合流した藤丸は一緒に逃げようとするが、そこへ現れた高木(田中哲司)が銃口を向けてくる。

第7話「テロ全貌が今夜明らかに!! 非情な計画が日本を襲う!!」

藤丸(三浦春馬)は、抗ウイルス剤を発見するために、高木(田中哲司)のパソコンを調べる。その中で高木が敷村(神保悟志)に貸していたコテージの画像を見つけた藤丸は、加納(松重豊)たちとコテージを訪ねる。藤丸たちは、コテージで抗ウイルス剤を見つけるが、マヤ(吉瀬美智子)らテロリストがコテージを取り囲む。

第8話「遂に大量感染!? 拘置所に眠る犯罪者の大脱走計画の全貌」

学校を訪ねた藤丸(三浦春馬)たちは、J(成宮寛貴)の策略によってウイルスに感染し、テロリストに拘束される。マヤ(吉瀬美智子)は、霧島(吉沢悠)に抗ウイルス剤が欲しければ、神島(嶋田久作)を釈放するようにと告げる。実は抗ウイルス剤を保有している霧島は、マヤたちにばれないように藤丸に与える作戦を企てる。

第9話「テロ最終章!! 神が与えし教祖の死、そして最後の月曜へ」

神島(嶋田久作)の拘置されている独房にウイルスがまかれた。神島は、マヤ(吉瀬美智子)たちに連れられて独房を脱出。加納(松重豊)は、逃走する神島を追いかけようとするがマヤにキスされ、ウイルスに感染する。一方、藤丸(三浦春馬)はウイルスに感染した英(久野雅弘)の死を自分のせいだと思い、落ち込んでいた。

第10話「東京炎上!? 死と裏切りと絶叫の中、遂にテロ最終舞台へ」

J(成宮寛貴)は、自分と音弥(佐藤健)が兄弟であることを藤丸(三浦春馬)に明かした。がく然とした藤丸は、度重なる音弥からの電話を思わず無視してしまう。そんな中、マヤ(吉瀬美智子)がTHIRD-I(サード・アイ)に出頭。マヤは、THIRD-Iに協力すると話し、高木(田中哲司)がJの兄弟であるKの正体を知った真子(徳永えり)を誘拐したと明かす。

第11話「今夜0時東京壊滅テロ宣言へ!! 生死を懸けた終幕へ」

誘拐された真子(徳永えり)を助けるべく、藤丸(三浦春馬)と竜之介(田中哲司)がもみ合いに。ところが、転がった銃を拾った真子は、銃口を藤丸に向け、実はテロリストの一味であることが判明する。そんな中、THIRD-I(サードアイ)が突入。Kの正体や竜之介の裏切りの理由、テロリストたちの真の目的といった謎が次々と明らかにされる。

キャスト

高木藤丸:三浦春馬

高木遥:川島海荷

高木竜之介:田中哲司

九条音弥:佐藤健

九条彰彦:竜雷太

折原マヤ:吉瀬美智子

スナイパー:テット・ワダ

神島紫門:嶋田久作

宝生小百合:片瀬那奈

J / 神崎潤:成宮寛貴

安斎真子:徳永えり

城田学:滝藤賢一

安藤健 / ブルーバード:山口龍人

伊庭刑事:尾崎右宗

有村望:恒吉梨絵

宮本耀:安部魔凛碧

西田笑太郎:斗澤康秋

小林大助:谷口翔太

加納生馬:松重豊

南海かおる:芦名星

澤北美姫 / ブルータス:阿南敦子

霧島悟郎:吉沢悠

工藤明:久保田将至

村上杏里:渡辺志穂

中川沙織:原田佳奈

鎌田淳一郎:斎藤歩

苑麻孝雄:中原丈雄

沖田耕一:工藤俊作

立川英:久野雅弘

朝田あおい:藤井美菜

敷村壮介(教授):神保悟志

宗方瞳(研究員):村岡希美

日景潔(教師):並樹史朗

船木勘助(警視庁刑事):螢雪次朗

富永京子(看護師):宮澤美保

田辺僚:永倉大輔

石川看守:野間口徹

浅倉看守:佐伯新

黒崎所長:山中敦史

安岡啓太郎(内閣官房長官):浜田晃

大杉健一(警視庁捜査部長):中根徹

感想

ブラッディーマンデイシーズン1は、高校生天才ハッカーがテロ事件に巻き込まれながらも、次第に事件のテロ組織と対峙して、日本を守る話になっています。主人公の藤丸がオリジナルのOSとハッキングツールが入ったUSBメモリーをパソコンに挿す事で、システムやネットワーク内部へ侵入出来るハッキングスキルを持っていて、このシーンが鷹が侵入していくような演出が施されていて格好良かったです。
父親の行方、藤丸の妹をさらって、藤丸にハッキングをさせて様々な要求を呑ませるテロ組織の真の目的など謎と伏線が多数散りばめられていて、スリリングな展開で最後まで楽しめる作りになっていました。藤丸以外にも、親友の音弥や工作員の一人である折原、テロ組織のリーダーであるJなどといった登場人物の存在もドラマを大いに盛り上げていました。誰が味方で、誰が敵かを見抜くサスペンス要素もあって、推理や予想をしていくのが楽しかったです。
キャストの演技面では、それぞれが登場人物の特徴をうまく表現しており、原作を知らなくても、陰謀系ドラマのスリリングさを引き出しています。その結果、最後まで謎解きに集中出来る仕上がりでした。人間関係も複雑で、ストーリー上の謎に直結しており、その関係性を把握しておく事がドラマの謎解きをするポイントになっています。

ウイルステロの作品って海外だと映画でも数多く取り上げられていたり最近の新型コロナウイルスの関係もあって最近はいろいろな作品を見かける機会が多くなってきていますがこの作品はキャスティングもストーリーも新鮮な印象が強くてミステリーのような裏切りものの犯人を探すようなシーンがあったりとウイルスを通じて様々な人間模様が複雑に絡み合っていて多くの側面から考えさせられてしまう印象がありました。マヤを演じる吉瀬美智子さんが脇役の中ではひときわ目立っている感じがあって主演の三浦春馬さん演じるハッカーを惑わすところや敵なのに情報を与えたりやけに接触してきたりとミステリアスな雰囲気があって個人的には好きなキャラクターでした。敵側のボスを演じていた成宮寛貴さんも今はほとんど俳優業は見せてくれなくなりましたがテロリストという難しそうな役と三浦春馬さんとの戦いが目まぐるしい展開になっていて見応えがありました。さらに三浦春馬さん側の捜査班の中にも実は裏切り者がいたりと単純には済まされないようなところにこの作品の面白さや興味深いところが詰め込まれているような気がしました。三浦春馬さんのハッキングする姿も本格的でかっこよかったです。

まとめ

ドラマ「ブラッディマンデイ」は、Paraviで配信中です!

是非チェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました