ラストレター【映画】動画配信・レンタルを無料でフル視聴する方法!あらすじ・キャスト・感想も紹介!松たか子主演!

邦画

2020年公開映画『ラストレター』は、岩井俊二監督・脚本による作品。
監督の実体験を基に故郷の宮城県を舞台としたラブストーリーです。
主演は松たか子さん。
共演に福山雅治さんや広瀬すずさん、森七菜さんなどが出演。
広瀬すずさんと森七菜さんの可愛さが溢れ出ています!
音楽は小林武史さんが担当し、主題歌を歌うのは森七菜さん!
歌声も可愛くて透き通っていて注目です!
仙台の風景や自然の美しさなど岩井俊二監督の世界観に浸れます。

こちらでは、映画『ラストレター』の動画を無料で視聴する方法やあらすじ、キャスト、感想などまとめてみました!

映画『「ラストレター」』予告【2020年1月17日(金)公開】

映画「ラストレター」のフル動画は
U-NEXT』で配信中!

現在レンタル作品(有料:550円)
ですが初回登録で貰える600円分のポイントを
利用して無料でフル視聴
することができます!

初回登録は31日間無料
\600ポイントプレゼント!/

 ⇩ ⇩

映画『ラストレター』 を無料で視聴する方法は?

『ラストレター』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴できます!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけ!

U-NEXT解約・退会方法や注意点は?


初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2020年12月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

岩井俊二監督作品紹介!

U-NEXTで配信中の岩井俊二監督作品をご紹介します!

  • Love Letter
  • スワロウテイル
  • リリィ・シュシュのすべて
  • 花とアリス
  • 四月物語
  • リップヴァンウィンクルの花嫁【劇場版】
  • リップヴァンウィンクルの花嫁【テレビドラマ版】
  • 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
  • ハルフウェイ
  • undo
  • PiCNiC
  • Jam Films
  • friends after 3.11

※2020年12月時点のものです。

『ラストレター』あらすじ

裕里の姉・未咲が亡くなった。裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘・鮎美から未咲宛ての同窓会の案内と未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。未咲の死を知らせるために行った同窓会で姉と勘違いされた裕里は、初恋の相手・鏡史郎と再会し…。

U-NEXTより引用

『ラストレター』キャスト

岸辺野裕里:松たか子
遠野未咲の妹。
颯香と息子の瑛斗の母で夫と4人で暮らしている。
学生時代、乙坂のことが好きだった。
 
乙坂鏡史郎:福山雅治
売れない小説家。デビュー作以降低迷している。
 
遠野鮎美:広瀬すず
未咲の娘。高校3年生。
母・未咲が亡くなったことにより祖父母の家で過ごしている。
 
岸辺野宗二郎:庵野秀明
裕里の夫で漫画家。
裕里と鏡史郎の浮気を疑っている。
 
岸辺野颯香:森七菜
裕里の娘。中学3年生。
夏休み中、祖父母の家に鮎美と共に暮らす。
 
波戸場正三:小室等
岸辺野昭子の学生時代の教師。
 
岸辺野昭子:水越けいこ
裕里の義母。
 
遠野純子:木内みどり
裕里の母。
 
遠野幸吉:鈴木慶一
裕里の父。
 
阿藤陽市:豊川悦司
未咲の元恋人。
 
サカエ:中山美穂
阿藤の同居人。
 
遠野未咲(回想):広瀬すず
裕里の姉。学校のヒロイン的存在。
 
遠野裕里(回想):森七菜
 
乙坂鏡史郎(回想):神木隆之介

感想

この映画のタイトルを聞くと、岩井俊二監督作品「Love Letter」を思い出す方もいるでしょう。それだけ岩井監督が、「手紙」というツールを大切にしているのがうかがえます。作品は松たか子さん演じる、主人公の姉が亡くなったシーンから始まります。そこから物語は展開していきます。「Love Letter」という作品にしても、「ラストレター」にしても、若い時代の恋のやるせなさに焦点を当てているように感じました。どうにもならなかった恋心。どうすることも出来なかった人生。そこにつらさや、愛情の奥深さを感じることが出来る作品でした。少年少女の時代と、大人になった時代の二つの時間軸で話は進みます。松たか子さんの少女時代を、森七菜さん。亡くなった、回想に出て来る姉とその娘役を広瀬すずさん。そして福山雅治さんと神木隆之介さんが、大人時代と高校生時代を演じています。どの役もはっきりと区分けが出来ています。しっかりと年を取り、円熟味を帯びた大人の役。そして青さが光る回想シーン。どの部分を見ても説得力があって、年齢を重ねると作り手の構成力や心境にも絶妙な味わいとリアリティが出るのだと、岩井俊二さんの監督としての力に深みを覚えました。ラストの切なさは、最近観た映画の中では心に強く残りました。

姉の同窓会の案内が来たので、姉が亡くなったことを知らせに行き、そこから姉のことを好きだった相手と手紙をやり取りすると、相手の手紙が姉の娘に届くという話です。姉は美人で優等生という設定でしたが、そのような人が学校を卒業後に上手く行かなかったり、悪い相手と交際して苦労したりする例を岩井監督はいくつも見てきたのかもしれません。
現在と過去を行き来しながらストーリーが進むところは、岩井監督のよく使う手法ですが、上手く使っているので物語の期間が長くても、解りやすくなっていました。メールやLINEではなく手紙だったことから、長い期間を描いた物語でも解りやすく内容も充実していたのでしょう。
福山雅治さんは姉を思い続ける地味な小説家を演じていましたが、上手く演じているので最初は誰か解りませんでした。
岩井俊二監督は「Love Letter」という映画を’95年に撮っていますが、それも手紙の誤送から始まる物語でした。その時は同姓同名の性別が違う相手が手紙を受け取りましたが、今回は相手の娘が手紙の受け取り手になります。
いつも映像美が際立っている岩井監督の映画ですが、本作は舞台が夏の宮城県で、風景がとても奇麗に映像化されていました。

裕里は亡くなった姉 未咲の代わりに同窓会に行く事になりました。ところが、同窓会場では未咲と間違えられて、初恋の相手であった鏡史郎と再会します。そこで、祐里は自分の存在を明かさず、未咲として鏡と文通を始めます。この文通が、未咲と裕里の娘も入り込み大きな物語となっていきます。印象に残ったセリフが「誰かがその人のことを思い続けたら、死んだ人も生きていることになるのではないでしょうか」です。死に対するそれぞれの思いが、手紙という形で表現されていて今のSNSやメールなどとは違うがゆえに、気持ちのすれ違いや思い入れへの強さが垣間見れて、送る人と受け取る人の感情が強く表れていると思いました。 そして手紙のやり取りだからこその利点である思い入れが形に残る所も表現がうまくされていました。最初は裕里の手紙がめちゃくちゃ酷かったけど、ここも文通というツールを使う事で気持ちが入り、書き方まで変わってくる辺りも心の移り変わりを強く感じました。また、作品のストーリーが世代を飛び超えながら、出入りが多い為に掴めない展開もあるが、最後には自分でこの作品について死とは何かという考える部分を残してエンドを迎える構成にも共感出来ました。

高校時代は広瀬すずさんと神木さんの爽やかな交換があって、とても心が洗われました。自転車に乗って現れた広瀬すずさんがマスクをはずした時の驚き、それはまさに恋に落ちる瞬間でした。あの美しい広瀬すずさんの顔を見ていると、胸が苦しくなり、彼女の可愛いさに倒れそうでした。青春時代と言うのは、あんな些細なことでも忘れられない一瞬の恋になるんだと思います。しかし、神木さんのラブレターは彼女には届いていないなんて、彼が可哀想でした。その彼女の人生は、神木さんが福山さんに代わり、再び、松さんに会う頃には亡くなっているのです。つまり、神木さん福山さんの初恋は成就してません。一方、松さんは手紙を書いた張本人です。そして、姉の死を話すために同窓会に行きます。その時に会った福山さんが神木さんが大人になった姿ですが、彼の前で恥じらう松さん、ピュア過ぎて観ている私もドキドキです。あんな演技が出来る彼女の純粋さに脱帽です。この映画は、広瀬さんの若さより、松さんの変わらない初恋へのこだわりが、じんじんと伝わるのです。結局、松さんこそ、福山さんを一番理解していたとしか思えません。松さんは、初恋を大切に強く生きて行きます。福山さんは福山さんで初恋の人の死によって人生を変えるのです。初恋ほど尊いものはないのです。

まとめ

映画「ラストレター」は『U-NEXT』で配信中です!

U-NEXTでは映画「ラストレター」以外にもたくさんの作品が配信されており、無料お試し期間内でも十分にお楽しみいただけます!

ぜひチェックしてみてくださいね!

初回登録は31日間無料&
\600ポイントプレゼント!/

⇩ ⇩ ⇩

タイトルとURLをコピーしました