サヨナラまでの30分/無料動画配信をフル視聴する方法!新田真剣佑×北村匠海主演/あらすじ・キャスト・感想まとめ

邦画

映画「サヨナラまでの30分」の動画配信を無料で視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

2020年公開映画「サヨナラまでの30分」は、新田真剣佑さんと北村匠海さんが主演を務めた青春音楽ラブストーリー。
メジャーデビューを目前に解散したバンド【ECHOLL】。1年後、大学生の颯太がバンドの再結成を迫り、どこか憎めない彼にメンバーは少しずつ動かされていく。実は颯太の中身は1年前に死んだボーカルのアキだった。
映画『サヨナラまでの30分』本予告 2020年1月24日(金)全国ロードショー

結論から言いますと
映画「サヨナラまでの30分」のフル動画は
U-NEXTで配信中です!

現在レンタル作品ですが
ポイント利用で視聴することができます!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

映画『サヨナラまでの30分』 を無料で視聴する方法は?

『サヨナラまでの30分』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです♪

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます♪

ポイントは新作映画や漫画などの有料コンテンツに活用できます(*^^*)

初めて登録するのが不安だなぁという方!!

U-NEXTでは初回登録の方に《31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼント》を実施しています!

無料トライアル中に解約することもできるので、お金を払わなくても楽しむことができます(*^^*)

U-NEXTの特徴

見放題作品数NO.1!


U-NEXTより引用

U-NEXTより引用

新作映画がレンタルと同時配信

 

U-NEXTより引用

 

NHKオンデマンド作品あり
(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可)

 

U-NEXTより引用

 

80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!
※ポイントの有効期間は90⽇間

 

U-NEXTより引用

 

追加チャージで最大40%ポイント還元

 

U-NEXTより引用

 

最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

ダウンロード機能あり

 

マルチデバイス対応

 

高画質&高音質

 

私も【U-NEXT】に登録していますが
ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《
安心・安全》!
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴しています!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけでOK!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や注意点は?

登録はこちら♪
⇩ ⇩ ⇩ ⇩
初回登録31日間無料&
600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2020年12月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

「サヨナラまでの30分」あらすじ

「お前だけなんだよ、俺が見えてんの。お願い、ちょっと体貸して。」
メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。
1年後のある日、突然大学生の颯太が現れ、 メンバーのヤマケン、重田、森の日常にずかずか踏み込み再結成を迫る。
誰をも魅了する歌声を持ち、強引だがどこか憎めない颯太に、少しずつ心を動かされていくメンバーたち。
実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキだった!
偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わる事ができ、1つの体を共有していく。
人づきあいが苦手で、はじめはアキを毛嫌いしていた颯太。
「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。
30分ごとの入れ替わりを何度も繰り返す、正反対の2人の共同生活がスタート。
ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知る。
アキも颯太の体を使ってバンドを復活させ、音楽のある生活を取り戻したが、
「ECHOLL」を去った恋人・カナだけは戻ってこない。
カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。
そんな日々の中で颯太もカナに心惹かれていき、カナもどこかアキの面影を感じる颯太に、心を開き始める。
すべてがうまくいくように見えたが、ふとした事から颯太=アキなのではないかとカナは気が付いてしまう。
一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていく——。

公式サイトより

「サヨナラまでの30分」キャスト

宮田アキ:新田真剣佑

バンドミュージシャンで1年前に亡くなる。ただ自信が残したカセットテープを再生すると30分だけ颯太の体を借りれる。

新田真剣佑さんは、1996年生まれでアメリカのロサンゼルス出身。
2014年から日本を拠点にして活動をスタート。
2016年に公開された「ちはやふる」で第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。それ以降「チアダン」や「ピーチガール」などといったたくさんの作品に出演し、俳優として大活躍中!!

窪田颯太:北村匠海

就職活動に苦戦気味の大学生。人付き合いがもともと苦手であまり他人と関わりたくない。だがあることがきっかけで運命が大きく変わる。

北村匠海さんは、1997年生まれの東京都出身。
子役からキャリアを積み上げながら2011年にダンスロックバンドを結成し、メインボーカルとギターを務め2013年にメジャーデビュー。
2015年からは4年連続日本武道館で元日に単独公演を開催。
俳優は2008年に幼少期役で映画初出演をして以降様々な作品に出演しており、俳優としても絶対的人気を集めてきている。

村瀬カナ:久保田紗友

バンドのメンバーで生前のアキの恋人。

久保田紗友さんは、2000年生まれの北海道出身。
2012年に女優デビュー。
2013年には神様のイタズラや三人のクボタサユというドラマで主演に抜擢されて以降、様々な作品に出演。
2017年には「ハローグッバイ」で長編映画初主演を果たす。

山科健太:葉山奨之

バンドメンバーでギターを担当しており、バンド内ではムードメーカー的存在。

葉山奨之さんは、1995年生まれで大阪府出身。
2011年のドラマ「鈴木先生」で俳優デビュー。
「まれ」や「逃げるは恥だが役に立つ」などといった話題のドラマに数多く出演。
その他にもテラスハウスのスタジオメンバーに2018年から加入するなど、幅広い活躍を見せている。

重田幸輝:上杉柊平

バンドメンバーでドラムを担当。

上杉柊平さんは、1992年生まれの東京都出身。
2015年に放送されたドラマ「ホテルコンシェルジュ」で俳優デビュー。
「とと姉ちゃん」や「一週間フレンズ。」などの話題作品にも出演している。
さらにヒップホップクルーKANDYTOWNのメンバーでもあり音楽活動もしている。

森涼介:清原翔

バンドメンバーでベースを担当。

清原翔さんは、1993年生まれの神奈川県出身。
2013年にメンズノンノでモデルデビューをし、2016年より俳優活動をスタート。
「なつぞら」でブレイクし、注目されるように。
2019年に放送された「虫籠の錠前」ではドラマ初主演を果たす。

「サヨナラまでの30分」感想

新田真剣佑と北村匠海のドラマが見どころな作品。カセットテープが重要なキーアイテムとなり、出会うはずのなかった二人を不思議な力で急接近させていくことに。新田真剣佑演じるリア充バンドマン宮田アキと、北村匠海演じる就活に苦戦中の陰キャ大学生窪田颯太の「ありえないバディ」がお互いを認め合っていく過程の、繊細かつ強引な描写が観客をトリコにします。そこへ更に、アキの恋人でバンドメンバーな久保田紗友演じる村瀬カナも加わり、三つ巴のオイシイ展開へもつれ込みます。不思議アイテムが巻き起こす騒動という点ではアニメっぽい設定ではありますが、重箱の隅をつつくような見方をしなければ、充分実写と馴染んでいて、「もしかしたらこんな事があるのかも?」と思わせるレベルです。撮影が非常に美しく奥深さが感じられ、一般的な邦画実写映画のイメージとは一線を画し、ここにきて新世代の日本映画が誕生しつつあるのだと、強く実感させられます。バンド演奏シーンの演出も良く、特に屋内での演奏の臨場感の高さは特筆もので、音が発せられる瞬間の気持ち良さに満ち満ちていた。原作が無いオリジナル企画というハードルを軽々と飛び越えてきた、非常に満足度の高い青春音楽映画です。

旦那の誘いで映画館へ観にいきました。時空超えちゃう系はチープに見えてあまり好きではない(SF映画ならいいですが)ので、最初はちょっとなぁと思うところもありました。ただ性格の異なる2人が、今は見なくなったラジカセを通じて、だんだんと打ち解けてゆき、人間模様が変わっていくにつれて、チープさもなくなっていき全体的に見ごたえがあったと思います。また、2人の唯一の共通点が音楽なのですが、北村さんは歌手ということもあって歌唱力も高く、音楽も素敵でした。旦那は若い頃にバンドをしていたので、本筋とは異なりますがそっちのストーリーも共感でき、面白かったと言っていました。必ずと言っていいほど、仲間割れや喧嘩しますよね。真剣佑さんの彼女役は有名な女優さんではないと思いますが、とても凛としていて芯の強そうな女性であったのもよかったと思います。(真剣佑さんの役がへらへらしているので)きちんと自分と直面した現実に向き合っている姿に、若さと強さを感じました。最後は、それぞれの思いがきちんと伝わって、終わりのようにも捉えられるけど、またそれぞれの人生が始まってゆくような、よい終わり方だったと思います。友達同士よりも、カップル同士で見に行くのをおすすめします!

わからないけれど人が死んだ仕事の世界や、その世界だからこそ描ける人に対する「愛」を感じることができる作品でした。
主人公の事故で亡くなったアキ(新田真剣佑さん)が30分だけ颯太(北村匠さん)に乗り移ることができるというストーリーが本当にステキな世界観を出していました。
作品では、現実世界として今まで当たり前に目の前にあって自分が存在していた風景に混ざれる嬉しさ、もう自分がいない時間が進んでいくことを嫌でも感じてしまうことへの寂しさ、周りのことを思うとそれが正しいと思う気持ち、様々な気持ちが混ざり合っています。
そのような感情の描写やストーリー展開から、人間は失ってから初めて大切なことに気づくとよく聞くのですが、この作品は失う前に気づく大切なことを教えてくれたような気がします。失った人が何に気づきどのように失う前の世界を見るのか、その大切な物ってなんなのかがすごく上手に描かれており、間接的ですが心にスッと入ってきます。
映画見終わったと、改めて自分にとって大切なものは何かということや気付いてはいないけど失って気づく愛に気づくことができ、大切な人々の目を見て今しかない時間を大切にしたいなと思いました。
ぜひ、今辛い人や愛を感じたいと思っている人に見ていただければと思います。

冒頭から走る映像がとても爽やかで青春を感じさせてくれます。学生時代にバンドを組んだことがある人はとても懐かしく思いださせてくれます。おすすめです。爽やかな青春映画だけだと思っていたら、体が入れ替わるという不思議なファンタジーも加わっていて、世代を超えて楽しめるものでした。死んだアキが、ずっと颯太に話しかけ、他の人には姿が見えないシーンが面白かったです。個人的に筒井道隆がお父さん役をしているのが驚きでした。昔から見ていて、当たり前ですがそれだけ年をとったということなんだというこですが。歌を歌っている時の入れ替わる時のシーンが、歌も良くて心に残りました。クライマックスになるにつれ、互いの入れ替わり時間が短くなり、切なくなってしまいます。またかたくなだった性格もアキが入れ替わることで見えなかった世界をみることができ、広がった世界を知っていくことが少し感動をよびます。明るい性格がすべていいというわけではありませんが、やはり人と付き合いの大切さ、仲間との絆を築き上げていく大切さを教えてくれます。学生の方や、就職活動で悩んでいる学生さんたちにも見てほしいと思いました。バンドものの映画などは、最後に感動するのが定番でもありますが、定番でもやはり安心感があり、とても好きな映画です。

とにかく感動する映画でした。人や、友達や親知りあってきた、すべての人と関わることや、接すること、自分がなにを変えていけばいいか、自分が変えることにより、環境がかわるということを教えてくれた映画でした。自分の心を変えていくことは、すごく大事なことだと改めて考え直されました。また鈴木先生が伝える言葉も、心にひびきました。あきらめかけている人や自信がなかなかない人が見ると更にぐっとくる映画の内容になってます。無理しすぎはいけませんが、たまには、自分が頑張っている以上にも、もう少し頑張ってみる、やってみることに意味があるということの大事さを、教えてくれる映画です。北村くんの歌声を初めてききましたが、透き通る声でびっくりしました!マッケンの声もものすごくよく、二人の声がマッチングしすぎて、ついもう一回聞きたくなります。イケメンで、歌声もいいって最高ですね。人見知りな私はには、勇気付けられる場面もあり、マイナス思考からプラス思考になりたいなとも思えた映画でもありました。映画も、人の感情的なものも、考えさせてくれた映画で、意味が深かったです。音楽も演技もうまくて、見て損がない映画で、とてもよかったです。

学生時代、バンド活動をしていた自分からすると、共感できる面などもあり、とても素晴らしい映画でした。テープが流れるている間だけ主人公と死んだはずの男が入れ替わる、という内容もいい意味でぶっ飛んでいて、最後まで飽きずに見れました。一見ファンタジーの要素が強めなのかな、と思いましたが、脚本と構成がしっかりと作りこまれていて、ストーリーにどんどん引き込まれました。
そしてキャストの俳優陣をイケメンで固めたというところ。しかも真剣佑も北村匠海も歌手並みに歌上手く、この映画の魅力を充分に引き出せていたと思います。ただ、少し残念だったのが、楽曲のクオリティがイマイチだったこと。歌唱力もあり、演出も言う事ないぐらい素晴らしかったのですが、映画の外でもその曲が話題になったり、ヒットするような楽曲を作って欲しかった、、というのが正直な感想です。それと、主人公だけじゃなく、メンバーひとりひとりにもスポットを当てても、ストーリーの幅が広がって、良かったなあと思いました。全体的にまとまっていて、感動できる青春映画だったと思います。少し残念だった箇所があるものの、音楽を題材にした映画の中では、類を見ないぐらい素晴らしい映画だったと思います。

 

まとめ

映画「サヨナラまでの30分」はU-NEXTのポイントで視聴することができます!

是非チェックしてみてくださいね!(*^^*)

 

タイトルとURLをコピーしました