親バカ青春白書/公式見逃し動画配信・未公開シーンを無料で全話フル視聴する方法【ドラマ】ムロツヨシ・永野芽郁・新垣結衣/あらすじ・キャスト・相関図・感想まとめ

国内ドラマ

こちらではドラマ「親バカ青春白書」の動画配信と「未公開シーン復活版」を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想などをまとめています。

『親バカ青春白書』は、女子高育ちの娘を心配するあまりに娘と同じ大学に入学してしまう親バカな父親が若者たちと青春を謳歌する青春ホームコメディ。
監督は「今日から俺は」などの福田雄一監督。
主演はムロツヨシさん、娘役には永野芽衣さん母親役に新垣結衣さんが出演!
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

結論から言いますと
親バカ青春白書
&
未公開シーン復活版
のフル動画はHuluで配信中です!

⇩ ⇩ ⇩

\初回登録2週間トライアルあり!/

※【未公開シーン復活版】とは、テレビ放送の本編にアドリブなどの未公開シーンが加えられたものです♪

『親バカ青春白書』 を無料で視聴する方法は?

『親バカ青春白書』は、動画配信サービス【Hulu】で配信中です!

そこで【Hulu】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

日テレ系番組が豊富なHulu!

動画配信サービス【Hulu】は月額933円(税抜)で、国内外のドラマや日テレ系番組が充実している動画配信サービスです♪

初めて登録する方には《2週間の無料体験》があります!

無料の期間内に解約してもらうとお金を払わずに楽しむこともできますよ!

Huluの特徴

①作品数60,000本以上を配信!

②国内外ドラマの本数が多い

③日テレ系列の番組やHulu限定オリジナル作品あり

④放送中のドラマやバラエティ番組の見逃し配信あり

⑤マルチデバイス対応

⑥ダウンロード機能あり

⑦高画質&広告なしのストレスフリー

⑧初回2週間無料お試し体験あり

初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!

無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!

Hulu簡単な登録方法の手順
Hulu解約・退会方法や注意点は?


\初回登録2週間無料トライアルあり!/

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

 

「親バカ青春白書」のあらすじ

※ネタバレも含まれますのでご注意下さい!

第1話 

最愛の妻・幸子(新垣結衣)を亡くし、男手一つで娘を育て上げた小比賀太郎 (通称:ガタロー)(ムロツヨシ)は、一発屋の売れない小説家にして愛娘・さくら(永野芽郁)のことが大好きすぎる筋金入りの親バカ。女子校育ちで純真無垢なさくらが共学大学に通うことを心配するあまり、なんと娘と同じ大学を受験し、同級生として同じ学部に入学することに!小説家の仕事が切られることを恐れるガタローは、さくらに好意を寄せる図々しい担当編集者・尾崎(谷口翔太)には大学生になったことを隠したまま、周囲から浮きまくりのキャンパスライフをスタートさせる。

ガイダンスの日、さくらに悪い虫がつかないよう男子学生に目を光らせていたガタローは、担当教授・大村(野間口徹)から不審に思われ早速呼び出しを食らう。一方、さくらは入学式で知り合った広島出身のあけすけな性格の同級生・寛子(今田美桜)と共に学食へ。同じ学部のイケメン同級生・畠山(中川大志)と、バイトを掛け持ちしまくる倹約家の美咲(小野花梨)と相席するが、横柄な態度で絡んできた先輩に毅然と接する畠山を見たさくらは、恋の雷に打たれフリーズ!そうとは知らないガタローは同級生の自称YouTuber・根来(戸塚純貴)と意気投合し、学食に合流する。二人が親子入学したことを知った同級生たちに衝撃が走る中、人生二度目の大学生気分を満喫するガタローはさくらと共にサークル選びへ。

馴れ馴れしく接してくるサークル勧誘の先輩男子学生からさくらをガードしながら、共にサークル選びを楽しむガタロー。一方、さくらはうっすらと自分の家は異常なのかも、と感じ始めていた。そんな中、テニスサークルの先輩からインカレパーティーのチラシを渡されたさくらは、父親に内緒で参加するよう誘われ……。

第2話

さくら(永野芽郁)と共にサークル探しを続けるガタロー(ムロツヨシ)は、新しい出会いと恋愛チャンスに満ちたキャンパスライフに青春ぽさを感じながらも、さくらが変な男と付き合わないか相変わらず心配な日々を送る。一方、「ガタローさんが好きなんだ!」という畠山(中川大志)の衝撃告白が頭から離れないさくらは初恋をこじらせ、畠山相手にドギマギする毎日。

そんな中、畠山が何気なく言った「部屋にお化けが出る」という一言に盛り上がった同級生たちが、動画を撮りたいという根来(戸塚純貴)の提案で、畠山の部屋での肝試しを企画する。さくらが男の家に上がることに気が気でないガタローは、寛子(今田美桜)や美咲(小野花梨)にウザがられながらも同行することに。

翌日。わかりやすいさくらの恋心に焦るガタローが畠山にキツく当たる中、講義を終えた一同は畠山の部屋へ。意外にも立派なマンションに驚く一同だが、激安の家賃を聞いて驚愕!どうやら畠山の部屋は事故物件だったらしく……。そんな中、さくらは畠山が秘密にしていた“ある物”を見つける。畠山による予想外のカミングアウトでガタローをめぐる人間関係は新たなステージへ!さらに、突然一同を不気味な心霊現象が襲う!予測不能な青春・ラブ・ホラー・熱血騒動が、ガタローの親バカで加速する!

第3話

学園祭で開催されるミスコンにお金の匂いを嗅ぎつけた美咲(小野花梨)が、グランプリの賞金目当てでさくら(永野芽郁)と寛子(今田美桜)を勝手にエントリーする!人前に出ることが苦手なさくらは戸惑いながらも、流れで参加することに。

そんな中さくらと共にサークル探しを続けるガタロー(ムロツヨシ)は、寛子の所属するダンスサークルに体験入部。しかしそこには踊る寛子の姿を盗撮する根来(戸塚純貴)が潜んでいた。底辺YouTuberから抜け出せない根来は、イケてる寛子のダンス動画で再生回数を伸ばそうとしていた。その姿を見たガタローは、バズる動画のアイデアを根来に提案するが……。

その夜。さくらがミスコンの一次審査を通過したことを知ったガタローは、娘が好奇の目にさらされることが受け入れられず大反対。さくらの出場を阻止すべくミスコン廃止に立ち上がるガタロー。しかしその前に意外な強敵が待ち受けていた!

第4話

波乱の文化祭から半年、ガタロー(ムロツヨシ)たちは無事2年に進級していた。フラれ動画がバズり人気YouTuberとして天狗状態の根来(戸塚純貴)、相変わらず彼氏の入れ替わりの激しい寛子(今田美桜)、バイトに明け暮れる苦学生・美咲(小野花梨)と、賑やかな青春を送っていたある日、さくら(永野芽郁)はハタケ(中川大志)が後輩女子と付き合っていると知り、ショックを受ける。落ち込むさくらを前にしたガタローは、ハタケが他の女と付き合うこともなんだか許せず……。

そんな中、さくらはバイト先のカフェで人手不足に困った美咲から、一緒にバイトしないかと誘われる。新しい出会いがあるかもと背中を押す寛子だが、親バカを発動したガタローは当然反対。

しかしその夜、小比賀家の家計が傾く大ピンチが勃発!翌日、前言を撤回したガタローは親子揃ってカフェのバイトを始めることに!プロフェッショナルな働きぶりでガタローの度肝を抜く美咲だが、知られざる過去を抱えた美咲の元に不穏な影が近づいていた……。

第5話

元カレ騒動以来、美咲(小野花梨)が小比賀家に転がり込んで2ヶ月。ガタロー(ムロツヨシ)たちは大学2年の初夏を迎えていた。家族の一員のように小比賀家の生活に馴染む美咲だが、さくら(永野芽郁)は年の差を物ともせず家でもバイト先でもやけにウマが合うガタローと美咲の仲の良さが気にかかる。ガタローの仕事部屋で小説を読み漁る美咲にただならぬものを感じるさくらは、寛子(今田美桜)とハタケ(中川大志)に相談。しかし、やけに小慣れた二人の掛け合いを見て、今度は寛子とハタケの関係も気になりだし……。

そんな中、ガタローは最近大学に姿を現さなくなった根来(戸塚純貴)のことを心配していた。YouTubeチャンネルの動画は毎日更新されているものの、友達からの連絡にも返信を返さない根来はその頃……。

一方、相変わらず恋に奥手なさくらをもどかしく思う寛子は、さくらとハタケを呼び出しある作戦を決行する。ついに動き出すさくらとハタケの恋!その時、親バカガタローは!?

第6話

親バカが高じて二度目の大学生活を満喫していたことを担当編集者の尾崎(谷口翔太)に打ち明けたガタロー(ムロツヨシ)は、小説家としての再起をはかるため頭を下げる。

5ヶ月後―。大学2年の冬を迎えたさくら(永野芽郁)たちは成人式を間近に控えていた。ハタケ(中川大志)との交際も順調なさくらだが、いい雰囲気になると必ず現れるガタローのおかげで未だにキスも未遂のまま。

そんな中、相変わらず美咲(小野花梨)が居候を続ける小比賀家に、顔にアザを作った寛子(今田美桜)が訪ねてくる。事情を抱えた寛子は、冬休みの間小比賀家に泊めて欲しいと頼み……。さらに留年危機の迫った根来(戸塚純貴)が、大量のレポートを提出するために力を貸して欲しいと転がり込んでくる。流れに乗ったさくらがなぜかハタケまで呼び出し、小比賀家での冬休み青春シェアハウスがスタート!胸に芽生えた予想外の恋、いつしか生まれた意外な友情、錯綜する人間関係……小比賀を舞台に、めくるめく青春群像劇が繰り広げられる!

第7話:最終話

小比賀家でのシェアハウス生活が続く中、美咲がお酒の席でガタローにキスしたことに衝撃を受けたさくらが豹変!日常生活に支障をきたすほどの動揺を覚えていた。
一方、さくらの異変が自分への気持ちが冷めたためだと思い込む鈍感なハタケは、失恋の予感に心乱される。エスカレートする美咲の行動にもやもやを募らせるさくらだが、ついにガタローをめぐる水面下のバトルが勃発!友情に影がさす中、さくらの異変にいち早く気付いたガタローの母・多江が香川から上京してくる。さくらは誰にも言えない胸の内を祖母に相談するが…。
一方、娘の心配をよそに順調に新作の打ち合わせを進めるガタローは、美咲に亡き妻・幸子とのある共通点を見つけていた。
男運のなさと向き合いながらもさくらに寄り添う寛子、YouTuberとして一皮むけつつ美咲への想いを諦められない根来と青春の悩みがてんこ盛りの小比賀家。そんな中、多江の話を聞いたさくらは、優しかった母・幸子の衝撃的な過去を聞き…。

(日本テレビサイトより)

「親バカ青春白書」のキャスト・相関図

小比賀太郎:ムロツヨシ

小比賀さくら:永野芽郁

畠山雅治:中川大志

山本寛子:今田美桜

根来恭介:戸塚純貴

衛藤美咲:小野花梨

尾崎:谷口翔太

前田のおばちゃん:濱田めぐみ

大村教授: 野間口徹

小比賀幸子:新垣結衣

「親バカ青春白書」 相関図

「親バカ青春白書」感想

こんな父親だったら、大変だ、無理でしょと言いたくなりながらも、ドラマを見ていると笑えるし軽い気持ちで見れるし、父娘ともに家族に対して相思相愛で、素敵なストーリーで、見るのをやめられないドラマです。お父さんは最初は大学で浮いていましたが、いつのまにかすっかり馴染んでしまいました。娘と彼氏のデートにもべったり張り付いていて、奇妙なはずなのに、嫌な感じがしないムロツヨシさんの空気感はすごいです。娘を守るためにいつも一生懸命で、危険を顧みず乗り込んでいくシーンなどは、こんな娘思いの父親が羨ましいかもと思う位に、素敵でした。たまに回顧シーンで現れる亡くなった妻役の新垣結衣さんとのやり取りもおもしろく、新垣さんにはもっともっと出演してもらいたいです。永野芽衣さんが、とても家族思いでほんわかした天然女子を演じていますが、亡くなった母含めて、いつも幸せそうな家族で、見ていて幸せな気持ちにしてくれます。やはりこういう家族環境で育つと、いいコに育つんだなぁと思います。内容は大きく何か私たちに訴えることがあるとか、感情を揺さぶるとか、そういった感動は決してありませんが、娘のありふれた日常を親バカな父親が見守る、心が軽くなる楽しいドラマです。

過保護の領域を遥かに越えたガタローが娘のさくらが心配過ぎて大学にまで一緒に入学するという状況というのは前代未聞だよなと感じました。確かに永野芽郁が演じるさくらは可愛すぎるんで本当に自分がさくらの父親ならかなり心配だろうなとは思いました。ただそのさくらも大学までガタローが付いてきているのにあまりそれが問題じゃないといった感じでした。それを見てさくらもかなり天然で普通じゃないといのに直ぐに気づきました。このドラマは1にも2にもガタロー次第だなというのはここまでの親バカ青春白書を見てきての理解です。明るくて子どもみたいなところはありますが心優しい1面を持っているのがガタローです。個人的に一番好きなシーンはユーチューバーの根来が一発屋と罵られた場面でのガタローの言葉です。この場面は観ていない人には是非見てもらいたいです。ガタローのこの時の言葉というのは今まで自分も勘違いしていたことを気付かせてくれました。ドラマの息抜きといってはなんですがガタローと大学の大村教授とのやり取りというのも面白いんです。セオリー通りのコントみたいな感じなんですがムロツヨシと野間口徹の演技力が凄いなと感心しながら観ています。

福田監督の作品ということで、俳優さんたちの個性が爆発しています。福田さんは以前、作品自体は面白くなくても俳優さんたちが輝いてくれたら、その作品は成功と言えるとインタビューでおっしゃっていました。その通りで、出演している俳優さんたちが今までのイメージを覆すような演技を見せてくれています。まず永野芽郁さんです。これまでは自由奔放でどちらかというと活発なイメージでしたが、このドラマではおしとやかでお嬢様のようなキャラクターを見せてくれています。天然でおとぼけっぷりもとても可愛らしく、嫌味に見えることが全くないことがすごいなと感じました。次に中川大志さんです。こんな中川さんは見たことがないというほど、いい意味でナヨナヨしています。自分のイメージを捨てて演じきっているのが伝わってきます。表情も豊かでくすっと笑えてしまいます。そして最後は今田美桜さんです。圧倒的な美しさで存在感があるだけでなく、演技がとてもナチュラルで驚かされました。今田さんのおかげでこのドラマが一層面白くなっているように感じています。あまり大御所俳優さんは出演されておらず、若手俳優さんたちで勝負してるところもこのドラマの魅力だと思います。

このドラマは親子の仲良しさが、とても見ていて笑えます。父親が娘のことを心配するのは当然だけど、思わずやりすぎだと思うところもあって面白いです。
さくらは自分のことを心配する父親に、いつもやさしいところが印象的です。穏やかで純粋なところが見ていて可愛らしいです。賀太郎は自分勝手なところもあるけど、娘をいつも気にかけているのがすごいなと感じます。さくらのことは賀太郎が一番わかっているというきらい、さくらへの愛が強いです。賀太郎のいろんなリアクションがインパクトあります。賀太郎の表情も見どころです。
さくらが大学生になって、少しずつ大人っぽくなっていくのも良かったです。周りの大学生に刺激をもらいながら、楽しいキャンパスライフを送っているのが青春です。賀太郎はさくらがぐれたりしないか心配で、いつもさくらの近くにいるのが笑ってしまいます。
畠山や根来などいろんなタイプの子がいるのも、見ていてワクワクします。こんな子周りにいたら面白いなとか、どこか親近感あるようなところも見どころです。
日々いろんなことが起きる中で、大学生活を楽しんでいるのが伝わってきます。仲間との友情も感じられるところが、とても良かったです。

母親に勧められて視聴しました。主人公は娘を溺愛するお父さん(ムロツヨシさん)で、愛するあまり同じ大学に入学してしまう!という設定です。
監督は「今日から俺は!」や「勇者ヨシヒコシリーズ」や実写映画「銀魂。」も務めた福田雄一さんです。コメディータッチな作品が特徴的で、今回のこの「親バカ青春白書」も同じく笑がたくさん盛り込まれています。福田ファミリーの代表とも言える佐藤二郎さんも出演しており、くどすぎて面白い演技を存分に発揮しています。定番の役者さんはもちろんですが、それに臆することなくついていく若手俳優さん・女優さんも必見です。無茶振りのアドリブであろう場面も素の演技で笑いを誘う様子は、クスクスと笑えてきます。
監督さんが監督さんなだけに、「笑い」の部分にフォーカスされてしまいますが、登場人物のキャラクターもとても魅力的です。主に娘の大学が舞台となるため「大学生」が多く出てきますが、個性豊かで憎めないキャラクター。自分もこの青春の大学生活に混ざりたい気持ちになりました。
親世代には懐かしネタが散りばめられており、子世代は青春を思い描く。どの世代であっても、いい意味で肩の力を抜いて飽きずに見ることのできる作品です。

ムロツヨシさんの親バカっぷりがとっても面白いです!そして、娘役の永野芽衣ちゃんも凄く素直ないい子で、こんな娘がいたら可愛いんだろうなぁと思いながら見ています。普通は自分のお父さんが同じ大学に入ってきたら怒ると思うのですが、そんなことは一切なく嬉しそうに一緒に大学に通っているのです。そんなさくらにも畠という彼氏が出来るのですが、2人共本当に初々しくて、可愛くて、ほのぼのしている感じにとても癒されます。娘が大好きな賀太郎には悪いけれど、本当にお似合いのカップルだと思います。そして、このドラマはとにかく笑えます!賀太郎とネゴローのキャラが濃すぎるのですが、この2人が出てくるシーンはとにかく笑えるので、2人とも大好きです。ゆずのエンディング曲も大好きで、みんなで楽しく踊っている感じがまさに青春!って感じがするし、このドラマにピッタリです。賀太郎も一人だけ凄く年上なのに、ナチュラルに大学の友達の中に入れて貰えるなんて、凄い人だな~と思います。なんだかんだでみんなと同じ目線になってくれるし、だけど困った時には凄く頼りになるところもあったりで、凄く魅力的な男性だと思います。もう少し親バカでなければ、完璧なお父さんだと思います。

 

まとめ

ドラマ『親バカ青春白書』は、Huluで配信中です!

さらにHuluでは、未公開シーンも加えられた『未公開シーン復活版』も配信されています!

是非チェックしてみてくださいね!(*^^*)

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました