好きな人がいること無料動画配信を全話フル視聴する方法【ドラマ】桐谷美玲×三浦翔平共演!あらすじ・キャスト・感想まとめ

国内ドラマ

こちらではドラマ「好きな人がいること」の動画配信をフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

ドラマ「好きな人がいること」は、2016年フジテレビ系列の「月9」枠で放送されていました。
主演は桐谷美玲さん、共演者に三浦翔平さん、山崎賢人さん、野村周平さん。
桐谷さんと三浦さんが付き合うきっかけとなった作品ですね!(*^^*)
物語は、パティシエの美咲は仕事をクビになり転職活動もうまくいかないある日、初恋の人・千秋と出会い、彼の経営するレストランで住み込みで働くことに。彼との一つ屋根の下で暮らすことになったがそこには彼の弟たちもいて…。
  • 過去の作品を見たい
  • まとめて全話視聴したい
  • 広告なしで見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介!

「好きな人がいること」を無料で視聴する方法は?

結論から言いますと
ドラマ「好きな人がいること」のフル動画は
FODプレミアム』で配信中です!

初回2週間無料トライアル!/

上記でもお伝えしましたが『好きな人がいること』は、動画配信サービス【FODプレミアム】で配信中です!

そこで【FODプレミアム】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

国内ドラマ・フジテレビ系が豊富なFODプレミアム!

【FODプレミアム】は、月額888円(税抜)の動画配信サービスです!

主にフジテレビ系列のドラマやバラエティ番組、過去のドラマ、FODオリジナル作品などが充実しています!

初めて登録する方には《2週間の無料トライアル》があります!

無料の期間内に解約してもらうとお金を払わずに楽しむこともできますよ!

FODプレミアムの特徴

①30,000以上の作品が配信

②フジテレビ系列の新作・過去のドラマが見放題

③放送中のドラマやバラエティ番組の見逃し配信あり

④人気雑誌が読み放題・対象漫画が無料で読める

⑤電子書籍の購入で20%ポイント還元

⑥毎月100ポイントと毎月8日・18日・28日に
400ポイントがもらえる(毎月1300ポイントゲット!)

⑦AmazonPayで初回2週間無料トライアル

無料お試しは
AmazonPay決済

で初回登録する方限定です!
無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!
FODプレミアム簡単な登録・入会方法
FODプレミアム解約・退会方法

初回登録2週間無料トライアルあり!/

本ページの情報は2020年12月時点のものです。
最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください

FODプレミアムで配信中!

⇩⇩⇩

「好きな人がいること」あらすじ

第1話「最高の再会、最低の出会い

パティシエの櫻井美咲(桐谷美玲)は、一流ホテルの中途採用試験に自作のウェディングケーキを持ち込んで披露する。しかし、面接官の評判は良くない。結果、不採用。レストランで愚痴る美咲は、後輩の石川若葉(阿部純子)からケーキを飾った人形のキス顏が唇を突き出しすぎだったからだと指摘される。若葉はデートだと先に帰ってしまい、残された美咲はトイレの個室に入ると、悔しさがこみ上げる。心を落ち着かせ出ようとすると鍵が開かない。しばらくすると、店員が探しに来た。ドアをこじ開けた店員は美咲の初恋の人、柴崎千秋(三浦翔平)だった。

千秋に近況を話す美咲は一流ホテルのパティシエだが、今は厨房が改装中で休みだと嘘をつく。すると、千秋はその間、湘南にある自分のレストランで、住み込みで働かないかと美咲を誘った。

湘南に着いた美咲が、砂浜で写真を撮ってもらおうと相手を探すとひとりのサーファー(山崎賢人)が現れた。その男に強引にスマホを渡した美咲は、ジャンプの瞬間を撮ってもらおうとするが倒れてしまう。波もかぶってずぶ濡れの姿を撮影され、カチンと来る美咲。だが男は無愛想に去って行く。

柴崎家に着いた美咲。すると後ろから男に抱きつかれる。千秋?と、期待する美咲だが別人。冬真(野村周平)と名乗る男は千秋の弟で、一緒に住むことになると言う。さらにそこには先ほどの海の男も!柴崎家の次男で柴崎夏向といい、レストランを支えるシェフだと言う。美咲はこの3兄弟たちと共同生活をすることに!?

第2話「最高のご褒美」

櫻井美咲(桐谷美玲)は買い出しの途中で、結婚式場へと入っていく柴崎千秋(三浦翔平)と高月楓(菜々緒)を見てしまいショックを受ける。しばらく海辺でボーッと過ごした美咲は、ぼうぜんとしたまま『Sea Sons』に帰る。すると、柴崎夏向(山崎賢人)に何をしていたと怒られてしまう。それでも、美咲はうわの空だ。

そこに、千秋と楓が来た。いたたまれずにその場を離れようとする美咲だが、千秋に呼び止められ、結婚パーティー用のウエディングケーキを作って欲しいと頼まれてしまう。美咲は、千秋と楓のケーキなら仕方ないと、しぶしぶ祝辞を述べた。

千秋と楓によると、結婚パーティーは明後日に迫っている。ところが予定していた会場で食中毒が発生して厨房が使えなくなってしまった。そこで、美咲にはウエディングケーキ、夏向には参加者の料理を頼みたいとのこと。準備する時間がないと断ろうとする夏向。だが、欲しがっていたサーフボードの件を千秋が持ち出すと夏向は引き受けた。

その夜、夏向は柴崎冬真(野村周平)に結婚式の料理作りの手伝いを頼む。ところが、冬真は試験が近いからと断った。

美咲はパーティー用の食材の買い出しと、夏向に連れ出される。その途中、仲良さそうに歩く、千秋と楓に遭遇。美咲は、夏向とともに物陰に隠れようとするのだが、楓に見つかってしまった。今はまだ、千秋たちと話したくない美咲だが、千秋に食事へ誘われてしまう。

第3話「好きです」

柴崎千秋(三浦翔平)だけには、かわいいと思われたい。櫻井美咲(桐谷美玲)のささやかな願いは、結婚パーティーで砕かれてしまう。その上、美咲は高月楓(菜々緒)とキスする千秋も見てしまったのだ。そんな美咲の傷心を癒したのは夏向(山崎賢人)。クルーザーで美咲を海に連れ出した夏向は、結婚パーティーでの活躍をねぎらった。

もしかすると、美咲と夏向の距離が?しかし『Sea Sons』が通常営業に戻ると、以前と何の変わりもない。相変わらず夏向は美咲に無愛想。そんな夏向にイラっと来る美咲だ。

その頃『LEG END』の日村信之(浜野謙太)は、店に来た西島愛海(大原櫻子)に頼まれ、千秋、夏向、冬真(野村周平)の柴崎三兄弟の話をしていた。日村が話し終わると、愛海は“タクミ”と言う名前に心当たりはないかと尋ねる。日村が知らないと答えた時、冬真がやって来た。日村が「話していた冬真だ」と愛海に紹介。すると、愛海はすぐに店を出て行った。

客足のピークが過ぎたディナータイムの『Sea Sons』に楓がやって来た。楓をエスコートして談笑する千秋に、休憩中の美咲は気が気ではない。2人がよりを戻したことを疑う美咲に、夏向が「聞いてこい」と促す。「関係を?」と驚く美咲に夏向は「オーダーだ」と切り返す。仕方なくオーダーを取りに行く美咲。すると、楓が千秋を「この後、飲みに行こう」と誘っていた。千秋は美咲もどうかと尋ねる。2人の関係を疑う美咲は断ってしまい、またもや落ち込んで…。

第4話「つのる想い」

目覚めた櫻井美咲(桐谷美玲)がリビングに行くと誰もいない。釣りに行ってくると柴崎千秋(三浦翔平)のメモが残されていた。

千秋は夏向(山崎賢人)、冬真(野村周平)と釣りの真っ最中。そんな時でも、冬真は女の子の話。先日会った西島愛海(大原櫻子)が気になっているのだ。二宮風花(飯豊まりえ)とは別れたのかと尋ねる千秋だが、そうではないらしい。千秋に、冬真は美咲のことを聞く。すると、千秋は美咲のことは真剣に考えていると答えた。夏向は黙って聞いている。冬真は、夏向の美咲への気持ちにも興味があった。

『Sea Sons』で美咲が開店準備をしていると、高月楓(菜々緒)が来た。そして、楓は千秋への気持ちは譲らないと美咲につきつけて帰ってしまった。

冬真は、釣りの帰り道で愛海と出会う。冬真を待っていたと言う愛海に冬真は有頂天。愛海は、冬真の兄弟にも会いたいと言う。

その夜、美咲は石川若葉(阿部純子)に電話。美咲は勢いで楓に恋のライバル宣言をしてしまったのだ。どうすれば良いのかと聞く美咲に、若葉は花火大会で告白しろとアドバイスする。

早速、千秋を花火大会に誘おうとする美咲だが、なかなか言い出せない。そんなところに、日村信之(浜野謙太)が奥田実果子(佐野ひなこ)と一緒に現れ『Sea Sons』メンバーをバーベキュー大会に誘う。普段言えないようなことも、こういう場所でなら言えると話す実果子に、美咲は…。

第5話「告白」

櫻井美咲(桐谷美玲)は、柴崎千秋(三浦翔平)と花火大会に行くことになったと夏向(山崎賢人)に報告。すると夏向から意外な言葉が出るのだが美咲には届かない。

花火大会前日、千秋に告白しようと決意した美咲は朝からソワソワ。テレビ番組の浴衣特集を見ていると、冬真(野村周平)に千秋と花火大会に行くのかと声をかけられる。肯定する美咲に、冬真は浴衣を着て行くようにと勧める。

買い出しの途中、呉服屋に飾られた浴衣に引き寄せられる美咲。そんな様子を日村信之(浜野謙太)に見つかってしまう。

一方、千秋は別のことで頭を悩ませていた。ランチタイム中の『Sea Sons』に、西島愛海(大原櫻子)が現れたのだ。何か話がある様子の愛海だったが、千秋は聞く耳を持たずに愛海を冷たく追い返してしまう。

日村に勧められるままに浴衣一式を買ってしまった美咲は、店に帰る途中、男に金を渡している高月楓(菜々緒)を目撃する。楓は美咲に、友達に金を返していただけだと話し、花火大会の夜に街を出て行くと宣言する。

夜、美咲は夏向に、楓のことを千秋に話した方が良いのかと相談する。言う必要ないと答える夏向に安心する美咲。しかし、浮かれて千秋のことを話し始めると、夏向に出て行けと言われ、喧嘩になってしまう。

そして、運命の花火大会の日。夏向との喧嘩を気にしながらも千秋とのデートに向かう美咲。果たして千秋に想いを告げられるのだろうか?

第6話「彼の真実」

花火大会の夜、櫻井美咲(桐谷美玲)は柴崎千秋(三浦翔平)への想いをあきらめざるを得なくなった。そんな美咲だが、夏向(山崎賢人)に「俺がそばにいてやる」と抱きしめられる。複雑な心境の美咲…。

翌朝、夏向と顔を合わせた美咲は、動揺を隠しきれない。しかし、夏向は今までと同じように、ムスッとしたぶっきらぼうな態度。そこに来た千秋は、高月楓(菜々緒)とやり直すことにしたと美咲に告げる。分かっていたとは言え、千秋から直接聞いてしまうとは…。美咲は1人になるために洗面所へ急ぎ、涙を隠すために、しばらく顔を洗い続けた。

そんなある日、千秋はレストラン同士が期間限定で店を出すイベント、ダイニングアウトの企画を持ち込んだ。コラボする店は超有名レストランだと聞いて、冬真(野村周平)は驚く。千秋によると、先方が夏向と一緒に仕事がしたいと指名してきたそう。すると、話を聞いていた冬真の表情が少し曇った。

早速、夏向は美咲と一緒に先方のレストランに打ち合わせに向かう。そこで、2人を出迎えたのはレストランプロデューサー、大橋尚美。美咲は有名プロデューサー登場に大はしゃぎだが、夏向は尚美に軽い挨拶。夏向と尚美は知り合いのようだ。

打ち合わせを終えた美咲は、久しぶりに石川若葉(阿部純子)に会おうと待ち合わせの約束。そして、帰ろうとした美咲を夏向が引き止めた。行きたいところがあるので付き合えと言う夏向に、美咲は…。

第7話「君の傍にいたい」

柴崎千秋(三浦翔平)の制止も聞かず、冬真(野村周平)は夏向(山崎賢人)が本当の兄弟ではないと言い放った。それは、今まで千秋が隠し続けて来た事実だった。しかし、突然のことに夏向は信じられない。そばにいた櫻井美咲(桐谷美玲)もあぜんとするばかり。

すると、冬真は夏向の本当の妹だと西島愛海(大原櫻子)を連れて来た。愛海は、実の兄、夏向を探していたと言う。愛海の母、つまり夏向の本当の母親が重篤な病で苦しんでいて、一刻も早く輸血が必要な治療をしたいらしい。しかし、母親は珍しい血液型なので、血のつながった夏向に輸血を頼みたかったのだ。いきなりの事に、動揺を隠しきれず夏向は出て行ってしまう。美咲は追いかけるのだが、かける言葉が見つからなかった。

柴崎家に戻った美咲は、冬真に夏向が心配ではないのかと問いかける。だが、冬真は自分のせいでこんなことになったと言いたいのかと怒ってしまう。美咲や千秋は、いつも夏向の味方で、自分が本当の兄弟でない方が良かったのではないかと言い放ち、冬真も家を出て行ってしまった。冬真とすれ違いに、夏向が帰ってくるのだが…。

翌朝、美咲は夏向の部屋に食事を持って行く。ノックをするのだが返事がない。美咲が部屋に入ると、そこに夏向の姿はなかった。冬真も昨夜出て行ったきり。

美咲は千秋とともにレストランの予約客にキャンセルの連絡。シェフ不在では店が開けられない。千秋は、夏向を傷つけてしまったのではないかと自分を責めていた。

第8話「運命の夜」

柴崎兄弟のわだかまりが解け『Sea Sons』の営業も元に戻った。櫻井美咲(桐谷美玲)への夏向(山崎賢人)の態度は相変わらずだが、冬真(野村周平)が厨房のアシスタントを始めたため、以前より活気にあふれている。そんな様子を千秋(三浦翔平)が見つめていた。

美咲には、2つの課題ができていた。1つは、大橋尚美(池端レイナ)プロデュースで夏向と行うダイニングアウトに提供する料理のプレゼンを成功させること。もう1つは、夏向の告白への返事。答えは決まっている美咲だが、タイミングが分からずにいた。美咲は自室から石川若葉(阿部純子)に電話で相談。若葉は、すぐに返事をしろと言うが、美咲はダイニングアウトの仕事中だともじもじ。そこに、冬真が来て、夏の思い出を作ろうと美咲を誘う。

冬真は兄弟と楽しむ花火に美咲を連れ出した。絶好のチャンスと、美咲は夏向に接近。勇気を出して返事を決めたと切り出す美咲に、夏向はそれでは明日一緒に食材探しに行こうと言う。夏向は、美咲がダイニングアウトのデザートを決めたと思ったのだ。結局、美咲は告白の返事ができない。2人を見ていた冬真は、くっつくのも時間の問題だと千秋に話す。美咲は千秋のことは吹っ切れたみたいだと続ける冬真。千秋は…。

次の日から、美咲と夏向の食材集めが始まった。そして、プレゼンの日がやって来る。美咲はプレゼンが成功したら、2人でお祝いをしようと夏向に提案した。

第9話「KISS」

料理プレゼンに成功した櫻井美咲(桐谷美玲)は、柴崎夏向(山崎賢人)とお祝いをすることに。美咲は、その時に夏向の告白に答えるつもりだった。しかし『Sea Sons』でケーキを作って夏向のもとへ戻ろうとした矢先、美咲は千秋(三浦翔平)に突然抱きしめられてしまう。あまりの衝撃に美咲は、作ったばかりのケーキを落としてしまった。

美咲が柴崎家に帰ると、夏向が料理を用意して待っていた。ケーキを落としてしまったと言い訳する美咲。そこに、千秋も帰って来る。千秋と夏向の間で動揺する美咲は、腹痛を装って自室に戻ってしまう。

翌日、美咲は石川若葉(阿部純子)に電話をかけて昨日の出来事を話して恋愛相談。すると若葉は、千秋は美咲が好きだと断定。千秋には高月楓(菜々緒)がいると否定する美咲に、若葉は何とも思っていない女性を抱きしめるわけがないと言う。さらに、夏向への返事をまだ保留にしていることを話した美咲は、いつまでも待ってくれないと若葉に忠告されてしまった。

その日、千秋は話したいことがあると楓を呼び出していた。楓は、話を聞く前に一緒に行きたいところがあると千秋を連れて行く。

一方、美咲は冬真(野村周平)から夏向が現場へ下見に行ったと聞いて追いかける。昨夜のお祝いをキャンセルしたことをわびる美咲に、夏向は腹痛なら仕方ないと言う。夏向がひとりで下見に来たのも、自分の体調を気遣ったからだと知った美咲は…。

第10話「それだけ。」

櫻井美咲(桐谷美玲)は、ついに柴崎夏向(山崎賢人)の告白に「私が好きなのは…夏向です」と返事ができた。しかし、夏向からは「もう、お前が好きじゃなくなった」と、予想外の言葉を突きつけられてしまう。

翌日『Sea Sons』の仕事中も、美咲は夏向が気になって仕方ない。夏向への告白が成功したと思っている冬真(野村周平)に祝福される美咲だが、返事ができない。一方、夏向にはダイニングアウトの反響の良さから、インタビューの取材依頼が殺到している。また、千秋(三浦翔平)は、日本を代表する料理評論家がレストランに食べに来ることを、みんなに伝えた。

その夜、美咲はやっと夏向に昨日の言葉の理由を聞く機会を得た。だが、夏向は気が変わっただけだと素っ気ない返事をするだけ。思い悩む美咲が自室にいると千秋が来た。夏向の取材の時にデザートを作ってほしいと頼みに来た千秋だが、美咲が元気を失っていることにも気づいていた。美咲がフラれたと知った千秋は夏向の部屋へ。千秋も理由を尋ねるのだが、夏向は何も答えず…。

「好きな人がいること」キャスト

櫻井 美咲:桐谷美玲

柴崎 夏向:山﨑賢人

柴崎 千秋:三浦翔平

柴崎 冬真:野村周平

石川 若葉:阿部純子

高月 楓:菜々緒

西島 愛海:大原櫻子

日村 信之:浜野謙太

奥田 実果子:佐野ひなこ

二宮 風花:飯豊まりえ

東村 了:吉田鋼太郎

感想

このドラマは美咲がとにかくまっすぐで、どこか抜けているところが見どころです。パティシエになりたいと思いながら、突き進んでいくところが印象的です。美咲のいろんな表情が見られるのも、この作品の魅力です。
そして美咲が柴崎家で暮らしていくところも面白いです。千秋と夏向と冬真それぞれ、性格が全く違うところが注目です。少しずつ美咲と仲良くなって、打ち解けていくところが良かったです。美咲が柴崎家でドタバタするところも笑えます。
また美咲は千秋のことが気になるところも、乙女で可愛かったです。千秋がいるとついドキドキしてしまうところが、見ていて癒されます。美咲と千秋がどうなるのかとても見どころです。千秋のクールだけどやさしいところがずるいです。誰よりもレストランのことや、兄弟のことを想っている千秋がかっこよかったです。
美咲がどんどん成長していくところも注目ポイントです。レストランで働くようになって、いろんな知識を知っていくところが頼もしいです。美咲の負けず嫌いでとことん頑張っていくところも見どころです。
景色もすごく綺麗で、つい心が和やかな気分になれます。夏にピッタリなドラマで、すごく楽しく見ることができます。

かなたを山崎賢人さん、美咲を桐谷美玲さんが演くれて舞台は湘南でバックに江ノ電が映ったりして映像も美しく楽しい話でした。男三兄弟の家に美咲が住むことになり仲がいいのか悪いのかよく分からない関係からスタートして最後はちあきさんかかなたかどちらを選ぶのか心配でしたね。揺れる気持ちはちあきさんに傾いたり、かなたに傾いたり、美咲は男三兄弟に揉まれ大変そうですが夏の思い出という形で素晴らしいドラマでした。かなたは生意気でなかなか素直に感情を出さない風でしたがそこが美咲と合っていてこの二人がひっつけばいいなと心では勝手に思っていました。ちあきさんもカッコよいのですがおとしどころがなく美咲にはかなたが1番合っていました。しかもちあきさんとかなたは本当の兄弟ではないような。不信感が募った二人が美咲と相まってどう対峙していくのか。口が悪くツンデレなかなたは筋は通っていて実は素直だったというのが女性心をくすぐります。誰と誰が恋に落ちるのが最初からわからないのがこの作品の見所でもありオリジナルなので原作もなかったので想像できないストーリーというのもあって毎話楽しみでした。月9に持ってこいの甘酸っぱい青春ラブストーリーでした。

初々しい恋愛を描いた爽やかなドラマでした。桐谷美玲さんとブレイクしかけている山崎賢人さんを起用したドラマであり、月9ドラマが落ち着いてきた中で見ごたえのあるドラマだったと思います。ほかのドラマでいうとキャラ的に山崎賢人さん演じる夏向が花より団子の道明寺っぽくてシンクロ感を感じました、ただ見ていくと夏向がいかに桐谷美玲さん演じる美咲のことを思っているかが伝わってきてキュンキュンさせられました。夏っぽい演出もよく、湘南の海を感じながら夏を感じて楽しめました。昔はビーチボーイズやウォーターボーイズなど夏らしいドラマが良く放送されていたイメージですが最近は夏でも季節感を無視して放送するドラマが多く、見ていて暑苦しく感じる作品もあります。その中でも、しっかりと季節を意識させるドラマづくりはすごいと思います。三浦翔平さんが演じる千秋についても、爽やかで優しいキャラをしっかりと演じており見ていて不快感がすくなかったです。イケメンが多数出演しているのも女性から人気がでたゆえんなのではないでしょうか。主題歌を歌っているJYこともとKARAの知英さんの歌もしっかりとマッチしていました。青春を感じられる作品だったと思います。

夏を思い出させるドラマは沢山あるが、このドラマもその一つになるだろう。ドラマの内容としては、一つ屋根の下3人の男性と1人の女性の共同生活、というドラマでありがちな設定ではあったが、登場人物の設定が面白く、ドラマの中に誰か一人は自分に似ている人を見つけられ、その人に自分の感情を合わせてドラマを楽しめたのではないだろうか。
同じ職業を目指し、尊敬できる人がいると仕事も私生活にも華が出て、女性としてうらやましく思えた。個人的にこのドラマで楽しみにしていたのが、大原櫻子さんで、当時ミュージシャンのイメージしかなかったため、演技されている姿が新鮮だった。演技も初々しさが少しあり他の役者さんとは良い意味で、感じられる雰囲気が違った。脇役ではあったものの作品に重要な存在だった。この作品の中で、主人公の職業パティシエのシーンは当然多かったが、イメージの中で一番思い出すのは「夏の風景」だ。皆んなで花火をしたり、お祭り、と「夏」という言葉がとても似合うドラマだ。ドラマの主題歌も主人公の気持ちを代弁したような歌詞であり、作品にとても合っていた。
このドラマで共演されていた桐谷美玲さんと三浦翔平さんが結婚されたということで、改めてドラマを見返すのも面白いのではないだろうか。

とても可愛らしい作品でした。ストーリーもそうですが、出演者している俳優さんがキラキラしていて見ているだけで楽しい気持ちになりました。まずは主演の桐谷美玲さんです。パティシエの役なのですが、一生懸命に仕事と向き合う姿がなんとも可愛らしかったです。そして恋愛に関しては不器用なのですが、三兄弟に翻弄されてしまう姿に思わず笑ってしまいました。仕事だけでなく心の成長を遂げていく様子も素敵でした。そして三兄弟の次男である山崎賢人さんは演技が光っていました。無愛想な役者なのですが、桐谷さん演じる美咲に段々と心を開いていく様子を見ていると見ている方が嬉しくなりました。美咲に優しい言葉をかけるシーンではキュンキュンが止まりませんでした。山崎さんはどんな作品にも深みを持たせてくれる素晴らしい俳優さんだと思います。この作品も山崎さんのおかげでより一層ドキドキできたように思います。そして爽やかイケメンのはまり役を演じていた三浦翔平さんも素敵でした。笑顔も素敵で、爽やかな笑顔を向けられるだけで笑顔になれる美咲の気持ちがよく分かりました。出てくるお店や料理もおしゃれかつ可愛く、こんなお店に行ってみたいなと憧れてしまいました。

イケメン三兄弟がバランス良く三者三様のタイプで、観るたびキュンキュンしてしまう王道のラブコメでした。
千秋役の三浦翔平はまさに優しいお兄さんキャラで、ちゃんと色気も大人の魅力もあって、そりゃヒロインも憧れるだろー!と納得だったし、末っ子冬真役の野村周平は、まるで絵に書いたようなヤンチャな年下男タイプで野村周平感が漂っていました。
そして、サーファーでツンデレシェフの次男・夏向役の山崎賢人がやたらととんがってるけれど可愛いし。
そんな3人と同居しちゃう美咲(桐谷美玲)が、羨ましくなりましたが、その桐谷美玲がまた一生懸命な前向きヒロインで、可愛すぎました。
夏向が美咲とぶつかり合いながらも結局じゃれてる感じがキュン!だったし、素直になれず焦ったい夏向と美咲がほっぺをキュッと手でつかんでするキスシーンは何度も観たくなる見どころです。
そして、今後はなかなか共演が難しい、桐谷美玲&三浦翔平のお宝映像的なラブラブシーンも見逃せません。
美咲が千秋を目をハートにして見つめていたり、千秋も愛でるように美咲に触れるのは、好印象も手伝って、演技以上だったのかも?と思うと、尚更ドキドキしちゃいます。
時が経っても色あせない、何度も観たくなるドラマです。

まとめ

ドラマ「好きな人がいること」は、FODプレミアムで配信中です!

是非チェックしてみてくださいね!(*^^*)

 

タイトルとURLをコピーしました