蛇にピアス無料動画配信をフル視聴する方法【映画】吉高由里子主演/あらすじ・キャスト・感想まとめ

邦画

こちらでは映画『蛇にピアス』の動画配信を無料で視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。

2008年公開映画『蛇にピアス』は小説家・金原ひとみさんの同名の小説が原作。
自らの舌にピアスを開け、背中に入れ墨を彫り肉体改造におぼれていくヒロインの愛と絶望の日々を描く衝撃ドラマ。
蜷川幸雄が監督として映画化。
主演は吉高由里子。彼女を愛する男たちを高良健吾、ARATA(井浦新)が共演。
大胆な濡れ場や壮絶なバイオレンス描写が物議を醸す問題作となっています。

結論から言いますと
映画「蛇にピアス」のフル動画は
U-NEXTで配信中です!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

上記でもお伝えしましたが映画『蛇にピアス』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです♪

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます♪

ポイントは新作映画や漫画などの有料コンテンツに活用できます(*^^*)

初めて登録するのが不安だなぁという方!!

U-NEXTでは初回登録の方に《31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼント》を実施しています!

無料トライアル中に解約することもできるので、お金を払わなくても楽しむことができます(*^^*)

U-NEXTの特徴

見放題作品数NO.1!


U-NEXTより引用

U-NEXTより引用

新作映画がレンタルと同時配信

 

U-NEXTより引用

 

NHKオンデマンド作品あり
(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可))

 

U-NEXTより引用

 

80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!
※ポイントの有効期間は90⽇間

 

U-NEXTより引用

 

追加チャージで最大40%ポイント還元

 

U-NEXTより引用

 

最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

ダウンロード機能あり

 

マルチデバイス対応

 

高画質&高音質

 

私も【U-NEXT】に登録していますが
ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《
安心・安全》!
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴しています!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけでOK!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や注意点は?

登録はこちら♪
⇩ ⇩ ⇩ ⇩
初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

 

U-NEXTで配信中!吉高由里子出演作品!

  • カイジ人生逆転ゲーム
  • カイジ2人生奪回ゲーム
  • ラブシャッフル
  • ユリゴコロ
  • 白い春
  • 婚前特急
  • 花子とアン ★
  • 重力ピエロ

など

★:レンタル作品
2020年9月の情報となります

「蛇にピアス」あらすじ

蛇のように割れた舌を持つ男アマ(高良健吾)と出会った19歳のルイ(吉高由里子)は、自分とはまったく違う世界に住む彼と付き合いつつ、アマの紹介で知り合った彫り師シバ(ARATA)とも関係を持ち始める。ルイはピアスを開け、背中に入れ墨を彫り身体改造の痛みと快楽に身を委ねる日々を送るが、どこか満たされぬ思いを抱えていた。

Yahoo!映画より引用

「蛇にピアス」キャスト

ルイ:吉高由里子

主人公で19歳。蛇のように舌に二股の切れ目を入れる「スプリット・タン」に惹かれて身体改造に興味を持ち始めるように。登録制のアルバイトをしながら「作り物の自分」である時は人当たりがいい。

アマ:高良健吾

ルイと同棲をしていて、スプリット・タン以外にも顔中にピアスをしたり、腕に派手な刺青をするなどかなり身体改造を施している。しかしルイには忠実なアマは、彼女の指示にほぼ無条件で従っていて、古着屋でアルバイトをしている。

シバ:ARATA

身体改造をしているお店の「Desire」のオーナーで、ほとんどが入れ墨を彫るが、ピアスも扱っている。本人も表情がわからないほど顔面にピアスをさせている。でも「人の形を変えるのは神だけに与えられた特権」という持論があり、スプリット・タンにはしていない。そしてかなりのサディスト。

マキ:あびる優

ユリ:ソニン

刑事:市川亀治郎

バイトのマネージャー:井手らっきょ

吉田光洋:小栗旬

受付の警察官:唐沢寿明

横山悟:藤原竜也

「蛇にピアス」感想

普通に生きている上では立ち入らない世界の話だと感じていましたが、
見進めていくうちに誰でもこうなる可能性があるんじゃないかと思わせてくれた映画でした。
ピアスやタトゥーの印象がすごく強い映画ですが、
登場人物達がとても不安定な状況で人間関係を保っているように感じます。
歪な中でもお互いがお互いを支え合っているような感覚でした。
周囲とのか変わり方を、生活の中でうまく身につけられないと距離のとり方も変わっていくのだろうと感じ、少し悲しくなりました。
そんな中でお互いを求めあって関わり合いたいと思っている様子が、とてもきれいなものに見えました。
もし、私の生きていた環境が不安定なものだったら、
主人公のようになっていたのではないかと考えました。
主人公がピアスやタトゥーに興味を持っていく様子は、
無邪気な子供のようで可愛らしい印象を持ちました。
私もピアスに興味があったため見入ってしまいました。
ピアスのための穴を開けたり、タトゥーを入れるシーンを見て、
こちらのほうが痛みを感じました。
見ていることが少し怖いシーンでしたが、
静かな空気感が映画の中でも特に魅力的で見入ってしまいました。
原作の小説が、とても良い形で映画になったと感じています。

ゾッとするほどリアルで、苦しくて、でも美しくて単純じゃない生き物の人間として生きていることを感じさせるような映画でした。
生きている実感を感じることができない少女が、人の生死や愛さ誰かにすがることで自分が生きていることを実感するようなストーリーが直接的に描かれています。
しかし、本作が伝えたかったことは、結局は人間は生きていることは他者や死から学ぶわけではなく、自分が「生きているんだ、生きていくんだ」と意識し、意思を持ち覚悟をした時に初めて生きている感覚を得られる、自分の中にあるものなのではないかと感じました。
このように綺麗事ではない「生きること」について考えさせるような、解を明確に述べずに終わるがきっと…と予測できる終わり方もこの作品で伝えたかった自分の中にある解や、芸術や映画は取り手がどう思うかだというような作品としての崇高さを感じるような展開でした。
芥川龍之介賞受賞の原作を忠実に再現し、蜷川幸雄ならではのバイオレンスな部分も含む直接的な描写、そしてそれを支える演技派俳優陣の作りあげる世界観は怖いぐらいに引きこまれ、どっぷりとつかることができます。
必死に迷いながら生きていく姿が苦しいぐらい美しく、学ぶことも多い見てよかったなと思える作品でした。

吉高由里子さん主演ということと、金原ひとみさんが原作の映画ということで、危うい美しさを期待しながら観ました。
公開当時はまだ知られていなかった吉高由里子さんはどこかコケティッシュな魅力が全開で、好きな女優さんなのです。
その吉高由里子さんが、この作品においては、ヌードを文字通り体当たりで演じられていて、俳優なることの意気込みを感じてしまいました。
実際に作品を知ると、蜷川幸雄さんが監督をされていて、共演の方々も、既に役者として大成されている方が出演されていて、アーティスティックな映画としての印象がかなり、強烈でした。
多感な、若い時に観たら、多大な影響を受けてしまって、内側から揺さぶられただろうと分かります。
そのくらいに、やはらヒロインの彼女がか細い身体で、全編通して、若者特有の寄る方なさ、ガラス細工のような繊細さ、みたいなムードを、よく演じられていたと思います。
蜷川さんが、もう亡くなられてしまい、伺えたいですけれど、この映画を通して、1番は、どんな人に、どんなことを伝えたかったのかなあ。
まだ若く、本人は気づいていなくても、力のある俳優に、俳優人生を開花させる演技魂を植え付け、作品を通じて人の心の底を見つめ続けた他の蜷川さん作品に比して、私はよく考えてしまいます。

原作を読んだことがあったので見てみることになりました。濃厚なシーンが多くてびっくりしたのですが、とくに吉高由里子と高良健吾の演技力に圧倒された映画でした。吉高由里子はこれが初主演だとは思えないくらい素晴らしく貫禄がありました。ちょい役で出ている役者の中には、小栗旬、藤原竜也、唐沢寿明などがいてとても豪華でした。舌にピアスをあけるシーンなどは非常にリアルで痛々しく、目を塞いでしまいたくなるくらいでした。これだけ隠さず生々しくわざと描くことで見ている側は、もっとストーリーに引き込まれていくんだろうなと感心しました。これは監督の才能なんだなと思いました。Charaが歌う主題歌は、この作品のストーリーや雰囲気に非常にマッチしていて、作品をより良いものにしていました。今まで私は数え切らないくらいたくさんの映画作品を鑑賞してきましたが、こんなにも痛々しくて切ない映画はなかったなと思うくらいでした。これから何度も見返したいなと思っています。現代ではあり得ないけど少しあり得そうな、そんな雰囲気を味わいたい人にはぜひ一度は見てほしいと思うオススメ作品です。まだ若々しい吉高由里子にも惹きつけられるに違いありません。

幸せな毎日を送って生きてることを実感する人がいるなら、逆の人もいるだろう。本作では退屈な毎日をやり過ごしていたルイが、身体改造をしているアマとの出会いをきっかけに痛みに生を見出す。彫り師のシバに背中に刺青をいれてもらうルイ。痛みが伴う行為であり、求めさえしなければ感じずに済む不必要な痛みである。しかし生きている実感がほしいルイは自ら痛みを欲して、刺青だけでなく自分の舌を蛇のようにするためにピアスを開けて改造行為を始める。ルイとアマは互いに想いあっていて、幸せな雰囲気を醸し出しているのだが、ルイはそれだけでは恐らく満たされなかったのだろう。シバとの行為を重ねるルイと、ルイの為に曲がりなりにも誠実に愛を伝えるアマが対照的であった。しかし、物語はアマの突然の失踪により大きく動く。ルイの求める生きている実感方法は痛みであるが、背中の刺青もスプリットタンも、いつか完成する時が来てしまう。ルイは完成が楽しみな反面、その後どうしたらいいか分からなくてなってしまったように感じた。その微妙な感情の揺れを吉高由里子は器用に演じていた。濡れ場が注目されがちだが、アマを優しく受け止めるルイと、シバに痛めつけられて恍惚の表情を浮かべるルイの二面性も本作のみどころである。

まとめ

映画『蛇にピアス』はU-NEXTで配信中です!

是非チェックしてみてくださいね!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました