バクマン実写映画/無料動画配信をフル視聴する方法!あらすじ・キャスト・感想まとめ!佐藤健×神木隆之介W主演

邦画

実写映画『バクマン。』の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をご紹介します!

実写映画『バクマン。』は、「デスノート」でお馴染みの原作・大場つぐみ&作画・小畑健のコンビによる大人気コミックを原作に「モテキ」の大根仁監督のメガホンで佐藤健&神木隆之介のW主演で2015年に公開。
秀才の同級生から一緒に漫画家になろうと誘われる、高校生の真城最高の物語り。
プロの漫画家である叔父を過労で亡くした過去を持つ最高は漫画家になることに悩んだ末に、マンガ雑誌に連載される目標を持ちコンビ漫画家の道を目指していく青春ストーリーです。

『バクマン。』映画オリジナル予告編

映画『バクマン。』 を無料で視聴する方法は?

結論から言いますと
映画「バクマン。」のフル動画は
U-NEXTで配信中です!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

上記でもお伝えしましたが『バクマン。』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

おすすめNo.1!U-NEXT

【U-NEXT】は、洋画、邦画、国内外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、雑誌などの様々なジャンルが揃っている動画配信サービスです♪

月額1990円(税抜)ですが、毎月1200円分のポイントがもらえるので、実質790円(税抜)で楽しむことができます♪

ポイントは新作映画や漫画などの有料コンテンツに活用できます(*^^*)

初めて登録するのが不安だなぁという方!!

U-NEXTでは初回登録の方に《31日間の無料トライアル&600円分のポイントプレゼント》を実施しています!

無料トライアル中に解約することもできるので、お金を払わなくても楽しむことができます(*^^*)

U-NEXTの特徴

見放題作品数NO.1!


U-NEXTより引用

U-NEXTより引用

新作映画がレンタルと同時配信

 

U-NEXTより引用

 

NHKオンデマンド作品あり
(ポイント利用orNHKまるごと見放題パックで視聴可))

 

U-NEXTより引用

 

80誌以上の雑誌読み放題

 

U-NEXTより引用

 

毎月1200円分のポイントが付与!
有料コンテンツ(ポイント作品・電子書籍・映画チケット)で利用可!
※ポイントの有効期間は90⽇間

 

U-NEXTより引用

 

追加チャージで最大40%ポイント還元

 

U-NEXTより引用

 

最大4つのアカウント作成が可能!

 

U-NEXTより引用

 

ダウンロード機能あり

 

マルチデバイス対応

 

高画質&高音質

 

私も【U-NEXT】に登録していますが
ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《
安心・安全》!
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴しています!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけでOK!
U-NEXT簡単な登録方法の手順
U-NEXT解約・退会方法や注意点は?

登録はこちら♪
⇩ ⇩ ⇩ ⇩
初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

 

『バクマン。』あらすじ

高校生の真城最高(佐藤健)は、今は亡き叔父でプロの漫画家である川口たろう(宮藤官九郎)を尊敬していました。

絵が得意な最高でしたが、叔父の死を理由に、絵を描くことに躊躇しています。

そんな時、同じクラスの秀才・高木秋人(神木隆之介)から一緒に漫画家になろうと誘われます。

プロの漫画家だった叔父を過労で亡くした過去を持つ最高には、踏ん切りがつかなかったのです。

そんな折、声優を目指している亜豆美保(小松菜奈)から「お互いの夢が叶ったら結婚しよう」という約束を交わし、漫画家になることを目指すことになります。

秋人が原作、最高が作画を担当して漫画家コンビを結成した2人は、日本一売れている漫画雑誌に連載されることを目標にしました。

そして最高は、秋人と2人で亜城木夢叶として漫画家デビューを果たします。

そんな2人の前にある日、同年代の天才漫画家・新妻エイジがライバルとして立ちはだかります。

友情に結ばれてコンビを組んだ2人の少年が、漫画家を目指していく道のりや、創作活動が描かれていきます。

『バクマン。』キャスト

真城最高(佐藤健)

尊敬するマンガ家に叔父がいたが、過労で亡くなったことで、得意な絵を描くことに躊躇する真城最高。
友人に恵まれて2人でコンビを組んでマンガ雑誌に掲載される目標を持つ。

https://twitter.com/rei_takeneko/status/1274270487925817346

埼玉県岩槻市出身の佐藤健は、高校2年生の時に原宿でスカウトされて、2006年のドラマ「プリンセス・プリンセスD」で俳優デビューしました。

その後2007年の「仮面ライダー電王」では初の平成生まれライダーとして、主人公の野上良太郎役で仮面ライダー俳優としてブレイクします。

なんといっても佐藤健の最近の話題作と言えば、2017年公開で、土屋太鳳とのW主演映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で、障がいを乗り越えて8年も待ち続けた最愛の女性と、彼女を愛し続けた男性の“奇跡”の実話でしょう。

佐藤健のその他の主な主な出演作品としては、「世界から猫が消えたなら」「亜人」「サムライマラソン」「億男」など話題作出演が多い印象ですね!

最新作『るろうに剣心 最終章 The Beginning』、『るろうに剣心 最終章 The Final』は、2021年GWに公開される予定です。

高木秋人(神木隆之介)

中学時代からの同級生でパートナーである真城最高がシュージンと呼んでいる、メガネ少年の高木秋人。
小学生の頃から学年一位の成績を誇る秀才で文才にも長けることから、漫画の原作を担当して真城最高とコンビを組む。

埼玉県出身の神木隆之介さんは、2005年の映画『妖怪大戦争』で主演し、日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞しています。

今年2020年はデビュー25周年ということで、YouTubeを開設することで、ファンの間でも話題となりました。

アニメ声優として『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』『借りぐらしのアリエッティ』などスタジオジブリ作品にも多数関わっています。

亜豆美保(小松菜奈)

最高たちの漫画が、アニメ化されたらヒロインの声優をしたいと情熱を燃やす。
美保は高校進学同時に、声優事務所に所属し、小さい役をこなしながら声優としての道を切り拓いていく。

小松菜奈さんは、2014年の映画デビュー作品、『渇き。』で役所広司の娘役に抜てきされ、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

2016年公開映画『ヒーローマニア-生活-』では、東出昌大、窪田正孝たちと堂々共演しています。

2019年の小松菜奈は『閉鎖病棟 それぞれの朝』『さよならくちびる』『サムライマラソン』など、映画で忙しい日々をこなしているようですね。

2020年は『糸』『さくら』『恋する寄生虫』の映画公開が控えています。

福田真太(桐谷健太)

部屋の中でもニット帽をかぶっている銀色の長髪少年。
マンガ家新妻エイジのアシスタントと、アルバイト生活をこなしながら、自身も漫画家への野望を描いている。

桐谷健太さんは、au三太郎シリーズのCMで桐谷健太演じる浦島太郎(浦ちゃん)でも有名ですよね。

テレビ朝日系列のドラマ『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜』では、ドラマ開始早々、相棒の東出昌大の不倫騒動で、お蔵入りとなる危険と並行しながらも最終話まで放映されてビックリしました。

『クローズZERO』『ROOKIES -卒業-』『アウトレイジ ビヨンド』『火花』など話題作映画に引っ張りだこの俳優さんですね。

2014年一般女性と結婚し2児のパパである桐谷健太の今後の活躍が楽しみなエンターテイナーです。

新妻エイジ(染谷将太)

若干15歳で漫画家デビュー。亜城木夢叶(真城最高、高木秋人)のライバル、天才漫画家。

2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』では、主人公・明智光秀の主君になる織田信長を演じて話題となっていますね。

2015年1月1日には女優の菊地凛子と結婚、2016年に第1子、2019年3月には第2子誕生を公表し、2児のパパとなりました。

染谷将太は、2013年、『ヒミズ』『悪の教典』で第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

『寄生獣』、『さよなら歌舞伎町』、『聖の青春』などに出演して話題を常にかっさらってきた俳優です!

そのほかの登場人物

平丸一也/新井浩文

中井巧朗/皆川猿時

川口たろう/宮藤官九郎

服部哲/山田孝之

佐々木編集長/リリー・フランキー

 

見どころ

 

映画『BAKUMAN/バクマン。』は、集英社発刊のマンガ雑誌「週刊少年ジャンプ」に、2008年~2012年にかけて連載されていた人気作品でした。

単行本は、全20巻となっています。

https://twitter.com/Sekaino_kato01/status/1275335718387109888

 

キャラクターは原作マンガのビジュアルに近くなっており、漫画を題材にした実写版としては人気作品となっていました。

第39回日本アカデミー賞話題賞と、サカナクションが歌った主題歌「新宝島」が最優秀音楽賞を受賞した話題作品です。

亜城木夢叶の目線を通して、雑誌業界のウラ側も覗けるので、マンガ家になりたいと思っている人にもその業界の一面が見られる点でもおススメの映画です。

撮影秘話

原作ファンから「逆の方がいい」との意見が出たことでも話題となった、漫画原作の実写映画『バクマン。』

このファンの意見を聞いた佐藤健&神木隆之介のW主演したご自身たちも悩んでしまったという事実があったことを某インタビューで明かしていました。

仲良しのおふたりだからこその「悩み」だったのかもしれません(*^^

https://twitter.com/Seto_Sunny/status/1274611479040241668

 

そんなお二人、佐藤健さん&神木隆之介さんは同じアミューズ所属の俳優仲間で同じ埼玉県出身!

二人の共演作は、『るろうに剣心』の続編と、この映画『バクマン。』になります。

佐藤健は、神木隆之介を「隆(りゅう)」と呼び、神木隆之介は、佐藤健を「健(たける)くん」と呼び合うほど二人は大の仲良しなんだそう(^^♪

バクマン実写版キャストまとめてみた!

 

キャスト一覧比較作ったファンを誉めてあげたい!?

バクマン。実写映画の俳優陣は、比較的ファンの方々にも素直に受け止められたみたいで成功の類ではないでしょうか(^^♪

「サカナクション」鉄板のライヴ曲となった主題歌。

 

主題歌になった『新宝島』は、映画『バクマン。』の主題歌のために書き下ろした一曲で、サカナクションのライブの鉄板曲にもなっているそうです!

ドリフの大爆笑のオープニングシーンをオマージュしているミュージックビデオは大評判だったとのことです。

感想

漫画の実写化映画はだいたいが失敗する傾向にある中、この映画はとても素晴らしいものになっています。主人公役を演じている佐藤健と神木隆之介はるろうに剣心の映画でも共演しておりますが、とにかく演技が上手い二人で、張り詰めた緊張感あるシーンで力を発揮する方々だと思っていました。そのため、この映画のような日常のシーンで物語が進むものに二人はもったいないのでは最初は思いましたがそんな事ありませんでした。二人の演技力が物語の起伏を生み出しており、映画の迫力を作っています。また、ヒロイン役の小松菜奈も素晴らしいです。なぜか小松菜奈が出るシーンは異常に光があたっており、ヒロインだということを一瞬でわからせてくれます。小松さんの美しさがあるからこそ映えるシーンです。この映画ではジャンプのキーワードである「友情・努力・勝利」をこれでもかというくらい盛り込んでおり、漫画をテーマにした映画にもかかわらずとても感動するシーンが多いです。物語の展開も悪者というのが存在せず、嫌な気持ちにならないのもとても見ていて心地よいです。そして主題歌にもなっているサカナクションの新宝島もとてもよく、最後のエンドロールが最高の出来です。一見の価値ありの映画であります。

原作漫画を読んだことがあるので、最初に主人公2人が登場した時はキャスティング逆じゃないのか?と思いましたが、原作とは別物と割り切ってしまえば楽しく観ることができました。
高校生二人が漫画作りに奮闘する姿は清々しく思わず応援したくなってしまいます。ヒロインのアズキ役の子も今までのイメージにはない透明感のある可愛さがありました。
この実写映画のいいところは、漫画制作の大変さが実際の映像となって臨場感とともに伝わってくるところです。最初はノートに描いた鉛筆の絵が専門的なペンを使うことで漫画らしいタッチになり、ベタ塗りトーンを貼りをして作品として完成していく。序盤から終盤にかけてどんどん画力が上がっていくのが目に見えてわかるので見ていてワクワクしますし、原作ファンの私からすると原作の先生がこの実写版でも作画担当をされている点も嬉しいポイントでした。
また、実在する少年ジャンプがそのまま登場するというのも面白いですよね。掲載されている漫画も知っているものがバンバン出てくるので作品のリアリティが増していて実写でのいいところかなと感じます。最後に他の映画にはないエンドロールの演出もこの作品ならでわです。こっそりデスノートが混じっているあたりクスッと笑えます。是非最後まで見てほしい映画です。

映画『バクマン。』の感想を一言で表すなら、原作を完璧に再現していて最高の出来!です。
私は原作である漫画『バクマン。』を全巻持っており、何度も読み直すほどのファンでした。
その為、最初実写化すると耳にしたときは正直反対な気持ちが強く、人間が演じるのは無理だと決めつけていました。
近年漫画を実写化することが流行っているのか、原作と映画の内容の食い違いが多かったり、
原作のキャラクターと実際演じる俳優や女優のイメージが全く違ったりと、実写化に対してプラスな印象はあまりありませんでした。
しかし、原作ファンの友人に、″映画『バクマン』がかなり良かったから絶対見るべきだ″との感想を貰い、思い切って見てみました。
すると、佐藤健さんや神木隆之介さんをはじめ、キャラクターが原作とピッタリな上に、
役者陣の演技がとにかくうまく、かなり感動してしまいました。
逆に、原作では分からなかった部分が見えたり、人が実際に演じたからこそ感じられたり伝わってくる部分がいくつもありました。
必死に漫画と向き合う二人、それを支える人たちとの関わり、笑いあり涙ありのストーリーで、
映画『バクマン』は飽きずに最後まで楽しく見ることが出来ます。
原作を読んでいない方はもちろんですが、私は原作を読んでいる方にこそ特にオススメしたいです。

大場つぐみ×小畑健コンビが描く漫画の実写映画化。原作を読んでいた私としては、佐藤健さんと神木隆之介さんの配役逆じゃない?というのが映画化第一報を聞いた時の感想でした。内容については情報量の多い漫画ですし、それを2時間の映画にまとめるのは無理だろうと思っていましたが良い意味で期待を裏切られました。「こうきたか!」という驚きの連続なのです。まず、地味になりがちな漫画を描くシーンを圧倒的なスピード感で表現したのが秀逸。まさか、バクマンの実写化でCGやプロジェクションマッピングを使ってのバトルシーンが出てくるとは思いも寄りませんでした。また、キャストも良かった。新妻エイジ役の染谷将太はじめ、桐谷健太や皆川猿時さんなど俳優さんの個性が生かされた配役に唸りました。個人的にNo.1を決めるとしたらエイジ役の染谷将太さんかな。エイジの捉えどころのない雰囲気がピッタリでした。ちなみに、当時26歳だった佐藤健もちゃんと高校生に見えます。さすが。原作20巻を1本の映画にまとめているため、どうしても駆け足感は否めませんが、そのスピード感も含めて実写化成功と言えるのではないでしょうか。また、エンディングも凝りに凝っているのでぜひエンドロールまでみて欲しい。細かな所まで手を抜かない作り手の本気が感じられます。

原作とがまた違った要素が付け加えられていましたが、それはそれでよかったです。テンポがよくてずっとワクワクしていました。良く出来た青春映画だなと率直に思いました。とくに佐藤健と神木隆之介の演技力には圧倒させられました。小松菜奈はミステリアスだけど清楚な感じが引き出されていて良かったです。素晴らしい演技を見せてくれる彼らを見ているとますますストーリーに引き込まれていって、最後見終わるまであっという間に感じました。高校生という若い頃から自分のやりたいことを見極めて頑張っている様子を見ていると、大学生の自分としてはもっと今の何倍もの努力をしていかないといけないなと考えさせられました。そして、やっぱり好きなことに熱中している時ほど最高な瞬間はないなと思いました。エンドロールが楽しい雰囲気で、最後まで視聴者を飽きさせないなと感心しました。必ずまた見返したいなと思う作品で、個人的にかなりハマってしまいました。原作を読んだことがない人でも、誰でも楽しんで観られる作品だと思うので、まだ一度も見たことがない人はぜひ見てほしいなと思うオススメ作品です。演技力、キャスト、演出、舞台、音楽など全てにおいて大満足すること間違いなしです。

まとめ

映画「バクマン。」は『U-NEXT』で配信中です!

是非チェックしてみてくださいね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました