鬼滅の刃【柱合会議・蝶屋敷編】見逃し配信は?無料動画で全話フル視聴する方法

アニメ
大人気アニメ『鬼滅の刃』の第22話~第26話で構成された【柱合会議・蝶屋敷編】が2020年12月20日(日)18時59分~フジテレビ系列で放送!
今回放送される内容は『竃門炭治郎 立志編』の完結編であり『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』へと続くストーリー!
アニメーション制作のufotable描き下ろしによる新規提供イラストやスペシャルエンドロール、新作映像などが加わった特別編集版となりますので見逃し必見です!
今回、2020年12月20日(日)放送の「鬼滅の刃【柱合会議・蝶屋敷編】」の見逃し動画配信があるのか調べてみました!

アニメ「鬼滅の刃」配信状況

アニメ「鬼滅の刃」が配信中の動画配信サービスを調べてみました!

動画配信サービス配信状況初回無料期間
dアニメストア31日間
FOD PREMIUM2週間
Hulu2週間
Paravi2週間
ABEMAプレミアム2週間
dTV31日間
U-NEXT31日間
TSUTAYA TV/DISCAS30日間

一部ではありますが、ほぼ全部の動画配信サービスで配信中ということがわかりました!

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。

FODプレミアム以外でおすすめの動画配信サービスは?

アニメ「鬼滅の刃」を全話視聴できるおすすめの動画配信サービスは【dアニメストア】です!

【dアニメストア】はアニメが好きな方におすすめです!

月額料金は低価格の400円(税抜)!

アニメ作品数No.1のアニメ見放題サイトになります!

dアニメストアより

初めて登録する方には《31日間の無料トライアル》があり、最新アニメや人気アニメが見放題!

無料トライアル期間内に解約していただくとお金を払わずに楽しむことができます!

【dアニメストア特徴】

①アニメ作品数4000本以上が見放題!

②新作アニメの先行配信あり

③2.5次元ミュージカルなどのライブ映像見放題

④ダウンロード機能あり

⑤日本国内のみ利用可能

⑥ドコモユーザー以外も登録可能

初回登録31日間無料お試し体験あり
※無料期間のみお楽しみいただくことも可能!無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!

\初回登録31日間無料!/

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はdアニメストアサイトにてご確認ください。

dアニメストアで配信中!
  ⇩  ⇩  ⇩

アニメ「鬼滅の刃」が配信されている動画サイトの特徴やあらすじ・キャスト・感想が気になる方はこちらの記事へ!

 ⇩ ⇩ ⇩

ドンムビ
1970.01.01
ドンムビ
https://donten-movie.jp/archives/5905

みんなの好きなキャラクター&好きなシーンは?

【好きなキャラクター】竈門炭治郎
竈門炭治郎は家族を鬼に殺され妹も鬼になったにも関わらず、死にゆく鬼に憐れみを覚えるという、根っから優しい少年です。嘴平伊之助に何を言われても怒らずニコニコしている辺り少し鈍いのかと捉えられがちですが、悲しみや責任を全てを受け入れたからこその優しさなので、観る人の心を揺さぶります。
【好きなシーン】炭治郎たちがけがの回復のため蝶屋敷で過ごすところです。少しでも強くなるために炭治郎が辛い修行をしながらも、他の者とコミュニケーションを取ったり優しさあふれる言動をしたりと、鬼との対決の合間のホッとしたひとときです。俺は長男なんだ、というセリフもこの時代において古臭い考え方なのに、炭治郎が言うと妙に納得してしまうのも彼の魅力です。

【好きなキャラクター】伊之助
ツンデレ。
最初の登場では、冷たくて傲慢なイメージがあり、自分勝手なところもあり少し苦手でしたが
ストーリーが進むうちに、強いのはもちろんですが、不器用だけど負けず嫌いで仲間思いなところとか、
人に優しくされることになれておらず、優しくされるとほわほわするところがとても可愛い。
仲間が心折れそうなときも、自分も辛いのに泣きながらも励ましたりするシーンは最初の登場イメージからは想像できず、感動しました。
【好きなシーン】沢山ありますが、敵にボロボロにされ、他の仲間に助けられ、自分はまだまだ弱いと知って落ち込んだときの伊之助がとても好きです。
その負けがあったからこそ、伊之助はそれをバネにして心も身体も強くなったと思います。

【好きなキャラクター】煉獄杏寿郎
鬼殺隊の中で最高位の剣士である柱のひとりで、炎の呼吸を使い炎柱として活躍しています。
杏寿郎は正義感に溢れ、人間を鬼から守ることが自身の責務だと感じていて非常に熱い男です。
その強さと行いから他の鬼殺隊の隊員から大きな信頼を得ていて
炭治郎たちに大きく影響を与えた人物の一人です。
【好きなシーン】
自分が一番好きなシーンは無限列車編で上弦の参の猗窩座との戦いのシーンで、柱として炭次郎や伊之助たちを守るべく1人戦うのですが相手は上弦の参の鬼で非常に強くお互いほぼ互角の戦いを繰り広げるのですが相手は鬼なので傷がすぐ治るのに対し杏寿郎は人間なので徐々に傷を負ってしまい猗窩座に胸を貫かれてしまいます。
それでも杏寿郎は猗窩座の首を切り落とそうと最後の力を振り絞って戦い猗窩座から炭次郎や伊之助たちを守るシーンが好きです。

【好きなキャラクター】胡蝶しのぶ
蟲柱の胡蝶しのぶが一番お気に入りです。童磨に食べられちゃったのは残念ですが、彼女がいなければこの物語は魅力の一端をなくしていたと思います。身長150センチで体重は40キロないその小さな体で、鬼の首も斬れないほどの非力ながら、薬草の調合や隊士の訓練、休息、能力向上に胡蝶屋敷を使うなど、鬼殺隊の母といっても過言ではない存在だったと思います。
【好きなシーン】初めて登場した蜘蛛の山のときが一番印象に残っています。毒にやられた善逸に「もしもーし」って話かけたときが一番かわいかったです。その後の鬼との対決でずいぶんと残酷なことを言っていましたが、そういうギャップもまた戦士の女として魅力的でした。スピンオフで胡蝶しのぶの物語ができれば最高です。

【好きなキャラクター】冨岡義勇
「おれは、嫌われていない」これが決め手でした。
【好きなシーン】初登場時の「生殺与奪の権を他人に渡すな!」もこの後に続いたモノローグも好きです。この人にとってはあのシーンは演説3時間分ぐらいに相当します!「俺が来るまでよく堪えた、あとは任せろ」うちの上司の口から聞きたいセリフでもあります。それらのかっこいい台詞以上に好きなのが、「おれは嫌われていない」
しのぶさんと組み合っていた時のこのやり取りが好き。天然なのは水の兄弟弟子に共通。安定の冨岡ですね。ほかの柱たちにも安定した言葉足らずで誤解されまくりで「おれは(本来なら隊士の資格さえ無い人間で、最終選別もほとんど戦えなかった。だから、立派な柱である)お前たちとは違う」とか言ってる辺りが大好きです。無事に実弥におはぎを渡してほしい。

【好きなキャラクター】甘露寺蜜璃
鬼殺隊隊士や鬼滅の刃に出てくるキャラクターには壮絶な過去を背負っている者が多く、鬼に対しても仇を討つと決意をして入隊してくる隊士が往々にして見受けられます。しかし、甘露寺はコンプレックスを抱えながら自分を押し殺し生きていくよりもありのままの自分や強さを受け入れてくれる居場所を求め入隊するところに魅力を感じます。彼女が初めて登場する柱合会議では、恋柱という名に相応しくそれぞれの柱に対して素敵だと心のなかで連呼するという一見すると変なキャラとして位置づけられます。そんな彼女の魅力が発揮されるのが刀鍛冶の里編です。
【好きなシーン】特に好きなシーンは、禰豆子を拒否せず真正面から受け入れ可愛がるシーンです。彼女の愛の深さを強調していると思います。

【好きなキャラクター】猗窩座
鬼滅の数多くのキャラクターがいる中で私は、鬼である猗窩座が一番好きです。鬼なので、確かに消えて欲しい存在ではありますが、彼の過去や生い立ち、なぜ鬼になってしまったのかを知ると、ただの悪である鬼ではなく憎悪からできた自分への戒めや復讐の為になったみたいで、切なくなりました。鬼として最強なのはもちろんのこと、他の鬼と違い人間の気持ちがちゃんと軸にあり、簡単に鬼退治をする相手といった感じではありません。
【好きなシーン】一番彼の出るシーンで胸打たれたのは、やはり残念ながら倒された時です。鬼として柱たちに負けてしまいましたが、死に際に昔悲しい別れ方をしてしまった最愛の妻が迎えに来て「もういいよ。」と促されるシーンはかなりジーンと来ました。鬼なのに応援したくなってしまう、庇ってしまいたくなるキャラクターです。

【好きなキャラクター】宇髄天元
とにかくど派手なことが好きな元忍の宇髄さんですが、その過去は忍の一族に生まれ幼少期から過酷な修行してきた結果兄弟は弟と宇髄さんしか生き残らなかったそうです。妻を子どもを産む道具としか見ない弟と違って、3人の嫁を自分の命よりも大切だと言う宇髄さんは本当にステキです。嫁が3人いたことに最初びっくりして少々引いてしまったのですが、3人のお互いを思いやる姿を見ていたら、こういう形もありなのかなと思えました。見た目もイケメンな宇髄さんは鬼殺隊の衣装とメイクを落とした宇髄さんはさらに男前です。
【好きなシーン】妻を助ける為に遊郭に炭治郎たちと潜入する時の宇髄さんが好きです。11巻で片腕を失ってしまいますが、その後も後継者を育てる為に尽力する姿がカッコ良すぎます。

【好きなキャラクター】伊黒小芭内
柱合会議でも一人離れたところから参加していたり、心許せるのが首に巻いている白蛇の鏑丸くんだったり、口元は包帯のようなもので隠されていたり…ぱっと見は怖そうでよくわからないので、個性豊かな柱の中でも一番謎に満ちた人だなと。しかし、その何でかな?という部分が、生い立ちを振り返るシーンで一つずつ明らかになっていき、鬼殺隊に入隊してから出会った思い人に対する気持ちと、自身の生い立ちからその思いが叶わないであろうとひっそりと心に閉じ込めていることを知った時に、何て寂しくて優しくて繊細な人なんだろう…と、思い、一気に惹かれました。
【好きなシーン】一番好きなシーンは、思い人も伊黒さんの事を思っていて、お互い思い合っていたことがわかり、未来の約束を交わす場面。本誌で読んだ際に感動してしまいました。

【好きなキャラクター】胡蝶しのぶ
蟲柱の胡蝶しのぶが一番お気に入りです。童磨に食べられちゃったのは残念ですが、彼女がいなければこの物語は魅力の一端をなくしていたと思います。身長150センチで体重は40キロないその小さな体で、鬼の首も斬れないほどの非力ながら、薬草の調合や隊士の訓練、休息、能力向上に胡蝶屋敷を使うなど、鬼殺隊の母といっても過言ではない存在だったと思います。
【好きなシーン】初めて登場した蜘蛛の山のときが一番印象に残っています。毒にやられた善逸に「もしもーし」って話かけたときが一番かわいかったです。その後の鬼との対決でずいぶんと残酷なことを言っていましたが、そういうギャップもまた戦士の女として魅力的でした。スピンオフで胡蝶しのぶの物語ができれば最高です。

まとめ

鬼滅の刃【柱合会議・蝶屋敷編】は、2020年12月20日(日)18時59分~フジテレビ系列で放送です!

描き下ろし新規提供イラストやスペシャルエンドロール、新作映像が流れるようなのでお見逃しなく!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました