約束のネバーランド1期/見逃し動画配信を無料で1話から全話フル視聴する方法【アニメ】

アニメ

アニメ「約束のネバーランド」は、白井カイウ(原作)、出水ぽすか(作画)による累計発行部数2500万部を超える漫画を原作にアニメ化!
2021年1月より2期の放送も決定!
1期はGFハウスからの脱獄までが描かれています。
親のいない子供たちが暮らす孤児院『グレイス=フィールドハウス』で主人公エマは赤ん坊のころから特殊な勉強とテストにより育て上げられ、6~12歳までの間に里親のもとへと送り出されるとママ(シスター)に教えられていた。そんなある日、里親が決まり外に出られることになったコニーの人形を届けるため、エマとノーマンは近づくことを禁止されている『門』でコニーが食肉として出荷されるところを目撃し、自分たちは鬼のために育てられた食肉用の人間なんだと気づき、孤児院を脱走する計画を立てる。

こちらでは、アニメ「約束のネバーランド」1期の見逃し配信動画を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています!

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

TVアニメ『約束のネバーランド』PV
『約束のネバーランド』のフル動画は
dアニメストアで配信中です!
⇩ ⇩ ⇩
\初回登録31日間無料/
dアニメストアではこちらのアニメも配信中!
 
  ⇩  ⇩  ⇩

『約束のネバーランド』 を無料で視聴する方法は?

『約束のネバーランド』は、動画配信サービス【dアニメストア】で配信中です!

そこで【dアニメストア】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

アニメ作品数No.1!dアニメストア

【dアニメストア】アニメ好きにおすすめです!

月額料金は低価格の400円(税抜)

アニメ作品数No.1のアニメ見放題サイトとなっています!

初めて登録する方には《31日間の無料トライアル》があります!

無料の期間内に解約してもらうとお金を払わずに楽しむこともできますよ!

dアニメストアの特徴

①アニメ作品数4000本以上が見放題!

②新作アニメの先行配信あり

③2.5次元ミュージカルなどのライブ映像見放題

④ダウンロード機能あり

⑤日本国内のみ利用可能

⑥ドコモユーザー以外も登録可能

⑦初回登録31日間無料お試し体験あり

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!

\初回登録31日間無料!/

本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況はdアニメストアサイトにてご確認ください。

「約束のネバーランド」あらすじ

グレイス=フィールドハウスは親の居ない子供たちが住むところ。血の繋がりはなくても、ママと38人の兄弟はささやかながら幸せな日々を送っている。
11歳のエマ・ノーマン・レイはハウスの年長者であり、毎朝のテストでそろって満点をとる優秀さをほこる。
ある夜、里親のもとへ旅立つコニーを見送った子供たちだが、忘れ物に気付いたエマとノーマンは近づくことが禁じられている門へ向かう。そこで2人は衝撃の真実を目撃する―――

子供たちは鬼に食べられるために育てられている。
大好きなハウスは農園。優しかったママは敵。
ハウスに隠された真実を知ったエマとノーマンは、脱獄を計画する。だが、イザベラはコニー出荷の夜に子供2人が門に来たことに気付いているようで……。

新たな大人、シスター・クローネが現れ、監視の目が増えたハウス。
レイも加わり3人で脱獄の方法を模索するなか、エマは自分たちの身体に埋められている発信器の場所を特定する。そして全員での脱獄に向けた訓練のため、全力の「鬼ごっこ」を始めるが、そこにクローネが鬼役として参加する。

子供たちの中に内通者がいる。それは誰なのか、兄弟の動向を気にするエマたち。内通者を特定するため、ノーマンはあることを仕掛ける。
一方で、外に出てからのことを考え、ドンとギルダには事情を話すことにする。
残酷すぎる真実。そのすべてをありのまま話すことはできなかったものの、新たな協力者2人を引き入れることに成功し、また脱獄計画は進んだと思われたのだが……?

内通者がレイであることを突き止めたノーマンは、二重スパイになるよう提案する。レイは脱獄の準備をするために自ら志願して内通者になったことを明かし、全員での脱獄を諦めること、そのためにエマを騙すことを協力の条件とする。
翌日、レイが内通者だったことを知り、改めて全員での脱獄を決意するエマ。そしてイザベラの隠し部屋を見つけたことを報告するが、ドンとギルダはエマ達には告げずその部屋に侵入しようとする。

ウィリアム・ミネルヴァという人物から贈られた本にはモールス符号で子供たちへのメッセージが隠されていた。ハウスの外に味方がいるかもしれないと希望を持つエマたち。
一方、イザベラの隠し部屋に侵入成功したドンとギルダは、エマたちのついた嘘に気付いてしまう。今度こそ真実を語った彼らに怒りをぶつけるドンだったが、自らの無力さを嘆くその姿に、エマは兄弟を信じようと思い直す。
しかし翌日、そのやりとりを見ていたクローネが手を組むことを持ちかけてきて……?

イザベラからママの座を奪いたいという目的とともに、ハウスの管理システムについてクローネから聞かされたエマたちは、彼女と手を組むことにする。その夜、情報収集のためクローネの部屋を訪れたエマとノーマンだったが、逆に発信器の場所や壊し方に気付いていたことを知られてしまう。
子供たちの脱獄計画を本部に訴えるための証拠として、発信器を壊す道具を探すクローネだったが、そんなクローネにイザベラは本部からの通達を突きつける。

イザベラに見送られたクローネは、グランマに彼女のミスを訴える。しかしグランマはそのことを全く意に介さず、クローネは鬼に殺されてしまう。
その日の午後、エマとノーマンを塀の外の下見へと向かわせたレイは、偽の情報を流しイザベラの注意をひこうとするが、それに気付いていたイザベラはレイを部屋に閉じ込めてしまう。そしてエマとノーマンに対峙したイザベラは、ノーマンの出荷が明日に決まったことを告げるのだった―――

ノーマンの出荷を阻止するため、逃げたふりをしてハウスの敷地内に潜伏するよう提案するエマとレイ。自分が逃げることでエマたちの脱獄が失敗してしまうと拒否するノーマンだったが、二人の必死の説得を受け入れる。
出荷当日である翌日、逃げるために塀へと向かったはずのノーマンだったが、計画に反して夕方にはハウスに戻ってきてしまった。戻ってきたノーマンから明かされた真実に、エマとレイは驚愕する。

ノーマンが塀の上から見た景色によって農園全体の構造が明らかになった。
しかし彼は、自分は逃げることはしないと出荷の覚悟を決めていた。必死で引き止めるエマとレイだったが、ノーマンはトランクに糸電話だけを入れて旅立ってしまう。
ノーマンを失い絶望するエマとレイ。遂に脱獄計画を諦めたかに見えたが……?

諦めたふりをしながら、脱獄の準備を進めていたエマとレイ。レイは出荷前夜、用意していた道具で火事を起こし、その隙に逃げ出すことを提案するが、それはレイ自身を火の中に残すことまでも組み込んだ計画だった。
しかしすんでのところでそれを阻止したエマは、レイの行動を予期していたノーマンからの手紙のこと、そしてハウスの子供たちと進めてきた準備のことを明かすのだった。
イザベラを出し抜き、炎に包まれるハウスを背に塀に向かうエマたち。脱獄は成功するのか―――!

必ず迎えに来ると約束し、4歳以下の子供たちを残していくことを決意したエマ。そして5歳以上の子供たちは訓練の成果を発揮し、ぞくぞくと崖を渡っていく。
一方イザベラは本部に通報し脱獄を阻止しようとするが、崖の向こうにいるエマたちを目にし、ついに追うことを諦める。自分もかつてハウスで育った子供であったイザベラは、遠ざかっていく子供たちの背中を静かに見送るのだった―――。
脱獄が成功し崖を渡ったエマたちは対岸の森を駆ける。自由を手にした喜びとこれから生きていくことへの決意を胸にしたエマが森を抜けると、そこには彼らを祝福するような朝陽が輝いていた。

「約束のネバーランド」キャスト

エマ:諸星すみれ

ノーマン:内田真礼

レイ:伊瀬茉莉也

イザベラ:甲斐田裕子

クローネ:藤田奈央

ドン:植木慎英

ギルダ:Lynn

フィル:河野ひより

ナット:石上静香

アンナ:茅野愛衣

トーマ:日野まり

ラニオン:森 優子

コニー:小澤亜李

みんなの感想

最初は明るくて優しいママと孤児達が暮らす、平和な孤児院を舞台にしたのんびりほのぼのアニメかなと思いました。しかしその考えはすぐ覆される事になりましたね。ある程度孤児達が大きくなると、里親に引き取られていく事になります。孤児たちはそれを信じ、孤児院から出ていった仲間達も今は平和に暮らしていると考えていました。しかし実際は里親なんてものはいません。孤児院とは名ばかりで、早い話が人間の飼育場でした。孤児のエマとノーマンはその現場を見てしまい、孤児院の真実を知ります。そしてこのまま暮らしていたら、自分も餌食になる事を。二人は孤児院から脱出するべき画策するのですが、これが凄く面白かったです。迂闊に仲間に話す事は出来ません。協力者はいないし、ママはエマとノーマンが現場をみていたであろうと感づいているしで思うように動けません。脱出するにしても、孤児院の外がどうなっているのか誰も知りません。脱出に成功したとして、その後どうやって暮らすのかも不明。しかもエマは年長組だけなく、幼い子供も連れて逃げる!といって譲りません。正直詰んでいるように感じるのですが、天才ノーマンがこの状況を打破すべく作戦を練る。この辺りが最高に面白かったです。

社会人になってからアニメをあまり見なくなっていたのですが、友人に「ミステリ好きなお前は絶対にハマるから見て」と言われ、そこまで言うならとりあえずと1話を見たのがきっかけです。天才的頭脳を持った子供たち、閉鎖的な孤児院、平和な日常に忍び寄る影・・・不穏でミステリアスな世界設定に引き込まれ、1話から最終話まで休日返上で一気に見てしまいました。そして最終話を見終わった後は、すぐに原作漫画を買いに走るくらいにはハマってしまいました。
昨今終末もののミステリ作品は数多くありますが、この作品はエロ・グロが少ないのが良かったです。歳を重ねるごとに直接的表現が強い作品は疲れるという方も少なくないのではないでしょうか。そういった方にもお勧めしたいです。
また、原作漫画を読んでみて改めて思うのは、アニメの演出が巧みであることです。派手なアクションはない頭脳戦がメインの作品なのですが、ジリジリと追い詰められていく恐怖が見事に描かれています。敵に見つかってしまいそうになるシーンの緊張感は凄まじく、思わず目を手で覆いたくなるくらいでした。原作漫画の読者もぜひアニメを見てほしいです。
2021年1月には2期がスタートするということで、今からとても楽しみにしています。

アニメは原作漫画をそのままアニメ化した感じで省いている部分はほとんどないのでそこが良かったです。漫画よりもアニメから初めて見ました。施設で元気に楽しく暮らす子供達とそれを親代わりのように育てるママ。12歳で施設を出るというルールがあるなか最年長組のエマ、ノーマン、レイ。毎日行われるテストの意味がなんなのかなと掴みから面白いです。6歳のコニーが里親の所に出るとなり、ママと出て行った後、ウサギの人形を忘れてたのに気づきエマ、ノーマンが届けに行ったことにより、自分たちが鬼の餌になるために飼われていたことを知ります。鬼とママの怖さが尋常じゃなくてドキドキします。全員でこの農園から逃げる事はできないのかと考えて鬼ごっこで練習をするあたりとかも賢くてすごいと感じます。脱獄の計画を立てるもなぜかママに情報が筒抜けている、誰が犯人なのかわからないのもドキドキしていいし、一気に見たくなる内容でした。まさかのノーマンの出荷もあるもノーマンと約束した絶対に諦めないということを胸に、エマがレイをも説得して逃げるところもなんか感動したしドキドキして良かったです。農園から脱獄できた後の第二シーズンも期待したいと思える1期でした。

約束のネバーランドは、私が今年見た一番印象に残るアニメでした。よくアニメ友達と感想を言い合ったものでした。初めて見た時は、きれいなビジュアルと純真無垢な子供たちの登場に、悲しさは漂うものの、平和で心の暖かい暮らしぶりという印象でした。ママ的な役割の人、優しいお兄さんにお姉さん。孤児院でも充分幸せではないかと思いました。しかし、首のタツゥーのナンバー、異常に厳しくまじめな気持ちで挑むテストに違和感を覚え出しました。必要がないほどの塀の高さ、門や塀に近づいてはいけないという不思議なルールに、私は恐怖を感じだしました。無事に里親が見つかって、お別れの寂しさを押し殺して笑顔でお見送りをされた子供たちから、一通もお便りが届かないなど、恐怖をあおるエピソードが多くて、私は怖くて怖くてたまらなくなりました。しかし、エマやノーマンやレイの天才たちなら、この謎を解き、解決してくれると期待感がわきでてきて、最後まで興味深くこの作品を鑑賞する事が出来ました。謎解きや、様々な脱出の為の問題の解決策がとても感心する素晴らしいもので、かなり見応えがありました。約束のネバーランドの2期もぜひ見てみたいと思いました。

皆同じ、白く清潔感のある服装に身を包んだ施設で育ったエマ、レイ、ノーマン達。首元にある番号が気になっていましたが、統一感やその施設のカラーかと思いきやまさかの鬼に食べさせるためだったとは…。鬼の存在もまだ謎な部分が多く、これから明かされていくだろう正体にわくわくします。エマたちフィールドの子供たちは、教育されていますが、頭が良いだけだけじゃなく、身体能力も高くてビックリでした…。それを逆手に取って脱出を試みようとするトップスリーの頭脳の良さ!それを知っているシスターとのやり取りや何も知らない子ども達のやり取りが後々「そういう事か…」と納得する部分もあって、可愛い絵柄なのにとてもゾクゾクする展開なので話が進む度に面白いです!みんなで逃げようとしたり、色々な理由で断念したり…。最後にはやっと高い壁を乗り越えられたのにその先に繋がる道がなく絶望…と思いきやシーツなどをロープにし、どうにか向こう側に渡った時は手に汗握りました。フィールドハウスから出られましたが、みんなでどう生き残って行くのか、その先に鬼はいるのか、どう立ち向かっていくのか、フィールドハウスに残した子供たちを本当に迎えに行けるのか、などなど、その後の展開がとても気になります。

先の展開が一気に広がる世界観がわかる第一期。はじめてアニメで見た時は孤児院の中での狭い世界での出来事の中で、この後に広がる世界で生きていく子供たちのキャラクター、成長が描かれていたと思います。当日見始めた時は子供向けの人間ドラマを描いたアニメだなと思いながらみていました。ところが見てるうちに、この舞台がこれから展開する世界のごく一部にしか過ぎず、この後にどうなるか、どんな世界が広がっているのか期待せずにはいられないものでした。子供と一緒にたまたま見たアニメでしたが決して子供向けに作られたアニメというものでもなく、独自の世界観をしっかりと描いた大人も楽しめるアニメでした。謎めいた世界観や人間関係、登場人物に加え、子供たちが成長しながらたくましく生きていく姿がストーリー展開の中ですごくよく描かれていて毎回次の展開が楽しみで見ていました。一期では子供たちを育てているママか重要人物として外の世界を知り、子供たちの敵としてストーリー展開が進みますが、実は本当の愛情も持ち育てていて、自分を超える能力を持つこと本当は望んでいたのかなとも思わせる描写もあり、その複雑な人間の気持ちもアニメを見て子供たちが考える一面もあるなという感想を持ちました。

まとめ

アニメ「約束のネバーランド」は、dアニメストアで配信中!

2021年1月より2期が放送開始です!

まだ見たことない方やもう1度1話から見直したい方はdアニメストアへ!

\初回登録31日間無料!/

タイトルとURLをコピーしました