オレンジデイズ/見逃し配信や無料動画を1話から全話フル視聴する方法【ドラマ】

国内ドラマ
「オレンジデイズ」は、2004年にTBS系列で放送された北川悦吏子脚本のTVドラマ。
大学4年の櫂と聴覚を失い心を閉ざした沙絵とのラブストーリー。
主演は妻夫木聡・柴咲コウ。

こちらでは、ドラマ「オレンジデイズ」の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています!

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

「オレンジデイズ」
Paraviで配信中です!

初回登録2週間無料!

本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paravi

こちらもParaviで配信中!!

  ⇩   ⇩   ⇩

『オレンジデイズ』 を無料で視聴する方法は?

上記でもお伝えしましたが『オレンジデイズ』は、動画配信サービス【Paravi(パラビ)】で配信中です!

そこで【Paravi】は、どういったサービスなのか簡単にまとめてみました!

国内ドラマ・TBS/テレ東系が豊富なParavi!
初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
※無料期間内に解約してもらうとお金は一切かかりません!
ぜひお試しください!(*^^*)

Paravi解約方法の手順や注意点

初回登録2週間無料!

本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Paravi

Paravi以外で視聴できるおすすめの動画配信サービスはこちら

Paravi以外でも「オレンジデイズ」は配信されています!

Hulu

\初回登録2週間トライアルあり!/

こちらの作品もHuluで配信中です!
 ⇩  ⇩  ⇩

日テレ系番組が豊富なHulu!
初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみ
お楽しみいただくことも可能!
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうとお金は一切かかりません!

Hulu解約・退会方法や注意点は?


\初回登録2週間無料トライアルあり!/

 

本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

dTV

\初回登録31日間無料!!/

安さが自慢!低価格のdTV!

圧倒的な安さが自慢のdTVは、ドコモユーザー以外の方も登録可能となっています!

初めて登録する方には《31日間の無料体験》があります!

無料の期間内に解約してもらうとお金を払わずに楽しむこともできますよ!

dTVの特徴

①月額500円(税抜)の低価格の動画配信サービス!

②ドラマ、映画、アニメなどの約12万本の映像作品が配信

③ドコモユーザー以外でも登録可能!

④ダウンロード機能あり

⑤再生速度選択あり(1.5倍速、2倍速)

⑥高画質&広告なしのストレスフリー

⑦初回登録31日間無料お試しあり

初めて登録する方は31日間無料!
無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
無料期間内に解約してもらうだけでOKです!!

\初回登録31日間無料!!/

 

U-NEXT

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

 

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴できます!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけ!

U-NEXT解約・退会方法や注意点は?


初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2021年1月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

「オレンジデイズ」あらすじ

 

 

就職活動中の大学生と、耳が不自由な女性のせつない恋を描く。大学4年生の櫂(妻夫木聡)は就職先が決まらず、落ち着かない毎日。そんな折、学内で沙絵(柴咲コウ)が弾くバイオリンを耳にする。思わず拍手した櫂を沙絵は冷たくあしらう。数日後、櫂の親友・啓太(瑛太) が恋に落ちたと告白。プレイボーイの翔平(成宮寛貴)が代わりにデートの約束を取り付けるが、啓太は相手の耳が不自由と知って動揺。手話ができる櫂に代役を押しつける。待ち合わせ場所で待つ櫂の前に現われたのは沙絵だった。

 

 

真帆(小西真奈美)は堺田教授(小日向文世)に頼まれ、沙絵(柴咲コウ)の補佐を担当することに。櫂(妻夫木聡)と沙絵がデートしたことを知らない真帆は、櫂にも協力を依頼する。自分を特別扱いする真帆の言動に沙絵はうっとうしさを感じてしまう。一方、櫂は沙絵の親友・茜(白石美帆)とも会話を交わすように。櫂は茜から、かつてバイオリンの天才と呼ばれた沙絵が突然の病気で聴覚を失ったと聞く。櫂は再び音楽に取り組んでほしいと考え、沙絵が手放した愛用のバイオリンを取り戻そうとする。

 

 

櫂(妻夫木聡)の勧めで、沙絵(柴咲コウ)はセミプロの学生オーケストラの入団テストを受けることに。みごとに合格した沙絵は喜びのあまり、櫂に抱きつく。だが、練習を重ねるうち、音程に微妙なズレがあることが判明。現実を知った沙絵はふさぎこむ。一方、櫂の沙絵に対する親身な態度に不安を感じた真帆(小西真奈美)は、男友達の佐野(柏原崇)に相談する。

 

 

啓太(瑛太)の提案で、櫂(妻夫木聡)ら5人はノートにメッセージを回し書きする“オレンジの会”を結成。最初は乗り気でなかった櫂だが、積極的に書き込む茜(白石美帆)らにつられて将来への悩みなどを記すように。櫂は障害に負けずに自分の人生を生きようとする沙絵(柴咲コウ)を見つめるうち、周囲に流されて大企業に就職することに疑問を感じはじめていた。櫂は自分が本来めざしていた福祉の道に進みたいと堺田(小日向文世)に相談する。一方、沙絵の櫂への思いは徐々に感謝から愛情に変化。バイオリンを断念した後の人生を想像するとき、いつも隣に櫂がいることに気づく。だが、櫂には真帆(小西真奈美)という恋人がいることもあり、沙絵は自分に素直になれない。

 

 

茜(白石美帆)に内定が出た。茜に恋する啓太(瑛太)は、祝賀会を兼ねた“オレンジの会”のキャンプを企画する。一方、櫂(妻夫木聡)は距離を置いていた真帆(小西真奈美)と直接会う決断を。だが、駅前のカフェで真帆と待ち合わせをしていた佐野(柏原崇)と鉢合わせてしまう。傷ついた櫂をなぐさめたのは沙絵(柴咲コウ)だった。キャンプの夜、一行は夢を語り合う。

 

 

キャンプから戻った“オレンジの会”。仕事を探すものの、やりたいことが見つからない沙絵(柴咲コウ)に、櫂(妻夫木聡)はピアノを弾くことを勧める。櫂の励ましを受けた沙絵は、演奏者の募集をこまめにチェック。一流ホテルの試験を受けることに。一方、徐々に翔平(成宮寛貴)に心ひかれていく茜(白石美帆)。そんな中、啓太(瑛太)は茜に告白をする。

 

 

沙絵(柴咲コウ)の前にかつてのあこがれの先輩・柿崎(永井大)が現われた。再会に柿崎は沙絵を抱きしめ、櫂(妻夫木聡)はそのようすを目の当たりにする。沙絵と柿崎は徐々によい雰囲気になっていくが、オレンジの会の面々は櫂のことを気にする。柿崎との初デートに緊張する沙絵。櫂は沙絵を優しく励まし送り出そうとする。沙絵はそんな櫂に「私が誰かを好きになってもいいの?」と問いかけるが、答えを聞けぬまま迎えがきてしまう。一方、啓太(瑛太)は電話で父親が倒れたことを知り、実家に急ぐ。

 

 

沙絵(柴咲コウ)とつきあうと心を決めた櫂(妻夫木聡)。しかし、恋をすることに自信のもてない沙絵は冷たく接してしまい、「あなたに障害者の気持ちはわからない」と一方的に伝える。沙絵の態度に櫂は怒り、失望する。素直になれない沙絵を見かねた茜(白石美帆)は翔平(成宮寛貴)に、2人をくっつけたいと相談。オレンジの会の5人で海に行こうと誘う。櫂と沙絵は渋々参加するが、当日、ほかの3人が茜の画策でドタキャン。2人きりで海に行くことに。一方、2人を送り出した茜は翔平とデートを楽しむ。

 

 

沙絵(柴咲コウ)の家にはとこのハルキ(沢村一樹)がやって来た。沙絵はゆり子(風吹ジュン)からコンクールに出るよう勧められ、ドイツの交響楽団でピアノを弾くハルキのコーチを受ける。だが、コンクール本番中、耳に異常が起きた沙絵は演奏を中断してしまう。櫂(妻夫木聡)は「突然、耳が完全に聞こえなくなった」と打ち明ける沙絵に病院に行くよう勧める。

 

 

事故に遭った沙絵(柴咲コウ)だがケガは大事なかった。そんな沙絵にゆり子(風吹ジュン)は手術を勧める。デート中、CDを試聴する櫂(妻夫木聡)の姿に沙絵は耳の不自由な自分を改めて認識。さらにゆり子が自分の手術のためにずっと準備していたと知り、ドイツで手術し、ゆり子とドイツに住むことを前向きに考えはじめる。そんな中、櫂は大学で偶然真帆(小西真奈美)と再会。飲みに誘われた櫂は、本音をぶつける真帆に翻弄される。一方、チベット行きに心を傾ける翔平(成宮寛貴)は、茜(白石美帆)にその思いを告げる。

 

 

沙絵(柴咲コウ)がドイツに行って数か月。残る3人は変わらぬ生活を送っていた。ある日、櫂(妻夫木聡)のもとに沙絵から一通のエアメールが。だが、中身は“○”と書かれた紙だけ。意味がわからない櫂は茜(白石美帆)に相談し、沙絵の耳の手術が成功していたと知る。また、卒業が近づき翔平(成宮寛貴)が突如帰国。櫂、啓太(瑛太)とともに卒業試験に臨む。無事卒業を決めた3人は飲みに出かけ、酔った櫂は忘れられない沙絵への思いを叫ぶ。そんな櫂に翔平は、ドイツに行って沙絵にプロポーズしろと勧める。翌日、金を出し合い指輪を買いに行く3人。だがそのころ沙絵は、ハルキ(沢村一樹)との結婚準備を進めていた。

「オレンジデイズ」キャスト

結城櫂:妻夫木聡

萩尾沙絵:柴咲コウ

相田翔平:成宮寛貴

小沢茜:白石美帆

矢嶋啓太:瑛太

髙木真帆:小西真奈美

佐伯そよ子:山田優

桐島あゆみ:上野樹里

藤井ハルキ:沢村一樹

堺田教授:小日向文世

萩尾 ゆり子:風吹ジュン

ほか

みんなの感想

 

大学生5人が中心となるお話がとても綺麗な理想な青春を描かれているように感じ、大学に行けばこのドラマのような学生生活が送れるものだと思っていた記憶があります。
男性3人と女性2人のグループで女性が余らないような人数になっていたのも安心して見られた要素の一つです。
耳の聞こえない女性、サエと健常者の男性、カイが少しずつ恋愛関係に発展していくという姿が耳が聞こえないならではの悩みや、伝わり方がなかなかまっすぐ伝わらない様子がもどかしく感じます。
サエはいつもプンプン怒っているイメージがあります。
手話で2人は会話するのですが、サエは怒った顔をしながら荒々しく手話でカイに感情を伝えている様子がとても印象的で鮮明に覚えています。
手話も大事なコミュニケーションの一つではありますが、耳が聞こえないと言う状況になったことがないので手話では伝えきれないもっと伝えたい思いがあるんじゃないかと思うと少し悲しくなりました。
最終回の最後のシーンでサエが初めてカイに声を出して、「行ってらっしゃい」と言ったシーンは感動しました。
耳が聞こえていないせいでしっかりした声ではありませんが、初めて最後にサエの声が聞けてとても嬉しかったです。

聴覚障害を持つ柴咲コウさん演じる沙絵の現状を受け入れられない姿から妻夫木聡さん演じる櫂に出会うことで徐々に心を開き、現状を受け入れながら前に進んでいく姿に変化していく様子は心震えました。将来を期待されたバイオリニストだった沙絵が後天的に聴覚障害となって音楽の道を閉ざされ、耳が聞こえないことで話し方に違和感があると指摘されたことで他人と交流をとることさえ拒んでいる姿は胸が痛みました。そんな彼女をほっとけないと何かと世話を焼こうとする櫂ですが、そのすべてが紗絵のプライドを傷つけてしまう結果に悲しみと共に人の心を動かす難しさを感じました。しかしそれでも紗絵を救うと言い切る櫂に存在の大きさを強く感じさせ、櫂のおかげで仲間が増え、手話を使うことで自分の感情を表現する場を広げた沙絵の笑顔が増えていく姿に胸が熱くなります。お互いに必要な存在になっているのに素直になれず別れが訪れる展開に不安が募りましたが、必要性に気づき再会を果たした二人に心から良かったと思えます。結末では家を出る櫂を見送る沙絵の姿があり、櫂の名を呼び「いってらっしゃい」と言葉で見送る姿に愛情を強く感じ、櫂の救われたような表情に二人の明るい未来を感じさせました。何度見ても心震える作品です。

ほろ苦く甘い青春期を切り取った大学生活のドラマで、観ると自分の思い出と重なって引き込まれていきます。恋愛について自由な環境のようで、やはり将来も同時に感じてしまう時期で、このままで良いのか?自分は何をしたくて、何が出来るのか?を、考えずにはいられない時期。そんな貴重な時間を5人の男女が、自分なりの悩みと闘い、仲間の気持ちも感じて互いに思いやることが出来る時期。オレンジを木から捥ぎ取ることも、この時期だから自然に出来る。オレンジの色に太陽の色が重なり、夢を追いかけて、夢に挫折して恋に甘さを感じて、ほろ苦い部分も知ってしまうようなストーリーと、耳が聞こえなくなっていく病いになった女性を同じ目線で、仲間として理解したい、理解してほしいと思える環境。子供から大人へ、学生から社会人への転換期、誰も経験した事のない未知の世界への一歩を踏み出す前の、ほんの一瞬の時間。真っ只中にいる時は、様々な問題や悩みに苦悩しているような気持ちになるけど、過ぎてしまった時には、その悩みや苦悩すらも愛おしい思い出の瞬間として、心に刻まれていることに気づいて、その時の想いを以って今からの人生を楽しみながら、自分なりの時間とドラマを描き作っていけるように感じさせてくれるドラマだったと思います。

ほっこりした大学生活と恋愛とピアノやバイオリンという要素がとてもうまく絡み合い甘酸っぱい青春を思いさせるような恋愛青春ドラマでした。それに主題歌のミスチルの音楽が上手いこと調和していてとても感動的で記憶に残るドラマでした。いつ見ても色あせない主人公さえとかいの恋愛がとても歯痒い時やほっこりする時もあり主人公になったつもりで世界観に浸ってみることのできるドラマです。ドラマというより映画の雰囲気もある独特の空気感が心地よいドラマです。ガヤガヤしたテレビドラマの恋愛というよりは静かに深くちょっと涙する部分や感動するシーンもある映画をドラマ化したような名作ドラマだと思いました。手話がよく出てくるドラマなのですが、その手話というのがわざとらしくなく自然にドラマに取り入れられているので、堅苦しくなく、手話のドラマというよりは、恋愛、青春で悩んだり思いっきりみんなで楽しんだりするキャンパスライフを楽しんでいるドラマで見ていて楽しくなるドラマです。元気がない時、感動したい時、青春時代を思い出したい時、当時していた恋を思い出したい時に私は見返しているドラマです。主人公さえがとても可愛く私もこんな恋愛がしたいなと思えるドラマでした。私の中ではかなりの名作ドラマです。

「オレンジデイズ」、大好きなドラマの一つです。
学生生活のワイワイと楽しそうな雰囲気の中、恋の切なさ、苦悩なども盛り込まれており、青春のすべてがつまっています。
演じるのは、若かりし頃の妻夫木聡さん、柴咲コウさん、永山瑛太さん、成宮寛貴さん、白石美帆さんです。
脚本は「ロングバケーション」、「ビューティフルライフ」などでもおなじみ北川悦吏子さんが手掛けられたという、見ごたえ十分のドラマとなっています。

ストーリーは、大学4年生・社会福祉心理学専攻の結城櫂(妻夫木聡)と聴覚を失った萩尾沙絵(柴咲コウ)が出会い、周りの友人とも交流を交えながら進んでいきます。
沙絵は耳が不自由という事に引け目を感じているのか強気でひねくれたところがあり、周りにも勘違いされやすい態度で接しています。
そんな中、櫂は沙絵の学生生活のサポートを頼まれるのですが、初めはただ聴覚を失った沙絵に対し「かわいそう」という気持ちからか腫物をさわるような態度だったのが
ストーリーが進むにつれて、櫂や仲間達が同情ではなく本気で沙絵を思う気持ち、それに応えようとする沙絵、いつの間にか耳の事なんか気にならないほどの結びつきとなっていきます。
青春を感じながらも、仲間を思う気持ちに心温かくなるヒューマンストーリーになっているところも見どころです。

北川悦吏子脚本の大学四年生の男女が織りなす青春ラブストーリーです。
妻夫木聡演じる結城櫂と柴咲コウ演じる萩尾沙絵の甘酸っぱい恋物語かと思いきや、沙絵には聴覚障害があり様々な困難を乗り越えていく姿も描かれています。
生まれつきではなく中途で聴覚障害になった沙絵は人前で話すことを嫌がり、手話でコミュニケーションを取ります。沙絵は自己主張が強く、手話で会話するシーンがとても多いので手話のことが全く分からない視聴者でも最終話ぐらいでは簡単な挨拶や単語が読み取れるようになります。私も話の内容はもちろん手話にも興味を持つことができました。
また、障害を持った女性との恋愛だけでなく大学四年生という進路を決断する年齢のもやもやとした感情や友達との最後の青春など見どころは多いです。
出演している俳優も今も人気がある瑛太や成宮寛貴、上野樹里、山田優などかなり豪華な出演者たちなので今見ると懐かしい気持ちで見ることができます。
櫂と沙絵のお互いを想いながらも障害のことや世間のことを考えてぶつかっていくところや、沙絵のやるせない気持ちなど胸が痛くなるシーンも多いですが見終わった後に障害についてなど考える機会も持てる作品です。

まとめ

「オレンジデイズ」は、Paraviなどで配信中!!

是非チェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました