奥様は取り扱い注意(ドラマ)見逃し配信や無料動画を1話から全話フル視聴する方法

国内ドラマ

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」は、2017年に綾瀬はるかさん主演で放送。
原案・脚本は金城一紀。
ごく普通の新米主婦・伊佐山菜美は、実は元特殊工作員。その正体を夫にも隠し、主婦たちが抱える様々なトラブルを解決していく。
2021年3月19日より劇場版が公開されます!
ドラマの続編ということでとても楽しみですね!

こちらでは、ドラマ「奥様は、取り扱い注意」の動画を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャストをまとめています!

  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

「奥様は、取り扱い注意」
Hulu】で配信中!

⇩ ⇩ ⇩

\初回登録2週間トライアルあり!/

こちらの作品もHuluで配信中です!
 ⇩  ⇩  ⇩

『奥様は、取り扱い注意』 を無料で視聴する方法は?

『奥様は、取り扱い注意』は、動画配信サービス【Hulu】で配信中です!

そこで【Hulu】がどういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

日テレ系番組が豊富なHulu!
初めて登録する方は2週間無料!

無料期間のみ
お楽しみいただくことも可能!
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうとお金は一切かかりません!

Hulu解約・退会方法や注意点は?


\初回登録2週間無料トライアルあり!/

 

本ページの情報は2020年11月時点のものです。
最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

「奥様は、取り扱い注意」あらすじ

訳ありな過去を持つ主婦・菜美(綾瀬はるか)が、周囲の人々の抱えるトラブルを解決していく姿を描く。平凡な日常に飽き飽きしていた菜美は、両隣に住む優里(広末涼子)、京子(本田翼)と友達になる。二人の誘いで料理教室に行った菜美は、そこで出会った知花(倉科カナ)が暴力を受けていることに気付く。

着付け教室に通い始めた菜美(綾瀬はるか)、優里(広末涼子)、京子(本田翼)は、講師の夏希(高岡早紀)と親交を深める。そんな中、夏希の前に的場という男が現れたのを機に、夏希を中傷するビラがばらまかれる。3人が事の真相を尋ねると、夏希は事実を認め、的場から脅されていることを明かす。

菜美(綾瀬はるか)は恐喝を働く不良を目撃し、すぐさま彼らを撃退。すると、その様子を見ていた理沙(小野ゆり子)から「けんかのやり方を教えてほしい」と依頼される。理沙はママ友の貴子(青木さやか)にいじめられており、強くなりたいと訴える。菜美は悩んだ末、理沙のトレーニングに付き合う。

読書会を開催する主婦友・美佐子(星野真里)の家を訪ねた菜美(綾瀬はるか)らは、美佐子の息子・悠斗(志水透哉)が誘拐されたことを知る。美佐子は警察へ連絡しようとするが、美佐子の夫・光雄(古屋隆太)は通報を拒み、1億円の身代金を誘拐犯に支払おうとする。菜美はそんな光雄の姿を不審に思う。

菜美(綾瀬はるか)と京子(本田翼)は、優里(広末涼子)の誘いで太極拳教室に参加するが、普段とは違う優里の様子を気に掛ける。そんな中、夫・啓輔(石黒賢)の態度に我慢の限界を感じた優里は家出を決意。同じく夫婦関係にストレスを抱える菜美と京子と共に、日常生活ではできないことを体験しに行く。

菜美(綾瀬はるか)はフラワーアレンジメント教室で知り合った冴月(酒井美紀)から、町内会報のインタビューを受けてほしいと頼まれる。翌日、指定された時間に冴月の家を訪ねると、殺害された冴月の夫・達郎(竹財輝之助)を発見。菜美は、死体を発見したことが誰かの策略だったのではと考える。

菜美(綾瀬はるか)は、主婦友の友恵から人捜しを依頼される。友恵は余命宣告されており、後悔を残さないよう死ぬ前に大学時代に交際していた幸平に一目会いたいと明かす。事情を聞いた菜美が小雪(西尾まり)の力を借りて調査すると、幸平は出資法違反で有罪判決を受けていた人物だった。

菜美(綾瀬はるか)は、優里(広末涼子)、京子(本田翼)と近所に住む政治家・三浦のホームパーティーに参加。そこで菜美は、怪しげな動きをしていた藍子を見掛け、不審に感じる。そんな中、近所で空き巣被害が連続して発生。さらに、勇輝(西島秀俊)が犯人と鉢合わせしてけがを負い、菜美は怒りを募らせる。

優里(広末涼子)は啓輔(石黒賢)との生活で感じる息苦しさを解放するように、安西(小関裕太)との密会を続けていた。その頃、菜美(綾瀬はるか)は勇輝(西島秀俊)から、赴任先のドイツへ一緒に来てほしいと告げられる。勇輝の言葉に不審なものを感じた菜美は、小雪(西尾まり)を訪ね身辺調査を依頼する。

菜美(綾瀬はるか)は、小雪(西尾まり)から勇輝(西島秀俊)の正体を聞かされショックを受ける。その夜、菜美は帰宅した勇輝と壮絶な夫婦げんかを展開し、なぜ自分に近づいたのか問い詰める。一方、家族への罪悪感を抱える優里(広末涼子)は、横溝(玉山鉄二)の元を訪ね、家族に全てを打ち明けると告げる。

※ザテレビジョンより引用

「奥様は、取り扱い注意」キャスト

伊佐山菜美:綾瀬はるか

大原 優里:広末涼子

佐藤 京子:本田翼

伊佐山 勇輝:西島秀俊

大原 啓輔:石黒賢

佐藤 渉:中尾明慶

みんなの感想

金城一紀さんの脚本というだけで、お話の品質は保証されたようなものですよね。さらに、綾瀬はるかさん、西島秀俊さんといった実力派俳優陣がキャストに名を連ねるとあれば、もう面白くない訳がない!金城一紀さんはたぶん、他のドラマで演じられた際の西島秀俊さんと綾瀬はるかさんのアクションシーンに惚れて、ほとんど当て書きに近い形で脚本を書かれたのではないでしょうか。それくらい、お二人が暗躍ーーもとい、陰で悪をぶっ叩く活躍ぶりは非常に見応え充分です。大河ドラマ「八重の桜」でも共演があったお二人ですから、特に夫婦二人のシーンなどは、演技の呼吸の間合いというものがとてもしっくりはまっているように感じました。見どころはやはり、綾瀬はるかさんのキリリとしたアクションシーン。美しい顔立ちをなさっているので、表情を引き締めて手拳や蹴りで鮮やかに悪者を懲らしめる大立ち回りは、テレビ画面で見ていても魅了されます。そんな風に締まる時は締まるのに、家事はからきし、という緩急をつけた設定が上手いですね。「私がなんとかしてあげる」なんて綾瀬はるかさんに言ってもらえたら、何でもお任せしちゃいます…。本当なら今年6月に劇場版が公開予定でしたが、コロナ禍の折、延期に。ですが、このドラマの面白さはコロナになんて負けません!

綾瀬はるかさんのアクションシーンがめちゃくちゃかっこよくて爽快でした。身のこなしがとても軽いし、スタイル抜群だから一つ一つの動作が様になっていて釘付けになってしまいました。美人でスタイルも良いのに、料理だけはちょっと下手っていう抜けてる部分があるのが可愛くて素敵で惹かれました。その下手な料理に対して文句を言わない西島秀俊さんにキュンキュンしました。まさに理想の夫で、こんな美男美女夫婦がいたら最高だなと思いました。素性がバレそうになってからの二人の関係のギクシャク感は切迫した雰囲気を伴っていて観ていて落ち着かなかったけれど、二人のキリッとした表情が凛々しくてたまらなかったです。最終回で玄関を開けたあとの銃声、あの後どうなったのかを自分なりに想像して一緒にドラマを観ていたお母さんと語り合いました。出演者に関することで私が一番衝撃を受けたのが広末涼子さんです。どうしても幼いイメージがあっただけに、彼女と情事とが結びつかなくていささか困惑してしまいました。夫子供がいながらだから汚らわしい行為のはずなのに、真昼間での情事のシーンはなぜだか凄く甘美で魅惑的で素晴らしかったです。同性でもドキドキされられました。広末涼子さんってこんなに艶かしい演技ができるのかと本当に驚きました。

主人公である菜美が特殊工作員であった過去、そして主婦である現在というギャップに面白味を感じた作品でした。しかし、専業主婦で生活しながら元特殊工作員であることから洞察力鋭く主婦間での問題に気付き、華麗に解決していく展開はワクワクが止まりませんでした。最初は主婦間での簡単な問題でしたが、徐々に裏組織が関わる町全体の問題となっていく展開に菜美の正義感の高まりを感じました。それと共に関わる事件が大きくなるほど特殊工作員時代のスリルを思いだしていく菜美に訪れる危険性の強さを感じました。ストーリー内で一番衝撃だったのが、菜美の夫である勇輝が公安の人間で菜美を監視していたという事実でした。しかし愛情の高まりによって菜美を引き留めようとしている姿に菜美が主婦であるための最後の頼み綱に思えました。菜美を止めるためなのか職務命令を忠実に守ったのか、菜美に銃を向ける勇輝の姿にまさかの展開で驚かされましたが、そんな勇輝を見て笑みを浮かべる菜美と共に銃声が聞こえたところで終えたラストに二人への期待と不安が入り交じりました。しかし映画に続いたことでこのラストがどう映画へと続いていくのか菜美、勇輝の関係性の変化に視聴意欲が高まりました。繰り返し見ても楽しめる作品です。

ちょっとセレブな高級住宅街に住む一人の主婦が、
という設定も面白いと思いますし、配役がぴったりです。
西島さんも綾瀬さんもそれぞれアクションシーンがとてもよかったです。
日本人のアクションに違和感をいつも感じてしまいますし、あまりドラマでアクションがメインになるのは珍しいと思いますが、
本作はそんな思いを払拭させてくれました。
身近な主婦のトラブルを解決するにしては、かなり大掛かりではありますが、毎回トラブルに立ち向かう正義感の強い
綾瀬さんがかっこよく、なにより、一人の女性として素敵に思います。女性として、主婦として過去にとらわれることない「普通のしあわせ」を追い求める姿は
一見特殊そうですが、何気ないしあわせを求めるのは、色んな女性に共感が得られるのではないでしょうか。綾瀬さんのような衝撃的?な過去でなくても、
誰しも大きい小さいの過去や過ちを背負って生きていると思います。二人の愛の行方も気になるところです。
ちょっと、Mr.Mrsスミスをかすっているような感じもありますが、毎回楽しく観ていました。
ご近所さん役の広末さん、本田翼さんもそれぞれキャラがたっていてよかったです。
劇場版もやるそうなので、大変楽しみです。

ちょっとセレブな高級住宅街に住む一人の主婦が、
という設定も面白いと思いますし、配役がぴったりです。
西島さんも綾瀬さんもそれぞれアクションシーンがとてもよかったです。
日本人のアクションに違和感をいつも感じてしまいますし、あまりドラマでアクションがメインになるのは珍しいと思いますが、
本作はそんな思いを払拭させてくれました。
身近な主婦のトラブルを解決するにしては、かなり大掛かりではありますが、毎回トラブルに立ち向かう正義感の強い
綾瀬さんがかっこよく、なにより、一人の女性として素敵に思います。女性として、主婦として過去にとらわれることない「普通のしあわせ」を追い求める姿は
一見特殊そうですが、何気ないしあわせを求めるのは、色んな女性に共感が得られるのではないでしょうか。綾瀬さんのような衝撃的?な過去でなくても、
誰しも大きい小さいの過去や過ちを背負って生きていると思います。二人の愛の行方も気になるところです。
ちょっと、Mr.Mrsスミスをかすっているような感じもありますが、毎回楽しく観ていました。
ご近所さん役の広末さん、本田翼さんもそれぞれキャラがたっていてよかったです。
劇場版もやるそうなので、大変楽しみです。

綾瀬はるかさん演じる主人公の、アクションありの激しいストーリー展開のドラマです。
綾瀬はるかさんがアクション関係を演じるとかなり素敵なのが分かります。身長もそれなりにありますし、それでも普段の姿があまりにもぽんやりとしている所為なのか、どこかイメージと違うのが素敵な部分だと思います。このドラマで久々さに広末涼子さんを見ることが出来、大変嬉しかったです。
昔と変わらず美しい広末さんがいるようなご近所、とっても羨ましいです。しかし近所内であれだけ激しく動く奥様を持って、主人公の夫は本当に何も気づいていないのでしょうか?と問いたくなるシーンが多々ありました。それでも夫とはかなりラブラブでそのシーンを見るのもなんだかほっこりしてしまうドラマでした。
そして主人公の過去もなかなかで、元工作員であったりスパイであったりと普段目にすることのない存在がこんな身近にいたらそれはそれで凄いだろうな・・・と感じました。そして他にもご近所さんに本田翼ちゃんも住んでるなんて、どんだけ豪華な近所なんだ・・・と思ってしまいそうです。ご近所の主婦友が出来て主人公もどんどん人間らしくなっている様が本当に面白いです。大好きなドラマです。

この作品のユニークなところは、主人公の伊佐山菜美が元特殊工作員だったという点です。ドラマのタイトルにあるように、戦闘能力やスパイとしての能力が長けているので、エスカレートしてしまうと大変です。特殊工作員を辞める為に、任務中に自殺を偽装したり、高い戦闘能力と優れた語学力を活かして、結婚後も日常生活でおこる様々な問題を解決していく姿は、まさにスーパーウーマンを思わせてくれます。
そして、最終回が衝撃過ぎました。菜美が特殊工作員だった事を考えたら、その可能性はありましたが、夫まで普通の仕事をしている人では無く、公安の人間だったとは思いませんでした。お互いに素性を隠していた事で夫婦げんかが勃発しますが、結局愛し合っている者同士なので、落ち着いて昔話をし始めるという急激なトーンダウンが面白かったです。
公安の目が厳しくなるから、大人しくしてくれと夫から言われても、人を助けないと気が済まない菜美はまた街の厄介事に入り込んでいくのは、元特殊工作員の仕事の刺激を覚えてしまった以上治らないのかもしれません。突拍子も無い設定と展開ですが、スパイと公安の役割と夫婦の関係を組み合わせる事で、夫婦関係がなぜかうまく行ってしまうのがなかなか不思議でした。

まとめ

ドラマ「奥様は、取り扱い注意」はHuluで配信中です!

劇場版公開日が2021年3月19日に決定しました!

まだ見たことない方やもう一度見たい方はぜひHuluで!!

タイトルとURLをコピーしました