ルパン三世カリオストロの城/見逃し動画配信やレンタルを無料フル視聴する方法

邦画

不朽の名作「ルパン三世カリオストロの城」は、1979年に公開された劇場映画第2作品目。
宮崎駿監督初の長編アニメーション作品であることも有名ですよね(*^^*)
こちらでは「ルパン三世カリオストロの城」の見逃し動画配信を無料で視聴する方法をまとめています。

こちらでは「ルパン三世カリオストロの城」の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

映画「ルパン三世カリオストロの城」のフル動画は
U-NEXTで配信中です!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

 

映画『ルパン三世カリオストロの城』 を無料で視聴する方法は?

『ルパン三世カリオストロの城』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴できます!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけ!

U-NEXT解約・退会方法や注意点は?


初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2020年11月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

『ルパン三世カリオストロの城』あらすじ

ある日、モナコのカジノから大金を強奪したルパン(山田康雄)と次元(小林清志)。しかしルパンは、その金がカリオストロ公国で作られている幻の偽札“ゴート札”であることに気付く。かつて、ルパンは“ゴート札”を狙ってカリオストロ公国に忍び込み、失敗した過去があったのだ。今度こそ、その秘密を暴こうと決意したルパンは、カリオストロ公国に向かうが…。その途中で、謎の男たちに追われる花嫁姿の美少女を発見!
その少女・クラリス(島本須美)はカリオストロ大公家の娘で、父の死後国を治めているカリオストロ伯爵(石田太郎)から結婚を迫られ、逃げていたのだ。ルパンに救出されたものの逃げ場がないと悟ったクラリスは、大公家に伝わる指輪をルパンに預けて伯爵の元へ戻っていった…。 伯爵がクラリスとの結婚を急いでいるのは、城に隠された秘宝の在り処を示す指輪を手に入れるためだった。伯爵の野望に気付いたルパンは、カリオストロ公国に現れた銭形警部(納谷悟朗)を利用して城に潜入。城の秘宝を狙って伯爵に近づいていた不二子(増山江威子)の協力を得て、クラリスを助けようとするのだが…。

『ルパン三世カリオストロの城』キャスト&スタッフ

ルパン三世:山田康雄

峰不二子:増山江威子

次元大介:小林清志

石川五ェ門:井上真樹夫

銭形警部:納谷悟朗

カリオストロ伯爵:石田太郎

クラリス:島本須美


原作:モンキー・パンチ(「週刊漫画アクション連載・双葉社刊」)

監督:宮崎駿

製作:藤岡豊

脚本:宮崎駿 山崎晴哉

作画監督:大塚康生

音楽:大野雄二

撮影:高橋宏固

美術:小林七郎

編集:鶴渕允寿

録音:加藤敏

みんなの感想

色鮮やかで、とても綺麗な映像でした。人への造詣の深さや時流を捉えたテーマ性面白いです。考えずに観れて、笑える場面が多く、それでいて幼稚では無く声優陣のセリフも印象に残り素晴らしい。大人も子供も一緒に楽しめる時代を超えたエンターテイメントな名作です。人生最高の映画。何度も見ても心うたれる感動作。ストーリーも面白いです。絵(背景)も現在のCGと違って全部で手描きで美しい、最高傑作なので、間違いなく喜ぶと思って子供たちと一緒に観ました。ヨーロッパの小国カリオストロ公国忍び込んだルパン達の心躍る物語。今は亡き山田康夫さんの声も懐かしいです。見ごたえ、手ごたえがありました。『おじさま』と言う、言葉にキュンとします。ルパンの心優しさと思いやり。ラストシーンは何度みてもジーンときて涙うるうるです。老若男女問わず大好きな名作だと思います。旦那さんも好きです。映像、音、効果音、に工夫を凝らしています。テレビで何回も放送されても、されつずけるほど面白い作品に出来上がっています。登場人物が魅力的で、見ていて気持ちがいいです。本当に大好きな映画です。約50年前の作品ですが、時代を感じさせない素晴らしい作品だと思います。

私がこの作品を最初に観たのは幼少期なので、ほとんど違和感を感じていませんでしたが、大人になって本家ルパンシリーズを知った今となっては、確かに賛否両論持ち上がるのもうなずける作品です。本家ルパンは泥臭く、男臭く、ほとんど100%男性向けの作品になっています。一方、『ルパン三世カリオストロの城』はかなりメルヘンチックで、どちらかというと少女向けな印象を受けます。しかし、やはり私はこの作品が好きです。ルパンという題材を使い、本家ルパンとはここまで違う印象の作品に仕上げられるのは逆に面白いと思います。また、このイメージの変わりようが「原作愛が無いから」だった場合はかなり感じ方が変わってきますし、その場合は私もこの作品を好きにはなれなかったと思いますが、この作品からはちゃんと、深い原作愛と、キャラクター達への情熱を感じます。だから、賛否両論巻き起ころうとも、今だに多くの人に愛され続けている作品なのだと思います。また、私はこの作品の画風が好きです。非常にシンプルで洗礼されており、線や色に一切の無駄が感じられません。宮崎駿作品はこの頃からすでに完成させれている…と驚かされるような絵の数々に見入ってしまいます。

小学生のころ、映画館で初めてこの映画を見ました。今考えるとこの映画を映画館で見ていたとは、なんと羨ましいことでしょう。まだ幼かったこともあり、ストーリーはよく分かりませんでした。TVで慣れ親しんだルパンとジェケットの色が違うし、乗っている車も違う。でもこの映画分からないが面白い、というのが当時の感想でした。また同時に水圧を感じる映画だなぁと感じました。この感じ、何か他のアニメと似ていると思っていました。そう、未来少年コナンです。このアニメもリアルタイムで見ており、毎週ドキドキワクワクさせてくれました。その後、金曜ロードーショーで幾度となくカリオストロの城を見るのですが、その度にストーリーが把握できていき、より一層面白く見るができました。ただ五右衛門や不二子などのキャラが薄いのがちょっと残念です。この映画はTVのルパンでは無く宮崎駿の新解釈ルパンとして見るようにしました。怪盗ルパンでは無く、ヒロインを助けるヒーロールパン。そう、この映画のルパンはウルトラマンであり、仮面ライダーなのです。だから、幼少のころ見ても面白く見ることができたし、長い間人々から愛される映画になったのでしょう。今後、金曜ロードショーで見る機会があるでしょうから、その時は、また新しい発見があればうれしいです。

宮崎駿が手掛けた映画でもあるカリオストロの城は日本アニメ映画の名作です。クラリスの「結局ルパンは何も盗まなかったわ。」の言葉に銭形警部は「奴は損でもないのもを盗んでいきました。あなたの心です。」のシーンは何度見ても名セリフです。この言葉を聞きたくて映画をみているといっても過言ではありません。ルパンは今までもいろんなものを盗んできました。それは物であって、そこがルパンと言う名を伝説に残す怪盗たるゆえんなのですが、カリオストロの城では人の心だったのです。
カリオストロに行く目的はカジノに強盗に入ったところ、偽札と気付きそれがゴート札であると見破ってからです。かねてからカリオストロでゴート札が刷られていたことを知っているルパンはカリオストロにいくのですが、そこでルパンの若しき頃に出逢ったクラリスと会います。指輪が目印だったのです。クラリスは覚えてはいませんでしたが、幼い頃に負傷しているルパンを助けたことからルパンは覚えていたのです。しかしクラリスはカリオストロ伯爵に政略結婚を迫られており、それを不敏に思ったルパンはクラリスを助けようとすることからも心のつながりで物語が進んでいくのです。律儀なルパンを垣間見れる映画です。

『ルパン三世カリオストロの城』は1979年公開の宮崎駿監督のアニメ映画です。
『ルパン三世』はモンキーパンチが原作ですが、この映画は宮崎駿監督の作品なので世界名作劇場をずっと見ていたこども時代から親しみのある作画で、大人になっても大好きな映画です。
これまでに何度見たことか数えきれません。
ルパンはいい男だなぁと今でも感じますし、今見ても同じところで感動し、同じところで笑ってしまうアニメの最高傑作です。
ルパンがカリオストロの城の屋根を駆け降りたり、屋根から屋根に跳び移るシーン(ビヤ~ンという効果音)は多くの方が見たことがあるのではないでしょうか。
こどもの頃は鍛えたら本当にこんなことができるのかなと思って見ていました。
それからクラリスみたいな女の子になりたいと憧れていました。
好きな人を守りたい純粋な気持ち、失くしたくないですね。
宮崎駿監督なので「バルス」と言いたくなるような、あの有名なアニメとどこか重なります。
銭形警部が人情味豊かでルパンとの関係は、追いかけたり協力したりでちょっと『トムとジェリー』みたい。
しかし銭形警部がクラリスに言う最後のセリフは最高です。
あぁ、やっぱりルパンだわ…とジーンときます。
去り際がいつも清々しくて爽やかです。

子供の頃から数えてもう何回観ただろう。でも冷静に心積もりてみたら金曜ロードショー以外で本作を観た事が無いな。劇場公開から40年以上も経っているのに実際だにゴールデンタイムの地上波で放送されるからすごい!誰もが認める不屈の名作!小学生の頃下校後遊びに行って帰って来てTVを着けたら絶対って言っていいほど『ルパン三世』の再放送がやっていた。現在となっては『ルパン三世の映画』というより『宮崎駿の監督デビュー作』というほうが強くアピールされてしまっている事には熱狂的なるパンファンには如何に感じているのだろうか?とは言え採り上げるのの再鑑賞はかなり久しぶり。何年ぶりだろうか。前半ところは殆ど覚えてなかったので今度はなんか新鮮に観る事ができた。改めて最高に面白かった!名作と呼ばれるだけの事はある。もう『アニメ』というか『まんが』ですよね。崖の背面を車で真横に走行したり、ルパンがピューーーンと大ジャンプしたり、大量の食料を口の中に押し込んだりと。でもやっぱり、オープニングの国営カジノの逃亡シーンがいいですよね。車の中に現金をいっぱいに入れてお~熱い熱い。それからオープニング。岡田斗司夫さんがしつこいくらい解説してくれました。観終わった後、誰にとっても運命の人がいたらいいなあ~と思える映画です。

まとめ

「ルパン三世カリオストロの城」は、U-NEXTで視聴いただけます!

是非チェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました