ピーチガール(実写映画)見逃し動画配信を無料でフル視聴する方法

邦画

「ピーチガール」は、累計発行部数1300万部を越える上田美和の人気コミックを原作に2017年実写映画化!
ギャル風な見た目から誤解されやすい女子高生ももと、彼女が中学時代からずっと好きなとーじ、ももに興味を抱く学校一の人気者のカイリ、ももの気に入ったものを欲しがる小悪魔女子・沙絵が織り成す恋愛模様を描く。
主演は山本美月とHey! Say! JUMP の伊野尾慧。
共演者に新田真剣佑、永野芽郁らが出演する。
監督は神徳幸治。

こちらでは、実写映画「ピーチガール」の動画配信を無料でフル視聴する方法やあらすじ・キャスト・感想をまとめています。
  • 見逃した作品、過去の作品を見たい
  • まとめて全話見たい
  • 住まいの地域で放送されない
  • CM広告なし、高画質で見たい

こんな方たちに、おすすめの動画配信サービスをご紹介いたします!

【予告編#1】ピーチガール (2017) – 山本美月,伊野尾慧,真剣佑

映画「ピーチガール」のフル動画は
U-NEXTで配信中です!

初回登録は31日間無料 &
\600ポイントプレゼント!/
⇩ ⇩ ⇩

映画『ピーチガール』 を無料で視聴する方法は?

『ピーチガール』は、動画配信サービス【U-NEXT】で配信中です!

そこで【U-NEXT】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

ウイルスの心配がある違法動画サイトとは違い《安心・安全
圧倒的に多い作品数
が魅力的で
新作はポイントで視聴できます!
CM広告は一切ないのでストレスも感じません(*^^*)

無料期間のみお楽しみいただくことも可能なので
ぜひお試しください!
※無料期間内に解約してもらうだけ!

U-NEXT解約・退会方法や注意点は?


初回登録31日間無料&
\600円分のポイントプレゼント/

本ページの情報は2020年11月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

 

「ピーチガール」あらすじ

以前は水泳部に所属していた高校生の安達もも(山本美月)は、日焼けした肌に赤い髪というギャルのような雰囲気が原因で、周囲から遊んでいると誤解されていた。おまけに、学校で屈指の人気を誇る岡安浬(伊野尾慧)とキスをしたといううわさまで流されてしまう。一方、ももが欲しいものを欲しがる友人の柏木沙絵(永野芽郁)は、ももが中学時代からずっととーじを好きだったことを知ると、さまざまな手段を駆使して横取りしようと画策し……。

Yahoo!映画より

「ピーチガール」キャスト

安達もも:山本美月

見た目は派手だが中身は超ピュアな女子高生。
昔、水泳部に所属していた。
肌が焼けているのと髪の毛が明るいのは水泳が理由。
とーじに片思い中。

岡安浬(カイリ):伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)

学校一のモテ男。
お調子者でチャラついているが実は一途で優男。

東寺ヶ森一矢(とーじ):真剣佑

野球一筋の真面目な男。
ももとは中学からの同級生。
ももの事が好きだがなかなか気持ちを伝えられずにいる。

柏木沙絵:永野芽郁

見た目は天使、中身は極悪の小悪魔。
ももの邪魔ばかりする最低女。

安芸操:本仮屋ユイカ

校医。
涼の婚約者。

岡安涼:水上剣星

カイリの兄。

大路吾郎(ジゴロー):菊田大輔

さえのモデル仲間。

岡安崇史:升毅

カイリの父。

安達桜子:菊池桃子

ももの母。

「ピーチガール」感想

山本美月演じる主人公「ももちゃん」の性格が、まっすぐで人を信じる姿、恋をする姿がとても可愛らしく印象的な映画です。
周りからは遊び人だと言われているももちゃんですが、実はまっすぐで1人の男の子に恋する可愛い女の子です。
周りに何を言われようが好きな男の子だけに、本当の姿を見て貰えれば周りは関係ない!という感じが若い子ならではという感じで、周りの評価が気になる大人になってしまった自分にはとても眩しく羨ましく感じました。
また映画自体はテンポよく物語が進んでいくので飽きることなく見やすく引き込まれます。
ももちゃんの親友が何度も恋の邪魔をするのですが、ももちゃんは親友を責めることもせず、また親友を貶めるようなことを仕返しするわけでもなく、真っ直ぐさが見ていて自分の中にある悪い部分を浄化してくれるような気持ちになります。
映画の中の展開は学生らしい恋愛模様で、まだ恋愛に慣れてないからこその初々しさ、切なさがあり、自分自身が経験した学生時代の恋愛を重ねて映画を観ながら懐かしさも感じました。
若い子ならではの恋は全力で、大人になってからでは経験できないので、とても羨ましく感じました。
若い子はもちろんですが、恋愛に疲れた大人にもぜひ見て欲しい映画だなと思います。

映画「ピーチガール」は上田美和さん原作の大ヒット漫画で2017年に公開されました。山本美月と伊野尾慧(ヘイセイジャンプ)の主演でした。日に焼けて赤い髪の見た目がギャルのような風貌から安達もも(山本美月)は遊んでいるギャルだと思われていましたが実際のももは中学時代からずっと好きだったトージこと東寺ケ森一矢(真剣佑)が
高校でも好きな純粋な女の子です。もものことが気になるのが学校で人気のある男の子岡安浬(伊野尾慧)浬(カイリ)はももの相談に乗ってあげたりしていますが好きになります。そしてももの友達の超、超小悪魔キャラの柏木紗絵(永野芽郁)がももの好きなトージをあの手この手で誘惑していきももとの仲を引き裂きます。ともかく紗絵は悪い子でしたね。手段を選ばないんです。ももは一度は大好きなトージと付き合いますが紗絵の邪魔によりすれ違いや誤解ですぐに破局してしまいます。そんな時にもカイリはももに優しく接します。花火大会の日にももは二人から告白されますが…なぜか二人とも断るももでした。カイリとずっと好きだったトージは全くタイプが違う男の子ですが
揺れるももの気持ちはどうなるのでしょうか?ももはカイリとトージのどちらを選ぶのでしょうか?ピーチガールはほんとに面白い映画でしたよ。私的にはカイリが好きでした。

遊んでそうに見えて実はピュアな高校生のももと、学校一モテモテ男子のカイリ、モデルとしての仕事も持つ学校一の小悪魔なさえ、ももの中学からの同級生で硬派なとーじの1人を巡る青春ラブストーリーです。この映画での一番の見どころは、夏祭りでとーじとカイリの2人がももを取り合うシーンだと思います。そのシーンでももがカイリに言った、「カイリの優しいところが好き。だけど、私だけに優しくしてほしいって、そう思っちゃうの。」というセリフに共感しました。どんな女子でも心の底ではそのような思いを抱いていること間違いなしで、沢山の女子の共感が得られる作品なのではないかと思います。また、ももの母の「最高の恋の見つけ方は、自分を幸せにしてくれる人を選ぶのではなく、自分が幸せにしたい人を選びなさい」という言葉は、とても胸に刺さりました。
一方、もう一つの見どころは、永野芽都さんの演技力の高さです。人気雑誌のモデルでありながら、寂しさから周囲の人を騙すという難しい役でしたが、可愛らしさと性格の悪さが上手く演じ分けられていました。
主演の山本美月さんをはじめとした出演者の俳優陣もとても豪華で、伊野尾慧さん・永野芽都さん・新田真剣佑さん・本仮屋ユイカさん・菊池桃子さんなど脇役まで実力派ぞろいの布陣になっています。

出演者やポスターなどからの印象でポップな感じで見れるガールズ映画なのかと思いきや意外にいくら何でもそこまでやるか?な展開が多々繰り広げられて予想とは大違いでした。ももは人を信じやすくて正義感が強く一途な女の子だが、見た目がギャルっぽいことが災いして誤解されやすいところがあり、一方友人の沙絵は自分より不幸な人間を側に置いておくことで安心できるタイプの女子でももを自分より不幸にするため策を労していました。ももが片思いしていた相手と付き合ったりしますが、高校に入ってから最初にできた友人であることもあってか、ももは沙絵に対して思うところはあっても友情を続けています。ちょっとしたはずみから学内で人気者であるカイリという男の子と知り合い、様々なハプニングを経てももとカイリは親しくなっていきます。カイリはももの気持ちを知っていたうえで付き合った沙絵に人の欲しいものを奪うことを指摘され自らもそれを認めていました。しかしそんな沙絵にも大きなしっぺ返しがやってきます。カイリの兄・涼が自身の抱えた借金のために沙絵を利用したのです。危ないところを助けたのはももとカイリでした。紆余曲折を経てももとカイリは付き合うことになりますが、それをアシストしたのは沙絵でした。

「ピーチガール」原作

「ピーチガール」は、上田美和さんの漫画が原作です。

ピーチガール(1)』(上田 美和)|講談社コミックプラス

1997年10月号より講談社の「別冊フレンド」にて連載開始。
読者の誰もがとーじ派・カイリ派と分かれたと思います!(*^^*)
私は当時、小学生でしたがカイリ派でした!
ももととーじの「Lポーズ」をしたことがある人もいるのでは?笑
とーじの優柔不断なところや途中さえがペラペラになったり、と読者をヤキモキさせつつも2004年に物語は完結!と思いきや、その後スピンオフでさえを主役にした「裏ピーチガール」や10年後を描いた「ピーチガールNEXT」が連載。
「ピーチガールNEXT」は2019年に完結しました。

まとめ

実写映画「ピーチガール」はU-NEXTで配信中です!

アニメ、漫画も配信中ですので是非チェックしてみてくださいね!(*^^*)

タイトルとURLをコピーしました