スタンドバイミードラえもん1/見逃し動画配信・レンタルDVDで無料フル視聴する方法

邦画

2014年公開映画「STAND BY MEドラえもん」は、初めての3DCG作品となり、ドラえもんとの出会いから「雪山のロマンス」「のび太の結婚前夜」「さよなら、ドラえもん」などの7つの名作エピソードを基に再構築し、子供から大人まで泣け、“ドラ泣き”という言葉が生まれた感動映画です!
脚本は山崎貴(「3丁目の夕日」シリーズなど)、監督は八木竜一(「friends もののけ島のナキ」など)。
2020年11月20日に第2弾「STAND BY MEドラえもん2」の公開を控えています!

こちらでは映画「STAND BY MEドラえもん」の動画配信を無料で視聴する方法やあらすじやキャストをまとめています。

[STAND BY ME ドラえもん]予告篇1
「STAND BY MEドラえもん」
ABEMAプレミアム
配信中です!

\初回登録14日間無料!/

『STAND BY MEドラえもん』 を無料で視聴できるおすすめの動画配信サービスは?

『STAND BY MEドラえもん』は、動画配信サービス【ABEMAプレミアム】で配信中です!

そこで【ABEMAプレミアム】て聞いたことはあるけど、どういったサービスなのかわからない方のために簡単にまとめてみました!

オリジナルコンテンツが豊富な【ABEMAプレミアム】

【ABEMAプレミアム】は、月額960円(税込)で映画・ドラマ・アニメなどに加え、国内唯一の緊急・速報をはじめとした24時間編成のニュース専門チャンネル編成や、オリジナルドラマや恋愛リアリティーショー、スポーツなど多彩な番組をお楽しみいただけます!

ABEMAプレミアムの特徴

①オリジナルエピソード数は国内No.1

②映画・ドラマ・バラエティ・恋愛リアリティーショー
アニメ・スポーツ・ニュースなど幅広い番組が全て見放題

③話題の有名人・芸能人・アーティスト・声優が出演

④アニメの地上波同時放送や独占先行あり

⑤放送中でも最初からみられる「追っかけ再生」機能

⑥「動画ダウンロード」機能で通信量を気にせず楽しめる

⑦放送後の番組でもコメントが楽しめる
※一部対象外の番組あり

初回登録14日間無料トライアルあり

会員登録はメールアドレスと決済登録のみで完了!

無料期間のみお楽しみいただくことも可能!
メニューにある視聴プランの画面からすぐに解約できます!



本ページの情報は2020年11月時点のものです。
最新の配信状況はABEMAプレミアムサイトにてご確認ください。

250×250

 

「STAND BY MEドラえもん」あらすじ

何をやらせても冴えない少年のび太の前に現れたのは、22世紀から来たのび太の孫の孫セワシと、ネコ型ロボット・ドラえもんだった。
そこで聞かされたのは、のび太とその子孫たちの未来。
のび太は会社に就職出来ず、自分で会社を作るも倒産。
莫大な借金を残し、子孫達を困らせているという。

そんなのび太の未来を変えるため、お世話係として連れて来られたドラえもんだったが、乗り気ではない。
そこでセワシはドラえもんに<成し遂げプログラム>をセットして、のび太を幸せにしない限り、22世紀に帰れなくしてしまう。
嫌々ながらも、のび太と暮らすことになったドラえもんだったが、次第に仲良くなる二人。
そして、のび太の幸せのため、クラスメイトのしずかちゃんとの結婚を目指すことになる。
果たして、のび太は幸せな未来を手に入れることが出来るのか―
そして、ドラえもんは22世紀に帰ることが出来るのか—

「STAND BY MEドラえもん」キャスト

ドラえもん:水田わさび
野比のび太:大原めぐみ・ 妻夫木聡(青年時代)
源静香:かかずゆみ
剛田武:木村昴
骨川スネ夫:関智一
セワシ:松本さち
出木杉英才:萩野志保子 (テレビ朝日アナウンサー)
野比玉子:三石琴乃
野比のび助:松本保典
しずかのパパ:田原アルノ
ジャイアンの母ちゃん:竹内都子
ジャイ子:山崎バニラ
先生:高木渉

主題歌

秦基博「ひまわりの約束」

作詞・作曲 – 秦基博 / 編曲 – 秦基博・皆川真人

秦 基博 – 「ひまわりの約束」 Music Video

みんなの感想

この映画は、ドラえもんの作品の中で人気があるいくつかの作品を組み合わせて、ひとつのストーリーとなっている映画です。
子ども時代ののび太がドラえもんと出会うところから始まり、大人になって憧れのしずかちゃんと結婚し幸せになるという、のび太の人生が中心となって描かれています。
のび太の人生の流れに合わせた形で人気の原作がうまく組み合わさり、ドラえもんの作品の魅力がギュッと詰まっていて最初から最後までまさに目が離せません。
ドラえもんの便利な道具が主役というよりも、のび太とドラえもんの絆であったり、のび太と仲間たちの友情であったり、のび太としずかちゃんが育んでいく愛など感情に訴える場面の連続で何度も涙を誘う内容になっています。
この映画でもうひとつ目が離せない理由は、やはり3Dであるということです。
大好きなキャラクターが本当に生きているかのようにリアルに動き、どのキャラクターもとてもかわいく親近感がわきます。特にしずかちゃんのかわいらしさには思わず見とれてしまうほどです。
子どもはもちろん、ドラえもんが好きな大人の方にも是非見ていただきたい映画です。きっと最後まで夢中になって映画の世界に引き込まれることでしょう。

グラフィックの綺麗さに驚きました。もしかしたら違和感しかないかもしれないと思っていましたが、ドラえもんやのび太の表情が豊かで、まるでそこにいるかのようです。特に目の表情が生き生きとしていました。あとドラえもんのフォルムがいつもより、より丸くて感じてキュートです。
未来の都市も、本当に未来の街はこんな感じになるのではと思うくらいよく出来ていて臨場感があり、見ていてワクワクしました。
映画を見る前は、のび太の結婚前夜、帰ってきたドラえもんは事前によく知っている有名なお話なので、今さらそんなものを焼き直してもなあ、と期待はしていませんでした。
でも実際に見ると3Dで表情が豊かなせいなのか、歳のせいなのか(笑)、涙が恥ずかしいくらい流れて止まりませんでした。
小学生の子どもが見たいと言い出してて、付き合うつもりでナナメに構えて見たので、自分がこんなに感動するとは思いもしませんでした。
またしずかちゃんのパパが、すごく素敵な事をのび太に対して言うので、その場面でもまた泣けました。しずかちゃんのパパめちゃくちゃいい人です。
どうせ例のあの話しなんでしょう?感動させようとしてくるんでしょう?と構える人ほど、ぜひ見てほしい作品です。

ドラえもんが好きで、結婚前夜やさようなら、ドラえもんの話は特に好きなので観る前から楽しみでした。
観るまで知らなかったのですが他の人気の話もたくさん盛り込まれており、それでいてちゃんと一つの作品にまとまっていて良かったです。
余計な手を入れずに原作に忠実に再現されているので安心して観ることができました。
これだけのストーリーが入っているのに90分で収まっていることにも驚きました。
話もテンポよく進んでいくので飽きずに観ていられます。
3DCGになっていることや声が大山のぶ代さんのときしか観ていなかったので入り込めるか不安もありましたが杞憂でした。
3DCGなので風景や人物の細かいところまで立体的ですごくリアルでした。
のび太は相変わらずドジで、でも愛すべき少年だなと改めて感じました。
またドラえもんが安心できるようにのび太が頑張る姿は見ていて泣きそうになりました。
しずかちゃんとお父さんのやりとりが感動的です。
展開を知っているのに感動できる作品に仕上がっているのは素晴らしいです。
音楽も展開と合ったものが良いタイミングで流れてくれました。
また20年後の未来のシーンがかっこよくてワクワクしました。
子供だけでなく大人にもぜひ観てほしい作品です。

最初はフル3DCGアニメーションで若干の抵抗感がありましたが、内容はドラえもんなので安心して見れます。
冒頭はドラえもんとのび太との初めての出会いから描写されていたのですね。
この映画では「のび太を幸せにしないと未来に帰れない」と言うプログラムがドラえもんに与えられるのですが、映画前半と後半ではその意味があからさまに違いますね。
ゼロからの友情のスタートなので、今までのドラえもんを見てきた私にとって新鮮に感じます。
のび太の結婚式前夜のエピソードがあったり、見どころは沢山ありますが、その中でも特におススメなのがドラえもんが未来に帰れるためにのび太がジャイアンに勝負を挑んだシーンです。
ボコボコにされながらも、自分がしっかりしなければドラえもんは未来に安心して帰ることが出来ないんだと覚悟を決めて、力が足りないのび太ですが、最終的にのび太はジャイアンに根負けさせるシーンは、ドラえもんに「安心して」と行動で訴えている事が分かります。
そこから「ウソ800」のエピソードに繋がっていくのですが、ドラえもんがのび太の元に帰ってくるのも
終わりではあるものの、ドラえもんがいない未来を暮らしていきながらしずかちゃんと結ばれる未来もあるのだと色々な解釈が出来るラストだと実感できました。

マンガ、TVアニメ、長編映画と国民的人気を誇る「ドラえもん」。今作は全編3DCGで描かれているので懐かしさがありつつも新鮮でした。のび太のそばに当たり前のようにいるドラえもんですが、その出会いからを描いた作品なので見応えがありました。22世紀ののび太の孫、セワシがドラえもんを送ることになったエピソードも改めて観れたり、ドラえもんの最初の頃の姿や想いなども新鮮に感じました。ドラえもんがセワシに「成し遂げプログラム」をセットされ、のび太を幸せにしない限り22世紀に戻れなくなったのが気の毒な感じもしましたが。しぶしぶながらのび太の世話をすることになったドラえもんでしたが、徐々にのび太の良い部分にも目が向いて来たのが嬉しくなりました。のび太は何をしてもダメで冴えない人間に描かれていますが、実はみんなの怠け癖や小心な部分を大げさに描いて鏡のように感じさせてくれているのだなぁとも感じます。原作の中で感動できるエピソード元にしているだけに、のび太の成長やドラえもんとの絆などがちゃんと描かれており思った以上に感動できる作品でした。また脚本「三丁目の夕日」シリーズや「永遠の0」などを手がけた山崎貴氏なので単なる「ドラえもん」シリーズを超えた質の良さも感じました。

この映画は、ドラえもんの作品の中で人気があるいくつかの作品を組み合わせて、ひとつのストーリーとなっている映画です。
子ども時代ののび太がドラえもんと出会うところから始まり、大人になって憧れのしずかちゃんと結婚し幸せになるという、のび太の人生が中心となって描かれています。
のび太の人生の流れに合わせた形で人気の原作がうまく組み合わさり、ドラえもんの作品の魅力がギュッと詰まっていて最初から最後までまさに目が離せません。
ドラえもんの便利な道具が主役というよりも、のび太とドラえもんの絆であったり、のび太と仲間たちの友情であったり、のび太としずかちゃんが育んでいく愛など感情に訴える場面の連続で何度も涙を誘う内容になっています。
この映画でもうひとつ目が離せない理由は、やはり3Dであるということです。
大好きなキャラクターが本当に生きているかのようにリアルに動き、どのキャラクターもとてもかわいく親近感がわきます。特にしずかちゃんのかわいらしさには思わず見とれてしまうほどです。
子どもはもちろん、ドラえもんが好きな大人の方にも是非見ていただきたい映画です。きっと最後まで夢中になって映画の世界に引き込まれることでしょう。

まとめ

「STAND BY MEドラえもん」は、ABEMAプレミアムでご覧いただけます!

是非チェックしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました