2016年8月8日
次男・空丸役に中山優馬さん、三男・宙太郎役に若山耀人さんが決定!!

この度、物語の中心となる曇天三兄弟の長男・天火役(福士蒼汰さん)に続き、次男・空丸役を中山優馬さん、三男・宙太郎役を若山耀人さんがつとめることが決定いたしました!

本作品で初めて本格時代劇アクションに挑む、中山優馬さん演じる次男・空丸は、内心では兄を慕い、その存在をいつかは超えたいと悩やんでいる難しい役どころ。そしてこの空丸の存在が、物語の行く末を大きく左右することになります。
そして、若山耀人さん演じる曇天三兄弟の三男・宙太郎は、甘えん坊で長男の天火が大好きという役どころ。この三兄弟を軸に、様々なキャラクターが登場し、いまだかつてないスケールでのアクションシーンも展開されます!

◆曇天三兄弟(どんてんさんきょうだい) キャラクター紹介
福士蒼汰さん/曇天火(くもう・てんか)
滋賀県大津、琵琶湖湖畔にある曇神社の第14代目当主であり、曇天三兄弟の長兄。琵琶湖の中央に建設された監獄・獄門処への橋渡しを生業としている。天真爛漫な性格で、大津の人々から愛される「太陽」のような存在。伝説の化物「大蛇」を追う右大臣岩倉具視直属部隊「犲」の隊長であった過去を持つ。鉄扇を武器とした戦闘を行い、その腕前はかなりのものである。

中山優馬さん/曇空丸(くもう・そらまる)
天真爛漫な兄弟たちに振り回される曇家三兄弟の次男。兄・曇天火の奔放な性格には辟易しているが、内心では兄を慕い、その存在をいつかは超えたいと悩やんでいる。そしてこの曇空丸の存在が、物語の行く末を大きく左右することになる。

若山耀人さん/曇宙太郎(くもう・ちゅうたろう)
三兄弟の末っ子。長兄である天火のことが大好きで、彼の言うことであれば何でも聞く。まだ子供で甘えん坊ではあるが、持ち前の足の速さを武器に、獄門所から逃れようとする囚人の捕り物も手伝う。

【中山優馬さんコメント】
1.原作・脚本を読まれた時のご感想は?
時代劇と現代劇が混ざった世界観に面白いなと思いました。ファンタジーな要素や、男の憧れでもあるアクションなども入っていてその中の愛情、友情に感動しました。

2.クランクインして撮影も中盤ですが、監督の演出はいかがでしょうか?
すごく優しく演出して貰っています。台本に捉われず現場でのアイデアで作っていらっしゃるなという印象です。伸び伸びとやらさせて貰っています。

3.撮影現場の雰囲気はいかがでしょうか?
みんな仲良く、いい距離感で進んでいるのですごく雰囲気は良いと思います。
やりやすい楽しい現場です。

4.主演の福士蒼汰さんと初共演されていかがでしょうか?
頼れる座長です。人としても周りへの気配り、現場での姿勢など尊敬しています。

5.「曇空丸」という役者への意気込みは?
向上心あふれるエネルギッシュな役所なので、
力強く、スピーディーにアクションシーンを演じさせていただきました。

6.アクション・エンタメ感満載の本作に出演するにあたって、意気込みはいかがでしょうか?
アクションはとても楽しいです。オロチ討伐というエンタメを想像しながら共通認識を持ちながら作品を作るというのは本当に楽しいです。
兄貴を越えたい一心でアクションを頑張っています。

7.アクションへの気概はいかがでしょうか?
止まっていても汗が出るので暑さとの戦いですね。
みんなそれぞれの武器があるのでアクションはやってても見てても特殊で楽しいです。

新着記事